about   maint&repair   photogallery   mail   blog   link

ETC取り付け  
高速にはあまり乗らないのですが、ETC普及促進キャンペーン中との事でキャッシュバックなどもあり非常に安く取り付けられるとの噂を耳にしたので早速申し込みました。

初期設定済みの本体が送られてきたので自分で取り付ける事にしました。



















以前、コンソールを外したときに物入れ?の中央部に穴が空いているのを発見していたので、配線はその穴を利用して物入れの上側に取り付けることにしました。

















矢印の所から物入れの穴に電源とアンテナ線の2本を通します。




















次に、電源付きヒューズと入れ替えて、アースも取っておきます。
写真はありませんが、ハンドルの付け根のあたりに他にもアースが取ってあったのでそこに一緒に繋ぎました。

追伸、10番のヒューズがフォグランプのものなのですが、フォグランプを取り付けていないため電源が入りませんでした。
よって、14番のグローブボックスランプのヒューズから取ることになりました。








あとは本体を付属の両面テープで貼り付けました。




















つぎに、アンテナを取り付けます。
説明書には、ダッシュボードの上に取り付けるとなっていますが、フロントガラスの中央部の検査シールの横に貼り付けることにしました。

ネジ1本を外せばピラーのカバーが外れますので、そこに通して配線しました。












中央部までは天井の隙間に線を押し込めば見えなくなりました。

あとは付属の両面テープでしっかりと貼りつけました。

















今回の作業時間はトータルで約1時間でしたが、完全に素人の私でも出来ましたのでおそらく誰にでも出来る作業ではないかと思います。

ETCを利用すれば時間帯で割り引きなどがありますので通行料がかなり割安になるようです。


しかし、取り付けてから2年経ちましたが、しばしば通信不良が発生するようになりました。
原因は、アンテナの取り付け方法がダメだったようで・・・。
このモデルはガラスへの貼り付けには対応していないので、この付け方だとアンテナが内側に向いているのが原因。

よって、アンテナを移設することにしました。

フロントスピーカーのカバーを外し、その向こう側に配線を通しました。



















ワイパーに干渉しないところにアンテナを貼り付けました。





















しかし、取り付けの注意として、フロントガラスからアンテナまでの距離が10cm、ガラスの端からアンテナまで5cm離すこととなっているが、そうすれば配線がかなり見えることになり不細工になるのでその半分程度の位置で様子を見ることに。

Copyright(c)2006 My VolksWagen Jetta2 All rights reserved