about   maint&repair   photogallery   mail   blog   link

空調フラップの補修  
以前から補修しないといけないと思っていた空調フラップの張り替えを行いました。

かなり厄介な作業だと思い先延ばしにしていましたが、このサイトを立ち上げるにあたりはずせない問題だと思っていましので実行してみました。
結果としては作業自体は難しくなく、時間さえあれば誰でも出来るのではないかと思います。

まず、コンソールを外すため赤丸内のネジとコンソール両側のネジの3カ所のネジを外します。

外せばコンソールを手前に少しずつずらしていくと外れてきますのである程度引き出した時点でパワーウインドウのスイッチをマイナスドライバーなどでこじってスイッチを取り外します。












スイッチを取り外したら配線は写真のように奥に外せます。




















次に、シガライターの配線を外します。

写真のようなカプラーですので、つまみを押さえながら引けば外れます。

あと、リレーのような物がクリップで止まっていますので外すとコンソールは外せます。












作業をするにあたり、グローブボックスと車検証入れを外しておいた方が作業性が良いと思います。

グローブボックスは8ヶ所(めくら蓋内に3ヶ所)ネジで止まっていますのですべて外すと外せます。
なお、取り外す際はボックスを開けたままだと色々なところに干渉して外しにくいので、閉じたまま手前に引くと意外と簡単に外せます。

車検証入れは3ヶ所ネジを外せば
外れます。







赤線部分の内側にフラップがありますので取り外します。

ミドリ線内のプラスチック製ナットを外して手前にずらし、グローブボックス内側のダクトを引き抜いてから右斜め下に引くと外れます。

※注 左ハンドル車ですので、右ハンドルの場合は逆だと思います。










矢印のスポンジがボロボロになっていると思いますので、戸あたりテープなどで貼り直しておくと良いと思います。


















手前は風向き調整用のフラップです。




















奥は温度の調整をする為のフラップです。

スポンジを外さないといけないのですが、奥の方にあるので非常に外しにくく、また、スポンジも中途半端に残っているので一番時間が掛かった作業でした。
手前のように完全には外すことが出来なかったのですが、ある程度のところで諦めてテープを貼ってしまいました。
時間経過でどうなるかわかりませんがその時はその時で・・・。








あとは外した順序の逆で取り付けていけば完成です。



















今回の作業時間はトータルで約3時間でしたが、完全に素人の私でも出来ましたのでおそらく誰にでも出来る作業ではないかと思います。

なお、作業するにあたりいろいろなサイトを参考にさせていただきましたことを感謝しています。

Copyright(c)2006 My VolksWagen Jetta2 All rights reserved