弦楽器輸入販売・修復・修理・弓毛替え・弦・小物類 etc.

初心者から経験者まで、
あなたに合った楽器をご一緒にお探しいたします

これから楽器を始めたい方、リースナブルなセットも各種取り扱いいたしております。お気軽にご相談下さい。

日本人製作者のご紹介

DSCF5373.jpg

世界で活躍する日本人のヴァイオリン制作者をご紹介いたします。
ヴァイオリンプラザ西宮にお越しくだされば、ここでご紹介した方々が製作したヴァイオリンを試奏していただくことができます。

CDのご紹介

『HARMONY OF VIOLINS』 松下敏幸

harmony.jpg【商品詳細】
世界初のトライ!
現代の名工ヴァイオリン製作者、松下が生み出した楽器と1700年代に制作されたストラディヴァリとグァルネリとの比較!!
 価格:2,500円
               (当店でもお取り扱いしております)

松下敏幸レクチャー&コンサート

img002.jpg

音を創る

2017年9月23日(土)阿南市文化会館 夢ホール
           徳島県阿南市富岡町西池田135番地1
           15:00開演(14:30開場)

音を伝える

2017年9月24日(日)あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
           徳島県藍場町2丁目14番地
           15:00開演(14:30開場)
LinkIcon松下敏幸レクチャー&コンサートチラシ(PDF)

2017弦楽器フェア

fairr2017-1.jpg

2017弦楽器フェア(第60回 弦楽器展)

🔲主  催 日本弦楽器製作者協会(JSIMA)
🔲開催日時 2017年11月3日(金)4日(土)5日(日)10時〜18時
🔲会  場 科学技術館  東京都千代田区北の丸公園2-1
🔲入 場 料 1,000円(3日間有効 高校生以下無料)
LinkIcon2017弦楽器フェアチラシ(PDF)

松下 敏幸    matsushita.png

マエストロ・弦楽器製作者
松下敏幸 Matsusihita Toshiyuki

www.maestromatsushita.com
matsushita.png

1957年兵庫県生まれ。
1979年より弦楽器修理・製作を志す。
1982年イタリア、クレモナに渡る。
82年~87年ロンバルディア州立学校、弦楽器修理課程、クレモナ国際ヴァイオリン製作学校卒業。
その後、スイス・チューリツヒの音楽店MUSIC HUGにて修理を学ぶ。
1987年労働許可を取得し、クレモナ市デイルダ邸内 に工房を構える。
1998年より国際クレモナ・ヴァイオリン製作学校、マスターコース最終学年に日本人初めてのマエストロ講師として招かれ生徒の指導にあたる。
現在までに修理・調整した代表的な楽器は、アントニオ・ストラディヴァリウ、“PARK”1717年、同じく” LEDY LEY”1713 年、及びジョゼフ・グァルネリウス デル・ジェズ“ JEANBECKER”1732年、ジョゼフ・グァルネリウス1689年の銘器が上げられる。
1988年 第5回クレモナ・アントニオ・ストラディヴァリ国際製作コンクール、ヴァイオリン・チエロ部門それぞれ銀メダル受賞。
1996年 第l2回アメリカ・ニュー・メキシコ開催、VSAヴァイオリン国際製作コンクールヴァイオリン部門優勝、ゴールドメダル。
2004年 第3 回パリ国際弦楽器製作コンクール、ヴァイオリン部門音響最優秀賞。
2006年 第11回クレモナ、アントニオ・ストラディヴァリ国際製作コンクールヴィオラ部門2位、銀メダル受賞。
現在までに修理・調整した代表的な楽器は、アントニオ・ストラディヴァリウス、“PARK”1717年、同じく“LEDY LEY”1713年、及びジョセフ・グァルネリウス デル・ジェス“JEAN BECKER”1732年、ジョセフ・グァルネリウス1689年の銘器が挙げられる。
その製作された楽器には、アマティ、ストラディヴァリウスをはじめとする古典イタリアン弦楽器への深い研究の成果が反映されており、音色の明るさと豊富な倍音の魅力が日本を始め欧米で高い評価を得ている。
2005年3月22日、NHKハイビジョン・BS番組で“遠くにありてにっぽん人”『ストラディヴァリウスを越えたい』~イタリア松下敏幸編~、
2007年9月には資生堂提供スペシャル番組、“美を紡ぐ人~今を生きるあなたへ~”がTBSで放送され、益々意欲的に製作活動を行っている。

DSCF5307.jpg

豊島 継男    toyoshima.png

弦楽器製作者
豊島継男 Toyoshima Tsuguo

http://toyoshimaviolin.web.fc2.com/index.html
toyoshima.png

1947 秋田県に生まれる。
1983 英国に渡りEd Smith氏の下で本格的に英国の伝統的なバイオリン修理技術と製作一般の知識および技術を学ぶ。
1986 帰国、渋谷区代々木に工房を構える。
1990 工房を閉じ再び渡英しSmith氏の下で主にオイルニスの研究に没頭したその間 Andrea Guarneri Modelのビオラだけ6本製作した。これらは英国内のビオリストに好評得て迎えられた。
1992 イタリア クレモナ市に移り1600年代1700年代の巨匠アマティ、ストラデヴァリの伝統と空気の中に身を置き製作に磨きをかける。
ドイツ、イタリア、ポーランド、アメリカの製作者コンクールに参加しそれぞれDiplomaを得る。 '94 Archettaio(弓作り)の夜間コースを受講しDiplomaを得る。
1998 帰国、世田谷区池尻に居を構え製作を続ける。
1996年から日本弦楽器製作者協会主催の弦楽器フェアの展示会に毎年Vn、Va、Celloを出品し好評を得る。
2007 世田谷区三軒茶屋に転居。
2009 10月、故郷の秋田県大仙市に帰郷し、Va、VA、Celloの製作を続ける。

DSCF5318.jpg

福浦 みづき    fukuura.png

福浦 みづき Fukuura Mizuki

VIA CHIESAVECCIA 8, 36020 CASTEGNERO VICENZA ITALY

fukuura.png

1999-2003 東京ヴァイオリン製作学校、無量塔藏六氏に師事
2002-2005 絃楽器UEKIに勤務 
2005     メキシコ、製作コンクールにてThe Best Young Violin Maker受賞
2006-    渡伊、松下敏幸氏に師事
2012     日本弦楽器製作者協会入会

DSCF5322.jpg

百瀬 裕明     momose.png

百瀬 裕明 Momose Hiroaki

Corso Giuseppe Garibaldi,125 26100 Cremona ITALY

momose.png

イタリア・クレモナの国立ヴァイオリン製作学校にて、製作をダニエーレ・スコラーリ、バンナ・ザンベッリの両氏に、ニスをアンジェロ・スペルツァーガ、ロレンツォ・マルキの両氏より学ぶ。2009年同校卒業後、ファビオ・ヴォルタ氏の下で1年間の研修を修了。現在もクレモナにて製作を行う。2010年ミッテンバルト国際製作コンクール9位入賞。より美しく音の良い楽器を目指して日々製作に励む。

DSCF5327.jpg

畑 亮一      hata.png

畑 亮一 Hata Ryouichi

兵庫県尼崎市

hata.png

1961年生まれ。大学オケでバイオリンと出会う。私の楽器の特徴は「明るい音色」「発音の良さ」「バランスの良い音量・音質」。楽器の持つ感情表現を素直に表現でき、また演奏者の感性に響く、弾き応えのある飽きない楽器を日々目指しています。

DSCF5332.jpg

田中 和彦     tanaka.png

田中 和彦 Tanaka Kazuhiko

兵庫県宝塚市

tanaka.png

弾き易く、響きの良い楽器を目指して製作しています。
数々の銘器を修復、調整してきた経験を製作に活かしていきたいと考えています。新しい楽器のゴリゴリした感じのない、音量だけでなく質量感のある個性のある音を感じて戴ければ嬉しいです。

DSCF5336.jpg

中西 桂仁     nakanishi_k.png

中西 桂仁 Nakanishi Keiji

栃木県栃木市

nakanishi_k.png

楽器を作るという事は、音楽を創り出す重要な一部を担っているのだという事を感じる度に、この仕事を選んだ事に喜びを覚えます。演奏する人の身体の一部となり、もっとも信頼できる相棒となる、そんな楽器を作り続けていきたいと思っています。

DSCF5340.jpg

中西 綾      aya.png

中西 綾 Nakanishi Aya

栃木県栃木市

aya.png

1971年大阪生まれ。
1999年より、岩井孝夫・鈴木郁子両氏が主宰するバイオリン工房クレモナにて学び、2002年より製作家としてのスタートをきる。
現在はオールド・モダン楽器を丁寧に観察し、そこから学ぶものを大切にしている。
そして日々、同じ職人である夫と切磋琢磨し、互いに全く違うタイプの音がする楽器を製作している。

violin nishinomiya.jpg

後藤 陽一     goto.png

後藤 陽一 Goto Yoichi

名古屋市

goto.png

1962年名古屋市生まれ。
1986年より園田信博バイオリン製作工房にて製作を学び、1989年よりセキネヴァイオリン(有)にて修理を学ぶ。
「沢山の楽器に触れて学び、自分の楽器製作に活かしたい」
特にビオラを好み製作に励んでいる。

DSC_0004.jpg

堤 一朗      tsutsumi.png

堤 一朗 Tsutsumi Ichiro

イタリア/クレモナ

tsutsumi.png

1971年東京生まれ
1992年ヴァイオリン族楽器専門店である株式会社文京楽器制作科へ入社。修理科へ配属され楽器と弓に関する基本的な修理を学ぶ。
1996年専門学校ESPミュージカルアカデミーより、ヴァイオリン制作科制作コース及び、修理コースの講師として招かれ、同校学科長まで務める。
2000年イタリア/クレモナへ本格的に渡航し、MAESTRO 松下敏幸氏に弟子入り。
2007年 イタリア/ピゾーニェ開催 弦楽器制作コンクールヴァイオリン制作部門にて "金賞"受賞。松下敏幸氏の元を離れ、MAESTRO ERIC BLOTの工房へ入社。
2008年 イタリア/ピゾーニェ開催 弦楽器制作コンクールヴァイオリン制作部門にて2年連続 "金賞"受賞。ヴィオラ制作部門にて "銅賞"受賞。
2010年LIUTAIO ARCHETTAIO ICHIRO TSUTSUMIの工房をイタリア クレモナに独立。アメリカ/クリーブランド開催、VAS国際コンクールヴィオラ制作部門にて "ワークマンシップ賞"を受賞。
2012年MAESTRO ARCHETTAIO GIOVANNI LUCCHIの弦楽器弓制作のディレクターに就任。現在、LIUTAIOとARCHETTAIOを兼任。

現在よく知られているヴァイオリンの製作方法は、巨匠ストラディヴァリやガルネリ・デル・ジェス達が製作していた方法とはかなり違いがあります。
私の楽器はなるべく古典のストラディヴァリやガルネリの行った製作方法に添うように、そして、オールドの楽器が持つ音色を新作の中に表現できることを目標として楽器を製作
しております。

DSC_0016.jpg


2017年9月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




2017年11月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


2017年12月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

は「毛替え・調整 Day♩」

『毛替え・調整day♪』には職人が来店

職人がその場で毛替え・調整等させていただいております。(要予約)
*毎月の後半は秋田より豊島継男氏が来店くださいます。

*毛替え・修理・修復のご依頼、楽器のご相談等は、職人のいない通常営業日でも承っております。(数日楽器をお預かりさせていただきます)
*音響調整をご希望の方は職人がいる『毛替え・調整day♪』にご予約いただき、演奏されるご本人がご来店下さい。

は当店の休業日です

営業日におきましても外出することがありますので、ご来店の際はご予約をお願い致します。

臨時休業

11月4日(土)〜6日(月)は出張のため休業いたします。

《広告》

宣材写真撮影いたします

阪急塚口駅前写真館スタジオクローバー

宣材9.jpg

宣材写真の各種プランをご用意しております。ご希望の方にはデータ販売や専属スタッフによるヘア&メイク(要予約)も合わせて承ります。
スタジオクローバー
尼崎市塚口本町1-16-15
tel&fax:06-6420-8958
LinkIconホームページはこちら