2019年7月〜


太平洋クルーズ(2) 2019-07-18





太平洋フェリーには28日前までの予約で運賃半額になる早割プラン
あるのでそれを利用したのですが、予約するのが遅かったので希望の
特等洋室or1等和洋室は取れず、往復共1等和室しか取れませんでした。
しかし、いざ利用してみると和室も意外と快適で良かったです。和室は
前方にあるので窓から前面展望が楽しめるのも良かったです。復路は
他の部屋よりも広い角の部屋を取りましたが、こちらは側面の窓でした。

コンサートは昼と夜にあり、映画も朝、昼、夜と上映がありました。
更に、「いしかり」と「きそ」とのすれ違い(反航)イベントがあったり、
仙台港では一時下船が出来たりしたので、あまり退屈する事もなく
過ごせました。反航船の撮影は往路では小雨模様の天気でしたが、
復路では晴れてくれたのでいい感じに撮る事が出来ました。
その他、苫小牧港や名古屋港でも色々と撮影して過ごしました。

● いしかり・きそ(1) 2019.7.5〜11 ●
● いしかり・きそ(2) 2019.7.5〜11 ●




道内ではレンタカーを借りて、登別→函館→洞爺湖→支笏湖という
順に回ってきました。いつか妻と一緒に来て登ろうと思い、今まで
敢えて登らなかった函館山にも今回は登る事が出来ました。夜と昼
どちらもいい景色でした。今回は観光モードの為市電の撮影は無し
でしたが、夏場のみ運行する箱館ハイカラ號だけでも出来れば
撮りたかった所です。これはまたの機会にしようと思います。



太平洋クルーズ(1) 2019-07-15



国内定期航路のフェリーでは最も豪華と言われている太平洋フェリー
「いしかり」と「きそ」に乗ってきました。航路は名古屋−仙台−苫小牧
で、片道だけで2泊3日間という中々乗り甲斐のある船です。




往路の船は2011年就航の「いしかり」(3代目)です。コンサートや映画の
上映を行うシアターラウンジ、通常のレストランとは別に、ドリンク類や
軽食を提供するスタンド等があっていい雰囲気です。新日本海フェリー
にも軽食を提供する店はあったのですが、冬場は休業していました。




復路の船は2005年就航の「きそ」(2代目)です。「いしかり」とは完全な
同型船ではないのですが、大まかにはレストランとシアターラウンジの
場所が変わっている程度で、あとは大体同じ様なデッキプランでした。
好みの問題もあるかも知れませんが、個人的にはどちらかというとこの
「きそ」の方が内装の仕立てや雰囲気が良く出来ている様に思います。


Copyright(c)2019
Takashi Kurata All rights reserved.