ホーム > 小林かいちを語る
小林かいちを語る
彼女の青春 二號街の女 蝶の嘆き 君待つ宵 ゴンドラ 絵封筒

大正から昭和初期に活躍した画家「小林かいち」。 京都のアール・デコとして、ハート・月・星・薔薇・トランプ・十字架 等
モダンで色鮮やかな絵封筒や絵葉書は、当時の女学生を中心に大ブームを起こしました。
性別・生没年など全く不明。作品点数、私生活もわからず、「謎の画家」と称されていましたが
2008年2月、遺族が名乗り出て経歴が明らかになりました。

小林かいちのポートレート。『うたじ』サイン入り

小林かいちのポートレート。『うたじ』サイン入り

若き日の小林かいち

若き日の小林かいち

小林かいちを語るにて 1枚目 小林かいちを語るにて 2枚目

今回は、そのご遺族"小林かいち"の息子さん
小林嘉寿さんをお迎えして、
かいちの謎の一部を解明して頂きました。
本籍や生没年、写真、作品など
映像を交えてのお話しでした。
嘉寿さんのお人柄のせいか、大変良い雰囲気の中、
皆様 興味深く聞いておられました。
これからも かいち作品が沢山の方に知って頂ける様
願っております。

小林かいちを語るにて 3枚目