司法書士試験に独学で合格を目指すためのテキストをご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!司法書士 -
司法書士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します

司法書士

司法書士の独学におすすめのテキスト

更新日:2019年3月23日

司法書士の独学におすすめのテキスト(択一対策)

 司法書士受験用のテキストは、昔は(2007年頃)、Wセミナーのデュープロセスプログレスのシリーズが有名だったため(プログレスのシリーズは、2010年頃に廃版)、私は、デュープロセスもプログレスも、実際に購入して試してみたのですが、それよりも、新たにWセミナーから発刊されたテキストで(2008年初版)、山本浩司著の「オートマシステム(automa system)」というシリーズが、非常に読みやすくて気に入ったため、こちらを選択することにしました。(2012年にオートマチックシステム」から改称されました。)

 オートマシステムが登場するまでのテキストは、上記のデュープロセスやプログレスを含めて、無味乾燥というか、いわゆる教科書という感じで、独学者には適さないものばかりでしたが、オートマシステムは、はっきり言って、それらと比較にならないほど、わかりやすいテキストになっています。

 このオートマシステムの特徴は、講義形式で、非常に読みやすく、わかりやすい、という点です。そして、規定の趣旨や背景などが、しっかりと記載されており、また、理解がスムーズに進むように、構成(内容の順序)が工夫されていることや、難しい内容も非常にわかりやすい表現や事例に置き換えて説明されていることなど、このテキストに書かれていることを理解しながら読んでいけば、自然に記憶に残るという工夫がなされています。

 オートマシステムは、「山本式記憶法」に基づき記述されており、これは、覚えようとしなくても自然に覚えられるように「どうすれば記憶できるのか」を重視した記述となっています。この記憶法は、法律のオモテ側だけでなく実社会での実相を明らかにしながら学習する「ツーウェイ方式」と呼ばれるものと、法律の奥にある意味や立法者の思想を理解しながら記憶する「ウサギとカメ方式(足が速くとも油断のあるウサギにカメは勝てるという裏話と一緒に覚えることで、勝者はカメだと記憶できる)」を組み合わせた、山本浩司先生独自の理論です。

 ちなみに、このオートマシステムが刊行される以前に山本浩司氏が手掛けた書籍に、「新合格教室 なるほど民法」というものがあります(会社法、憲法、刑法もあります)。この「なるほど○○」のシリーズ(←Amazonにリンク)は、司法書士だけでなく行政書士や宅建、公務員試験等を含めた学習書ですが、とにかくわかりやすいということで非常に好評で(Amazonのレビューを見てもらえばよくわかると思います。)、このシリーズを司法書士試験の受験対策に特化したものが、オートマシステムということになるかと思います。

 なお、司法書士受験生の中で、ナンバーワンのテキストとして高い評価のあるLECブレークスルーというテキストがあります。これは、独学で読み進めるには適していませんが、必要な情報が網羅されており、調べものをするには非常に有効なテキストです。LECの通学又は通信講座の受講生専用のテキストとして長らく非売品でしたが、現在は、LECオンラインショップで一般向けにも販売されています。興味のある方は、LECの司法書士サイトへ

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
司法書士 オートマシステム (1) 民法(1) (基本編・総則編)【2020年試験向け 改正民法対応版】

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2018/10/12
サイズ: 21 x 21 x 14.8 cm
ページ数: 352ページ

価格:
2,376円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (2) 民法(2) (物権編・担保物権編)【2020年試験向け 改正民法対応版】

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2018/10/12
サイズ: 21 x 21 x 14.8 cm
ページ数: 372ページ

価格:
2,376円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (3) 民法(3) (債権編・親族・相続編)【2020年試験向け 改正民法対応版】

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2018/10/12
サイズ: 21 x 21 x 14.8 cm
ページ数: 492ページ

価格:
3,132円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (4) 不動産登記法(1) 第7版

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/1/25
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 436ページ

価格:
2,592円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (5) 不動産登記法(2) 第7版

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/1/25
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 576ページ

価格:
3,240円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (6) 会社法・商法・商業登記法(1) 第6版

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/2/24
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 580ページ

価格:
3,240円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (7) 会社法・商法・商業登記法(2) 第6版

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/2/24
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 596ページ

価格:
3,240円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム (8) 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法(第4版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2017/11/16
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 464ページ

価格:
3,024円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム(9) 供託法・司法書士法(第4版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2017/11/16
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 272ページ

価格:
1,944円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム(10) 刑法(第4版補訂版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2018/8/25
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 328ページ

価格:
2,160円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム(11) 憲法(第4版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2018/1/18
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 280ページ

価格:
2,160円 (送料無料)

↑このページのトップへ戻る

司法書士の独学におすすめのテキスト(記述対策)

 司法書士の記述対策のテキストとしては、Wセミナーの「ブリッジ」のシリーズが有名です。私もブリッジを購入し、使用してみましたが、択一対策のテキストと同様に、やはり山本浩司著のオートマシステム(automa system)〈記述式〉のシリーズの方がわかりやすかったため、こちらを選びました。(2012年にオートマチックシステム」から改称されました。)

 このテキストは、問題演習を通じて、必要な知識や解き方について講義形式で解説されていくという構成になっています。択一のオートマシステムと同様に、読み進めていくうちに、順序よく実力がついていくという実感が得られ、論点も豊富であり、これ1冊をしっかりとやれば必要な知識・解法を身につけることができると思います。
(私は、記述対策の問題集を解くような勉強時間を、かつて確保できたことがないため、平成24年度の本試験には、このオートマシステム〈記述式〉のみの対策で臨みましたが、ほぼすべて、このオートマシステム〈記述式〉及び択一対策のオートマシステムの内容で対応できる問題でした。ただし、時間が足りなかったため5割程度しか正答できませんでしたが。。。)

 なお、同著の記述対策のテキストとして「みるみるわかる!不動産登記法」・「みるみるわかる!商業登記法」というのもありますが、これは、択一のオートマシステムと記述式のオートマシステムの橋渡しをするような位置づけのようで、実質的には、いずれかに記載されている内容が重複して記載されているだけのようでしたので、あえて購入の必要はないかなと思います。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
司法書士 オートマシステム 不動産登記法 記述式(第7版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/1/31
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 532ページ

価格:
3,672円 (送料無料)
司法書士 オートマシステム 商業登記法 記述式(第6版)

著者: 山本 浩司
出版社: 早稲田経営出版
発売日: 2019/3/21
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 448ページ

価格:
3,024円 (送料無料)

司法書士の独学におすすめのテキスト(記述式解法テクニック)

 記述式の問題を解く練習をしていくと、問題文に線を引いたり、メモ書きをしたりする方法について、どうすればわかりやすく効率的にできるのかという悩みが沸いてくるかと思います。

 この悩みに見事に応えてくれるのが、次に紹介する2つの書籍です。
 まず1冊目が、@伊藤塾の山村拓也講師 著の「記述式 答案構成力」、2冊目が、A辰已法律研究所の小玉真義講師 著の「超速解 司法書士試験 記述式」です。

 これらは、いずれも、問題文の線の引き方、メモ書きの方法、問題文を読む順序など記述式試験に特有のテクニックについて、問題演習を通じて講義形式で解説してくれるテキストになっています。

 両者は、いかに間違えずに効率的に答案を作成するか、という点では共通していますが、次のような違いがあります。
 @答案構成力」では、問題用紙とは別に、メモ用紙(答案構成用紙)にメモ書き(答案構成)をしていくという手法をとりますが、
 A超速解」では、問題用紙に印字されている文字を極力活用して、そこにメモ書きを加筆していくという手法をとります。
 ですので、自分に合った方法にアレンジしながら自分なりの方法を作り上げていくのがよいかと思います。

 なお、これらは、あくまでも解き方のテクニックについての解説が中心であるため、記述式問題を解くための基礎的な知識・解法をある程度理解した後でないと読み進めることは難しいかと思いますので、上記のオートマシステム〈記述式〉の基本編あたりまで解いた後に読むのがよいかと思います。

★ 1冊目
 まず1冊目は、伊藤塾の山村拓也講師 著の「記述式 答案構成力」です。
※2012年の第3版までは、「実戦編」のみの販売でしたが、2017年12月に、基礎レベルと実戦レベルに分冊される形で、全面リニューアルされました。(「基礎トレーニング編」は2017年12月発売、「実戦力養成編」は2018年6月発売)

 この「答案構成」というのは、問題文を読みながら、メモ用紙(答案構成用紙)に、メモ書き(答案構成)をしていくという手法です。

 これは、著者の山村拓也講師が発案し、平成16年から伊藤塾の講義で(平成18年から当該テキストで)指導するようになった手法であり、これを学んだ受験生が試験会場で問題冊子の白紙ページをビリビリと破いて答案構成用紙として使用していたため、平成20年度試験からメモ用紙(試験官も、「いわゆる答案構成用紙です。」と会場で説明していました。)が配布されるようになったほど、山村講師の答案構成は普及しているようです。
 ※ 「記述式 答案構成力(実戦編)」と同シリーズ(うかる!司法書士)で伊藤塾の蛭町講師著の「記述式対策(入門編)」というテキストがありますが、こちらは個人的にはあまり好みではないため、おすすめしません。(解説がクドいというか、理屈っぽいというか、、とにかく知識・解法については「オートマシステム〈記述式〉」があれば十分だと思います。)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
うかる! 司法書士 記述式 答案構成力 不動産登記(基礎トレーニング編)

著者: 山村 拓也/伊藤塾
出版社: 日本経済新聞出版社
発売日: 2017/12/14
サイズ: 21.2 x 15 x 1.6 cm
ページ数: 264ページ

価格:
3,024円 (送料無料)
司法書士 うかる! 司法書士 記述式 答案構成力 不動産登記 実戦力養成編

著者: 山村 拓也/伊藤塾
出版社: 日本経済新聞出版社
発売日: 2018/6/15
サイズ: 21.3 x 14.8 x 1.8 cm
ページ数: 400ページ

価格:
3,024円 (送料無料)
うかる!司法書士 記述式 答案構成力 商業登記(基礎トレーニング編)

著者: 山村 拓也/伊藤塾
出版社: 日本経済新聞出版社
発売日: 2017/12/14
サイズ: 21.2 x 15 x 1.5 cm
ページ数: 224ページ

価格:
3,024円 (送料無料)
司法書士 うかる! 司法書士 記述式 答案構成力 商業登記 実戦力養成編

著者: 山村 拓也/伊藤塾
出版社: 日本経済新聞出版社
発売日: 2018/6/15
サイズ: 21.2 x 15 x 1.8 cm
ページ数: 464ページ

価格:
3,024円 (送料無料)

★ 2冊目
 次は、辰已法律研究所の小玉真義講師 著の「超速解 司法書士試験 記述式」です。

 上記の答案構成という手法が、記述式問題の解答手法として一気に普及し、定着するようになってくると、今度は、その手法の欠点を指摘し、もっと効率的な方法があるという主張が、各方面からなされるようになってきました。その代表例が、この「超速解」です。

 答案構成という手法では、メモ用紙に、別途メモ書きを作成していくことになるため、文字を書く時間がけっこうかかることになります。そのメモ書きの時間を省くために、既に問題用紙に印字されている文字を極力活用し、そこにメモ書きを加筆していくことによって、時間の節約を図るというのが、この「超速解」という手法になるかと思います。

 個人的には、1冊目の「答案構成力」で、スタンダードな手法を身につけた後、2冊目の「超速解」で、省ける部分を省いていくというのが良いのではないかと思います。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
超速解 司法書士試験 記述式〈平成29年度版〉

著者: 小玉 真義
出版社: 辰已法律研究所
発売日: 2018/1/1
ページ数: 283ページ
サイズ: 21 x 15 x 1.4 cm

価格:
2,808円 (送料無料)

↑このページのトップへ戻る

もどる
[ 六  法 ] [ テキスト ] [ 問題集 ]

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。   
Copyright (C) 2010 独学で資格取得 - 目指せ!司法書士 - All Rights Reserved.