司法書士試験のおすすめの模試・答練をご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!司法書士 -
司法書士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
司法書士の模試・答練
司法書士のおすすめの模試・答練

更新日:2019年10月6日

司法書士のSTUDY

 司法書士試験を受験する場合は、独学の場合であっても、予備校の模試(模擬試験)や答練(答案練習会)は受験しておいた方がよいとよく言われます。

 模試や答練を受講することにより、自分の学習の進み具合の確認ができ、自分の苦手分野、弱点を把握することができますし、順位が出ますので自分の実力を知ることができます。

 また、その年の本試験に出題される可能性が高い問題を押さえることもできます。

 そして、特に書式対策に関しては、独学では不足しがちな本試験レベルの問題演習を補うことができるというメリットもあります。

 なお、模試については、本試験と同じ時間・形式で行われるため、解答の時間配分やマークシートの解答形式、本試験での緊張感に慣れることなどの効果も期待できます。

 2度目以降のチャレンジの年にOUTPUT中心で学習をする場合に、答練を活用するという方法もあります。

このページの目次

LECの答練・模試

答練

LEC 司法書士 精撰答練2020年試験向け)

 LECの司法書士の答練は、30年の歴史を誇る「精撰答練」として実施されており、これまで多くの合格者を輩出してきています。

 この「精撰答練」には、以下の5種類があり、この中の『ファイナル編』は、例年多くの受験生が受講するLECの看板総合答練であり、他の受験生に差をつけられないためにも必須の答練とされています。

LEC司法書士答練公式サイト
⇒ LEC 公式サイト
日程・受講料

@精撰答練[必須論点択一編]
『完全詳細範囲指定』の択一式特化型答練!
【日程】2019年10月〜12月(全10回)
【受講料】[通学・通信] 38,000円

A精撰答練[頻出論点記述編]
記述式アウトプット学習の登竜門
【日程】2019年10月〜12月(全10回)
【受講料】[通学・通信] 50,000円

B精撰答練[実力養成編]
択一の全科目全重要論点をチェック!択一式も記述式も全問新作!
【日程】2020年1月〜3月(全12回)
【受講料】[通学・通信] 132,000円

C精撰答練[ファイナル編]
基礎力・応用力・現場対応力の全てを向上させる総合答練!!
【日程】2020年4月〜5月(全6回)
【受講料】[通学・通信] 未発表

D精撰答練[記述強化編]
いつものLEC答練とは違った切口から問題を設定。かつてない視点で練り上げられたLEC記述対策演習の最高峰!
【日程】2020年4月〜5月(全4回)
【受講料】[通学・通信] 未発表

パック受講料

精撰答練基礎フルパック
<択一式1,350問、記述式68問の徹底演習>
(上記日程の@〜C+下記模試の@〜E)
[通学・通信] 223,000円

精撰答練フルパック
<択一式1,350 問/ 記述式76問の圧倒的演習量>
(上記日程の@〜D+下記模試の@〜E)
[通学・通信] 257,690円

精撰答練記述対策パック
<択一式1,050問/ 記述式76問を解く>
(上記日程のA〜D+下記模試の@〜E)
[通学・通信] 238,330円

精撰答練レギュラーパック
<択一式と記述式対策をバランス良く>
(上記日程のB〜C+下記模試の@〜E)
[通学・通信] 238,330円

公式サイト LEC司法書士模試・答練公式サイト

模試

 LEC 全国公開模擬試験2019年試験向け)

 LECの司法書士の模試は、業界最大規模の模擬試験であり、平成30年度の司法書士試験合格者のなんと74%がLECの公開模試を受験しています。

 模試の種類は、「全国実力判定公開模擬試験(3月:1回)」、「全国公開模擬試験(5月:2回)」、「全国スーパー公開模擬試験(6月:3回)」の3種類が用意されています。

 LECの模試は、基準点が本試験と極めて近似しており、例年、多数の類似・同一論点が出題されるなど、最も本試験に近い模試と言われています。

日程 2019年
全国実力判定公開模試
 @3月28日〜

全国公開模試
 A5月17日〜
 B5月24日〜

全国スーパー公開模試
 C5月31日〜
 D6月7日〜
 E6月14日〜
受講料

全国公開模擬試験フルパック(上記日程の@〜E)
[通学・通信] 28,000円(全6回)
※バラで申し込むこともできます。

公式サイト LEC司法書士模試・答練公式サイト
 

↑トップへ戻る

伊藤塾の答練・模試

答練

 伊藤塾の答練は、他社とは違って「答練」という表現はほとんど使わず、「演習コース」という表現を使っているため、「答練」としてはあまり目立たない存在です。また、総合的な答練ではなく、科目別の答練になっています。

 しかし、伊藤塾の答練は、回数と問題数が本当に必要な量に絞り込まれており、解説も周辺知識を含めて詳細に記載されていることから、高い学習効果が得られるものとされています。

 特に、記述対策については、司法書士受験界のエース「山村拓也」講師(記述式答案構成力メソッドの考案者)が担当しますので、非常に人気のある講座であり、確実に合格できる力を養成してくれるはずです。

伊藤塾 司法書士 演習コース2020年試験向け)

伊藤塾司法書士答練公式サイト
⇒ 伊藤塾 公式サイト
カリキュラム

択一実戦力養成答練(全12回)
〔民法(3回)、不登法(3回)、会社・商法・商登法(3回)、民訴等(2回)、憲法・刑法(1回)〕

記述式答案構成力養成答練(全12回)
〔不登法(6回)、商登法(6回)〕

日程 2020年1月〜3月
※詳細な日程は公式サイトでご確認ください
受講料 [通信] 108,000円(全24回)
2019年11月30日まで→ 75,600円
※択一と記述は、別々に申し込むことも可能です。
公式サイト 伊藤塾司法書士模試・答練公式サイト
 

模試

 伊藤塾 全国公開模擬試験(2019年試験向け)

 伊藤塾の司法書士の模試は、5月から6月に、全2回開催されます。

日程 2019年
 @5月9日〜
 A6月6日〜
受講料 [通学・通信] 5,000円(全2回)
公式サイト 伊藤塾司法書士模試・答練公式サイト

↑トップへ戻る

Wセミナー(TAC)の答練・模試

答練

 Wセミナー 司法書士 早稲田合格答練2020年試験向け)

 Wセミナーの司法書士の答練「早稲田合格答練」には、以下の3種類があり、この中の『合格力完成答練(旧:ジャンプ答練)』は、すべての問題形式がバランスよく出題され、直前期に最適な答練とされています。

Wセミナー司法書士答練公式サイト
⇒ Wセミナー 公式サイト
日程・受講料

・早稲田合格答練[総合力底上げ答練(旧:ホップ答練)]
【日程】2019年11月〜12月(全6回)
【受講料】[通学] 73,000円 [通信] 78,000円 

・早稲田合格答練[科目別全潰し答練(旧:ステップ答練)]
【日程】2020年1月〜3月(全12回)
【受講料】[通学] 104,000円 [通信] 119,000円 

・早稲田合格答練[合格力完成答練(旧:ジャンプ答練)]
【日程】2020年4月〜5月(全6回)
【受講料】[通学] 71,000円 [通信] 76,000円

公式サイト Wセミナー司法書士模試・答練公式サイト

模試

 Wセミナー 全国公開模試2019年試験向け)

 Wセミナーの司法書士の模試には、「全国実力Check模試(3月:1回)」、「全国公開模試(5月〜6月:3回)」が用意されています。

日程 2019年
全国実力Check模試
 @3月29日〜

全国公開模試
 A5月17日〜
 B5月31日〜
 C6月14日〜
受講料

全国模試フルセット(上記日程の@〜C)
[通学・通信] 29,000円(全4回)

※バラで申し込むことも可能です。
・全国公開模試セット(上記日程のA〜C)
[通学・通信]25,000円(全3回)

・全国公開模試各回(上記日程のA〜Cをバラで1回)
[通学・通信]9,000円(1回)

公式サイト Wセミナー司法書士模試・答練公式サイト

↑トップへ戻る

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。   
Copyright (C) 2010 独学で資格取得 - 目指せ!司法書士 - All Rights Reserved.