マンション管理士(マン管)に合格するための通信講座、テキスト、問題集等をご紹介します!

独学で資格取得【番外編】 - 目指せ!マンション管理士 -
マンション管理士の資格取得を目指す皆さんに役立つ情報を発信します
マンション管理士(マン管)
はじめに


 私はこれまで、資格試験を独学で合格することをテーマに、土地家屋調査士、行政書士、宅建士、管理業務主任者、測量士補など様々な資格を取得し、その勉強方法等について、この「独学で資格取得」のサイトでご紹介してきました。

 しかし、私自身の生活スタイルの変化により、自宅での学習時間を確保することが困難になってきたため、ここでご紹介する「マンション管理士」に限っては、独学ではなく、通信講座による学習を選択することにしました。

 この「学習時間を確保することが困難になってきた」というのは、「仕事が忙しくて時間そのものが足りない」という意味だけでなく、「時間はあるけれど自己を律して机に向かって勉強に取り組む時間を割くことができなくなった」という意味が大きいです。このため、自分から能動的に勉強に取り組む必要がある「独学」というものは、私にとっては非常に困難な方法になってしまったというわけです。

 マンション管理士試験は、不動産関連4大資格のひとつであり、その難易度は、@マンション管理士(合格率約8%) A宅建士(合格率約15%) B管理業務主任者(合格率約20%) C賃貸不動産経営管理士(合格率約50%)の順になっています。

 つまり、不動産関連4大資格のうち、最も難易度の高い資格ということになります。

 私は既に、宅建士も管理業務主任者も取得済みでしたので、この最後の砦となる「マンション管理士試験」に、通信講座による4か月間の学習で挑戦し、合格まで辿り着くことができました。

【不動産関連4大資格】

 また、これらの不動産系の資格は、他の様々な法律系の資格の試験科目に含まれる「民法」という重要な科目を学習しますので、不動産系の資格を取得してから、行政書士などの法律系資格にステップアップして挑戦する方も多いようです。

【法律系資格へのステップアップ】

 この私の経験をもとに、これからマンション管理士の合格を目指す皆さんのお役に立てるような情報を発信したいと思います。

執筆者 大西雅明
市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの合格証書)
執筆者紹介

Menu

 
運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ 当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2020 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.