コラム

社員の化学日記 −第95話 「野菜を食べよう」−

みなさまこんにちは。 新緑たっぷり,五月晴れが眩しく感じられる季節になりましたね。 そろそろ衣替えの準備をしているころではないでしょうか。

表記の件ですが,我が家では昨年から自分のダイエットの一環で野菜生活をして以降,玄関先や花壇の一角を使ってプランターで野菜の栽培を始めてみました。 ・・・と,何とも言えない動機なのが申し訳ないのですが。。(〃_ _)σ‖

で,手始めに夏野菜の代表トマトとキュウリからはじめた訳なのですが,なかなか奥が深くて・・・ ご近所さんに色々教わりながら育てております。

まずミニトマト これはプランターでも育てられる上比較的簡単に育つのではじめてチャレンジする方にはおすすめです。

またトマトは生育が早いため水やりをし過ぎるとの実割れの原因にもなるため, 水やりや追肥のタイミングなど,まだまだ勉強することが多いです。

キュウリは以前に苗を買って栽培したことはあったのですが,今回は種から栽培してみました。 新芽の頃に長雨になると傘をさして夜な夜なナメクジとの格闘を。 さらにまだまだ摘芯が甘く,昨年は15本程度の収穫で終わったので,今年はもう少しがんばりたいですね。

昨年は夏野菜の後,秋植えで絹さやにもチャレンジ。 キュウリの収穫の後,土を作って種まきすると3月頃に花が咲いて4月に絹さややスナップえんどうで収穫。 こちらはなかなかで,実家や,ご近所さんにお裾分けしておいしく頂きました(*^▽^)/★*☆♪

物理の問題 物理の問題

今年は昨年のきゅうりとトマトに加えて真夏のビールのお摘まみの定番枝豆にもチャレンジ。 あ,お酒は飲めないですが(;一_一)

今年はすべて種からポットで栽培し,すでに植え替えも終了,どんなのが出来るかすでにワクワクしながら育てています。

今回の紹介したお野菜は全てプランターでも出来ますので,興味のある方は一度チャレンジしてみてください。 簡単なものはホームセンター等で苗として販売されておりますので,そのままプランターへ植え替えるだけで出来ますよ。 野菜嫌いなお子さまなどは案外自分で育ててみると食べられるようになったりして。

ではまた次の機会に

【からくり長屋の錬金術師(ペンネーム)】

次のコラムへ>>

<<前のコラムへ

▲このページのtopへ