マキノ高原 民宿 一二三館

ホーム  宿のご案内  合宿プラン  温泉  BBQ  会議室  料金  記念撮影  交通  Outdoor  リンク  facebook  メール

マキノl高原のふもと、メタセコイヤ並木沿いの民宿です

予約電話  080−5331−4086

新館(左) 別館(右) 本館母屋は奥です ネット環境あり(wi-fi)・多目的に利用できます 別館のお部屋(TVは外してあります・貸し出し可)
冬は囲炉裏を設置します 静かに夜が更けていきます 栗マラソン 宿前より
冬のメタセコイヤ 宿前より 紅葉の並木道 ある冬の朝 ソリボーダー



宿の詳細 Q&A
Q A
収容人数 60名様・子どもさんの団体様最大で75名さま位まで対応可
客室 和室11部屋・大部屋30帖1部屋(大部屋は会議室としても使用可)、エアコン
食堂・宴会場 畳、約30帖×1箇所
インターネット環境 あります・会議室・食堂広間など館内・無線ルーターにて・宿泊の方にパスワードをお知らせします
貸し出し備品 (要予約) 長机とイス、最大50席・DVD・プロジェクター(H22エプソン製)・ホワイトボード(有料備品あり)
アメニティー シャンプー & リンス 
ボディーソープ
ドライヤー
歯ブラシ/販売100円
フェースタオル/販売100円
バスタオル/貸し出し100円、販売300円
お酒の持ち込み OK!持ち込んだゴミ類は、基本お持ち帰りください。車がないなど困難な場合、分別して頂ければ処分します
花火や肝試し 所定の場所をご案内します。21:30までに終了してください
打ち上げ花火はOKですが、ロケット花火と爆竹はご遠慮下さい
貸切り おおよそ35名様〜  ご相談ください
チェックイン 12:00以降 (ご到着が早い場合はその都度ご案内します)
ご到着予定時間のご連絡をお願います
チェックアウト 9:30 それ以降は待機場所ではゆっくりできます。最延長で14:00となります
戸締り、消灯時間 とくにありませんが、22:30分に主要照明は消えます
食事の時間 朝7:30〜・昼12:00〜・夕18:30〜
懇親会など食堂広間について 22:30までは無料にてご利用頂けます。23時以降も利用する場合は有料(冷暖房、照明代金として・料金表参照下さい)
広間の使用中は各お部屋の照明とエアコンはOFFにし節電にご協力ください
最後の方はエアコンと照明を必ず消してお休みください
大学生の皆さまにお願い 一気飲みコールや音頭、飲酒をあおるゲームでの大声、ドンチャン騒ぎは出来ない宿ですのでご注意ください
屋外での飲酒や大騒ぎなど周りに迷惑を掛けないようにお願い致します
多目的ルーム・会議室(予約制) 板間30畳。机・イス50席。プロジェクター、マイク、ホワイトボード、寝具20セット備品は要予約
洗濯機 4台(無料)、洗剤は持参ください
送迎バス 29人乗り、10人乗り各1台・マキノ駅や周辺施設への送迎用です
駐車場 マキノ高原の共用50台以上
一二三館専用駐車場10台
*駐車場内のトラブルについての責任は負いかねます
*冬季スキー場営業時は有料となります。(除雪など、維持のため。1泊1000円)

*宿前の農業車両専用スペースには絶対に駐車しないでください
コンビニ 車で8分
酒屋 車で5分
お風呂 男風呂×1、女風呂×1
お風呂の時間 17:00〜22:30
冷蔵庫 大型業務用があり。製氷機がありますので氷は無料です。
マキノ高原温泉 徒歩10分・10%割引券あり
白谷温泉 お車で3分
病院 マキノ病院(車10分) 高島総合病院(車30分)*いずれも夜間救急あり
救急車 高島市消防本部  TEL 119番 もしくわ0740−22−1234
タクシー 近江タクシー 0740−22−0106  汽船タクシー 0740−22−2345





お食事例

自家製の近江米です!*食物アレルギーのご相談も出来る限り対応させて頂いています
*季節の旬の野菜、びわ湖の恵み、地元のお酒など(ご予算により)
季節や料金により変更しますのでご了承ください。
朝ごはん 卵焼きやお味噌汁を中心とした素朴な朝ご飯

昼ごはん カレーライスなど お弁当対応可
連泊時は親子丼など

夕ごはん 和洋定食 その他バーベキュー(春〜夏〜秋)・よせ鍋・すき焼き(秋〜冬)など

こだわり地元食材メニュープランにつきまして
近江牛すき焼き、鴨鍋、軍鶏鍋、しし鍋、びわ湖の鯉、鮒、なまづのおつくりなど、地元食材を使ったお料理もご提供させて頂きます
*料理内容による追加料金につきましてはお問い合わせください






宿と店主のDate
history 宿のルーツは、1923年頃(大正末期)に遡ります。
ひいジイさん青谷市松が一二三館を始めました。
宿名の由来は、まず一人お泊り頂き、それが2人、3人となっていけばという末広がりの気持ちを込めて名づけたそうです。

マキノスキー場(現在のマキノ高原)は、1920年代(大正末期〜昭和初期頃)よりスキー客に愛されてきたエリアです。
農家民宿としてスキー客にお泊り頂いたことが始まりです。
現在は通年お泊り頂くことのできる民宿となっております。
comment 観光や合宿、アウトドア、その他、多目的に利用下さい。
皆様にとってかけがえのない、思い出の場所になればと思っています





ご連絡先
住所 〒520−1836 滋賀県高島市マキノ町牧野183
最寄り駅 JR湖西線マキノ駅
電話 0740−27−0138
FAX 0740−27−2622
メール click 【必ず返信しますが、ない場合はトラブルですのでお電話でご一報ください】
*メールでのご予約は、受付完了の返信メールによって成立とさせて頂きます
counter




Home