伝統の美 唐木
                             工房 宮下唐木工芸
商品PRサイトへようこそ
  Enter
商工会議所 ザ・ビジネスモール
トップページ プロフィール ギャラリー 唐木細工 修理記録 体験教室 お問合せ

       

沿 革  昭和10年10月  父、宮下秀雄 親方、宮下末次氏より独立し
 大阪市阿倍野区にて唐木指物業を開業する。
 昭和20年  大阪大空襲により家屋消失する。
 昭和23年  出身地の姫路市にて唐木指物業、再会する。
 昭和44年7月  宮下賢次郎、7年の会社勤務の後、父のもとで唐木指物修行。
 昭和48年   現在の地に新しい作業場(工房)建築。
 屋号・宮下唐木工芸として営業継続。
 平成17年10月  創業70周年を迎える。
 平成20年8月  JR新駅の建設に伴い、住居と材料倉庫、蒸気乾燥場が立ち退きになり、  材料倉庫と事務所を新設する。
 作業場を整備し「工房・宮下唐木工芸」として営業継続する。
 
工房紹介  住 所  兵庫県姫路市勝原区熊見484-4番地
   
 電 話・FAX  079(239)1007
 ホームページ  https://www.eoknet.ne.jp/~m-karaki/
   
プロフィル  宮下賢次郎  略歴・作歴
生産品目  棚 類  飾棚、器局、隅棚、洋酒棚、書棚
 衝立類  衝立、屏風、風呂先屏風、色紙立て、衣桁
 机 類  文机、煎茶机
 台 類  花台、高卓、中卓、二段卓
 箱 類  文箱、色紙箱、短冊箱、硯箱、
 その他 唐木細工  盆、手提げ盆、切手盆、茶杓、短冊掛け、色紙掛け、筆筒
 箸筒、印鑑入れ、その他
交通案内
 ◇JR山陽本線はりま勝原駅北口の西隣。
 神戸方面から車で
 ◇山陽自動車道 山陽姫路東→播但有料道路
    姫路バイパス中地ランプで降りる。
 ◇第二神明、加古川バイパス姫路バイパス、 
    中地ランプで降りる。
 岡山方面から車で
   ◇山陽自動車道 山陽姫路西で降りる。
  ◇国道2号線、龍野バイパス経由。