講師プロフィール

リベルタ学院講師:吉野 由加利 好きなもの

自然/植物/夕日/
舞台鑑賞(和洋問わず)/
映画/美術館/水族館/
ピアノに向かう子供の横顔/
音楽に向かう全ての時間/自由

苦手なもの

人ごみ/ほこり/花粉/
先の尖ったもの/辛いもの/計算

リベルタ学院講師:吉野 由加利

大阪府立豊中高等学校
国立大阪教育大学教育学部音楽科卒業

大学卒業後、中学校で音楽教員を2年間勤める。
自分のやりたい事を求めて、ピアノプレーヤーに転向。
ホテル、イベント、クラブ等で生演奏する中、幅広く音楽やその背景、アレンジを勉強。
クラシックからポップス、ジャズ、歌謡曲まで、レパートリーは1000曲を越える。
また、ソロピアノに加えて歌手やバンドとのセッション演奏も行う。

2000年 海外、主にヨーロッパを1人バックパック旅行する。
2001年 リベルタピアノ学院開校。
2003年 0〜3才児の音感リトミック「どれみのくに」を開設。
2005年 ドラマー 柳 佑樹氏 にドラムを学び始める。
2008年 ドラムコースを開設。

年1回発表会を開催。
ピアノ発表会の他にも、チェンバロコンサート、大人だけのミニ コンサート、
どれみのくに発表会、ピアニストによる子供のためのレクチャー演奏会、
などのイベントを催す。
生徒を指導する傍ら、クラシック音楽をさらに深く勉強するため、
ウィーン国立音楽大学A.プリンツ教授、ワシントン大学C.シェパード教授、
コロラド大学D.コレヴァー教授に師事し、ジョイントリサイタルに出演するなど
ピアノの研鑽を積みつつ現在に至る。
ヤマハPEN会員・カワイ音楽教育研究会会員

リベルタ学院コンセプト

子供コンセプト

基礎を大切にしたい

メロディー・リズム・ハーモニー・そして読譜。
ピアノを弾くためのこれらの要素をクリアするのは子供にとって大変難しい事です。だからこそ、じっくりコツコツ、しっかりした基礎作りを目指します。

子供の自立心、持続力、自尊心を育てたい

そのためには目標を作り、自分の意思でピアノに向かう積極性が必要です。
リベルタピアノ学院では、子供たちが日々練習を持続できるよう、様々な工夫をしています。

美意識を育てたい

音楽は美しいものです。よく耳を澄まし、自分の音がどんな音なのか問いかけます。ただ譜面通りに鍵盤を押さえているだけでは、音楽になりません。
さらに響きのある、美しい音を子供が感情を込めて出せるようなレッスンを心掛けています。

マナーを育てたい

日々の挨拶、言葉使い、姿勢、そういった細かな事一つひとつが子供の意識を変えていくものです。
子供たち一人ひとりの個性と成長を見極めつつ、礼儀が身に付くよう指導します。

想像性、夢を育みたい

一生を通じて音楽が身近にある、芸術を慈しむ、人生を楽しめる、そんな大人に成長してほしいと願っています。

大人コンセプト

人生色々。それぞれの方の音楽館に副ったレッスンをいたします

・短期集中でレッスンを受けたい(資格取得など)
・弾いてみたかった憧れの曲を習いたい
・むかし挫折した自分を乗り越えたい
・「ピアノを習う事」そのものに意味がある
・ピアノで生活リズムを作りたい。
・一人で弾くだけでなく連弾やアンサンブルを楽しみたい
・ジャズに挑戦してみたい。 等々。

年齢、性別、キャリア、ジャンルなど一切関係なく、幅広く音楽を楽しんでいただいております。
お月謝、チケットのお好きな方をお選びいただけます。
レッスンのペースも自由です。