Topページ | 京都福音自由教会

10月のみことば

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。(マタイの福音書6章33~34節)

京都福音自由教会について

 私たち京都福音自由教会のホームページにアクセスいただきまして誠にありがとうございます。このホームページを通じて、私たちの教会の様子を少しでも知っていただくことができますならば嬉しく思います。
 京都福音自由教会は、1950年11月、米国福音自由教会から来日した宣教師によって、京都市北区等持院の地にて伝道が開始され創設されました。
 その後、1959年2月、現在の地(京都市北区小山東大野町)に移転し、今日に至るまでイエス・キリストの福音をお伝えしています。2003年6月、現在の礼拝堂は新しく建て替えられました。
 私たちは、プロテストタント信仰に立ち、聖書を神のことばと信じ、子どもから高齢の方、大学生、外国の方、ハンディキャップのある方など、誰にでも開かれた教会を目指しています。
 また、私たちの教会は、日本福音自由教会協議会に加盟し、「日本福音自由教会信仰12箇条」を信仰告白しています。

教会建物礼拝風景・聖歌隊の賛美

  • 当教会は正統派のプロテスタント教会です。エホバの証人(ものみの塔)、統一教会、モルモン教とは関係ありません。

礼拝・集会・イベントのご案内

礼拝・定例集会

当教会では、定期的に次のような礼拝・集会を行っています。お気軽にご参加ください。

毎週・日曜日
【主日礼拝】

10:30~12:00 礼拝 礼拝についてもっと詳しく
19:30~20:30 夕拝

  • 10月22日の礼拝メッセージ
    「幸せのハードル」(マタイの福音書 6章25~34節)

    ※今村裕三師にメッセージしていただきます。
毎週・日曜日
※上記以外の集会

9:00~10:15 教会学校 教会学校についてもっと詳しく
9:30~10:10 イングリッシュアワー イングリッシュアワーについてもっと詳しく
9:50~10:10 聖書通読会 聖書通読会についてもっと詳しく

毎週・火曜日  6:30~7:00 早天祈祷会
毎週・水曜日  19:30~21:00 祈祷会
第1木曜日  10:30~12:00 聖書を読む会
 ※11月はお休みします。次回は12月7日。
毎週・土曜日  6:30~7:00 早天祈祷会

イベント・特別集会

当教会では、次のようなイベントを予定しています。皆さまのお越しをお待ちしています。

10月22日(日) 10:30~12:00 歓迎礼拝 歓迎礼拝についてもっと詳しく
  • カンボジア国宣教師の今村裕三師をお迎えしてお話をしていただきます。
  • テーマ:「幸せのハードル」(マタイの福音書6章25節~34節)
  • 小早川由起子さん、藤田まどかさんによる賛美もあります。
10月22日(日) 13:00~15:00 秋の修養会 秋の修養会についてもっと詳しく
  • 声楽家の小早川由起子さん、伴奏の藤田まどかさんのお二人をゲストとしてお迎えします。お二人の賛美と、二度に渡る生体肝移植を受けられた小早川さんによる証をお聞きください。
  • 山下牧師によるメッセージ、また交わり会もあります。
10月28日(土) 13:30~15:00 特別講演会 特別講演会についてもっと詳しく
  • テーマ:激しく揺れる世界を読む鍵 -ヒストリアから見えるもの-
  • 講師:黒田禎一郎師(北浜インターナショナル・バイブル・チャーチ牧師)
  • 入場料:無料
12月16日(土) 14:00~15:30 クリスマス・コンサート クリスマス・コンサートについてもっと詳しく
  • 音楽:国分友里恵、岩本正樹
  • チケット:大人1,000円 中高生500円 小学生以下無料
    チケット販売については、後日お知らせします。

山下牧師メッセージ「愛は神から出ているのです」

山下智弘牧師

 先日、乗っていた電車が急停止し、ざわめく車内に冷静なアナウンス。「電車は人身事故のために急停止しました。発車するまで時間がかかります。みなさまにはご迷惑をおかけします。」
 みなさんもそういう経験をなされたことがあるのではないでしょうか。
 そんなとき、私たちは、もしかしたら不機嫌になり、腕時計を見つめてはため息をつき、イライラしてしまうということがあるでしょう。また職場や約束している友人に「人身事故につき遅れます」とのメールを送るかもしれません。また心の中に「迷惑だなぁ!」「よりによってこんな忙しい時に!」という言葉が生まれて来ることもあるでしょう。
 見ず知らずの人であったとしても、尊い一人のいのちが亡くなったのです。しかし「いのちは大切だ!」と普段考えているはずの私たちの心は、悲しいことに、亡くなった一人のいのちを大切だと思うよりも迷惑の対象と感じてしまうのです。
 私たちは「周りの人を大切にしよう」「愛し合うことは素晴らしい!」「お互い平和で生きていこう!」と思っていますが、それができない自分が確実に存在していることも事実です。
 聖書に「私たちは互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです」とあります。また完全な愛は神の内にしかないことが聖書を読んでいくうちにわかります。
 この完全な愛なる神に触れ受け入れて行くときに、周りの人を愛し大切にしていく力も芽生えていくと聖書は教えています。
 ご一緒に聖書を読み進めていきませんか。私たちの教会はあなたのお越しを心よりお待ちしています。

更新情報・お知らせ

「Topページ」と「イベント案内」に10/22「歓迎礼拝」と、同日午後の「秋の修養会」開催の情報を追加しました。UP
「イベント案内」に9/2「心と身体のリフレッシュサロン」の詳細情報を追加し、案内チラシの画像を追加しました。
「Topページ」と「イベント案内」に10/28「特別講演会」開催の情報を追加しました。

↑ PAGE TOP