みことば保管庫 | 京都福音自由教会

みことば保管庫

ここには、当教会の「今月のみことば」を記録・保管します(前年~当年まで)。

2020年

見なさい。あなたは身ごもって、男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。その子は大いなる者となり、いと高き方の子と呼ばれます。(ルカ福音書 1章31~32節)---12月のみことば

みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。忍耐の限りを尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。(第2テモテ書 4章2節)---11月のみことば

「さあ、来たれ。論じ合おう。
──主は言われる──
たとえ、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。
たとえ、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。
(イザヤ書 1章18節)---10月のみことば

彼らは年老いてもなお 実を実らせ
青々と生い茂ります。
(詩篇 92篇14節)---9月のみことば

詩と賛美と霊の歌をもって互いに語り合い、主に向かって心から賛美し、歌いなさい。
(エペソ書 5章19節)---8月のみことば

目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。雄々しく、強くありなさい。一切のことを、愛をもって行いなさい。
(第1コリント書 16章13~14節)---7月のみことば

父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛にとどまりなさい。
(ヨハネ福音書 15章9節)---6月のみことば

イエス・キリストは、昨日も今日も、とこしえに変わることがありません。
(ヘブル書 13章8節)---5月のみことば

最も小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実であり、最も小さなことに不忠実な人は、大きなことにも不忠実です。
(ルカ福音書 16章10節)---4月のみことば

何事でも神のみこころにしたがって願うなら、神は聞いてくださるということ、これこそ神に対して私たちが抱いている確信です。
(第1ヨハネ書 5章14節)---3月のみことば

イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。
(ヨハネ福音書 6章35節)---2月のみことば

教会はキリストのからだであり、すべてのものをすべてのもので満たす方が満ちておられるところです。
(エペソ書 1章23節)---1月のみことば

2019年

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
(ルカ福音書 2章11節)---12月のみことば

すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」
(使徒の働き 3章6節)---11月のみことば

神 その道は完全。
主のことばは純粋。
主は すべて主に身を避ける者の盾。
(詩篇18篇30節)---10月のみことば

まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。
(ヨハネ福音書12章24節)---9月のみことば

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
(第1ペテロ書5章7節)---8月のみことば

人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
(ローマ書10章10節)---7月のみことば

イエスは再び彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わします。」こう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。
(ヨハネ福音書20章21~22節)---6月のみことば

イエスは一人の子どもを呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、こう言われた。「まことに、あなたがたに言います。向きを変えて子どもたちのようにならなければ、決して天の御国に入れません。
(マタイ福音書18章2~3節)---5月のみことば

わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。そして、わたしが与えるパンは、世のいのちのための、わたしの肉です。
(ヨハネ福音書6章51節)---4月のみことば

あなたは私の神。私はあなたに感謝します。
あなたは私の神。私はあなたをあがめます。
(詩篇118篇28節)---3月のみことば

私たちは、何もこの世に持って来なかったし、また、何かを持って出ることもできません。衣食があれば、それで満足すべきです。
(第1テモテ書6章7~8節)---2月のみことば

私は 二心のある人たちを憎み
あなたのみおしえを愛します。
(詩篇119篇113節)---1月のみことば

出典:聖書 新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会

↑ PAGE TOP