長田区歯科医師会所属 長田区 歯科 亀田歯科医院の歯科医院HP 神戸市長田区大塚町1ー9ー7 各種保険取扱 生活保護指定医療機関

HOME PROFILE
歯科医紹介
TREATMENT
治療内容
CLINIC
院内
CONTACT
メールフォーム
PRICE
価格
SELF CARE
歯ブラシ、歯磨剤
LINK
紹介先医療機関
 ACCESS
行きかた

当院では診療費につきましては、(保険・自費ともに)現金によるお支払い以外にも、
各種クレジットカード・デビットカードでのお支払い(一括払い、分割払い、ボーナス払い)が可能です。
お支払い回数、患者様のご希望に沿ったお支払い方法が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
楽天カード・KCカードも利用可能です。

ノンクラスプデンチャー 
シリコン義歯・リプロデンチャー
かぶせ
詰め物
ファイバーポスト



・ノンクラスプデンチャー

▲TOP 
ノンクラスプデンチャー 
シリコン義歯・リプロデンチャー
かぶせ
詰め物
ファイバーポスト

クリアクラスプデンチャー

見積もり無料、見積書は1週間ぐらい。義歯を制作する場合の、来院回数は、4回、4週間。1歯欠損なら、3回3週間。

↓画像をクリックで別ページに飛びます。

クリアクラスプデンチャー1~3歯 6万円台税別  4~11歯 7万円台税別 技工所は㈱シケン
 アンカーアミド
1歯欠損で5万円税別 技工所は㈱シケン
☆☆☆☆☆
バイオプラスト(エステショット)デンチャーCO-PRO) 義歯床が薄く、ウィング部分の弾力も良好。
耐久性は2~3年くらいと考えると安いほうが良いです。最も安価ですので、一番オススメのノンクラスプです。選んで間違いないです。
1歯欠損の義歯は 患者価格3.4万円税込  技工所は、明石市のCO-PRO

☆☆☆☆☆
サーモセンスデンチャー←1~3歯欠損で3.5万円税込 技工所は神戸市北区のアルファデンタルラボラトリー

・かぶせ物 クラウン(冠)・ブリッジ(架橋義歯)
▲TOP 
ノンクラスプデンチャー 
シリコン義歯・リプロデンチャー
かぶせ
詰め物
ファイバーポスト
メールフォーム または 電話:078-691-4312へお願いいたします。
自費 保険適用

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科

オールセラミックジャケットクラウン 
イボクラールビバデント社 IPS emaxプレスブリッジ、連結冠は不可です 最も普及していて最新のオールセラミック。丈夫で審美性も良い オールセラミックでは一押しです。 ステイン法(奥歯に有利、色の再現は築成法より劣ります)とレイヤリング(築成)法(前歯にオススメ。強度はステイン法のほうが強い。メタルコアが支台に使われている歯の場合、築成法のほうが向いています。)があります。咬み合う上下の相手の歯に優しいセラミックです。
 ステイン法 2.5万円(税別)
レイヤリング法 2.7万円(税別)
ジルコニアセラミッククラウン (土台の歯が、金属の土台の場合に色を隠せるので有利、ブリッジなども作りやすいです。仮着が可能)

プロセラZR 6万円(税込)

ノリタケ カタナジルコニア(Noritake KATANA)
 11万円(税込)
オールジルコニアクラウン歯をなるべく削りたくない場合やブリッジで金属を使いたくない場合に非常に有効です。但し、色合わせは多少しにくいです。Z冠スタンダード(三金デンツプライ)35000円(税込) 
但し、色は三色のみ、ステイン塗らないタイプ ミディアム色でB3,B4相当。
メーカー5年保障付

ラミネートベニア   4万円(税込) :神経を抜きたくないような前歯前面だけ削る手法です。

アクリクラウン2.8万円税別 Kdental
アルティメットという製品より強度の高いナイロン製ですが、摩耗しにくく、上下反対側のかみ合わせの歯を傷めません。ブリッジやクラウン可能。

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 銀歯

通常、保険適用です。
銀歯とはいっても、金銀パラジウム合金の高価な貴金属が使われています。

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 硬質レジンジャケット冠 (金属無しの被せもの)

4・5番(第1小臼歯・第2小臼歯)で上下の咬み合う相手の歯が天然歯で、他の歯できっちりと咬み合っている場合に、保険でプラスチックだけの白い歯を作れます。 欠点は、割れやすいことです。

ウェルデンツの素材使用の硬質レジンジャケット冠が保険適用になっています。
株式会社ウェルデンツ 株式会社ウェルデンツ 当院にて取扱いします。製作は(有)ハイテック   

㈱三金デンツプライの雅(ミヤビ)冠 :超硬質レジン冠 詳細については、ブログにも掲載しました。
印象と装着時の合計一部負担金は、3割負担のかたで4900円ぐらいです。従来の硬質レジンジャケット冠と同じ診療報酬で、前から12345の歯に保険適用です(1~3が前歯 45は第一第二小臼歯)。もし大臼歯に使用したければ、保険外になりますが可能ですが、耐久性等の理由から金属冠かメタルボンド冠かオールセラミック冠のほうが安心です。


CAM/CADで製作されたハイブリッドセラミッククラウン(=ハイブリッドレジンクラウン)(クラウン=冠)が、平成26年4月1日から、健康保険適用になりました。
当院では、
㈱GC社のセラスマート 
㈱3Mのラヴァアルティメット
㈱山本貴金属 (山金、ヤマキン)のKZR-CAD
㈱ヘレウスクルツァーのシグナム ハイブリッドレジン ブランク
というハイブリッドセラミック用の材料を使用して製作します。



オールセラミックなどのレジンを含まないクラウンの優位性は変わりませんが、従来から保険に収載されているレジンジャケットクラウンや、硬質レジンジャケットクラウンよりも優れていることは間違いありませんので、とりあえず保険が安いのでということであれば、お勧めしているものです。
※ハイブリッドセラミッククラウンで連冠(かぶせをつなげること)やブリッジは出来ません。
初診料234点
再診料45点
デンタルレントゲン撮影 48点
支台築造 金属:197点 その他:147点
生PZ(生活歯の形成)796点/失PZ(失活歯の形成)636点
連合印象 62点
咬合採得 16点
CAD/CAM冠(小臼歯のみ)1684点
レジンセメント 17点
装着料 45+68点

失活歯(神経の無い歯)で根管治療済みの場合、
来院回数2日
歯型を取ってから4日後に完成
1本で3002点(1点=10円)
1割負担で3000円、2割負担で6000円、3割負担で9000円

生活歯(神経の有る歯)で根管治療済みの場合
来院回数2日
歯型を取ってから4日後に完成
1本で2967点(1点=10円)
1割負担で2970円、2割負担で5940円、3割負担で8900円
当院での治療例を参考に ご覧ください。
平成28年4月1日から、金属アレルギーの検査結果が1種類でも陽性の患者に限り大きな奥歯、大臼歯にCAD/CAM冠保険適用になりました。 まず大臼歯のフルクラウンに使用される歯科用金属(金、銀、銅、パラジウム、イリジウム、錫、亜鉛、ガリウム、ゲルマニウム、ルテニウム。インジウム。ニッケル、クロム。鉄、マンガン、アルミニウム。)にアレルギーがあれば、大臼歯にCAD冠を保険で作れます。歯科からの紹介状は不要。検査結果がわかるような医科からの紹介状か紹介状に準じるものを歯科のほうに持参ください。 2年間の補綴物維持管理が無いので、割れたりなくした場合、また新たに保険請求して、患者さんから一部負担金を頂いて製作する形になります。大臼歯を白い歯にしたいと思われる全てのかたが、念のため金属アレルギー検査を受けてから銀歯にするか自費の歯にするかを考えてみれば良いと思われます。また、補綴物維持管理がありませんので、大臼歯CAD冠を製作後2年以内に保険外の技工物に変えることも可能です。
 

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 メタルボンド(一般にいうセラミックの歯)(=セラモメタルクラウン、PFM、陶材焼付鋳造冠)
22000円(金属代込)(税込)

アンカーボンド(
商品名)
(㈱シケン) 15000円から16000円(税別)
小バルタンMB(松風):変形や変色が認められない特性があり、口腔内でのトラブルも回避できます。成分:コバルト(Co)60.5%、クロム(Cr)28.0%、タングステン(W)9.0%,
その他(Si、Mn他)3.9%
ノリタケAAA(クラレノリタケデンタル社):耐クラック性に優れ、銀による黄変性を生じない、天然歯と同様の蛍光性や高度な色調再現性を有するなど、弊社(シケン)のメタルボンドと同様の陶材を使用しています。
金属の上にセラミックを焼き付けたもので、強度に優れ、保険の樹脂製のかぶせ物とことなり、磨耗がなく、変色もありません。
セラミックを使っているので天然の歯に近い透明感を表現できます。
一般に言うセラミックの歯はこのタイプです。
※金合金を使用したメタルボンド(歯茎に金属イオン色が染み付きません)
は上記の価格に金属代プラスの値段です。

 
 

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 ゴールドクラウン

¥40,000〈税別〉
金合金でできています。歯との適合性がよく、金属ですので強度に優れています。奥歯(小臼歯・大臼歯)にお奨めです。

 
 神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 硬質レジン前装鋳造冠

小臼歯(45番の歯):保険適用外自費:咬合面は金属にしてベニアタイプで1万円。

 神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 硬質レジン前装鋳造冠
保険がきく 白い歯 です。
(1、2番の歯)と犬歯(3番の歯)については保険が利きます。3割負担で6000円です。当院では、保険も自費と同様に、色の記録をして色あわせをします。装着前に硬質レジンの上に透明なプラスチック(GCナノコートラボ)でコーティングをします。←これによって、歯磨きによる硬質レジンの磨耗や吸水による細菌の進入・色の劣化を防ぎます
金属の被せの前から見えるところだけ白い樹脂で作られています。
樹脂は経年劣化し変色しますが、安く被せることができます。
 プロビジョナルレストレーション(仮歯)¥4,000(税別)
自費のクラウンを完成させる前の形や大きさを確認するための必須な仮歯です。
 
治療費用は、
表示金額 x 本数です。
 
詰め物
▲TOP 
ノンクラスプデンチャー 
シリコン義歯・リプロデンチャー
かぶせ
詰め物
ファイバーポスト
自費 保険適用
 神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 ジルコニアインレー
¥20000(税別)ステイン(表面色付け)なし
¥26000(税別)ステイン(表面色付け)有り
耐久性に最も優れます。
 

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 オールセラミックインレー

イボクラールビバデント社 IPS emax
¥25,000(税込))
金属を使わないセラミックだけの詰め物です。
より自然な色合いと形を表現します。

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 樹脂インレー
保険適用です。
樹脂なので変色すること、少しざらざらすること、辺縁がかけやすい、磨耗しやすいなどの欠点はありますが、保険の範囲で金属が見えることを避けることができます。
 
 

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 ハイブリッドセラミックインレー

¥18,000〈税込〉
セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用しています。
保険のプラスチックよりもより永く白さを保つことができます。

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科 ゴールドインレー

¥30,000 〈税別〉~(金合金の使用料によっては、4万円を超えることもあります)(技工料金内訳(技術料¥3500+金属代))
金合金で出来ています。
歯との適合性がよく、天然歯に近い硬さです。
金属なので強度に優れています。

神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科銀歯インレー
保険適用です。
 3DSトレー
スポーツ用マウスガード( 5000円税別)
なども取り扱っています。
 ナイトガード 歯軋り防止装置 (保険適用)

色合わせについて


VITAPAN classicalVITA 3D®マスターシステム

VITA Easyshade
  • VITA Easyshade(イージーシェード)口腔内歯科分光光度計は、ポータブルな、デジタルシェードマッチングデバイスです。
  • VITA Easyshadeは効率的な正確なシェードを、素早く簡単に得ることができます。
  • VITA 3D®マスターシステムの26シェード、VITA 3D®マスターシステム漂白の3シェード、Vitapanクラシックの16シェードと互換性があります。
  • 複数のオプション:シングルシェードモード(1歯につき1点測定)、歯の色のマッピング((1歯につき3つのポイント:歯頸部、中心部&切端)、人工シェード検証、シェードタブ(色見本)の測定。複数回の測定値の平均値。透明度の測定。
  • シェード(歯の修復物の色見本)の世界標準的なVITAが開発したデバイスですので、信頼性があります。 
  • ※レジン充填をはじめとして、、審美性を重視する修復物の部位の色の検査(シェードテイキング)に使用します。
  • ※自院内に常備しています。

canon eos kissx7i キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss Digital X7i + 等倍撮影マクロレンズ シグマ105mm F2.8 + リングストロボ EM-140 DGの組み合わせで口腔内写真も撮影します。

 キャスマッチ(CASMATCH)(光源の種類や接写の度合など、画像が撮影される時の条件は常に異なります。CASMATCHを使って調整すれば、色やサイズの合わせにくい複数の画像も、より被写体に近い状態で比較対象が可能になります。)を利用して、技工所に色彩を伝えやすくします。

・グラスファイバーポスト
▲TOP 
ノンクラスプデンチャー 
シリコン義歯・リプロデンチャー
かぶせ
詰め物
ファイバーコア

保険治療に於いて、虫歯またはその他の原因によって歯の神経をとった場合、歯の補強をするために 金属の土台(メタルポスト)或いは、スクリューポストという真鍮またはステンレスまたはチタニウム(チタン)製の金属ネジを入れた上で周りを土台用のプラスチックで固めて土台とし、その上から被せを作ります。

 つまりほとんどの場合、神経をとった歯は
 二重構造で被せを作るのです。

 その際残存歯質が残っていればあまり
 問題は起こらないのですが、
残存歯質が
 あまり無い場合に
金属の土台をすると、
 長期間にわたり強い力が加わり続け、
 不幸なことに、写真のように歯が割れてしまうことが、 あります。
神戸市 歯科 自費 長田 歯 亀田歯科

そこで最近使用されているのが「グラスファイバー」を使用した土台です。
※保険外治療に於いては、保険適用外のため自費診療(歯科技工所でファイバーコアを製作する場合は、
7000円〈税別〉@歯1本あたり(歯科技工料金が7千円しますので)。
直接法で口の中で作る場合は、
4000円〈税別〉@歯1本あたり 
となります。
保険診療においても、近年、ファイバーポストが保険適用になりました、保険のノンメタルのクラウンはもとより、保険の銀歯などにも積極的に使用しています。

グラスファイバー製ポストの利点

グラスファイバーは歯と同じ位の硬さと弾力性をもち、これを使用すること
により歯の破損する可能性を大幅に軽減することが出来ます。

レジンセメントというセメントで接着するため、歯と強固に接着し、被せが
外れるといったトラブルも避けられます。

金属は歯に対して腐食作用があり、歯が黒ずんできやすいのに対して、グラスファイバーはその腐食作用がない為、被せのきわの黒い変色を防ぐことが出来ます。また、前歯での金属無しの白い被せ物では、被せた後の外見からの透明感が違います。