研究業績

Last Updated: Nov. 06/19

表紙に戻る


著書

マクロ経済学(二神孝一と共著)、有斐閣、2009年
マクロ経済学 第2版(二神孝一と共著)、有斐閣、2017年


主要論文

Dynamic Contract and Discretionary Termination Policy under Loss Aversion (co-authored by Hiroshi Osano), Journal of Economic Dynamics and Control, Vol. 111, Article 103794, 2020年

Agency Contracts, Noncommitment Timing Strategies, and Real Options (co-authored by Hiroshi Osano), Japanese Economic Review, Vol. 68, No. 4, pp. 521-554, 2017年

Investment Timing Decisions of Managers under Endogenous Contracts (co-authored by Hiroshi Osano), Journal of Corporate Finance, Vol. 29, pp.607-627, 2014年

Managerial Incentives and the Role of Advisors in the Continuous-Time Agency Model (co-authored by Hiroshi Osano), Review of Financial Studies, Vol.26, No.10, pp.2620-2647.

日本企業の流動性資産保有に関する実証研究−上場企業の財務データを用いたパネル分析−(安藤浩一・齊藤誠と共著)、現代ファイナンス、No. 27、pp.3-24、2010年

Optimal Timing of Management Turnover under Agency Problems (co-authored by Hiroshi Osano), Journal of Economic Dynamics and Control, Vol. 33, No.12, pp.1962-1980, 2009年

Competition Schemes and Investment in Network Infrastructure under Uncertainty (co-authored by Keizo Mizuno), Journal of Regulatory Economics,Vol. 35, No.2, pp.179-200, 2009年

Access Pricing and Investment with Stochastically Growing Demand (co-authored by Keizo Mizuno), International Journal of Industrial Organization ,Vol. 24, No.4, pp.795-808, 2006年

What Caused Fixed Investment to Stagnate during the 1990s in Japan?: Evidence from Panel Data of Listed Companies(co-authored by Makoto Saito and Koichi Ando), Japanese Economic Review, Vol. 57, No.2, pp.283-306, 2006年

An Empirical Investigation of Cost Efficiency in Japanese Banking: A Non-parametric Approach、金融経済研究、第21号、pp.45-67、2004年

メインバンク・企業間の資金調達関係と株式持合(小佐野広と共著)、証券アナリストジャーナル、Vol.40、No.12、pp.60-72、2002年

不確実性下の投資理論、システム/制御/情報、第44号、第8巻、pp.455-461、2000年

資産価格モデルの実証研究: 展望、現代ファイナンス、No. 6、pp.47-97、1999年

銀行業の費用構造の実証研究−展望−、金融経済研究、第15号、pp.24-51、1998年

Japanese Stock Returns and Investment: A Test of Production-based Asset Pricing Model, Japan and the World Economy, Vol.9, No.1, 37-56, 1997年

日本の銀行業の費用効率性(吉田あつしと共著)、Japanese Journal of Financial Economics、第1巻、第2号、pp.87-110、1996年

TOP


その他論文

Service-Based vs. Infrastructure-Based Competition: A Real Options Approach (co-authored by Keizo Mizuno), Benzoni L., and P. Geoffron (eds.), Infrastructure versus Service-Based Competition: The case of Mobile Telecommunications, Quantifica Publishing, pp.73-81, 2008年

From Access to Bypass: A Real Options Approach (co-authored by Keizo Mizuno), Akahori, J., S. Ogawa, and S. Watanabe (eds.), Proceedings of the 6th Ritsumeikan International Symposium: Stochastic Processes and Application to Mathematical Finance, World Scientific, pp. 127-150, 2007年

1990 年代の設備投資の停滞について:上場企業の財務データからの考察(齊藤誠・安藤浩一と共著)、林文夫編著「経済制度の実証分析と設計」、第2巻『金融の機能不全』(勁草書房)、pp.3-34、2007年

Reply: What Caused Fixed Investment to Stagnate during the 1990s in Japan?: Evidence from Panel Data of Listed Companies(co-authored by Makoto Saito and Koichi Ando), Japanese Economic Review, Vol. 57, No.2, pp.310-311, 2006年

都市銀行の費用効率性の時系列的変動、社会システム研究、第10号、pp.1-25、2005年

1990年代の設備投資低迷の背景について−財務データを用いたパネル分析−(齊藤 誠・安藤浩一と共著)、経済経営研究、Vol. 25、No. 4、2004年

日本企業の資金調達とガバナンス−規制緩和と持合解消のインパクト(小佐野広と共著)、伊藤秀史編著、「日本企業変革期の選択」(東洋経済新報社)、pp.141-169、2002年

流動性資産と企業行動: 時系列データによる分析 (安藤浩一と共著)、齊藤 誠・柳川範之編著、「流動性の経済学−金融市場への新たな視点−(東洋経済新報社)、pp.157-180、2002年

資産価格パズル、筒井義郎編、「金融分析の最先端」(東洋経済新報社)、pp.197-220、2000年

金融政策の波及経路と銀行行動、小佐野広・本多佑三編、「現代の金融と政策」(東洋経済新報社)、pp.111-141、2000年

日本の資産市場における消費資産価格モデルの再検証、大阪大学経済学、第44巻、第3・4号、pp.76-90、1996年

TOP


未公刊論文(Discussion Papers and Mimeographs)

企業の流動性資産保有と投資の決定要因について: 上場企業の財務データを用いたパネル分析(安藤浩一・齊藤 誠と共著)、日本銀行ワーキングペーパーシリーズNo.08-J-5、2008年

企業の不祥事と株価パフォーマンス(小佐野広と共著)、2006年

Financial Relations between Banks and Firms: New Evidence from Japanese Data (co-authored by Hiroshi Osano), Kyoto Institute of Economic Research, Discussion Paper No.546, 2002年

流動性資産と企業行動: 時系列データによる分析(安藤浩一と共著)、立命館大学RCFFリサーチ・ペーパー02-001 図のファイル、2002年

メインバンク・企業間の資金調達関係と株式持合小佐野広と共著)、立命館大学RCFFリサーチ・ペーパー01-003、2001年

Specification Tests for Stochastic Frontier Models Using Panel Data (with Atsushi Yoshida), mimeo., 1996年

TOP


書評

「なぜ資本主義は暴走するのか−『株主価値』の恐るべき罠」(ロジャー・ローウェンスタイン著・鬼沢忍 訳)、日本経済新聞社、日本経済新聞、朝刊、10月2日、2005年

「コーポレート・ガバナンスの経済分析」(花崎正晴・寺西重郎編)、東京大学出版会、経済セミナー、1月号、2004年

Foundations for Financial Economics( Huang, C., and R. H. Litzenberger)、North-Holland、経済セミナー、4月号、1994年

TOP


レフェリー

Asian Economic Journal
Asia-Pacific Financial Markets
Economic Journal
European Journal of Operational Research
International Journal of Economic Theory
International Journal of Game Theory

Japanese Economic Review
Japan and the World Economy

Journal of Economic Dynamics and Control
Journal of the Japanese and International Economies
現代ファイナンス
金融研究
金融経済研究

TOP