外傷性疾患について

   HOME ≫ 外傷性疾患について

外傷性疾患

ぎざぎざ外力を示す

身体に外力が加わって起こる傷(しょう)や創(そう)などの病的
     状態のことを外傷性疾患と言います。  損傷ともいわれます。

 傷(しょう)・・・打撲や挫傷,捻挫など皮膚が切れていない外傷。
  施療はこの"傷" 中心となります。

 創(そう)・・・切り傷など皮膚が切れている外傷をいいます。
  "創" の手当ては,ご家庭または外科,皮膚科等でお手当てしてもらって下さい。
        当院は,筋・関節・運動障害などの施療をおこないます。
※  創の主となる間は,皮膚表面近くに意識がゆき,創が良くなると関節部などに不具合を感じやすくなります。


取扱外傷性疾患

 捻挫・・・・・関節に正常可動範囲以上の外力が加えられ,関節包や靭帯(じんたい)
  引き伸ばし損傷または負傷します。※生体の正常可動範囲は,適切なウォームアップで広げることが可能です。


 打撲・・・・・いわゆる打ち身のこと。内出血斑が出現します。

 挫傷・・・・・身体表面には創(きず)がなく, 内部の軟組織や臓器が損傷された状態を
  いいます。スポーツや日常活動などでも多く発生しています。
        皮下組織,筋,腱(けん),滑液包などの損傷を主とします。

 骨折・・・・・骨の外傷で,外力の作用により骨の連絡が一部または全部絶たれたものをいいます。皮膚の損傷ないものを皮下(単純)骨折といいます。

 脱臼・・・・・関節から骨の関節面が完全にはずれた状態をいいます。
    比較的軽い脱臼,顎関節脱臼(あごがはずれた)小児の肘の脱臼(肘内障),また
    習慣になっている肩関節脱臼はよく見られる脱臼です。

                骨折・脱臼の初回は応急処置をおこないます。2回目以降は,医師の同意を必要とします。


このページの最初へ戻る