DSPモジュール SDR-49 のケーシング

海のかざり

2013/6/9
Last update : 2013/6/9

花のアニメSDR-49 ケーシングの概要

CQ出版のDSPモジュール 「SDR-49」のケーシングをしました(2013年4月完成)。
「SDR-49」については、CQ出版の「SDR-49 特設サイト」をご覧ください。
FT-817 のリモート運用(「SDR-49 特設サイト」の該当ページはこちら)がしたかったのですが、「SDR-49」は部品(2枚の基板)なので実験用ならともかく実用としては使いにくそうだったので、電源も含めてケーシングしました。
想定としては、FT-817 のリモート運用に加え、CQ誌付録ソフトウェアラジオ基板の接続(「SDR-49 特設サイト」の該当ページはこちら)までできるように構成しました。
アルミケースは FT-817 と重ねることを想定して、テイシン TC-13(W115×D155×H30、ブラック)にしました。



SDR-49 ケーシング
(テイシン TC-13 を使用した)
(ACC は拡張用で、未接続)

「ANALOG IN」のボリウムは 50kΩ(A特性、2連)、「PHONES」のボリウムは 1kΩ(A特性、2連)を使用しました。
ボリウム付きなので、入出力レベルの調整が容易になります。



SDR-49 ケーシング リアパネル
(LAN はインターネットに接続されているルータ等に接続する。設定時以外、パソコンは不要)
(ACC2 は拡張用だが、現時点では、アース電位に落としたらフロントの赤 LED が点灯するように接続している)


花のアニメ使用部品

    

SDR-49 の DSP-49基板(左)と ADC-49基板(右)
(このホームページの他の基板の写真と異なり、メーカー製)
(ADC-49 の右側はステレオジャック2個)

  

SJ-RS モジュール(左:サイレントシステム)、および、電源基板(右:アイテック電子 AVR-2 改)

サイレントシステム SJ-RS モジュール基板については、「SDR-49 特設サイト」のFT-817 のリモート運用をご覧ください。多少の組み立てが必要。6ピンヘッダは別途購入が必要です。
電源基板はアイテック電子研究所の AVR-2 をベースに、IC をμPC2933BHF(3.3V、1A)に交換しました。



SDR-49 ケーシング 内部
(既製のケーブルを使っているので、ごちゃごちゃしている)
(DSP-49、ADC-49 は一切ハンダ付けせずコネクタ等で接続、他は主にハンダ付けで接続)
(ADC-49 には、ボリウムにつながっているステレオプラグ2個を挿している)


花のアニメFT-817 のリモート運用

Android 系スマホを購入して AndroidRadio をインストールし、リモート運用(受信のみ)してみました。
最初上手くいかなかったのですが、サポートして頂きました。
送信するには、総合通信局等への変更申請が必要です(「SDR-49 特設サイト」の該当ページはこちら)。


矢印のアニメ 「その他の製作」に戻る

矢印のアニメ トップページに戻る

Copyright (C) 2013 by MATSUMOTO Koichi, JN3DMJ