本文へスキップ

お問い合わせは
TEL/FAX:0798-54-3956
E-mail:houkago-asoboukai@gaia.eonet.ne.jp

〒665-0074 兵庫県宝塚市仁川台289-1

仁川小 放課後遊ぼう会 開催の様子(2022年度・2021年度)

2022年6月 お便りから

「今日、○○さん、くる?」 「つり輪で一緒に遊ぶんだよ!」 いつもつり輪やコマなどで遊んでくださる地域のボランティアさんは人気者です。遊ぼう会では、子どもたちはPTAや地域のボランティアさんのやさしい眼差しに見守られています。土山では、新しくできた友達と、土を掘ったり水を運んだりと役割分担して、川や池ができ上がっていました。
これから暑くなるので、こまめに水分をとってくださいね。6月も遊ぼう会で元気に遊びましょう。

2022年5月 お便りから

4月に久しぶりに会った子どもたち。少し背が高くなっただけではなく、会話にも成長を感じます。つり輪で手にまめができても何回もチャレンジしていた子が、久しぶりに見ると、とても上手になっていました。
5月は外遊びによい季節です。雨やスタッフ不足で開催できない日もありますが、旗が立っている日は遊ぼう会で思いっきり遊びましょう。これから暑くなるので、帽子をかぶって来てね。

2022年4月 お便りから

「仁川小 放課後遊ぼう会」は
子どもたちが自分の責任で自由にいきいきと遊べる放課後の遊び場です。校区内のボランティアが「仁川小 放課後遊ぼう会 実行委員会」を組織し、宝塚市より「放課後子ども教室推進事業※1」を委託され、平日の毎日の放課後と第4土曜日に開催しています。兵庫県の「子どもの冒険ひろば」として開催している日もあります。遊び場の安全管理や遊具の整備、ケガへの対応など、専門的知識を必要とする役割は、認定NPO法人放課後遊ぼう会※2所属のプレイリーダーが担当しています。昨年度も、仁川小学校の先生方やPTAの皆さま、地域の皆さまからさまざまなご支援ご協力をいただきました。皆さまに心から感謝します。今年度もよろしくお願いします。

 昨年度の活動実績
 開催回数    138回
 延べ参加者数 6,440名
 平均参加者数 46.6名

ボランティアが足りません。
見守りスタッフにご登録をお願いします!

2022年3月 お便りから

~PTA放課後遊ぼう部員より~
  • PTAとして関わるまで遊ぼう会は当たり前にある存在でしたが、皆さんの協力あっての活動だと知り、関わってくださる皆さんには感謝しかありません。近所に安心して遊べる場所が少ないだけでなくコロナ禍で行動が制限される毎日を過ごす中で、放課後、思いきり遊べる遊ぼう会はとてもありがたい存在です。温かく見守ってくださるリーダーさんの存在も親にとっては安心でした。定例会では遊びの大切さや子育てに役立つお話を聞くことができ、とてもよい機会を与えていただきました。
  • 子どもはよく遊ぼう会を利用しておりましたが、私のほうは遊ぼう会を理解していませんでした。遊ぼう会がNPO法人の方とPTAと一緒に運営されていることも知りませんでした。NPO法人のスタッフの方、プレイリーダーの方が先導して運営をしてくださり、一年間安心して活動に参加することができ、学校での子どもの遊んでいる様子やお友達にも会えて良い一年となりました。様々方の支えがあり開催されていることも知り、感謝しております。一年間お世話になりありがとうございました。
  • PTA役員で月に1回ほど参加させていただきました。リーダーの皆さんが準備をしてくださるので、私は簡単な受付けやランドセルを整えたりするだけでした。多くの子どもたちが元気に遊ぶ様子を見られてよかったです。宝塚市で遊ぼう会が毎日のように開催されているのは仁川小だけと知り、とてもありがたいなと思いました。
  • ボランティアを通じて、我が子のクラスメートとたくさん顔見知りになりました。「○○さんのお母さん!」と手を振ってくれる子どもたちは、とても可愛らしく、吊り輪の補助ではときに、図々しいほどお願いされるようになりました(笑)。ボランティアスタッフが足りていない現状で、一人でも多くの保護者の方にご参加していただけると、本当に助かります。お子さんと思いっきり遊ぶ時間として、ぜひ一緒に参加してみてくださいね。
  • ボランティアスタッフでお仕事させていただく際は、受付をメインでさせていただいています。子どもからお名前を聞いているクラスメートのお顔を知ることができたり、子どもがお友達と仲良く遊ぶ様子を間近で見ることができました。ボランティアスタッフで一緒になった他学年の保護者の方とも交流することができ、良い情報交換の場にもなりました。

2022年1月 お便りから

12月の個人懇談日には平均116人の参加がありました。早い時間からたっぷり遊べる日で、子どもたちは野球にサッカー、ドッジボール、中国ゴマ、縄跳び、つり輪、鬼ごっこなど、思い思いの遊びを楽しんでいました。泥だんご作りは相変わらず人気で、子どもたちはとてもきれいな泥だんごを作り上げていました。1月は寒いですが、遊ぼう会で思いっきり走り回って遊びましょう! 元気いっぱいな皆さんに会えるのを楽しみにしています。

2021年12月 お便りから

11月の遊ぼう会には毎回70~80人が参加し、久しぶりの参観懇談日には149人もの参加がありました。急遽、保護者スタッフさんが手伝いに入ってくださり助かりました。幼児の親子参加も増えて嬉しいですが、幼児には危険な場合がありますので、保護者の皆さま、お子さまから目を離されませんようお願いします。11月から遊べる時間が短いですが、子どもたちはお友達と一緒に遊んで楽しそうです。これから寒くなりますが、12月も遊ぼう会で思いっきり遊びましょう

2021年11月 お便りから

秋晴れの下、子どもたちは運動場で元気いっぱいに遊んでいます。サッカーは男の子に人気です。低学年と高学年が混じってのミニゲームでは、テクニックが身についた子が相手を前にダブルフェイント。おーやるねー。相手をすり抜けてゴールに向かってシュート!…残念、力み過ぎでした。あちらでは男女10人余りが集まり何やら相談して、じゃんけんポン! 二手に分かれてドッジボールが始まりました。低学年の女子が逃げ惑う相手を狙って大きなボールを両手で持ってエイヤーと投げつけてアウト! ワイワイキャーキャー賑やかな遊びが続きます。子どもたちはお互いに相談して遊びをつくり、楽しんでいます。11月も遊ぼう会で思いっきり遊びましょう。

2021年10月 お便りから

9月は遊ぼう会を開催できませんでしたが、10月は開催します。よろしくお願いします。

2021年9月 お便りから

夏休み中は久しぶりに室内でも開催しました。10時までは自習し、10時からは自由に遊びました。運動場では水鉄砲を使っての水遊びが、室内ではプラレールや卓球、カプラが人気でした。日により、スライムやダンボール遊びもしました。ダンボール遊びでは、最後にみんなで大きな基地を作りました。この度、PTAからの助成金でカプラを購入しました。新しいカプラは積みやすく、子どもたちは難しい技にもチャレンジして作品を作っていました。お盆のころはご家族での参加も多く、楽しい夏休みの思い出ができたことと思います。
緊急事態宣言が解除されたら、また遊ぼう会で遊びましょう。

2021年8月 お便りから

右腕をぐーんと伸ばして、今度は左腕で吊り輪をスイスイ。慣れた子どもたちは楽しそうに遊んでいます。低学年の子も、手にマメができてもチャレンジしています。野球は男の子に人気です。メンバーを募り、二手に分かれてポジションを決めます。高学年ともなればかなり遠くまで飛ばしています。時としてケンカになることもありますが、些細なことならメンバー間で話し合って対応しています。これからも、子どもたちが自ら取り組む遊びを見守っていきたいと思います。

2021年7月 お便りから

「お水、入れるよ!」「そおっとね!」土山で子どもたちの会話が弾みます。シャベルで深い穴を掘る人、スコップで長い川を作る人、役割分担をして見事なダムができあがりました。暑くなると土山は特に人気です。ほかにも、子どもたちはドッジボールや野球などで仲良く遊んでいました。
これから暑さが厳しくなります。7月も休憩と水分補給をしながら遊びましょう。

2021年6月 お便りから

5月は雨の日が多く、なかなか遊ぼう会を開催できなくて残念でした。
5月下旬にPTAさんが運動場の土山に新しい土を補充してくださいました! 土山は、今の校舎に建て替えられた時に、遊ぼう会からPTAを通じて教育委員会にお願いして作っていただきました。当時は大きな山で、すべり台のように滑って遊ぶこともできました。年月が経って、土は少しずつ減っていきましたが、PTAさんが定期的に土を補充してくださるお陰で、今も子どもたちに人気の遊び場となっています。ふかふかの新しい土で遊べるのは今の時期だけです! ぜひ遊びに来てください。

2021年5月 お便りから

4月の遊ぼう会では、ポカポカ日和の中、子どもたちは元気に遊んでいました。吊り輪は女子に大人気。遊ぼう会ではたっぷり練習できるので、みるみる上達していきます。豆がつぶれると痛いけれど、治ったらまたチャレンジしています。土山では汚れも気にせず、もくもくと土を掘ったり水を入れたりしています。子どもたちも笑顔、見守るお母さんたちも笑顔です。
コロナ感染が拡大しているので、マスクを着けて遊びます。ご協力ください。

2021年4月 お便りから

「仁川小 放課後遊ぼう会」は
子どもたちが自分の責任で自由にいきいきと遊べる放課後の遊び場です。仁川小学校区のボランティアが「仁川小 放課後遊ぼう会 実行委員会」を組織し、宝塚市より「放課後子ども教室推進事業※1」を委託されて開催しています。兵庫県の「子どもの冒険ひろば」として開催している日もあります。遊び場の安全管理や遊具の整備、ケガへの対応など、専門的知識を必要とする役割は、認定NPO法人放課後遊ぼう会※2所属のプレイリーダーが担当しています。昨年度も、仁川小学校の先生方やPTAの皆さま、地域の皆さまからさまざまなご支援ご協力をいただきました。皆さまに心から感謝します。今年度もよろしくお願いします。

 昨年度の活動実績
 開催回数      91回
 延べ参加者数 2,863名
 平均参加者数   31名

ボランティアが足りません。
見守りスタッフにご登録をお願いします!

戻る

その他、お問い合わせについて

お問い合わせにつきましては、下記の電話番号、または、メールにてお問い合わせください。
認定NPO法人 放課後遊ぼう会
TEL/FAX:0798-54-3956(平日 10時~16時)
メール :houkago-asoboukai@gaia.eonet.ne.jp


リンク

アクセス



※バナーをクリックすると
宝塚市 放課後子ども教室
「仁川小放課後遊ぼう会」の
 ページに移行します