第66期 王座戦
MENU HOME 七大棋戦とは? 本戦への道のり 予選のしくみ
囲碁の歴史シリーズ About Us
七大棋戦の最新情報 主な結果と予定 棋聖戦 名人戦 本因坊戦
十段戦 天元戦 王座戦 碁聖戦





第66期王座戦  井山裕太 王座 対 一力遼 挑戦者 五番勝負

(△: 先番 6目半コミ出し、 持ち時間: 各3時間、  ○: 勝ち、 ●: 負け)

昨年と同じ顔合わせとなった5番勝負。
3連敗で敗退したリベンジを果たすべく、一力が井山に挑む。
2勝2敗で迎えた大一番は井山が貫禄を見せて防衛に成功。
趙治勲のもつタイトル通算42期に並んだ。
一力は最終局まで持ち込んだが、またも涙を呑んだ。



第1局  10月 26日 (金)    ● 井山   2目半     一力 ○ 
第2局  11月 17日 (土)    ○   井山   中押し   一力 ● 
第3局  11月 19日 (月)    ○ 井山   中押し     一力 ● 
第4局  11月 30日 (金)    ●   井山   1目半   一力 ○ 
第5局  12月 13日 (木)    ○   井山   中押し   一力 ● 




第66期 王座戦 トーナメント表

(主催:日本経済新聞社 ― e-碁サロン ― )

絶対王者井山七冠への挑戦者を決めるトーナメント。
16人の精鋭が戦いを繰り広げる。
27歳の村川が最年長と、若手が四強を占めた。
決勝へは本木と一力が勝ち上がった。
この20代前半の大一番は一力が制した。
昨年に続いて井山への挑戦権を獲得。リベンジなるか。


一力  遼━┓                        ┏━羽根 直樹
      ┗━一力━┓              ┌─羽根━┛      
高尾 紳路─┘    ┃      一       │    └―溝上 知親
           ┗━一力━┓ 力  ┏━本木━┓           
孫   符氛「    │    ┃ ┃  ┃    ┃    ┌─六浦 雄太
      ┏━河野─┘    ┃ ┃  ┃    ┗━本木━┓      
河野  臨━┛         ┃一┃ 本┃         ┗━本木 克弥
                ┗力┛ 木┛                
村川 大介━┓         │    │         ┌─張   栩
      ┗━村川━┓    │    │    ┌─ 余 ━┓      
林  子淵─┘    ┃    │    │    │    ┗━余  正麒
           ┗━村川─┘    └─ 許 ━┓           
芝野 虎丸―┐    │              ┃    ┏━許  家元
      ┏━彦坂─┘              ┗━ 許 ━┛      
彦坂 直人━┛                        └―小林  覚



本戦入りの棋士はどのように決まるのか?→本戦への道のりへ