本文へスキップ

祭 典

祈年祭・御田植祭(おんだまつり) 2月11日 建国記念の日 午後1時00分

農耕の盛んな土地では、その年の豊作を祈るお祭りは盛大に行われます。
このお祭りでは、神社の役員が前日に約二石の餅を搗き、御神前にお供えします。
拝殿に於いて祈年祭を齋行後、広庭に竹を立て注連縄を引き田に見立て、氏子が牛に扮して田を耕し、苗に見立てた杉葉の束を植える御田植の神事が行われ、神事の後にはお供えした餅を石垣の上から撒く「御供撒き」が行われます。
御供撒きの餅には文字の書かれている福くじ餅があり、氏子崇敬者からのお供え物を撤饌(お下がり)としてお受け頂きます。
葛城に春の訪れを告げる早春の祭礼です。
※雪雨時は神事を拝殿で行い、餅はお配りする場合があります。

夏越祭(なつまつり) 7月17日 午後7時30分(十二振提灯奉拝 午後8時00分)

古来より夏は疫病や作物の病が多く流行する季節の為、夏の間の健康と豊作を願うお祭りが各地で行われてきました。
辛い農作業の合間のお祭りだけに賑やかなお祭りが多く行われます。
当社では、氏子の各村より長い竿に十二振の提灯をつけ、一番上に御幣をつけたものを捧げ持ち、伊勢音頭を囃しながら氏神様にお参りします。
氏子は提灯と共に拝殿前まで上がり、お祓いを受けて神の御霊をいただきます。
参道や境内に十二振提灯がいくつも並び立つ様子は幻想的です。
現在は、正月にも演奏をご奉納頂きます『かつらぎ太鼓保存会』の皆様の奉納演奏も行われ、幻想的な中にも盛大に執り行われます。


秋季御例祭 10月24日・25日

宵宮祭 24日 午後7時00分
(十二振提灯奉拝 午後7時30分)

秋季御例祭の宵宮祭(前夜祭)。
明日のお祭りの準備が整い、無事滯る事無く斎行できる様にと願うお祭り。
夏越祭同様、氏子各村から十二振提灯の奉拝があります。

秋季御例祭 25日 午前10時00分

当神社の例祭。

鎮火祭 11月15日 午前10時00分

鎮火祭












新嘗祭 12月6日 午前10時00分

新穀感謝のお祭り。

お正月 新春初詣祈祷

お正月には、恒例となっております新春奉納演奏が行われます。
昨年一年の感謝と、今年一年の御守護を祈願しお参りされます。
皆様方の御厚意で、御神前に奉納の後、お参りの皆様にもその演奏を披露して頂いております。
又、企業や団体の皆様も奉納演奏同様新年の始めに初詣祈祷にお参りされます。

※イベントやコンサートではございませんので、諸事情により日時が変更になる事もあります。

尺八

左…1月1日 都山流尺八楽会葛城社    右…ジョシュ・スミス氏

太鼓

1月2日 かつらぎ太鼓保存会

フルート

1月2日 安藤史子女史