岩佐又兵衛       越前・若狭紀行     地図案内   TOPへ
               
   岩佐又兵衛(いわさ またべえ、1578〜1650、諱は勝以)は信長に仕えた荒木村重(1535〜1586)の子として生まれたが、村重が主君・織田信長に反逆したのを機に数奇の人生を送ることになる。荒木村重の謀反の様子は『信長公記』(しんちょうこうき、角川書店)から伺うことが出来る。信長の命により荒木一族が皆殺しにされていく中、乳母の手でかろうじて救われて本願寺にかくまわれ母方の姓・岩佐を名乗った。興宗寺(こうしゅうじ)第10代住職・心願(しんがん)の招きで福井に住み、更に、福井藩主・松平忠直(ただなお)と忠昌(ただまさ)に仕え福井の地で妻子と共に20年余りを暮らした。土佐派や狩野派の影響を受けながらも独自の画風を創った。60歳の頃、幕府より突然の招請を受け、幸せに暮らした妻子を福井に残したまま江戸に上った。『三十六歌仙図』、『官女観菊図(かんじょかんぎくず)』、『山中常盤(やまなかときわ)絵巻』など多くの作品の他に家光の娘・千姫の婚礼調度品の制作をした。『見返り美人図』の菱川師宣(?〜1694)に先立つ浮世絵の名人として浮世又兵衛とも称される。73歳で江戸で没したが遺言により遺骨は家族が待つ福井に戻り興宗寺に葬られた。2代目・勝重、3代目陽雲も同寺に眠る。
興宗寺にある岩佐又兵衛の現在の墓(福井市松本)
  岩佐又兵衛のかつての墓跡(福井市立宝永小学校内)
「ここはもと浄土真宗本願寺派興宗寺の境内で、浮世絵の元祖として有名な岩佐又兵衛(1578〜1650)の墓はここにあった。
又兵衛は摂津(大阪府)の出身であるが40歳のころ同寺住職・心願の縁により越前に来て、約20年間同寺を拠点に活躍した。没した地は江戸であるが、遺言により墓は同寺に建てられた。この度、宝永小学校校舎改築に際して校庭南東角向かいの現・興宗寺境内に移転した。
          昭和六十二年六月  福井市」
 松本清張は日本美術史の中から10人を選んで書き上げた『小説日本芸譚』の中に岩佐又兵衛を取り上げた。
又兵衛の半生が哀感いっぱいに描かれている。

『小説日本芸譚』(松本清張、新潮文庫)                  
・・・・・ 元和二年の夏のことであった。福井の興宗寺の僧で心願という者が京に上ってきて本願寺に仮寓した。彼は役僧となったので、その執務のためだった。
 心願は、又兵衛の画を見てひどく心を動かしたらしかった。話をしてもかなり古典の教養がある。荒木村重の遺子であることにも興味をもったのであろう。
「越前に来なされぬか。田舎だが、気儘に画など描きなされ」とすすめた。
・・・・・・
 北ノ庄に下って心願の興宗寺に身を寄せたが、又兵衛にとって格別心の豊かな生活ではなかった。寄食の客であることに変りはない。暗鬱な厚い雲が垂れ下る冬の空が、彼の心を凍らせた。永い暗い冬が、そのまま彼の気持を象徴していた。

 又兵衛は、終日閉じこもって画を描いた。画を描くよりほかに仕方のない生活であつた。九年というものの間がそうであった。
・・・・・
 それは異変といつても差支えなかつた。俄かに江戸の幕府から出府を命ぜられたのである。理由は武州川越の東照宮喜多院が先年焼失したので、その再建に当り、拝殿に掲げる三十六歌仙図を揮毫せよというにあった。これはどのような事情からか彼自身にもさだかには分らなかった。まさか自分の画が江戸まで聴えたとも思えなかった。
 
 江戸に出たら、果していつ帰れるものか分らなかった。それほど大きな仕事なのである。己の年齢を思うと、生きて妻子の顔を見られるかどうか分らない。
  又兵衛はまだ雪が解けぬ寛永十四年二月の半ば、梅も咲かぬうちに福井を出立した。妻子は城下の外れまで来て見送った。子の顔が冷たい風の中に赭い(あかい)のがいつまでも彼の眼に残った。
 越前国湯尾峠を越えたときは、寒返る山風と大雪に一方ならぬ難儀をした。この道は二十年前、興宗寺の心願に伴われて京から来た道であった。今は、それを逆に還るのである。その心願も五年前に入寂していた。