スクリーンリーダー対応ニュース閲覧専用ブラウザ 新聞快館

今すぐプログラムをダウンロード


対応システム]Windows7 SP1 / Windows8.1 Update1 / Windows10
対応スクリーンリーダー]Windowsナレーター NVDA PC-Talkerシリーズ
その他自動更新と記事取得にインターネット環境を利用

概要

本品は各種スクリーンリーダーへ対応したニュース閲覧専用ブラウザーです。
約700件のニュースソースを横断的に閲覧し、任意の記事をスクラップ帳へ記録する機能を有します。
また、お気に入り配信元を登録いただくことで、その情報元から配信される最新情報を少ない操作で受信し蓄積いただけます。
各種のスクリーンリーダーにより音声読み上げが可能となる動作を行います。


特徴

  1. ソフトウェア起動時に更新処理が行われ、常に最新のプログラムバージョンをご利用いただけます。
  2. 各新聞・雑誌・Webメディアに加え、官公庁や各企業から発信される公式発表、ニュースリリース等の一次情報へアクセスいただけます。
  3. お気に入り配信元の登録機能を搭載し、日頃よく読むページの短時間での巡回が可能です。
  4. 閲覧中の記事が掲載されているURLをデフォルトブラウザですぐに開くことができます。
  5. 記事の閲覧履歴が自動で蓄積され、過去に閲覧した記事をいつでも再読いただけます。
  6. スクラップ帳機能を搭載し、任意の記事を個別に保存いただけます。
  7. 対応するニュースソースの場合、javascriptやフラッシュオブジェクトと行ったプログラムの実行が抑止されるためセキュアな情報収集環境が実現されます。
    近年ネット広告を表示するのみでコンピューターウイルスに感染する事例が生じておりますが、本品の対応チャンネル利用中はそういった状況を防ぐ効果があります。
  8. 本文の音声用テキスト抽出が不可能な記事が開かれた場合はデフォルトブラウザにより内容が表示されるため、そちらより記事をお読みいただけます。 (テキスト自動抽出機能は継続的にアップデートを予定しております。)

基本構造

本品は目次を順に開いていく階層構造となっており、カーソルキー上下で移動し、エンターキーで中へ入る、エスケープキーで外へ出る動作を基本とします。


基本操作

カーソルキー上下項目内の移動
エンターキー選択中の項目を実行
エスケープキー バックスペースキー1つ前のメニューへ戻る
Tabキー項目間の移動
スペースキー
  1. 「目次3」では「お気に入り配信元」へニュース配信元をご登録いただけます。
  2. 記事一覧画面、記事本文閲覧画面では「スクラップ帳」へ現在閲覧中の記事を記録いただけます。

これまで講習会などで本品をご利用いただいた団体様

  1. 公益社団法人 群馬県視覚障害者福祉協会 火曜日パソコン講習様
  2. 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会様

今すぐプログラムをダウンロード
機能拡張有償版『新聞快館 Extend Pack』の情報はこちらへ