日本基督教団 相生教会


天使イラスト 天使イラスト

子どもの教会
Church School
CS


 

春のハイキング・宮山登山

宮山登山  新学期を間近に迎えた4月3日(土)、教会学校主催で春のハイキング・宮山登山が行われました。小学生5人、中学生1人、大人10人の総勢15人が教会に集まって、宮山々頂を目指しました。登るのに30分とかからない小さな山ですが、普段の運動不足がたたったのと、険しい岩山に、すぐに息切れする始末です。それでも、何とか山頂に登ってみると、普段暮らしている相生の町並みが一望でき、「教会の等が見える」などと目を凝らしていました。

宮山登山  それぞれに持ってきたおにぎりで昼食をすませた後、「宮山は水晶が採れる」との話から、水晶探しが始まりました。地質学は今回登山に加わっていた大学生、盛宣誠君の専門分野です。子どもたちは自分で水晶を見つけようと、盛君の指導の下に斜面を一生懸命探しました。結果はどうだったでしょうか?
 でもこの日一番の宝は、春の宮山に響いたみんなの歌声と笑い声でした。

教会学校クリスマス会 みんなで飾ったクリスマスケーキ 2003.12.23

教会学校クリスマス会  教会の忘れてはならない楽しいクリスマスのプログラムに、教会学校のクリスマス会があります。12月23日に子羊クラブのメンバーや初めて教会に来たというお友達も加わって楽しくみんなでイエス様のお誕生をお祝いしました。
 礼拝の後は、楽しいクリスマスパーティ。でも、その前にみんなが熱中したクリスマスケーキの飾り付け。見た目より味で勝負?と、ありったけのクリームとフルーツを飾った特製ケーキが完成しました。

教会学校恒例 お芋の苗植え 2003

お芋苗植え  近頃新聞では、小学生が命を大切にしなくなったという記事が後を絶ちません。そんな社会にあって「いのちの大切さ」を教えるのは私たちの使命です。
 教会学校は、子供たちにもっと神様が与えてくださる自然の恵みに触れてほしいと願って、今年も芳賀さんの畑を借りてさつま芋の苗を植えました。子供たちばかりか、普段土に触れることの少ない大人たちも大騒ぎ。自然に触れる体験がもっと必要なのは大人なのかも知れません。
 秋の収穫が楽しみです。

教会学校・クリスマス会 2002.12.23

教会学校・クリスマス  クリスマス・イヴの前日、教会学校のクリスマス会が開かれました。普段なかなか教会で会うことのない子どもたちや大人たちも集まって、総勢21名で楽しい集会になりました。
 礼拝の後、皆でお好み焼きを作って食べました。ソースのにおいの漂う部屋で、ケーキを食べながらのゲーム大会。ぬいぐるみの賞品が付くと分かった途端、みんなの目の色が変わりました。みんな、クリスマスの意味も忘れないで!

夏期学校「鹿ヶ壺」で大騒ぎ 2002.8.2

教会学校「鹿ヶ壺」  教会学校では、今年は、8月2日(金)に安富町にある鹿ヶ壺キャンプ場にでかけて夏期学校を行いました。
 参加した子どもたちは4名でしたが、7名の大人が加わって、短い礼拝の後で、バーベキュー、水遊びなど、木立と清流に囲まれた楽しい1日を満喫しました。
 バーベキューの煙、滝壺の水の冷たさ、夕立を避けて東屋で食べた西瓜の味、どれもが素敵な夏の思い出となりました。

教会学校「食後」
 大人も満足の夏季学校でした。

播州地区ティーンズキャンプ 2002.7

テーンズキャンプのようす 韓国の太鼓を練習する相生教会の盛君  ティーンズ・キャンプ 播州地区の教会は互いに協力しながら、幾つかの活動を行っていますが、ティーン・ズキャンプもその一つです。毎年夏休みに、中高生を中心に、若者たちが集まって聖書を開き、私たちの社会で起こっていることを一緒に考えます。
 今年のティーンズ・キャンプはワールドカップ開催年ということもあって、韓国・朝鮮と日本の関係について学ぼうと「コリアと日本」という主題の下、7月29日から2泊3日、関西農村センター(加西市)で開かれました。相生教会からは盛泰彰君、平尾愛さんの他、花岡みどり姉と花岡いずみ姉が協力者として参加して下さり、在日韓国人の青年による体験談や、韓国人留学生の信仰の証などを聞きました。その他にも神戸・長田のコリアン・タウンに出かけて韓国の太鼓を習ったり、今の韓国の中高生が日本に 抱いている思いを聞いたりと、内容の濃いプログラムでした。

Copyright (C) 2009 日本基督教団 相生教会. All Rights Reserved. Navi Top