<ちょっと、お耳に…?>

  このレポート・ページは、実際に登った時の情報や、出来事など見たまま感じたままを書
  いております…参考にして頂ければ幸いです。なお、感じ方は人によって異なる場合も
  ありますので、予めご承知おき願います。

 






<低山域で春を探しに…>2019年4月18日
  
朝から晴れ、気温も上昇…。山上からの眺望は霞んでイマイチのため、最高峰まで進む気がし
  なくて結局、低山域で春探しの山歩きになりました。日差しタップリ、歩くほどに汗…でも、
  空気が乾燥していたので爽やかでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<数年ぶりに東六甲縦走路を経て、宝塚へ…>2019年4月16日
 
 暑くなる季節の前に歩こうと予定。今日は早めに出発…最高峰に12時頃に着けば、昼食後、
  宝塚へ向かうことに。空気が乾燥していて山歩きにはベスト…。眺望は遠くが霞んでいたけど、
  そこそこの眺めでした。塩尾寺から宝塚の駅までが舗装路の下り坂=疲れた足に厳しいです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<春を求めて…>2019年4月12日
  
今日は久しぶりに石切道を下山する予定…芦屋から登れば時間が掛かるので、バスで宝殿橋ま
  で行くという手抜き登山。バス停から石の宝殿〜最高峰を経て、縦走路を西へ…ガーデンテラ
  スで休憩後、石切道を下り…JR住吉駅へ。午前中の山上は肌寒いほどで春は足踏み状態…。
  石切道は数多い石ころとの戦い…。人の姿無く、捻挫・転倒に注意が必要なルートです。


<曇りの予報が好転、晴れて急遽山へ…>2019年4月11日
  
風が少し強めに吹き、体感的には冷たく…でも、日差しタップリで乾燥気味。午後に予定を入
  れていたので、とりあえず雨ヶ峠まで進み、戻ることに…。春を探しながらの山歩きでしたが、
  気温が下がり、春は足踏み状態のようです。
  
<イノシシ情報>高座谷で成獣一頭出没、風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<山上からの眺望がスッキリ…>2019年4月9日
  
朝から晴れ…日差しもタップリ、少し冷たい風が心地良いぐらいで山歩きにはベストコンディ
  ションでした。最高峰からの眺望も遠くまでスッキリ…こんな日は久しぶりです。初めてのカ
  ップルと一緒にメインルートを有馬まで。春の花も次々と咲き始めています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭が出没。

<予想通りの好天気…>2019年4月4日
  
朝から晴れ、気温も上がりそうで連日の山歩き…。春休みも終盤…子供連れハイカーが多め、
  一般ハイカーは少なめでした。山上からの眺望は気温上昇で遠くが霞み、そこそこ。山の春は
  少し遠のきましたが、今週末頃から再び近づくでしょう。有馬の町並みの桜は八分咲き。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<天気がようやく安定…>2019年4月3日
  
4月1〜2日=朝から昼まで晴れ、午後から降雨になったりの不安定な空でしたが、3日目の
  今日になって安定…。日差しタップリでしたが、寒風が強めに吹いて肌寒かったです。明日も
  晴れそうで連日?という訳で、今日は短めの山歩き…土樋割峠まで進み、その後、東お多福山
  〜雨ヶ峠を経て、風吹岩に戻り〜高座の滝に下山。
  
<イノシシ情報>午後2時頃、風吹岩で成獣一頭出没。

<三月終盤、今日も晴れて…>2019年3月29日
  
今日は雨ヶ峠の東屋のテーブルベンチの補修が目的…工具が重く作業が終了次第下山の予定。
  山は日ごとに春らしくなって…コバノミツバツツジもあちこちで花開き、彩りも少し豊かに。
  ハイカーも子供連れや、若者グループなどで賑わっていました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<早朝から最高峰は雲隠れ…>2019年3月27日
 
 晴れていたけど山並み全体が濃霧の影響で見えず…今日の山行きは中止かと思いながら…。そ
  の後、うっすらと山並みが見え出したので出発。日差しタップリ、吹く風は弱めで山歩きには
  ベスト。春休みらしく子供連れや若者グループのハイカーが多め。高座の滝の上部から六甲が
  初めてのハイカーたちにアドバイスしながら…、不安そうな二人組さんと一緒に風吹岩へ進み、
  結局、最高峰〜有馬まで案内。山からの眺望はイマイチでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩で一頭出没=先着の子供連れからビニール袋を奪う事例あり。

<天気は好転、降水確率も下がり…>2019年3月25日
  
午前中は晴れて午後から曇り空…太陽が隠れた分、体感的には少しヒンヤリ。ジッとすると肌
  寒く感じるほど。高座の滝の登り口を見落とし戻ろうとするハイカーが二組。声をかけて教え
  たり、不安そうな一組は有馬まで一緒に…。ルート上の”ぬかるみ”は少しマシになりました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<降水確率は下がったけど…>2019年3月22日
  
早朝から最高峰は雲隠れ。山行きは中止しようと思ったけど降雨の心配は無さそうなので、遅
  めの出発…。風吹岩では北からの寒風が強く吹きつけ寒々。眺望は霞んでイマイチ…昼を過ぎ
  ても最高峰方面に雲多く、今日は最高峰行きは断念…久しぶりに会下山遺跡を経て早めの下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<一気に気温が上昇…>2019年3月20日
  
市内の予想気温は18℃、日差しタップリで風弱く、低山域の日向で20℃…。体感的には春
  本番のようでした。今日はゆっくりペースで荒地山周辺を歩き、ノンビリ休憩をして春の到来
  を楽しみました。ルート上=ぬかるんでいます。明日は下り坂でぬかるみ解消にはなりません。
  早くもコバノミツバツツジが開花…カラフルな春山になるには、もう少し…。
 
 <イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<快晴なれど、昨日の降雨の影響で…2019年3月18日
  
表六甲〜裏六甲にかけてのルート上にぬかるみ多し=足元は泥だらけに…。最高峰付近には少
  しの積雪があったようですが、日差しが出ると融けて、ぬかるみ。場所によってはスリップし
  易いので注意が必要です。蛇谷北山〜石の宝殿を経て最高峰、魚屋道を有馬へ…、射場山の北
  側で倒木が道を塞いでいます=注意!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<午後から曇り、夜遅くに雨の予報…>2019年3月15日
  
朝から晴れ…天気予報に合わせて早めに出発、早めの下山の予定で山へ。日差しタップリ、風
  は冷たかったですが、山歩きにはベスト。山からの眺望がイマイチなので最高峰には進まず、
  土樋割峠で折り返し…黒五谷から住吉道を下り、阪神御影へ。結果的には夕方まで晴れでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<晴れたり曇ったり、太陽と北風の物語の一日でした…>2019年3月13日
  
今日は風が強めに吹いて、体感温度は低め…雲の動きも早く、太陽も出たり入ったり。第一鉄
  塔から初めてのハイカー三人組さんと一緒に最高峰〜有馬へ。ルート上=早朝の降雨の影響で
  ”ぬかるみ”箇所が多め。最高峰では青空の下、心地良くも風が冷たく寒いほどでした。
 
 <イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<降雨後の快晴で眺望はスッキリ…>2019年3月8日
  
昨日は小雨が午後まで降り、夕方には晴れ間も…。今日は朝から快晴、乾燥注意報が出て汗も
  すぐに乾くほど。風は冷たく少し強めでしたが、日差しタップリで丁度良い具合。最高峰まで
  進み、下山は七曲りを経て高座の滝へ。ルート上の一部は昨日の降雨の影響でぬかるみ発生中
  …足元が汚れますので注意。
  
<イノシシ情報>10時半頃、風吹岩で出没していたようです(ハイカー情報)。

<春に向かうほど晴れの日が続かない…>2019年3月5日
  
昨日は降雨、明日から再び降雨の予報…。今日は貴重な快晴でスッキリした青空でしたが、眺
  望は気温上昇で霞みイマイチ。最高峰まで進み、下山は石の宝殿〜蛇谷北山を経て、東お多福
  山登山口バス停へ。気候が良くなり、ハイカーも少しずつ増えてきたようです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<3月初日は山歩き日和でした…>2019年3月1日
  
昨日の降雨は一時的な小雨で、ほとんど曇り空。今日は朝から晴れたり曇ったり…太陽も出た
  り隠れたり、風も弱め、乾燥注意報が出ていてベストコンディション。週三回目の今日は低山
  域を歩く予定でゆっくりペース。風吹岩まで京都からの中高年のご夫婦を案内したり、風吹岩
  ではイノシシ対応、岩からは単独さんを横池に案内したり…でした。本庄橋跡まで進み、昼食
  後、住吉道を経て下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩で顔馴染みの成獣一頭が出没。

<曇り空なれど…>2019年2月27日
  
昼頃に太陽が顔を出して一時的にポカポカ…その後は再び雲が覆い始めました。体感的にはベ
  ストコンディション。今日は第一鉄塔手前の急坂の足場を掘り直した後、蛇谷北山〜石の宝殿
  を経て最高峰、下山は七曲りを経て高座の滝に戻る往復でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<予報が好転、晴れ日が続きそう…>2019年2月25日
 
 朝から晴天、降水確率0%…先週末頃の予報ではイマイチでしたが好転、山歩きに最適な一日
  になりました。高座の滝を過ぎた所から、このルートが初めての単独さんと一緒に最高峰へ…。
  最高峰でお別れした後、縦走路を西へ…極楽茶屋跡の前からは紅葉谷と登って来た若者と一緒
  にガーデンテラスを経て〜六甲ケーブル山上駅へ。今日は一期一会の出会いが続きました。
 
 <イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没。

<晴れるはずだったのに、結局、終日曇り空…>2019年2月21日
  
太陽が顔を出したのは一時的、高座の滝に着く頃には上空に雲が流れて来て太陽を隠してしま
  いました。その後も雲が優勢…寒風吹いて冷え冷え。山からの眺望もイマイチで結局、今日は
  土樋割峠から東お多福山〜風吹岩に戻り、保久良梅林〜岡本公園に立ち寄ってから下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<明日から降雨の予報、今日は晴天の小春日和…>2019年2月18日
  
朝から晴れ、風も弱めで山歩きにはベストコンディション。寒さは和らいだと思っていました
  が、横池などでは薄氷が水面に…夜間の冷え込みが原因でしょう。ハイカーは少なめ、静かな
  山歩きが楽しめました。最高峰では地面がぬかるんでジュクジュク状態…明日の降雨で状態は
  より悪くなりそうです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<太陽は雲に隠れ、寒風が冷たくて…>2019年2月14日
  
今日は低山域で崩落個所の足場を直し、朽ちた倒木の切断をしようと山へ…。上空は雲に覆わ
  れ、寒風が強めに吹いてジッとすると寒いぐらい。第一鉄塔の手前の崩落個所の足場が崩れ始
  めていたので掘り直し。ゴルフ場北側フェンス手前の倒木を切断=後発の山トモが手伝ってく
  れて、スッキリ処理=掘割ルートもこれで通り易くなりました…感謝!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<昨日の降雪の影響チェックへ…>2019年2月12日
  
昨日の日中=最高峰付近に降雪、市内からは雲の覆われて見えず…積雪の情報で今日は、その
  影響チェックで山へ。今月初めの降雪よりも少なかったですが、昨夜の冷え込みで凍結気味の
  箇所も。積雪=表六甲側は日陰・北斜面、裏六甲側は積雪量も多め。軽アイゼン装着が必要な
  箇所あり、今夜の冷え込みで圧雪部分が凍結しそうです。日向は”ぬかるみ”発生。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<表も裏も、六甲から雪は消えて…>2019年2月5日
 
 朝から快晴…今日は1日の着雪による若木が折れたり倒れたりしているかも…ということで、
  メインルートを有馬までチェック。翌日の気温上昇で若木の着雪も融けて折れずに済んだよう
  です。所々で枯れ枝が落ちていたりしたので整理をしながら…。日差しタップリ…歩くほどに
  暑さの感じる小春日和でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩の南側の藪に成獣一頭が寝ていました…どうやら居ついたようです。

<数年ぶりに六甲は銀世界に…>2019年2月1日
  
昨日の午後、市内では降雨でしたが、山では雪雲に覆われて降雪…。今朝、最高峰は雲に隠れ
  て見えず…でも、東お多福山は積雪で真っ白…。山頂はかなりの積雪のようで、早速、山へ…。
  数年振りの積雪量です。週末から週明けの予報=気温上昇で融けると思うと、今冬最後の積雪
  量になりそうなので、メインルートを有馬まで六甲の冬景色をタップリ楽しんで来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<一昨日、昨日と最高峰に降雪…>2019年1月29日
  
今朝も市内から見る最高峰に積雪を視認…予報では午後から晴れなので、状況チェックに山へ。
  風吹岩周辺の日陰に残雪、雨ヶ峠から先…北斜面に残雪、七曲りの一部に残雪、最高峰周辺に
  残雪、裏六甲:魚屋道は射場山手前まで残雪…。今日の時点では凍結はありませんが、圧雪に
  よる凍結気味箇所はあり。日向ではぬかるみ発生。夜間の冷え込みで明日以降は凍結の恐れが
  ありそうです。軽アイゼン必携!スニーカーは危険!
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没。

<早朝から曇り空、日差しが出て来て急遽、山へ…>2019年1月25日
  
今日は終日曇り空の予報で、山は諦めていましたが、10時頃から晴れて来て急遽、山へ向か
  うことに…。風吹岩まで晴れて、歩くほどに汗ばむほどでしたが、結局、次第に太陽が隠れ、
  再び上空は雲タップリに…。風吹岩を過ぎた辺りからハイカー二人組さんと話を…岡山からで
  初めてとのこと…雨ヶ峠まで一緒に、峠で昼食後、迷い易い七曲り入り口まで案内し、ここで
  お別れ。こちらは土樋割峠から東お多福山登山口バス停に向かい、バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没。

<今日は足場の補修と倒木の処理を…>2019年1月23日
  
今月7日に作った足場がハイカーの利用で少し崩れ始めていたので掘り直し…と、ゴルフ場内
  ルートの旧道にある倒木の一部を切断する予定で山へ。小崩落地での足場は、どうしても崩れ
  易く、時々補修の必要あり。倒木は数年前に倒れ、かなり腐食が進んだので切断しようと…、
  今日はとりあえず最も邪魔になる部分のみを切断処理、足場も掘り直しておきました。意外と
  時間を費やし、今日はここまで…で、往路を下山。
  
<イノシシ情報>昼前:風吹岩周辺で姿見えず…、14時頃に高座の滝の上部で成獣一頭出没。

<週明け、晴れたり曇ったり…>2019年1月21日
  
冷たい風が強めに吹き、太陽が出ていると心地良く、雲に隠れると一気に冷えるアップダウン。
  ハイカーも少なく静かな山でした…最高峰に着いて気温測定を撮影した後、コンデジのバッテ
  リーが消耗、予備バッテリーを使おうとしたけどこちらも不可。気温低下の影響もあったよう
  です。結果、この後の撮影が出来ないので仕方なく、宝殿橋からバスで下山しました。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭が出没。

<土曜日だけど好天に誘われ山へ…>2019年1月19日
 
 昨日もイマイチな空で、今日は朝から晴れ…いつもなら行かない曜日でしたが、好天を逃がし
  たくないので山へ。少しでもハイカーの少ない時間を狙って、いつもより遅めの出発…遠くま
  で足を伸ばすより近場でノンビリして来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣二頭が出没…やはりハイカーが多いと出てくるようです。

<異なる天気予報…>2019年1月16日
  
降水確率=気象庁は0〜20%、気象協会は0%、ウエザーニュースは0〜20%でしたが、
  結果は気象協会が外れ。風は冷たくても、日差しタップリでしたが、昼過ぎから雲が流れて来
  て次第に空いっぱいに広がり下山へ…、その後、小雨がパラパラ。早朝の最高峰を見て、多分
  一時的に降りそうな気配だったので想定内。ハイカーは少なく、静かな山でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<残雪があるかと思ったけど…>2019年1月11日
  
9日の降雪は意外と少なかったようで、その後の気温上昇で最高峰周辺の日陰部分の僅かな残
  雪だけでした。日差しタップリでしたが、冷たい風もタップリ吹いていました。雨ヶ峠の先の
  北斜面=問題なし、裏六甲:魚屋道も問題なし。ハイカーは少なく、今日も静かな山でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<日差しタップリ、乾燥注意報で寒風も爽やか…>2019年1月8日
  
吹く風は冷たいけど日向では小春日和…。連日でしたがハイカーは少なく静かな山歩きが楽し
  めました。残雪は最高峰周辺の日陰部分に少しある程度。七曲りの凍結もありません。裏六甲
  側は未確認ですが、日差しと気温上昇で多分…問題は無いと思われます。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<今日はルート上の整備と補修に…>2019年1月7日
  
天気予報では午前中は晴れ、午後から曇り…でしたが、午前中から上空に分厚い雲が広がって、
  風も弱いながら冷たくてヒンヤリ。今日は風吹岩までのルート上:昨年7月の大雨で小崩落し
  た箇所の足場作りと、梯子の外れかかった丸太を針金で補修するのが目的。完了後、下山する
  予定だったので昼食も持参せずでした。
 
 <イノシシ情報>中央稜:鎖場の手前で成獣一頭が出没、風吹岩周辺では姿見えず。

<新年最初の山歩き…>2019年1月4日
  
朝から晴れ、好天に恵まれ年初の山歩きはベストコンディション。先ずは「石の宝殿」へ初詣。
  蛇谷北山の北斜面は残雪・凍結あり=急坂の凍結部分の一部を削って、スリップし難いように
  しておきました。石の宝殿周辺は残雪あり。最高峰周辺:日向部分の残雪が融けて”ぬかるみ
  状態”。裏六甲:魚屋道=石畳の日陰部分は残雪・凍結気味、湧水箇所は一部凍結。その後、
  有馬出口まで問題なし。但し、今後の冷え込みで状況に変化の可能性あり=注意!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<平成最後の大晦日は厳寒…>2018年12月31日
 
 午後から晴れるはずが終日曇り…、残雪は雨ヶ峠を過ぎてから…、七曲り〜最高峰〜裏六甲:
  魚屋道〜有馬近くまでありました。最高峰など標高の高い所は残雪多し、一部凍結気味。裏六
  甲側に下ってすぐの石畳、湧水箇所は凍結、その先も残雪が凍結、迂回路の途中が凍結=スリ
  ップ続発=軽アイゼンなどが必要です。射場山付近から残雪僅か、凍結無し。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<明日から年末寒波が…その前に…>2018年12月27日
 
 明日早朝は最高峰に積雪かも?というぐらいの寒波の予報。その前に初日の出を見るスポット
  をチェックしようと軽めの山歩きでした。今日は日差しもタップリ、風は冷たいですが山歩き
  にはベストコンディション。風吹岩から荒地山を経て、高座の滝へ…元旦の天気次第で平成最
  後の初日の出を見に行こうかと思案中。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<山歩きには最適の空模様…>2018年12月25日
  
ここのところ不安定な空が続いていましたが、今日は朝から晴れて、予想よりもベストコンデ
  ィションの一日になりました。こんなに良い天気なのにハイカーは少なめ、静かな山歩きに…。
  最高峰の公衆トイレが凍結の為、使用禁止=仮設トイレが設置してありますのでこちらを利用
  してください。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<予報よりも天気が好転…>2018年12月21日
  
今日は冬至…でも日向ではポカポカ、弱く冷たい風が心地良いぐらいでした。今週三度目の山
  歩き…不安定な天気が続くので”晴れ”なら山へ…という訳。今日はゴルフ場フェンス扉の補
  修が目的、古チューブで補強しておきました。雨ヶ峠まで進み、その後、住吉道〜黒五谷〜打
  越峠を経て風吹岩〜高座の滝へ下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<晴れの予報だったのに曇り空…>2018年12月19日
 
 早朝から市内上空にも雲が広がり、一度は連日の山歩きを中止に…でも、少しずつ空が明るく
  なり始めたので遅めの出発。ケーブルで山上へ向かい、最高峰から芦屋へ下山して来ました。
  晴れても一時的、ほとんど曇り空で風は冷たく強めでした。最高峰の標柱の文字表示が神戸市
  森林整備事務所によって修復されていました…これで気持ち良く新年を迎えられます…感謝!
  
<イノシシ情報>雨ヶ峠周辺〜風吹岩周辺で姿見えず。

<日差しがあっても、吹く風が冷たく…2018年12月18日>
  
降水確率0%、最高気温12℃の予報。晴れてはいるけど風が強めで冷たかったです。ハイカ
  ーは少なめ…今日は低山域を歩き、初冬の山を楽しみました。土樋割峠から久しぶりに観音山
  へ進み、鷲林寺へ下山。下りは落ち葉でスリップし易くなっています=足元注意!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<降水確率は低かったけど、上空が雲に覆われ…>2018年12月13日
 
 降水確率0〜10%、降雨の心配は無かったけど上空の雲が分厚くて動かず。風吹岩から最高
  峰方面を眺めながら行くか行くまいかと思案しまくり。少し最高峰の上空が明るくなり始めた
  ので出発…。しかし、太陽が顔を出したのは僅か…空がスッキリせぬままの一日でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<標高の高い所は紅葉が終わり、木々は冬支度…>2018年12月10日
  
気温が下がり木々は落葉…今は落ち葉の絨毯を楽しむのに丁度良い具合。ハイカーの姿も少な
  く山は静かです。今冬初の霜柱を蛇谷北山の北斜面で確認…山歩きにも冬の装備が必要な時期
  が来たようです。湧水箇所の凍結はありません。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿無し。

<12月初めは、気温が乱高下…>2018年12月5日
  
昨日は20℃超え、今日も17℃…週末は一挙に一桁の予想。好天ならいいけど、降雨もあっ
  たりで、山歩きには悩みの月初めです。今日は数日前の天気予報より好転、低山域の山腹が錦
  秋の装いになり、山へ。標高500m付近を歩き、錦秋をタップリ味わって来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<11月の最後も気温高めで…>2018年11月30日
  
山上からの眺望はスッキリせず…表六甲側の日向は暖か、日陰ヒンヤリ。裏六甲側は吹く風冷
  たく体感的には初冬。紅葉=標高600m付近から下は紅葉から黄葉ですが、標高が上がると 
  落葉で木々は冬支度の様子です。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で顔馴染みの成獣一頭出没。

<晴れの予報だったけど…>2018年11月26日
  
薄雲が広がり、気温上昇とPM2.5の影響で山上からの眺望は不可。霞に覆われたような感じで
  気分的にもスッキリせずでした。結局、今日は低山域での紅葉チェック…表六甲側でも紅葉が
  進み、山腹は錦秋の装いが楽しめます。風吹岩から荒地山を経て城山に下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<今日は山トモのリクエストで、紅葉を求め…>2018年11月15日
  
先月下旬に山で知り合った三人組さんのリクエストで紅葉を求めての山越え…。表六甲の山腹
  の紅葉は未だ…、裏六甲側は紅葉が進む一方で落葉も盛ん。樹木によっては初冬の趣きです。
  
<有馬瑞宝寺公園の紅葉状況>8〜9割色づいていますが、落葉も始まっている状態。今週末
                の降雨によっては落葉を進める可能性があります。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<暦の上では立冬を過ぎたけど…>2018年11月8日
  
曇りの予報だったけど日差しタップリ、暑くて歩くほどに汗…。第一鉄塔からカップルと一緒
  に風吹岩〜、七曲りの終盤で単独さんも加わって、最高峰〜有馬まで。表六甲=樹木によって
  は色づき、裏六甲=意外に紅葉が早まっています。有馬:瑞宝寺公園の紅葉=8割程の見頃、
  明日の降雨の影響が心配…今週末〜来週明け頃にはピークを迎えそう。
  
<イノシシ情報>11時頃に顔馴染みの成獣一頭が第一鉄塔付近に出没。

<空は秋でも、予想外の暑さで…>2018年11月5日
 
 高座の滝に着くまでに汗タップリ…湿度も高めで汗も乾かず。今日は低山域を歩くことに…風
  吹岩では少し風があり。顔馴染みのイノシシが出没…今日は小学生を連れたハイカーが多く、
  被害が出ないようイノシシ対応。結果、注意をしているにもかかわらず中高年グループの一人
  が菓子袋をイノシシの顔の前に落とし、奪われました。子供連れなどには岩の上で食事をする
  ようにアドバイス。イノシシが去って対応を終了…その間、約1時間半。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺でイノシシ成獣一頭が出没=ザックを狙っています!

<秋らしい風が吹き…>2018年10月30日
  
日差しが強くても吹く風はヒンヤリ、ジッとしていると寒いほど…でも汗かきにはベストコン
  ディションでした。場所・樹木によっては色づき、秋らしい気配。ハイカーの姿もそこそこ…。
  遠路はるばる宮崎からの単独さんも…、中央稜の途中から風吹岩〜雨ヶ峠〜七曲り入り口まで
  ガイド。こちらは大雨・台風後の谷筋の被害チェックで別ルートで最高峰へ…下山は有馬へ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<少しずつ紅葉の幕開け…>2018年10月25日
  
夜間の冷え込みが少しずつ秋色をもたらしているようです。日中は日差しが強め、紫外線もタ
  ップリ…。今日も予定変更…風吹岩で話をした初めての三人組さんに下山ルートを教えたもの
  の、大雨後の道荒れ等で道迷いの可能性もあり、結局、一緒に岡本までの低山歩きでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<今日も秋晴れ、カラッとした暑さ…>2018年10月22日
  
好天につられてイノシシも出没…高座の滝の上部の堰堤の所でウリ坊二頭を連れた若い母親、
  横池から風吹岩に移動する顔馴染みの成獣一頭。ハイカーも少し多めだったのでイノシシ対応 
  が中心でした。結局、風吹岩で約1時間半…姿が見えなくなるまで対応し、その後、雨ヶ峠〜
  東お多福山〜登山口バス停へ向かい、バスで下山。 
  
<イノシシ情報>ロックガーデン〜風吹岩周辺〜横池周辺=出没注意!ザックを狙っています。

<朝から好天気、気温が少し高く…>2018年10月18日
  
日差しがあって気温も1℃アップ…風は弱めの予報でしたが、風の通り道ではそこそこ爽やか。
  今日は七曲りを歩かず…の予定で出発。中央稜でママさん三人組…一人が日頃の運動不足で、
  バテてダウン寸前。風吹岩が目的地ということで面倒を見ながら一緒に…。なんとか無事に風
  吹岩に到着、ここでお別れ…三人は岡本方面へ。こちらは雨ヶ峠に向け出発…途中、二人組さ
  んと一緒に…雨ヶ峠で外国人の二人と出会ったり…今日も一期一会の山歩きでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<今日も昼から秋空…結局、メインルートで有馬へ…>2018年10月15日
  
当初は別のルートを歩く予定でしたが、ロックガーデンの途中から外国人グループと一緒になり、
  メインルートを最高峰へ。グループはガーデンテラスに向かうとのことでお別れ…こちらは魚屋
  道を有馬へ下山。前回に続いての山越えになりました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<北風が吹き、体感的には秋深まる…>2018年10月12日
  
日差しは弱め、北風が少し強めに吹いて山歩きにはベストコンディション…汗もすぐに乾き、体
  感的には秋が早足でやって来たよう。中央稜の第一鉄塔から六甲が初めてのカップルと一緒…、
  メインルートをガイドしながら最高峰〜有馬へ。ハイカーの姿は少なめ、静かな山歩きが楽しめ
  ました。最高峰からの眺望=遠くまでスッキリ、気温が下がり、北風が吹いたお陰でしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<秋の気配があっても、気温は高め…>2018年10月9日
  
朝から晴れて日差しが強く、暑かった…。今日は裏六甲側を歩く予定…バスで宝殿橋まで行き、
  そこから最高峰〜縦走路を西へ、極楽茶屋跡から紅葉谷〜炭屋道〜筆屋道〜有馬瑞宝寺公園へ。
  7月の大雨・8月の台風以降の被害状況のチェックを兼ねての山歩きでした。
  
<紅葉谷の状況>山腹の小さな崩落など多く、とても歩き難い状態です。倒木などは処理済み、
          出合から一部巻き道が作られています。今後も降雨後は崩落の可能性大!
  
<筆屋道の状況>魚屋道から下ってすぐの所に路肩崩落二箇所。その後は濁流跡で歩き難い。
          中間地点=谷道が崩落・濁流跡で倒木、流木が積み重なり様子が一変…通行不
          能!通れるのは展望台ルートのみ。数年前の崩落個所が再崩落しています。

<今日も秋晴れが続き…>2018年10月3日
  
明日から週末にかけて下り坂の予報…、そうなると今日は貴重な秋晴れ。日差しは強くて歩くほ
  どに汗タップリ、昼頃は吹く風も弱くて暑かったですが。上空は秋の空でした。渡渉地点も水量
  が少し減り濡れず。今日も台風24号の影響チェックを兼ねて高座の滝を出発〜土樋割峠〜蛇谷
  北山〜石の宝殿〜最高峰を経て有馬へ下山…。裏六甲・魚屋道で道を塞ぐ倒木=1本あり、注意!
  この台風の影響は少なかったといえますが、次の25号の動きが気になります。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿無し。

<台風24号が足早に去り、台風一過の秋晴れ…>2018年10月1日
  
朝から空はスッキリ、日差しは強くても西風が強めに吹いて丁度良い具合。今日は台風の影響チ
  ェックを兼ねて山に向かいました。山中では小枝の散乱、湧水が多く…ルート上は所々でせせら
  ぎ状態、ぬかるみも発生中。ゴルフ場を過ぎた所で倒木が道を塞いでいました。雨ヶ峠を過ぎ、
  最初の渡渉地点=水量多く、引き返し…。今週後半も降雨の予報で、当分水量は多めでしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没、藪から出たり入ったり…注意を!

<久しぶりにメインルートで山越え…>2018年9月28日
  
シーズンインをしてから初の芦屋〜最高峰〜有馬への山歩きでした。日差しが強く、風が時折吹
  く程度だったので七曲りでは少々バテ気味に…。ハイカーは単独・グループなど少し多めでした。
  裏六甲側の倒木=全て森林整備事務所で処理して頂いたようです…感謝!今週末からの台風=影
  響が再び出そうです。週明けに山歩きを予定されている方は、ご注意ください。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<24日に発生した道迷い事故の現地チェックへ…>2018年9月26日
  
神戸新聞で報じられた魚屋道での母子三人の道迷い…無事に救助。報道では崩落があって迷った
  ようなことなので、早速、崩落個所の確認に行って来ました。しかし、崩落は見当たらず…谷道
  の濁流による道荒れはひどい状態。当然、水も流れていて、ぬかるみ発生…粘土質の地面で滑り
  易く、熟練者でも歩き難いです。まして、子供連れでは厳しかったと思われます。初心者だけで
  はムリかもしれません…経験者同行が望ましいでしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<シーズン・インしたけれど…>2018年9月19日
  
昨日よりも湿度は低めでしたが日差しが強めで吹く風弱め…でも、時折吹く心地良い風が救いで
  した。高座の滝の上部で、初めてらしき二人組さんに声掛け…道案内の標識があるともっていた
  ようでした。とりあえず一緒に行くことに。アップダウンがそれなりにハードな様子で、小休止
  を繰り返しながら…。結果的には最高峰を諦め、土樋割峠^東お多福山登山口へ…バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<秋雨前線が一休み…>2018年9月11日
  
長雨も終わり、久しぶりに晴れ…気になっていた表六甲側:魚屋道のチェックへ…。高座の滝か
  ら登るのも久しぶりで、小休止を繰り返しながら…。風吹岩では日差しが強かったです。横池は
  満水状態。湧水箇所は水量が多い状態。枯れ枝の散乱多し、ゴルフ場の手前から倒木発生。完全
  に塞いでいるのは一箇所、その他の倒木は枝を切って通り易くしておきました。雨ヶ峠手前では
  大き目の枝が散乱、取り除いたりしながら…。峠で昼食後、七曲がり入口へ…渡渉地点は水量多
  し、注意が必要。七曲り入り口=大きな岩が流され、渡り難くなっています。少々疲れ気味なの
  で最高峰は断念。土樋割峠から工事用車道を下り、東お多福山登山口バス停へ…バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没。

<台風21号:昨日神戸を駆け抜け…その影響チェックへ…>2018年9月5日
  
芦屋市内では暴風雨のピークが13時頃〜14時頃でした。海岸沿いは高潮被害、六甲山系の道
  路状況を調べると被害無し。しかし、山中では一時的にしろ暴風雨の影響があったと思われ、と
  りあえず裏六甲:魚屋道のチェックに行きました。今日も圧うなりそうなのでバスで宝殿橋へ…
  石の宝殿から最高峰、魚屋道を有馬へ。ルート上は降雨の激しさを表す状態=道がえぐれ、石が
  露出。枯れ枝の散乱もひどく、倒木も数箇所発生。下山しながら枯れ枝を脇に寄せたり、倒木の
  処理が出来る分は片付けたり…思っていたより量も多く処理に時間が掛かり大変でした。
 、表六甲側:芦屋〜最高峰=やって来たハイカーに聞くと、数箇所で倒木があるようです。今週後
  半〜来週前半は降雨の予報…来週後半は少し暑さもマシのようなのでチェックに向かう予定。

<台風20号は足早に通り過ぎ…>2018年8月24日
  
未明頃は風雨も強かったですが台風の動きも早く、一時的だったようです。朝、曇りで一時晴れ
  間もあったけど、午後には曇り…。芦屋川の水量などをチェックしようと向かい、開森橋付近で
  降雨…戻ろうかと思いながら結局、高座の滝まで進みました。芦屋川は濁流でもなく、普段より
  多いぐらい。高座の滝までの道には落ち葉、枯れ枝などが散乱…強風の影響だと思います。
  多分、山中では倒木があると思われます…降雨で地盤も緩んでいます=数日は注意が必要!


<東六甲域における山岳遭難データー…>2018年8月23日
  
兵庫県警察本部が作成・公開している資料を基に、地元・東六甲域だけを抽出・作成しました。
  市街地に近く、気軽に登山できる反面、六甲山系はとても厳しい山でもあります。
  東の”高尾山”西の”六甲山”といわれるほど有名で、全国からハイカーがやって来ますが、県
  内で最も山事故の多い場所であることを知って頂きたいと思っております。


<オフ中なれど、一日だけの秋の気配を…>2018年8月17日
  
北から高気圧が張り出した結果、北風が吹き湿度も下がり一日だけ秋の気配。明日から再び真夏
  日になりそうなので、秋の気配を感じに山へ…。運動不足気味の身体に鞭打って、何とか風吹岩
  周辺を歩いて来ました。山中では木陰に風があって心地良かったです。日向でも風があると汗も
  乾きますが、風が弱まると暑かった。再び”オフ入り”次回は9月中頃〜下旬の予定。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で全く姿見えず。

<大雨の影響チェック=表六甲:魚屋道編…>2018年7月11日
  
今日も高温の予報…早朝より出発、当初は前回と同じ様に山頂から下山の予定でしたが、芦屋か
  らメインルートを登ることにしました。暑い!猛烈に蒸し暑く、汗だくの登山でした。細木の倒
  木は処理、太木の倒木は枝などを処理して通り易く…。意外だったのは七曲り入り口周辺の崩落
  の規模が大きかったこと。その他…小規模な崩落もあり、今後が気になります。
  
★注意喚起★ルート上の道荒れ、倒木、崩落地点など歩行には注意が必要です!

<大雨の影響チェック=裏六甲:魚屋道編…>2018年7月9日
  
今日は朝から快晴…真夏日の予報。大雨の被害が多いと予想される裏六甲:魚屋道をチェックに
  行って来ました。猛暑が予想されるのでバスで宝殿橋へ向かい、その後、最高峰から魚屋道を経
  て有馬へ。大規模な崩落はありませんが、一箇所=崖崩れ、倒木は多かったです…特に射場山を
  過ぎてからのルート上に目立ちました。表六甲側については、数日後にチェックに向かう予定。
  
★注意喚起★降水による道荒れがとてもひどく、歩行には注意が必要です!

<梅雨の中休みは真夏日…>2018年6月25日
  
朝から日差しが強く、吹く風弱し…。今日は暑さの体感と脇道の倒木処理が目的。明後日以降は
  梅雨空が戻りそうなので、例年通り今日から9月中旬頃まで猛暑を避けるため”シーズンオフ”
  に入ります。なお、台風や大雨などがあった場合は影響チェックに…、またリクエストがあった
  場合も山に向かうことがありますのでご了承願います。
  
<イノシシ情報>風吹岩で顔なじみの成獣一頭出没、姿が見えなくなるまで対応しました。

<今日も梅雨の晴れ間に…>2018年6月22日
  
大阪北部地震の後、降雨が続きましたが今日は晴れ、地震と降雨の影響チェックを兼ねて山へ…。
  高座の滝から有馬までメインルートをチェック=地震の影響は無し、降雨の影響で湧水箇所のぬ
  かるみ発生、雨水が土砂を流し、石ころの露出が増えて歩き難くなっています。特に裏六甲・魚
  屋道は歩行に注意が必要です!
  
<イノシシ情報>風吹岩10時前頃〜雨ヶ峠11時半頃…姿見えず。

<基本的には行かない土曜日でしたが…>2018年6月16日
  
週明けから梅雨空が戻る予報で、貴重な晴れを有効に…と言う訳で山へ。芦屋からのルートはハ
  イカーが多いと思い、ケーブルで山上へ直行。今の時期の週末はやはり山上にも人出多し。最高
  峰から芦屋に下山…午後を過ぎても登ってくるハイカーが多かったです。それにしても挨拶をし
  ない無反応ハイカーが増えました。
  
<イノシシ情報>雨ヶ峠〜風吹岩周辺=午後13:40→15:10の間、姿見えず。

<梅雨の晴れ間、北風が爽やかで…>2018年6月13日
  
ようやく期待通りの天気になり…暑さも北風が弱めて山歩きが心地良かったです。最高峰の日陰
  では体感的にはヒンヤリ。ハイカーは多め、有馬への下りでは半袖姿もいればウインドブレーカ
  ーを着ている人も…。汗かきには丁度良い具合の山歩きになりました。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没、ハイカーのザックを奪う→対応=取り返し追い払い。

<梅雨入り前の好天気…>2018年6月4日
  
明後日ぐらいに梅雨入りの可能性が高いようで…今日は朝から晴れ、日差しは強くても風も吹き、
  カラッとした暑さの中、花を求めての山歩きでした。風吹岩で水分500ml消費するぐらい暑く
  て残りの水分2本も消費気味、ムリせずで最高峰は諦め、土樋割峠から東お多福山バス停へ下山。
  
<イノシシ情報>高座の滝の上部、岩場で成獣一頭出没、風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺では姿無し。

<降雨後でしたが、北風が吹いて爽やか…>2018年6月1日
  
晴れても南風が吹くと湿度も高くなりますが、今日は北からの風が吹く予報だったので山へ。今
  月下旬頃にはオフに入る予定…と、なると晴れの日は貴重。今日もバスで宝殿橋まで行き、山上
  で花を探しながら行ったり来たり、下山は有馬へ。裏六甲の木陰では風が心地良く、森林浴がタ
  ップリ楽しめました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺を通らず…出没不明。

<曇り空で高湿度、迷いながらも山へ…>2018年5月28日
  
早朝、最高峰が雲に隠れ天気も曇り、ただ降水確率が0%だったので山へ。湿度が高く、歩くほ
  どに汗・汗…こういう日はムリせずが一番。風吹岩周辺を歩き、汗だくになると風吹岩に戻り休
  憩タップリ…少し強めの風が汗を乾かしてくれました。下山は久しぶりに会下山遺跡から市内へ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<今日は高温の予想…>2018年5月25日
  
朝のうちは低かった気温も次第に上昇、PM2.5と黄砂も”やや多い”予測…、こういう日は手抜
  き登山に限るとバスで宝殿橋へ。最高峰では風が吹いて日陰では爽やか…、休憩後、花を探しな
  がら下山、途中から例年行われる中学の全校登山と重なり、賑やかな山になりました。メインル
  ートもハイカーの姿が多いようで、ルートを変えて下山して来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺・雨ヶ峠周辺を通らず=出没など不明。

<爽やかな快晴に誘われて…>2018年5月22日
  
次回は今週後半…の予定でしたが、後半はPM2.5、黄砂の影響がありそう…ということで急遽、
  山へ。出発が遅くなったので今日は風吹岩周辺を目的に…思った通り、風吹岩からの眺めはスッ
  キリ。ハイカーの姿も少なく、心地良い風に吹かれながら岩の上で過ごしました。横池のヒツジ
  グサが開花、オタマジャクシも少し減り始めています。
  
<イノシシ情報>風吹岩で午後2時頃に顔なじみの成獣が出没、声をかけると藪の中へ。

<朝から爽やかな五月晴れ…>2018年5月21日
  
先週の予報よりも好転、日差しは強いですが乾燥気味の風でした。木々の新緑もますます増えて
  森林浴を味わうのに丁度良い季節です。今日も花を求めながら最高峰〜有馬へ。お目当ての花の
  開花は未だ…楽しみはもう少し先になりそう。最高峰では爽やかな風、眺望も遠くまで見えて…
  休んでいると下山するのが億劫になるほどでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<終日、曇りの予報が外れて好天気に…>2018年5月17日
  
朝から曇り空で湿度も高め、蒸し暑いのを覚悟で山に向かいましたが、次第に太陽が顔を出し、
  晴れ空で風もそれなりに吹いて爽やかになりました。山からの眺望はPM2.5の影響でイマイチ。
  今日は低山域で花を求めてウロウロ…最後に風吹岩で約1時間、汗ばんだ身体を爽やかな風に吹
  かれながら休憩した後、高座の滝に下山。
  
<イノシシ情報>午後2時〜3時の風吹岩周辺で姿見えず。

<早くも夏日…梅雨の走りの気配も…>2018年5月15日
  
走り梅雨の気配で少しずつ晴れの日が貴重になりそう…。今日は朝から晴れで日差しタップリ、
  風弱く暑さ厳しい一日でした。風吹岩で久しぶりに山トモに出会ったり、イノシシの監視をした
  り、海外からの旅行者の二人組、数年ぶりの山トモにも再会、暑さで低山域を歩く予定を変更し
  旅行者と一緒に片言コミュニケーションで有馬までガイドして来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩で顔なじみの成獣一頭…昼寝、その後追い払い。

<連日の山歩きは控えめに…>2018年5月11日
  
今日も朝から晴れ…昨日より日差しが強くて歩くほどに汗タップリ。爽やかさと暑さが同じくら
  い…。低山域を歩く予定でゆっくりペース…風吹岩ではイノシシの出没を待つが、一向に現れず。
  まるで、こちらの気配を感じているかのよう…結局、休憩を兼ねて1時間ほどの待ちで終了。丁
  度、単独の外国人ハイカーさんがやって来たので声かけ…初めてとのことで、横池などをガイド
  し、風吹岩に戻ってお別れ。その後、花を求めながら芦屋ゲートへ…14:39発のバスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺でイノシシの姿見えず。

<朝は曇りでも、次第に爽やかな晴れ…>2018年5月10日
  
9日ぶりの山歩き…朝から晴れの予報でしたが、出発時は雲が多め、でも次第に爽やかな晴れに。
  今日は一昨日の降雨の影響チェックを兼ねてメインルートを有馬へ。湧水箇所は増水気味、ぬか
  るみ発生中…排水路を掘り直して水を流して…。裏六甲・魚屋道で倒木一本が塞いでいましたが
  同行の若者たちの協力で排除、それ以外は枯れ枝の散乱程度。
  
<イノシシ情報>風吹岩で一頭出没、ハイカーの食べ物を奪ったという情報あり。

<明日は降雨、今日は五月晴れ…>2018年5月1日
  
ゴールデンウィークの中の平日、GW明けの天気が悪い予報で、今日を逃すと山に行けない…とい
  うことで山へ。予想よりもハイカーの姿が少なかったです(昨日は渋滞気味だったらしい)。日
  差しは強く、吹く風は弱め…でも、風が爽やか。風吹岩でイノシシ対応の後、出会った二人組さ
  んと一緒に有馬へ。裏六甲側では花がまだのようです。
  
<イノシシ情報>風吹岩で単独ハイカーがザックを奪われ→追いかけて取り返してあげました。

<降雨の後は、早くも爽やかな五月の空に…>2018年4月26日
  
一昨日から昨日の未明にかけてそれなりの降雨量。季節の変わり目で植物にとっては成長の源。
  芦屋川、高座の滝の水量も多めでした。山中では湧水が増えて、ぬかるみ発生中。本庄橋跡手前
  の渡渉箇所=増水中…とりあえず踏み石を川底から集めて置きました。日差しは強かったですが
  北からの風があり、汗もすぐに乾くほど…、風吹岩からの眺望は午後の方が遠くまでスッキリ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<先週の予報がずれて、今日は朝から晴れ…>2018年4月23日
  
明日から降雨、今週後半は降水確率が高め。朝から晴れて日差しは強く、歩くほどに汗タップリ。
  休憩時は吹く風が心地良くて、汗も乾きますが、歩けば暑くて…。結局、土樋割峠まで進み、春
  を探しながら芦屋ゲートまで歩き、バスで市内へ…。今からこの暑さでは、6月頃はどうなるこ
  とやら…と、オフが早まるかも…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<今週後半は晴れ続き…>2018年4月19日
  
明日よりも今日の方が少し気温が低め…ということで、山へ。日差しが強く、吹く風が弱めで歩
  くほどに汗タップリ、顔の周りをコバエが飛び交い、うるさくてイライラ。あっという間にこう
  いう季節になってしまいました。これからは虫除け対策も必要です。最高峰から縦走路を西へ、
  極楽茶屋跡に立ち寄った後、ケーブル山上駅へ…時間が遅くなったのでケーブルで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<春の嵐の影響は…>2018年4月16日
  
一昨日の夜から昨日未明にかけて”春の嵐”との予報でした。芦屋市内では弱雨、風もそれほど
  強くなかったですが、六甲では…ということで、メインルートのチェックを兼ねて山へ。結果、
  表六甲〜裏六甲側でも、枯れ枝が少し散乱していた程度、倒木は全く無し。眺望はPM2.5と春霞
  でサッパリ…。日差しが出ると歩くほどに汗、でも北風が適度に吹いて心地良かったです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<歩くほどに暑くとも、爽やかな北風が吹いて…>2018年4月13日
  
日差しが強くて汗もタップリ、北風は強めで汗もすぐ乾き、心地良かったのが救いでした。ハイ
  カーもそれほど多くなく、静かな山歩き…。今日は久しぶりに高座の滝〜最高峰への往復、午後
  下山時の風吹岩からの眺望が遠くまでスッキリ見えて、これも心地良さにプラス効果。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<天気は不安定でしたが…>2018年4月9日
  
午前中は一時霧雨、でも午後には日差しも出たり、風も少し冷たかったですが爽やか…。今日は
  山トモのリクエストでちょっぴりリスキーなルートへ。天気のせいか、ハイカーの姿は少なめ、
  静かな山歩きが楽しめました。花もあちこちで咲き揃い、春らしくなっています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没。

<体調回復し、今日は低山域を軽めに…>2018年4月5日
  
四月に入ってすぐに発熱…季節の変わり目でもあり、山歩きはムリせず自重。一昨日ぐらいから
  平熱になり、ようやく今日は軽めの山歩きで山の春を楽しみました。ロックガーデン周辺はコバノ
  ミツバツツジと桜の競演で華やかです。ハイカーの姿は多め。気温は少し下がり、山歩きには最適
  の一日になりました。
  
<イノシシ情報>高座谷でイノシシの家族連れ=成獣2頭、こども4頭出没。

<久しぶりに空がスッキリ…>2018年3月30日
  
PM2.5、春霞も無くなり早朝から山並みが見え、眺望を期待して山へ。日差しは強めでも、北から
  の風が少し強めに吹き、汗ばんだ身体に心地良かった…。木々の花々がどんどん咲き始めて春本番
  の感…。裏六甲側でも「タムシバ」の花が満開、風で花びらが散っているところも…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<いよいよ春本番に…>2018年3月27日
  
空は春霞とPM2.5で山からの眺望はイマイチ。日差し強く気温も高め、吹く風弱く歩くほどに汗タ
  ップリ。木々の花も咲き始め、春本番を迎えたようです。高座の滝ではハイカーの姿も少なめでし
  たが、風吹岩で休憩をしていると次第に増えて、イノシシも登場。ハイカーに近づかないように追
  い払いをして、怖がる五人グループと一緒に…。最高峰では吹く風が心地良かったぐらいの上天気
  でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没…ハイカーを狙っていますので注意を!

<ようやく晴れて、気持ちもスッキリ…>2018年3月23日
  
週明けから小雨の空が続きましたが、今日は朝から晴れ。一週間ぶりの山歩きへ…ぬかるみ箇所も
  多く、湧水箇所では排水路の掘り直しをして、溜まり水を流して…。山からの眺望もそこそこスッ
  キリ。最高峰では北風が強く吹き、体感的には春遠く…という感じでした。春休みに入り、ハイカ
  ーの姿も増えて来たようです。
  
<イノシシ情報>ハイカーの話では中央稜:第一鉄塔間で子連れ、横池では成獣に遭遇とのこと。

<今週三度目の山歩きは、低山域へ…>2018年3月15日
  
午後から曇り、夜に降雨の予報…PM2.5”多い→やや多い”午前中は日差しが強く、吹く風弱くて
  暑過ぎるほど…持参の水分はペットボトル1本では足りない感じで、低山域を歩くことに。風吹岩
  から水平道を西へ、春を探しながら久しぶりに打越山往復…倒木が増えていました。午後になると
  強い西風が雲を連れて上空に流れ込んで…。早めに高座の滝に下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<連日の山歩き…>2018年3月13日
  
今日も朝から晴れ、日差しは強く暑かったですが、乾燥気味で心地良さも…。高座の滝から最高峰
  を経て有馬へ。途中、初めての単独ハイカーさんや、以前知り合った山トモさんにも会って、一緒
  に歩くことに…。それぞれアスリート系でしっかり付いて来ていました。最高峰では吹く風も弱く、
  心地良くて…。天気が良いのでハイカーの姿も増えて来ています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没、一瞬の隙にハイカーがおにぎりを取られました。

<一気に春がやって来た…>2018年3月12日
  
昨日から気温も上昇、吹く風は少し冷たいですが日差しもタップリ。山にも一気に春到来…春を求
  めての山歩き…ハイカーも少し多くなったようです。毎年、楽しみにしている土樋割峠のマンサク
  が、咲き始めました。日当たりの良い木の上部では満開の木も…、地上ではテングチョウも舞い始
  めました。歩くほどに汗もタップリ、風の弱い場所ではムッとした陽気でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺では姿無し、その後、湿地帯の手前で顔馴染みの一頭と対向。

<雨のち快晴なれど、冷たい北風が吹き…>2018年3月6日
  
昨日は終日の降雨、今日の早朝は曇っていましたが昼前から晴れて日差しもタップリ…北風が冷た
  く、最高峰では木々に霧氷…春の訪れを拒むかのようでした。ロックガーデン中央稜から二人組さ
  んと一緒に、その後、単独さんも加わってみんなで有馬へ…楽しい山歩きになりました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<昨日、吹き荒れた春一番の影響チェックに…>2018年3月2日
  
市内でも強風が吹き荒れ、六甲にも影響があったのでは…と、今日はメインルートのチェックへ。
  表六甲:魚屋道=風吹岩〜七曲り〜最高峰は、小枝などの散乱程度でした。裏六甲:最高峰〜魚屋
  道〜有馬は、小枝の散乱、倒木2箇所=一箇所目は直径13cm程で、持参のノコで切断処理、二
  箇所目は太い倒木+巻き添えの細木…細木の枝などを処理、太木は専門家の処理に…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣二頭出没=交尾期で雄が雌にちょっかい、嫌われている状態。
          雄はハイカーよりも雌に夢中ですが、人馴れしていなくて気が荒いので注意!

<日差しの下では暖かく、小春日和…>2018年2月26日
  
ジッとしていると丁度良い具合ですが、七曲りを登っていると汗タップリ…日陰が恋しいほど。山
  からの眺めは気温上昇で靄がかかって、サッパリでした。明後日が降雨の予報…湧水箇所の排水路
  を掘り直して。筆屋道=展望台へのルートを少し判り易くしたり…。 阪急バス=太閤橋のバス停
  …停留所の標識が無い?ので、どこに停車するのか判り難いです=橋の上だと思いますが…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で、姿見えず。

<雲多くても、厳しい寒さは和らぐ…>2018年2月22日
 
 朝のうち晴れ間、でも次第に雲が増え…雲の隙間から日差しもあったり…の一日でした。一時ほど
  の寒さは感じませんでした。蛇谷北山の山頂から石の宝殿への北斜面にかけて、凍結=軽アイゼン
  の装着が必要です。裏六甲:魚屋道への石畳=一部凍結気味、湧水箇所=一部凍結…どちらも慎重
  に下れば、軽アイゼンは不要です。筆屋道:展望台へのルート=谷道との分岐から、川床に降りて
  進めるよう倒木を処理、その先の倒木も処理をして通り易くしておきました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で、姿見えず。

<気温上昇…百間滝の氷瀑状況チェックに…>2018年2月19日
  
少しずつ気温が上がり、裏六甲の氷瀑の状況が気になり、チェックに…。百間滝・似位滝を確認し
  ましたが、今のところまだ見頃。夜の冷え込みが凍結を延ばしているようです。紅葉谷=極楽茶屋
  跡から残雪は少なくなりましたが、谷底に下るまで隠れ凍結があり軽アイゼンの装着が必要です。
  七曲滝=ハイカー情報では、まだ氷瀑は見れるとのこと。


<気温上昇で残雪が融けて、ぬかるみ発生…>2018年2月16日
  
タップリの日差しが残雪を融かし、表六甲側〜最高峰〜裏六甲側のあちらこちらにぬかるみ…場所
  によっては、スリップしそう。足元も相当汚れますのでご注意。日陰の湧水箇所の一部は凍結状態
  が続いています。裏六甲:魚屋道=標高の高い日陰部分は凍結〜シャーベット状、標高が下がると
  残雪は無し。ぬかるみも今夜の冷え込みで、再凍結の可能性があります。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭が出没、雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<日差し暖かなれど、吹く風が冷たくて…>2018年2月14日
 
 昨日は晴れのち降雪…でしたが、今日は朝から終日晴れました。表六甲:魚屋道=残雪は日陰の一
  部で凍結僅か、日向はぬかるみ。最高峰付近=残雪があり少し凍結気味、裏六甲:魚屋道=標高の
  高い日陰部分に残雪、少し凍結気味。標高が下がると残雪も消えています。明日も気温が上がれば
  残雪が融けてぬかるみが増えるかも…。湧水箇所は凍結=歩行注意!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣1〜2頭出没、雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<予報よりも晴れが続き…>2018年2月8日
  
昨日、今日と晴れた空が続きました…吹く風は冷たいですが山歩きにはベスト。厳寒も今日あたり
  で一旦収まりそうで、厳寒期しか見られない見事な氷の造形美を見ようと…舟坂谷へ。表六甲側=
  雨ヶ峠から先は残雪・凍結気味、最高峰周辺も残雪多く、凍結気味でした。週末に降雨の予報で気
  温も上昇、残雪が融けて”ぬかるみ”が発生しそうです。念のため、軽アイゼンは持参しましょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず

<厳しい寒さでも…>2018年2月5日
  
昨日から再び寒波襲来…強い西風ですが、降水確率10%で晴れ。寒さに負けず山へ。さすがにハ
  イカーの姿は少なめ、風吹岩を過ぎた辺りの日陰も凍結気味、雨ヶ峠を過ぎた付近から残雪・凍結、
  七曲りも残雪が凍結気味。裏六甲側は残雪多く凍結気味。今夜の冷え込みでさらに凍結は進みそう。
  六甲登山には、軽アイゼンが必要!無謀なアイゼン無しハイカーは滑って転倒していました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<予報では日差しが出て…>2018年2月2日
  
小春日和になるかと思っていましたが、太陽は薄雲に隠れ、昨日の雪も融けずにタップリ。風吹岩
  周辺からそれなりの積雪、最高峰付近〜裏六甲はタップリの積雪でした。新雪状態で日陰でも未凍
  結でフカフカの雪山という感じ。なお、湧水箇所などでは完全に凍結していますので歩行注意!
  明日も気温上昇の予報…残雪がぬかるみになるかも。また今夜の冷え込みでハイカーの歩いた圧雪
  箇所は凍結する可能性があります=軽アイゼン必須です。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<寒さが和らぐ前に…>2018年1月29日
  
裏六甲の氷瀑めぐりに…、バスで宝殿橋へ向かい、最高峰〜紅葉谷を経て七曲滝をチェックした後
  百間滝・似位滝〜白石滝を見て紅葉谷〜炭屋道〜魚屋道〜有馬へ。七曲滝は前回より6割程度に減
  少、百間滝・似位滝は数年ぶりに見応えのある氷瀑に成長していました。七曲滝へのルートは凍結
  気味で軽アイゼンの装着無しでは不可。紅葉谷〜魚屋道〜有馬まで、軽アイゼン装着が必要です。
  
裏六甲:氷瀑めぐりは、危険な場所なので経験者同行のこと!

<今冬初の極寒で滝の凍結状態チェックに…>2018年1月25日
  
市内の気温が4℃ほど、山では零下4〜5℃…ということで、裏六甲:七曲滝の凍結具合をチェッ
  クに山へ。ケーブルで山上へ向かい、紅葉谷〜七曲滝〜紅葉谷〜炭屋道〜魚屋道〜最高峰へ。その
  後、七曲りを経て風吹岩〜芦屋へ下山。残雪は標高の高い所、北側の日陰にあり、一部は凍結気味
  …軽アイゼンは必須。時折、小雪が舞って天気は不安定でした。
  
<イノシシ情報>下山時:雨ヶ峠周辺で姿無し、誰もいない風吹岩で成獣一頭がノンビリ。

<晴れていたのに、一時的な吹雪に遭遇…>2018年1月23日
  
予報では降水確率10%→午後は0%でしたが、昼前に風吹岩で霰が舞い、その後は持ち直し…本
  庄橋跡で昼食タイムの頃に雪雲に覆われ、雪がチラホラ。最高峰は諦め、久しぶりに森林管理道か
  ら住吉に下山しようと出発。次第に吹雪状態になり、約30分程でしたが木々は一気に雪化粧…。
  吹雪の中の山歩きもそれなりに良かったです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<今日は小春日和…>2018年1月19日
  
早朝、最高峰方面はボンヤリでしたが、少しずつ姿を現し…。風は冷たいですが弱め、日差しはそ
  れなりにあって小春日和の感じでした。一昨日の降雨と気温上昇で残雪は全て消え、凍結も無く歩
  行に支障なし。来週中頃には再び寒気の予想…週明けの降雨が、山では雪になるかも?
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<石の宝殿に遅めの初詣…>2018年1月15日
 
 今日は蛇谷北山〜石の宝殿ルートの残雪状況チェックと初詣を兼ねての山歩き。昼前まで最高峰方
  面の上空には分厚い雲がタップリ…気になりながらも、降水確率0%で雨の心配せず。昼頃には雲
  も去り青空に…。先日の残雪が最高峰付近にはあり、日陰部分は融けず。日向はシャーベット状で
  ぬかるみ傾向。蛇谷北山の北側斜面:残雪が凍結=アイゼン装着必要。裏六甲:吉高神社跡:北側
  の湧水箇所は9割凍結…アイゼンが必要。明日からの気温上昇・降雨などで状況は変わるでしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<年初二回目の雪景色…>2018年1月11日
  
昨日、市内では降雨でしたが山では降雪…朝、最高峰方面は冠雪、それなりの積雪のようで状況チ
  ェックを兼ねて山へ向かいました。4日の積雪よりも多く、雨ヶ峠から七曲り〜最高峰〜魚屋道を
  経て有馬まで新雪をタップリ踏みしめて来ました。最高峰で約7cm。しかし、4日のような霧氷は
  見られず…。今日現在=新雪状態で、一部を除きアイゼンが無くても歩けましたが、今後は圧雪〜
  凍結により、軽アイゼン装着が必要になるでしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で見かけず。

<年初の山歩きは雪景色…>2018年1月4日
  
昨日の降雪の影響をチェックしようと、年初の山歩きに…。ハイカーの姿も多め、低山域では残雪
  は少なめでしたが、雨ヶ峠以降の日陰は多め、七曲り〜最高峰〜裏六甲への魚屋道は残雪多め、場
  所によっては下りの際に軽アイゼンなど必要です。吉高神社跡北側の湧水箇所=後半の30m程が
  完全凍結でアイゼンが必要です。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<晴れ、納めの山歩きにベストでした…>2017年12月30日
  
不安定な空模様が続き、ようやく今日は朝から晴れ、明日は雨の予報で今日が納めの山歩きに…。
  ハイカーの姿は多め、山からの眺望もそこそこスッキリでした。蛇谷北山の北斜面に少し残雪=急
  坂なので下りは慎重に!縦走路の北側・日陰部分にも少し残雪あり。明日の降雨によっては凍結?
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<冷たい西風が強めに吹いて…>2017年12月26日
 
 西風と太陽の競い合い…太陽が雲に隠れると一気に冷えて、顔を出すと暖かさ。日曜日の夜の降雨
  は少なかったようで、湧水も多く無かったです。今日も排水路を掘り直し溜まった水を流して…。
  最高峰からの眺望は、そこそこスッキリ…でも、吹く風が冷たくて早々に有馬へ下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭が出没、雨ヶ峠でも成獣一頭出没…どちらも追い払い。

<今日も晴れて、今週三度目の山歩き…>2017年12月22日
  
朝から晴れてはいるけどPM2.5が”やや多い”予測、吹く風も弱く心配していた通り、山からの眺
  望はほとんど見えず。日曜日に降雨の予報が出ているので今日は湧水箇所の排水路を掘り直そうと
  …。もう一つ気になっていた観音山手前の倒木が未処理なら…と言う訳で、土樋割峠から奥池〜観
  音山へ…結果、倒木は処理されていたので奥池に戻り、バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭が出没、雨ヶ峠周辺では姿無し。

<今日も雲ひとつ無い青空に…>2017年12月20日
  
予報も好転…降水確率0%、吹く風弱く今日も山歩きにはベスト。こんなに天気が良いのにハイ
  カーの姿は少なめ…静かな山歩きが楽しめました。横池=今日も池全体に薄氷。一軒茶屋前の舗
  装工事も完了。眺望は遠くが少し霞んで…残念。最高峰から熊笹峠〜奥池へ…バスで市内へ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<吹く風冷たくても、日向はポカポカ…>2017年12月18日
  
予報では冷え込みが厳しい…でも、風弱めで日差しが心地良く体感的にはベスト。最高峰は風が
  冷たかったですが、日差しがあったのでホッ…。裏六甲側は寒風が吹き、日陰の霜柱も多め…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<晴れるはずが上空に雲多し…>2017年12月15日
  
朝晩は曇りで日中は晴れる…予報でしたが、雲が優勢でした。太陽が出ると暖かさも、雲に隠れ
  るとヒンヤリ。風は弱めでしたが…。今日は高座の滝から最高峰往復…ハイカーは少なめ、静か
  な山歩きでした。
  
<一軒茶屋前の公衆トイレ>冬季使用中止になりました…仮設トイレを使って下さい。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<朝からスッキリ青空…>2017年12月12日
  
昨日の午前中は最高峰に雲が掛かったりしてスッキリせずでしたが、今日は冬日らしい山歩き…。
  吹く風は冷たく、日差しがあっても体感的にはヒンヤリ。最高峰では零下2℃、猛烈な寒さでも
  無く心地良かったです。裏六甲:魚屋道=吉高神社跡・北側の湧水箇所の凍結は、前回より縮小
  しましたが凍結は続いています=歩行注意! 9日の降雪による残雪=一軒茶屋周辺の日陰に少
  しあるだけで、全く問題なし。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<いよいよ、山は冬入り…>2017年12月7日
  
日差しがあっても弱め、吹く風は冷たいけど弱め…穏やかな冬日和といった一日でした。今日は
  蛇谷北山・山頂手前の倒木箇所の歩行の邪魔になる倒木の処理が目的。一部を切断し、本体を脇
  に寄せて歩行し易くしました。最高峰に立ち寄り、七曲りを下山しようと…途中で登って来た二
  人組ハイカーさんが初めてで不安そう、結果、再び最高峰に戻り、魚屋道を有馬まで一緒に。
  昼前にロックガーデン地獄谷で山事故があったようで、救助ヘリが上空を旋回していました。
  
<凍結情報>一軒茶屋から有馬への魚屋道=吉高神社跡北側の湧水箇所が完全凍結!注意!
  <イノシシ情報>
風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<日差しあれど、薫風厳しく…>2017年12月5日
  
朝から西風が強め…、降雨の心配が無いので山へ。風吹岩でも寒風が吹き付けて早々に退散…湧
  水箇所で排水路を掘り直して…、途中から単独さんと一緒に有馬へ。強風で木々の葉も落ち始め
  紅葉も終盤を迎えたようです。有馬:瑞宝寺公園の紅葉は終わり、冬の姿になりました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺では姿見えず…。

<あっという間に師走に突入…>2017年12月1日
  
今年も何かと気ぜわしい12月に入りました…その一日目が好天気。吹く風は冷たく、冬来るの
  感じ。今日は軽めの山歩きの予定でしたが、風吹岩以降で倒木の処理がされているのを確認…気
  になったままの倒木箇所が次々と処理されてスッキリ。こうなると台風以降、森林整備事務所に
  処理をお願いしていた場所を全て確認しようと最高峰〜有馬まで。結果、全て除去処理されてい
  ました=神戸市森林整備事務所に感謝です!ありがとうございました!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<日中の気温上昇…>2017年11月28日
  
今日は山トモのリクエストで低山域へ…久しぶりに芦屋川西岸(右岸)からゴロゴロ岳、観音山
  〜北山公園〜阪急夙川駅まで歩きました。所々に倒木も…、紅葉はほとんど終盤、北山貯水池・
  甲山が錦秋の彩り…。このルートでもイノシシの土耕跡が多かったですが、夜間の行動のようで
  日中は姿見えず。

<日向はポカポカ、日陰はヒンヤリ…>2017年11月24日
  
西風が冷たく吹き、体感的には初冬…、ジッとしていると寒いので休憩は短めでした。風吹岩に
  着いた頃から上空に雨雲が流れて、最高峰方面もどんより…降雨までは行かず、そのうち青空も。
  魚屋道の荒地山分岐で幼稚園児の団体さんに遭遇、途中、岩場の下りでサポートを…。こちらは
  先行して雨ヶ峠で昼食、その後、峠の先の分岐手前の倒木の残りを除去、今日はここで折り返し。
  
<イノシシ情報>昼前:風吹岩手前、周辺で成獣が各一頭出没。15時頃も一頭出没。

<日差しがあっても、吹く風は冷たく…>2017年11月21日
 
 晩秋から初冬…山歩きにはベストコンディション、ジッとすると風が冷たくて冷え冷え。最高峰
  から有馬へ抜ける予定でしたが、風吹岩周辺でイノシシ対応に時間が掛かり、その後は湧水箇所
  の排水路を掘り直したり、気になっていた倒木の処理などをして…結果、雨ヶ峠往復で高座の滝
  へ戻って来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭が出没、雨ヶ峠では出没無し。

<山腹は錦秋の趣き…>2017年11月16日
  
周期的に降雨と風がやって来ていますが、木々は紅葉を保ちつつ…。もちろん樹木によっては風
  の影響で落葉したり、力なく倒れたり…様々。湧水箇所付近から枯れ木の倒木などの処理をしな
  がら雨ヶ峠〜最高峰〜有馬へ。裏六甲:魚屋道=射場山〜有馬の間の倒木が森林整備事務所によ
  って処理されていました…感謝! 
  
<イノシシ情報>雨ヶ峠でハイカーが食べ物を奪われた事例と、付きまとわれた事例の情報あり。

<紅葉谷から炭屋道のルートチェックを兼ねて…>2017年11月13日
  
久しぶりに紅葉谷の紅葉状況を兼ねてルートチェックに…。ロックガーデンからでは距離が長く
  時間も掛かるので、六甲ケーブルで山上へ…Gテラス〜極楽茶屋跡〜紅葉谷を下りました。紅葉
  は終盤を過ぎた感じ、落ち葉が多く、場所によってはスリップし易い・荒れ気味で歩き難いので
  歩行注意!炭屋道の手前の渡渉地点=川床の木が生長してすっかり風景が変わっていました。
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉状況>見頃を迎えていますが、今週末まで持つかどうか?

<昨日は遠出、今日は六甲山麓で紅葉を求め…>2017年11月10日
  
予報では明朝に強風雨がありそう…風で落葉の気配もあり、その前に紅葉探し。日差し強く、歩
  くほどに汗…でも、ジッとしていると汗も乾き、吹く風が冷たいぐらい。土樋割峠まで進み、東
  お多福山から雨ヶ峠に戻り、その後は往路を高座の滝へ…。湧水箇所の排水路を掘り直して水を
  流したり、葉っぱを落とした木々を見て秋も終わりかと思ったりしながらの山歩きでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺では姿を見せず…でした。

<今日は山歩きにベストコンディション…>2017年11月6日
  
しかし、風吹岩からの眺望は霞んで見えず…。今日は蛇谷北山の倒木周辺を整理するのが目的で
  す。大木は手に負えないですが、巻き添えで倒れた木を切断処理をしてルートを確保しました。
  終了後は最高峰に向かわず下山、東お多福山登山口バス停から市内へ…。
  
<イノシシ情報>雨ヶ峠で成獣一頭出没、藪の奥へ追い払いましたが…周辺では今後も注意を!

<秋晴れの下、紅葉状況を確かめに…>2017年11月2日
  
朝から晴れ…今日は紅葉の状況を確かめようと山へ。低山域でも樹木によっては色づき始めてい
  ます。裏六甲も同じような感じ。有馬:瑞宝寺公園に立ち寄ってみると、ここでも樹木によって
  は9割、全体では5〜6割…このまま降雨が無く、朝晩と日中の気温差があると紅葉が進みそう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿無し、本庄橋跡堰堤北側の広場周辺で成獣一頭が出没。

<蛇谷北山から石の宝殿へのコースチェック…>2017年10月31日
  
台風22号の影響はそれほどなかったようです。土樋割峠から蛇谷北山〜石の宝殿へのルートは
  未チェックだったので、今日確認へ…。コース上は枝や葉っぱが散乱していたので取り除きなが
  ら進み、
蛇谷北山:山頂の南側で太い倒木と巻き添えの倒木で道を塞いでいます。この一箇所だ
  けで後は問題なし。裏六甲:一軒茶屋〜魚屋道〜有馬まで、前回と同じ状況でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭…ハイカーのザックを奪いかけ、すぐに取り返して追い払い。

<七曲りから最高峰〜有馬へ…影響チェック>2017年10月26日
  
前回、確認した風吹岩〜本庄橋跡までの倒木の一部が切断処理されていました…感謝。雨ヶ峠の
  手前の倒木:幹の一部を切断処理。七曲り〜最高峰の間は意外と倒木無し。枝などの散乱、岩の
  崩落一箇所。裏六甲:魚屋道=湧水箇所は谷川状態、崩落箇所の迂回路出口に倒木あり、その後
  は射場山を過ぎてから倒木数箇所あり。歩行に影響のある枝は切断、動かせる倒木は移動して…。
  残っている太木の倒木は、森林整備事務所に処理をお願いすることになります。


<台風21号の影響チェック…>2017年10月24日
  
久しぶりに暴風・大雨を伴った台風で、六甲山にもかなりの影響がありました…といっても、今
  日は高座の滝から中央稜〜風吹岩〜雨ヶ峠〜土樋割峠〜東お多福山登山口まで。あまりの枝散乱
  と、倒木などが多くて処理をしているだけで時間を食い、挙句疲れてしまい、空模様も下り坂で
  最高峰は中止。明後日に改めて七曲りから最高峰〜有馬へのチェックをする予定です。
  
<コース上=落ち葉や枝などでスリップし易い状態…足元注意!>

<束の間の晴れで…>2017年10月18日
  
少雨ながらいつまでも降り止まず…今日は午前中だけ晴れの予報。今夜から再び下り坂で週末頃
  には台風が接近、次に晴れるのは台風が去ってから…。晴れ間を狙っての山歩き、昼には雲が優
  勢で最高峰は諦め下山することにしました。秋の足音がすぐそこまで近づいています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で痕跡は増加、姿は見えず。

<汗ばんだ身体に吹く風が心地良く…>2017年10月4日
  
日差しは強めでも、北北東からの風がヒンヤリ気味…、最高峰の東屋ではジッとしていると寒い
  ぐらい。ハイカーは少なめ…。湧水箇所では一昨日の降雨の影響あり…排水路を掘り直して…。
  
●有馬への魚屋道と有馬稲荷神社への近道の倒木=森林整備事務所が処理=確認:感謝です!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<日曜日だけど…>2017年10月1日
  
普段なら土・休日は人が多くて山に行かないけれど、週明けから週末頃まで天気が悪そうなので
  早朝から山へ向かい、昼には下山しようと。今日の目的は前回のコース上で気になった”ナラ枯
  れ”を見つけていたので降雨の前に再チェックに…。確かめながら歩くと多くのコナラが被害に
  あっていました。風吹岩はグループやら家族連れ、単独ハイカーで大賑わいでした。


<朝晩の気温は下がったけれど…>2017年9月29日
  
日中の日差しが強くて歩くほどに汗…、吹く風弱くともジッとしていれば心地良し。今日も休憩
  をタップリ取りながらの低山域をウロウロ。湧水箇所では排水路の掘り直しも…。午前中の風吹
  岩からの眺めは遠くが霞んでいましたが、午後にはスッキリでした。

  
<イノシシ情報>第一鉄塔を過ぎた付近=ウリ坊二頭が出没、風吹岩周辺=昼前に成獣一頭出没。

<日差しがきつくて…>2017年9月25日
  
吹く風も弱くて、汗びっしょり…今日は低山域を歩く予定でしたが、風吹岩の手前で、イノシシ
  にザックを奪われた若者に遭遇。ザックにスマホやカード類が入っているとかでひどい落ち込み
  様だったのですぐに対応。結果、取り返して食べ物以外は無事。聞くと
後ろから接近、背中のザ
  ックを取ったようです。最近、こういう事例は無かったので油断しないよう注意をして下さい。

  結局、風吹岩周辺〜湧水箇所の排水路を掘り直した後、下山…汗も乾かず暑かったです。


<シーズンに入って二度目も…>2017年9月19日
  
足が重かった…吹く風は心地良いけど、日差しが強く、今日も歩くほどに汗タップリでした。台
  風18号の影響チェックを兼ねての山歩き=一時的に降雨量が多かったので、高座の滝、湧水箇
  所、谷川など今日もなお水量が多めでした。コース上=枯れ枝の散乱、裏六甲:魚屋道では新た
  な倒木が一本発生…、また、道荒れがひどくなっていますので歩行注意!
   
●9月20日、神戸市森林整備事務所に倒木処理のお願いをFaxで送信しておきました。

<シーズンインはしたけど…>2017年9月15日
  
歩くほどに汗タップリ…北風が爽やかさを運んでくれて心地良かった。明日から台風18号の影
  響が出そう…ということで、先人が作った梯子の補修をしたり、湧水箇所の排水路を掘り直した
  りしながら、ゆっくりペースで…。裏六甲:森林整備事務所にお願いした魚屋道の倒木は全て処
  理されていました=感謝。明日から台風の影響が出るかもしれません=通過後しばらくは増水・
  崩落・倒木など注意が必要です。


<日差しは強くても北風の爽やかさに…>2017年9月1日
  
昨日も北風が吹き乾燥気味、PM2.5も少ない予測で空はスッキリ。例年、中旬頃までオフなれど、
  あまりの爽やかさにつられて山へ…。風があっても日差しは強く、歩くほどに汗タップリ。風吹
  岩では心地良くて1時間ほど休憩…汗もすっかり乾いて…。今日はここまでと思いつつ、雨ヶ峠
  まで頑張ろうと出発。ゴルフ所を過ぎた所で倒木に遭遇=切断処理、峠から土樋割峠へ進み、昼
  食後、東お多福山登山口へ向かい、バスで下山して来ました。


<台風5号の影響チェックを兼ねて…>2017年8月9日
  
当初の進路予想よりも南を進み、六甲では風雨も控えめでした。裏六甲側では倒木があるかもと
  思い、盆休み連休の前に影響チェックをして来ました。もちろん猛暑なので手抜き登山。バスで
  宝殿橋まで行き、石の宝殿〜最高峰〜魚屋道を有馬へ。表六甲:芦屋からのハイカーに聞くと倒
  木なども無く問題ないとのこと。裏六甲=射場山を過ぎてから倒木箇所が多かったです…太い木
  は手に負えず未処理、それ以外は持参のノコで歩行に支障の無いように処理しておきました。
  
<追記>10日昼前に森林整備事務所へFaxを送り、倒木処理のお願いをしておきました。
    
↑…上記の件、森林整備事務所からFaxで連絡あり=近日中に倒木撤去をするとのことです。

<台風3号の影響チェックを兼ねて…>2017年7月6日
  
芦屋市内、表六甲側はそれほどの降雨も無く問題ないと判断、でも裏六甲側が気になりオフ中で
  すが山へ向かいました。蒸し暑さを避けるには手抜き登山=バスで宝殿橋へ…その後、最高峰〜
  裏六甲:魚屋道を有馬へ。コース上は降雨でかなり荒れています。倒木は有馬寄りで四ヶ所発生、
  そのうちコースを塞いでいた二ヶ所を持参のノコで処理して完了。その他、枯れ枝などの散乱も
  脇に寄せて処理。
 道荒れ=捻挫・転倒など歩行に注意をして下さい!

<来週は梅雨空が続きそうで…>2017年6月22日
  
基本的には今日でオフ・シーズンに…。薄雲が日差しを弱めてくれたけど、蒸し暑さはタップ
  リ…歩くほどに汗だくでした。高座の滝からメインルートで最高峰〜有馬へ。湧水箇所の排水路
  が、砂で埋まっていたので掘り直し。降雨の影響で倒木があるかと思いましたが無かったです。
  
例年通り猛暑を避けて山歩きはオフシーズンに入ります(6月下旬〜9月中旬)。なお、リクエ
  スト登山、大雨・長雨・台風等があればその影響チェックで山に向かうこともあります…。

  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で出没無し。

<梅雨空が戻り、降雨の前に…>2017年6月20日
  
明日からようやく梅雨らしくなりそうで、今日は湧水箇所の排水路の掘り直しを兼ねて、山へ。
  午前中は蒸し暑くて汗だく…、午後から上空に薄雲が広がり始め、最高峰でも吹く風が少し冷た
  く感じるほどでした。汗かきには丁度良い具合ですが、ハイカーによっては上着を着る人も…。
  最高峰から極楽茶屋跡〜ガーデンテラスを経て、六甲ケーブルで下山して来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で出没無し(10時〜10時半)

<空梅雨になりそうな毎日…>2017年6月16日
  
連日の好天気、日差しも強く、歩くほどに汗タップリ。山からの眺望は霞んでいるので今日は、
  低山域をウロウロしながら花を求めて…。日陰では少し風もあって爽やかでしたが、とにかく暑
  かったです。晴れは嬉しいですが、花が咲くにはお湿り程度の降雨も必要な気も…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で出没無し(今日も時間が早かった…)

<今日も梅雨の中休みが続き…>2017年6月14日
  
朝から晴れ、今日は前回出来なかった倒木の場所確認と共倒れになった細木の処理が目的…。湿
  度は前回と同じぐらいですが、日差しが強くて風も弱めで歩くほどに汗タップリでした。眺望も
  PM2.5”少ない”予測でしたが遠くは霞んで、そこそこでした=気温の上昇が原因でしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で出没無し(時間が早かったので…)

<今日も山歩きにはベストコンディション…>2017年6月12日
  
梅雨の中休み…湿度も低めで吹く風が爽やか、最高峰では日陰でジッとしているとヒンヤリ。高
  座の滝からのハイカーの姿は多め、山からの眺めはPM2.5が少ない予測でスッキリでした。前回、
  見つけた倒木の一部を処理する目的でしたが、処理されたように思えたけど…場所を間違えたか
  も?=後日再確認。魚屋道に戻り、進むと別の倒木が道を塞いで…。二箇所の切断で通行可能に。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず。

<入梅後、二日目は晴れて…>2017年6月9日
  
高座の滝までは蒸し暑くて、山頂に行っても同じかと思いながら…、最高峰では風もあり、日陰
  では爽やかでした。裏六甲:魚屋道の崩落箇所=迂回路完成を確認、お陰様で今後はハイカーが
  安心して有馬に進むことが出来ます。湧水箇所=昨日の降雨で排水路に土砂が溜まって、今後の
  降雨に備えて掘り直しておきました。
  有馬稲荷神社への近道=魚屋道から入った所に太い倒木が道を塞いで…チェーンソウが必要。
  
<イノシシ情報>風吹岩からの先、横池周辺で成獣一頭出没。

<今日は前回よりも大気はスッキリ…>2017年6月5日
  
昨日から続く晴天、PM2.5の影響も少なく最高峰からの眺望は最高でした。湿度も低めで日差し
  は強くとも爽やか…。今月後半にはオフになりそうなので、今が山歩きのピークかも。今日は
  六甲特有の花を探しながら、最高峰を経て有馬へ…。
  
<イノシシ情報>風吹岩にお馴染みの成獣一頭出没、ハイカーに近寄らないように監視休憩。

<6月の空は、久しぶりにスッキリ…>2017年6月2日
  
昨夜遅くに雷雨があり、お陰で今日はスッキリ・爽やかな風もあり、山歩きにはベストコンディ
  ションでした。コース上は降雨の影響で荒れ気味です。山からの眺めも遠くまでスッキリ。
  裏六甲:崩落箇所の迂回路工事が始まりました=来週後半の完成予定で暑い中、作業員の方々が
  頑張っておられます。完成後は崩落箇所の通行は出来ません。
  
<イノシシ情報>風吹岩から先、横池近くで成獣一頭出没。<害虫情報>”ブヨ”に注意!

<5月最後は、予報よりも好転…>2017年5月31日
  
予報では曇り、午後の降水確率30〜40%でしたが、午後から晴れ、爽やかな風も…。PM2.5
  ”多い”予測で山からの眺めはイマイチでした。午前中は蒸し暑くて、足取りも重かった…でも、
  午後は風が心地良くて足取りも軽くなり、低山域で花を求めてウロウロ…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺では姿見えず。

<晴れて気温も上昇…>2017年5月29日
  
朝から快晴、降水確率0%、PM2.5”やや多い”予測。いつもより早めに山へ…日差しは強くても
  吹く風が爽やかでした。風吹岩から初めてハイカー二人組さんと一緒に最高峰へ…その後、石の宝
  殿〜蛇谷北山〜土樋割峠を経て、東お多福山登山口バス停〜バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…。

<雨の後は蒸し暑くて…でも、午後は爽やかに…>2017年5月26日
  
午前中は蒸し暑くて足取り重く…。今日はコース上の倒木処理が目的…湿った倒木は切り難く、汗
  だく…二ヶ所切断・移動して完了。湧水箇所の排水路も掘り直して…。結果、今日はゴルフ場を過
  ぎた所で折り返し。午後、風吹岩では爽やかな風が吹き、タップリ休憩してから下山。
  
<イノシシ情報>中央稜:第一鉄塔〜第二鉄塔の間で成獣一頭出没追い払い(10:15〜10:45)

<今日も晴れて暑かった…>2017年5月22日
  
明日まで気温が高め、PM2.5は今週中”やや多い”予測。週の後半はスッキリしない予報…だし、
  晴れている時に山に行こうと、いつもより1時間早く出発。しかし、1時間ではそれほど変わりな
  かったです。今の時期、藪こぎはダニの心配があるのでメインルートの往復でした。
  横池のオタマジャクシが小さな蛙になって水辺に…、足で踏み潰さないようにお願いします!
  
<イノシシ情報>風吹岩手前で成獣一頭出没。雨ヶ峠周辺では姿無し。

<今週三度目も好天気に恵まれ…>2017年5月19日
  
朝から快晴、PM2.5は少ない予測。日差しタップリで気温は上昇、最高峰でも26℃…でも今日も
  爽やかな風が吹いて心地良かったです。中央稜から初めての二人組さんと一緒にメインルートで有
  馬へ…。横池のオタマジャクシも成長、脚も出て…、ヒツジグサも開花し始めました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没=追い払い。雨ヶ峠周辺では姿無し。

<今日も好天気…>2017年5月17日
  
このような好天が続くと山に行かずにおれない…と言う訳で、今週は3回になりそう。日差しは
  そこそこ、時折、雲に隠れたりで丁度良い具合。風も心地良い感じでした。山からの眺望=標高の
  低い所では遠くまで、最高峰からの遠望は少し霞み気味でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没。雨ヶ峠周辺では姿無し。

<久しぶりにPM2.5が減少…>2017年5月15日
  
先週後半からPM2.5が多く、毎朝、市内から見る最高峰も隠れた状態が多かったですがようやく今
  朝は姿を現し、天気も回復。日差しは強いですが吹く風爽やか…山歩きにはベストでした。湧水箇
  所の排水路が先日の降雨で埋まっていたので掘り直し。花々も色鮮やかに新緑と競演しています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭出没、追い払いで藪の中へ。雨ヶ峠周辺=姿無し。

<一度は諦め、でも…やっぱり山へ…>2017年5月11日
  
早朝、市内から見る山並みが雲に覆われて…9時頃になってようやく雲も取れたので遅めの出発。
  日差しは強いが吹く風が心地良く…。山からの眺望はPM2.5の影響でイマイチ。結果、今日も低山
  域をウロウロ。湧水箇所の排水路を掘り直したり、花を探したり…でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で姿見えず…多分、出産時期で藪の中にこもっていると思われます。

<晴れでも黄砂とPM2.5の影響が…>2017年5月8日
  
連休明け…昨日から今年初の黄砂が飛来、それにPM2.5の影響もあって山からの眺めは不可。日差
  しは強く、吹く風だけが救いの爽やかさ。暑さで足が重くて…でした。湧水箇所の排水路を掘り直
  したりしながら雨ヶ峠〜、土樋割峠で昼食後、往路を高座の滝へ。黄砂で喉もイガイガ…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿無し。

<ゴールデンウィークの中日は天気に恵まれ…>2017年5月2日
  
朝から快晴、空気も乾燥し、PM2.5も少ない予測で山歩きにはベスト!日差しは強くとも、爽やか
  な風が心地良かったです。最高峰からの眺望もスッキリ。低山域のコバノミツバツツジは終盤です
  が、標高が上がると満開の所も…。湧水箇所の排水路は予想通りでした=連休明けに掘り直し。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に出没無し。

<ゴールデンウィーク、その前に…>2017年4月28日
  
一週間ぶりの六甲…あっという間に新緑が増えて…。日差しは強いですが、心地良い風が吹き、
  爽やか過ぎるほど。ハイキングシーズンというわけで、ハイカーの姿も増えて来ました。
  湧水箇所の排水路も踏まれて…連休は人出が多く踏み潰されるので連休後に掘り直すことに…。
  七曲り=石積みの階段が整備されて修復、歩き易くなりました。裏六甲:崩落箇所は現状のまま。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<好天につられて、今日も山へ…>2017年4月20日
 
 今日はノンビリ山歩きをしようと遅めの出発…。足の向くまま…の予定でしたが、高座の滝の上
  部でハイカー二人組さんに声掛け、六甲初ということで一緒に有馬へ。ぬかるみの排水路では順
  調に湧水が流れているのを確認。渡渉地点では、未だに増水が続いています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<日差しタップリ…乾燥気味の風が爽やか>2017年4月19日
  
暑さもあって、歩くほどに汗・汗…でも、吹く風が心地良く汗もすぐに乾いて…。一昨日の強風
  と強雨の影響チェックを兼ねて山へ。コース上…枯れ枝が散乱、湧水も出てぬかるみ発生中。倒
  木処理や、ぬかるみの排水路を掘ったり…。ハイカーの姿は多め。最高峰から大阪湾を見ると沿
  岸部の海水の色が濁っていました=川からの濁流が原因。裏六甲:魚屋道の崩落箇所=足元の崩
  落が少し広がっていました。
<イノシシ情報>風吹岩〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<好天気なので連日の山歩き…>2017年4月14日
  
歩くと汗・汗…日差しも強めでしたが、心地良い風が爽やか。今日は春を求めて低山域を歩き、
  休憩時は木陰でノンビリ…。ハイカーもそれほど多くなく、静かな山が楽しめました。
  
<イノシシ情報>高座谷で成獣一頭が出没(高座谷は出没が多い場所なので注意)

<春爛漫の勢い…>2017年4月13日
  
今日は好天気、山でも一気に春めいて…花々が咲き、虫たちも動き出して来ました。朝から快晴、
  いつもより早めの出発…降雨後のぬかるみの排水路を掘り直して排水、一昨日の強風で枯れ枝が
  散乱しているのを取り除いたり、倒木チェックもしながらの山歩きでした。
  
<倒木情報>裏六甲:魚屋道の有馬寄りで倒木一本あり。<イノシシ情報>姿見えず、出没無し。
  
<裏六甲:魚屋道=一軒茶屋から二ヶ所目の崩落現場>再崩落が進行しています=歩行注意!

ブログ「遠雷庵日記」=ようやく習熟し安定…
2017年4月10日
  
3月末でeo Blogの廃止に伴い過去8年間のアーカイブをどうするか等、悩むことだらけでした。
  当初は
シーサーブログにアーカイブと共に移行もしましたが、PC以外での閲覧時の広告が酷く
  て断念・退会済み。検索すると今なおシーサーブログに存在するかのようになっていますが、アー
  カイブを含め、全くあり得ません。

  Google Blogerなら無料でも広告表示が無いのがベスト…アーカイブは残念ながら消滅です。基本
  的には情報発信が中心です…PC以外の閲覧者も多く、見たくもない広告より見やすくて情報収集
  出来ることが重要と判断しました。
  Google Blogerの作成方法に慣れるまで試行錯誤が続いていましたが、色彩・レイアウトなど基本
  パターンも最終的に決定、今後も新たなページを作っていきたいと考えています。


<春休み最後になりそう…>2017年4月5日
  
明日から下り坂の予報で、今日は家族連れハイカーが多め…。先月一緒に登ったヤマトモ親子と
  最高峰を目指し、新一年生もガンバって歩き通しました。木々にも花が咲き始め、山にも春の気
  配が濃厚です。吹く風は少し冷たさが残っていますが来週後半には暖かさも期待できそう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に姿見えず。<芦屋川の桜>開森橋〜上流=6分咲き。

<雲ひとつ無い快晴なれど、花冷え…>2017年4月3日
  
朝から快晴、日差しはあっても吹く風が冷たく花冷え状態。今日は春を探しに低山域の山歩き。
  雨ヶ峠の先の分岐から住吉道へ…森林整備で木々が伐採されて様変わり、ヤブツバキのトンネル
  も伐採されて壊滅、僅かな湿地の野草も消滅。楽しみが無くなってしまいました。

<春の気配が、すぐそこまで…>2017年3月30日
  
朝から山並みは、うっすら隠れて…春霞とPM2.5の影響です。気温も上昇気味、高座の滝の上部
  でコバノミツバツツジが開花しました。これから次々と咲き始めるでしょう。山からの眺望は残
  念ながら不可。最高峰では日差しがポカポカ…風も弱く、昼寝が出来そうでした。
  
<芦屋川の桜>たくさんのつぼみが膨らむ。<イノシシ情報>風吹岩〜雨ヶ峠周辺:姿見えず。

<午後、晴れから一転、雨に降られて…>2017年3月28日
  
朝8時半の天気予報=ウェザーニュースが正解、日本気象協会=外れ…という結果でした。気
  象協会は2時間おきに予報を…帰宅後見ると傘マークと降水確率40%に…言わば”あと出し
  じゃんけん”。出発時の予報で行動するのに…これはアカン。
  
<芦屋川の桜開花情報>つぼみ膨らむ。<イノシシ情報>風吹岩〜雨ヶ峠周辺で姿見えず。

<日差しはあっても、寒風が強め…>2017年3月24日
  
終日の晴れ…冷たい風が強めでしたが、爽やかで心地良いぐらい。最高峰からの眺めは遠くま
  でスッキリ、吹きさっらしの冷たい風でハイカーたちの最高峰滞在時間は短いです。
  
<イノシシ情報>横池で成獣一頭がハイカーのザックを奪う事例発生=ダッシュで向かい取
   り返し、ハイカーに返却。ザックは地面に置くと取られます。
横池周辺=注意して下さい。

<太陽が隠れるとヒンヤリ…>2017年3月22日
 
 山では上空の雲の動きが早く、太陽が出たり隠れたり…。吹く風はまだまだ冷たくて、太陽が
  雲に隠れると体感温度は下がりっぱなし。昨日の降雨の影響は少なめ、木によっては新芽が出
  始めています。ぬかるみ=一部を除き乾燥。イノシシ=風吹岩〜雨ヶ峠周辺に姿見えず。

<春を思わせるような一日…>2017年3月17日
  
朝から快晴、連休前に二日続いての山歩き…。暑からず寒からず…山歩きにはベスト。日差し
  もタップリあって、冷たい風も爽やかなほどでした。今日は低山域を歩き、岡本梅林公園に立
  ち寄って下山。 岡本梅林公園=梅の花は終盤を迎えていました。
  
<イノシシ情報>横池周辺で成獣一頭が出没。

<最高峰周辺が様変わり…>2017年3月16日
  
ここ数日、午後は天気が急変状態でしたが、今日は晴れたり曇ったり…。最高峰周辺が環境省
  による伐採作業で、様変わりしました。眺望を保つため…とかで、確かに眺望は良くなりまし
  たが、風除けの樹木が無いので吹きっさらし。吹く風は冷たく、樹木には霧氷もあり寒くて…。
  <風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺でイノシシの出没無し。ぬかるみも一部を除き乾燥気味>

<今日は終日晴れると思ったのに…>2017年3月9日
  
予報では降水確率0%で晴れ…、昨日も午後に雪雲に覆われた最高峰でしたが、今日は大丈夫
  だろうと…。しかし、午後の最高峰は雪雲の中に入り、降雪状態。それもなかなか止まず、止
  んだのは有馬へ下山の途中になってからでした。吹く風も冷たくて強く…冬に戻ったような有
  様…。風吹岩〜雨ヶ峠周辺にイノシシの姿は見えず、ぬかるみは一部を除き乾燥気味です。


<今日も山では不安定な空模様…>2017年3月7日
  
降水確率10%、風吹岩では小雪が舞い、その後も曇り空で時折太陽が顔を出す…吹く風は冷
  たくて強く、体感的には2月の寒さでした。ぬかるみ箇所は一部を除き乾燥、足元の汚れは無
  し。イノシシの姿=風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で全く見えず…でした。


<朝から山麓では雨雲が流れ込んで…>2017年3月3日
  
予報では昼前から晴れるはず…しかし、今日の山中では午後も雨雲の影響で時折、小雪が舞う
  不安定な空でした。雲に覆われると寒く、たまに太陽が顔を出すと心地良く…。最高峰の北側
  では名残りの霧氷も…。乾燥気味だったぬかるみが、再びぬかるみ状態。一軒茶屋前の公衆ト
  イレ…今日も休止中のフェンスが横に取り除かれて…。仮設トイレは取り替えたようです。

<連日の山歩きでも疲れ無し…>2017年2月28日
  
初の連日でも、順調な山歩き…。吹く風弱く、日差しタップリで春を思わせるような感じの一
  日でした。最高峰までは若者三人組と一緒、下山は別れて、久しぶりに西お多福山から住吉台
  へ…。一軒茶屋前の公衆トイレ・仮説トイレが汚物で満タン状態…管理が疎かになっているよ
  うなので、早急な対策が必要=明朝、神戸市森林管理事務所へ電話します。


<風は冷たくても日差しが心地良く…>2017年2月27日
  
今日・明日と降水確率0%、その後は降雨の予想でこの晴れの日を有効に…となると山歩きへ。
  少し汗ばむ感じでしたが、冷たい風が乾かし、日差しが心地良いほど。今日は最高峰へ往復…。
  地面が乾燥し”ぬかるみ”9割解消。今後の降雨に備えて、湧水箇所の排水路を掘り直し。
  ハイカーは少なめ、イノシシの姿も無し、静かな山歩きが楽しめました。


<気温の上昇と共に雪は融けて…>2017年2月24日
  
一昨日の未明から昨日の午前中までの雨が残雪を融かし、最高峰付近〜裏六甲の残雪全てを消
  滅。日陰に僅かの霜柱がある程度でした。ただ、雨の影響で土砂が流され、有馬への魚屋道の
  コース上は荒れて、歩き難くなっています…歩行注意!
  
<イノシシ情報>中央稜=第一鉄塔を過ぎてから一頭出没…後続ハイカーの為に追い払い。

<今週の空は不安定…今日も、やっぱり…>2017年2月21日
  
先週の予報では今週は降水確率が高めで、山は諦めていました…が、今日は午後から晴れの予
  報ということで山へ。早朝、最高峰は雲に隠れ、9時頃からは山並み全体が雪雲。中止かと思
  いながら待機をし、遅めの出発。山中は昨日の春一番の強風で小枝が散乱…ぬかるみの排水路
  も作り直したり…。午後は晴れ間が少なく、冷たい風が吹いて体感温度は下がって、寒かった
  です。 コース上の日陰に残雪はありますが凍結無し。ぬかるみ多いので足元注意!

<山上は積雪と融雪による”ぬかるみ”が…>2017年2月15日
  
今日は積雪と融雪による”ぬかるみ”の状況チェックを兼ねて山へ…。高座の滝から雨ヶ峠ま
  でに積雪は僅か、ぬかるみ=多い。雨ヶ峠の先の北斜面=積雪が凍結気味。土樋割峠から蛇谷
  北山〜石の宝殿=蛇谷北山まで一部に積雪、山頂付近〜北斜面=積雪が凍結気味。一軒茶屋〜
  最高峰=積雪で一部凍結気味。七曲り・有馬への魚屋道=行かずで不明。ガーデンテラス方面
  への縦走路=北側は積雪多い・一部凍結気味。コース上の日向=ぬかるみ多い。


<予想通り、昼過ぎから山中で降雪…>2017年2月13日
  
朝から最高峰と天気予報を見ながら、行くか止めるか…迷っているうちに遅くなり、結局、ケ
  ーブルで山上〜紅葉谷へと行く予定で出発。極楽茶屋跡に着いた頃から降雪。予想よりも早く
  降り出し雨宿り、なかなか止まずで裏六甲側は諦め、最高峰〜芦屋へ下山することにしました。
  ●山上の日陰部分などに積雪タップリ、新雪がプラスされた状態。日向は融けてぬかるみ。
  ●雨ヶ峠の先の北斜面は凍結気味=下りは軽アイゼン必要。標高が下がると日陰のみ残雪。


<晴れていたのに雪が降り出し…>2017年2月7日
  
高座の滝に着くと同時に雪雲が覆い始め、雪が舞い、風吹岩ではそれなりに…。上空は雪雲で
  眺望も不可。今日は”ぬかるみ”箇所の排水路作りなどを行った後、とりあえず土樋割峠まで
  進み、天気の様子見。夕方の予定があったので、最高峰は諦めて東お多福山登山口〜バスで下
  山して来ました。風吹岩でイノシシ一頭出没。コース上=ほとんどぬかるんで足元汚れます!


<蛇谷北山〜石の宝殿コースの残雪チェック…>2017年2月3日
  
芦屋から雨ヶ峠〜土樋割峠=日陰の一部に僅かな残雪あり、蛇谷北山〜石の宝殿=日陰に残雪、
  蛇谷北山の山頂から北斜面には新雪あり、未凍結…今後の冷え込みで凍結の可能性。最高峰へ
  の登り坂=日陰の一部に残雪・凍結気味。有馬への魚屋道=日陰の一部に残雪多し、今後の冷え
  込みによっては凍結の可能性。その他…コース全体で”ぬかるみ”発生=足元が汚れます。

<芦屋〜魚屋道〜最高峰〜有馬へ…>2017年1月31日
  
昨日の降雨で残雪は融けたのでは…と、思いながら今日もメインルートの残雪・凍結チェック
  で、山に向かいました。表六甲側は、日陰の一部に残雪、凍結箇所は無し。最高峰付近に残雪、
  有馬への魚屋道は日陰の一部で残雪・凍結気味。射場山の手前付近からは一部を除き残雪無し。
  ルート上=融雪・湧水などで”ぬかるみ”が、ひどい状態=足元が汚れますのでご注意!

<芦屋〜魚屋道〜最高峰〜有馬へ…>2017年1月25日
  
週明けから天気が不安定で、市内から最高峰の積雪状況を見るだけでしたが、ようやく今日は
  メインルートの積雪・凍結チェックに…。風吹岩を過ぎると日陰には残雪多く、一部が凍結気
  味。雨ヶ峠の先=北斜面の下りは凍結気味。七曲り=残雪多く、一部が凍結気味。最高峰=新
  雪が多く、未凍結。有馬への魚屋道=残雪多く、日向を除くと凍結気味。軽アイゼンは必携!

<芦屋から魚屋道:残雪と凍結チェックに…>2017年1月18日
  
前回は有馬への魚屋道の途中から積雪チェックだったので、今回は芦屋から有馬までのメイン
  ルートのチェックで山へ。雨ヶ峠までに残雪はあり、日陰の一部は凍結気味。大半は融け始め
  ています。雨ヶ峠の先の北斜面の下り坂=残雪・凍結気味。七曲り=標高が上がるにつれ残雪
  ・少し凍結気味。最高峰〜有馬=残雪・凍結箇所多数。軽アイゼンは必携!
 
 <イノシシ情報>第一鉄塔の手前で親子4頭、風吹岩で成獣1頭が出没。

<六甲山上は積雪タップリ…>2017年1月16日
  
一昨日から昨夜にかけての降雪で六甲は久しぶりの積雪タップリ。今日はケーブルで山上へ、
  その後、ガーデンテラスを経て紅葉谷〜百間滝から有馬へ。裏六甲側は積雪が多めで、魚屋道
  の有馬出口まで雪が残っていました。山越えには軽アイゼンなど冬山装備が必要です。


<寒波が近づき…>2017年1月13日
  
寒波が近づいて、明日から冷え込みが強まりそうで、その前に山へ…。今日はまだ日差しがあ
  ったけど、午後から雲が流れて来て、吹く風も冷たかった。ハイカーは少なめ、気になってい
  たゴルフ場手前の”ぬかるみ”に排水路を作って来ました。イノシシの姿見えず。
  
<凍結情報>一軒茶屋から有馬への魚屋道=石畳を過ぎてすぐの湧水箇所の地面の一部が凍結
        し始めてツルツル。今夜からの冷え込みで凍結箇所が広がると思われます。


<それほど寒くも無く…>2017年1月10日
  
朝から晴れ、風がそこそこ吹いてジッとするとヒンヤリ。日差しがちょうどいい具合で、それ
  ほどの寒さ感じず。一昨日からの降雨と強風の影響チェックを兼ねて最高峰〜有馬へ…結果、
  新たな倒木等はありませんでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿無し。

<新年初山歩きは、石の宝殿に初詣…>2017年1月6日
  
朝のうち曇り空でしたが昼前から快晴…初山歩きにふさわしい好天気に…。ハイカーの姿は少
  なめ、吹く風は冷たいですが日差しがポカポカ…山歩きにベストコンディションでした。新年
  最初は石の宝殿にお参りをして山歩きの安全祈願、その後、最高峰から有馬へ下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺では姿無し。

<押し迫った年末最後の山歩き…>2016年12月31日
  
昨日よりも良い天気になり、年末の山へ…。ハイカーは少ないと思ったけど意外と多め。日差
  しはポカポカ、日陰はヒンヤリ。今日も山で出会った人たちと一期一会…。芦屋から最高峰へ
  往復してタップリ歩いて来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺=午前11時頃:成獣一頭出没、午後3時半頃:親子三頭出没。

<最高峰付近に積雪の可能性?>2016年12月28日

  早速、山へ向かい…意外に積雪というほどもなく。日陰部分に少し残っているだけでしたが、
  最高峰では寒風が吹きつけ、体感的には極寒…早々に魚屋道を有馬へ。昨日の降雨の影響で谷
  川の増水、坂道では土砂が流され道荒れがひどい、一部ぬかるみも発生…足元注意!

<予報が変わり、晴れて暖か…>2016年12月21日
  
このところ前日まで翌日の天気が判らない有様…、今日は朝から晴れ・降水確率0〜10%、
  晴れたのは良いけど、歩くほどに汗…日向では暖かというより少し暑いぐらい。気温が上がる
  と眺望はガスってイマイチ。大阪市内上空は雲海…高層建築だけが雲海の上…といった感じ。
 
 <イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に姿無し。

<今日は晴れたけど…>2016年12月19日
  
今週は降水確率が高めの日が続きそうな予報…、今日は朝から晴れ、気温も高めの予報でし
  たが日陰はヒンヤリ。気温の上昇で眺望はガスって見えず。最高峰には行かず、低山域を歩
  き、五助堰堤から住吉台へ。
  
<イノシシ情報>昼前:風吹岩に成獣一頭が出没。

<冬将軍到来…>2016年12月15日
  
今朝から明日にかけて、今冬一番の寒さ…、標高が高く日陰で水分のある所に霜柱が誕生。
  日差しがある午前中はまだマシ、雲が流れて来て日陰になると一気に体感温度は下がり、ジ
  ッとしていると冷え冷え。最高峰で出会った中華系アメリカ人の単独さんと一緒に有馬へ案
  内を兼ねて下山。
  
★最高峰:一軒茶屋前の公衆トイレが推薦凍結の為使用休止中!★

<久しぶりに山越えで有馬へ…>2016年12月12日
  
朝から初冬らしい気温、今日は有馬を目指そうという気構えで出発。高座の滝から外国人の
  単独さんと出会い、初めてとのことで案内を兼ねて一緒に有馬へ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に姿見えず…でした。

<荒地山で遊ぶ…>2016年12月8日
  
今日は山トモのリクエストで荒地山で遊ぶことに…。岩場を登ったり藪こぎをしたり、荒地
  山の魅力を楽しんだ後、久しぶりに尾根を下って…。最高峰を目指すだけでない六甲の低山
  域の楽しみ方を山トモさんにタップリ味わって頂きました。

<先週末の週間予報が好転…>2016年12月5日
  
昨日の降雨は足早に去り、今日は朝から晴れ…雨の心配は無いけど、山には降雨後の影響で
  地面が湿ったままで、泥の跳ね返り多し。場所によってはスリップし易くて…。こんな日は
  ムリせずが一番…ということで、今日も土樋割峠往復の山歩きになりました。
  
<イノシシ情報>午前:風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に姿無し。午後3時頃:風吹岩に二頭出没。

<あっという間に12月…>2016年12月2日
  
朝から快晴、降水確率0%、暑くも無く寒くも無く…山歩きにはベストコンディション。ハ
  イカーも少なめ、静かな山歩きが楽しめました。土樋割峠で昼食後、荒地山に回って岩場か
  らの眺望を楽しんでから高座の滝に下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺に姿無し。

<11月最後の山は…>2016年11月29日
  
雨は降らない予報だと思っていたのに、午後、雲行きが怪しくなり始めて…小雨模様。今日
  も土樋割峠で昼食、その後、東お多福山から雨ヶ峠〜風吹岩へと戻って来ました。後ろから
  雨雲が追ってくる感じで高座の滝へ。結局、市内に戻ってからも一時小雨、山を見るとそれ
  なりに降っていたようです。
  
<イノシシ情報>11時頃から風吹岩周辺で若い個体が二頭、別々に出没していました。

<降雨の前に、紅葉の見納め…>2016年11月25日
  
今日は風が弱く、日差しがあるとポカポカ…歩きながら日陰が恋しくなるほど…でも、休憩
  でジッとしていると身体が冷えて来て…。久しぶりに風吹岩からの眺望も遠くまでスッキリ!
  出発がいつもより1時間遅くなり、土樋割峠まで往復の山歩きでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺:昼頃、午後遅くのどちらも姿無し。

<落書きを消すために…>2016年11月21日
  
前回、最高峰に立ち寄った時、最高峰の標柱に低レベルの落書きを発見…、この場所は記念
  写真のスポットであり、子供たちも来る所だけに気になって。今日はその落書きを消そうと。
  約30分で何とか消すことに成功…芦屋へ下山の途中、子供連れハイカーも登って来て、消
  すことが出来て良かったと安堵。こんな落書きをする人には山ノ神さんから天罰が…!

<秋色を求めて、久しぶりに紅葉谷へ…>2016年11月18日
  
紅葉谷は落葉盛ん…、紅葉の終盤を迎えています。今夜未明から明日にかけての降雨が落葉
  を進めそうです。ケーブルで山上駅へ手抜き登山…紅葉谷を下ると炭屋道を登り魚屋道へ…
  ハイカーは皆さん青息吐息。有馬に向かわず、今日初めて魚屋道を最高峰へ登り返しました。
  今日も日向はポカポカ、日陰はヒンヤリ…炭屋道〜最高峰への登りで汗タップリに…。

<山麓全体が色づき始めて来ました…>2016年11月16日
  
六甲の山並み全体が色づき始め、秋色真っ盛り…。日向はポカポカ、日陰はヒンヤリ…最高
  峰では寒風強く、気温は10℃以下に…。第一鉄塔と第二鉄塔の間の脚立を持参の針金で固
  定しておきました。登り始めから厚着だと汗をかき、次第に身体が冷えて風邪の原因に…休
  憩の際や山頂に登ると寒いので、その時に着込むようにすると良いでしょう。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣2頭が出没…ご注意を!
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>紅葉真っ盛り…見ごろ最盛期です。

<寒さから一転、気温上昇…>2016年11月11日
  
昨日までの寒さはどこへやら…今日は吹く風弱く、日が出るとポカポカ、雲に隠れるとヒン
  ヤリの繰り返し。ハイカーは少なめで、静かな山歩き。紅葉も一段と進み始めています。
  
<イノシシ情報>今日は姿見えず、ハイカーの話でも遭わなかったとのこと。
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>7〜8割ほどで、今週末〜来週前半に見ごろを迎えそう。

<秋の空は移り気…>2016年11月9日
  
今日は終日、晴れの予報でしたが、昼前から雲行きが怪しくなり始め、霧雨が降って…。低
  山歩きに変更…北風が冷たく強く吹き、体感温度は益々下がり、歩き回ってちょうど良い具
  合でした。表六甲:低山域でも木々によっては紅葉が見事…大半は中旬以降に色づきそう。
 
 <イノシシ情報>住宅街から高座の滝までの間で成獣一頭出没、風吹岩周辺:姿無し。

<今日はイノシシ対応と、国際交流…>2016年11月7日
  
今日は小学校の代休で母親と子供たちが数グループで風吹岩へ…イノシシの出没もあり、見
  守りと追い払いで約3時間程滞在。子供たちが下山してから歩き出すと、ゴルフ場フェンス
  扉の前で外国人の若者と出会い、初めてということで一緒に最高峰〜有馬へ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で若い個体が一頭ウロウロ。雨ヶ峠付近では姿無し。

<今週は好天に恵まれて…>11月4日
  
今日も朝から晴れ…遂に3回目の山歩きへ。金曜日はハイカーが少ないと思っていたけど、
  高座の滝で休んでいると次々にハイカー。中央稜を避けて雨ヶ峠へ。日差し強く、風が弱い
  ので暑かったです。そのため、銀ハエがうるさく飛び回って…気温が下がることに期待。
  
<イノシシ情報>風吹岩でイノシシにお弁当を取られた事例発生!ご注意を…
           雨ヶ峠周辺では姿見えず…でした。

<雲ひとつ無い快晴で…>11月2日
  
気温も低めでしたが、日差しがあって、日向ではポカポカ、日陰はヒンヤリ…山歩きには、
  ベストコンディションでした。今日は最高峰往復の山歩き…表六甲側の木によっては色づき。
  来週辺りになると本格的な紅葉シーズンが始まるかも知れません。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺で姿見えず…でした。

<今日も爽やか…>2016年10月31日
  
少し雲が多かったですが、山歩きにはベストコンディション…日向と日陰の体感温度に差が
  大きくなって来ました。ここ数日、気温が下がり、表六甲側でも木によっては紅葉も…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺で姿見えず。
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>一部の木々の高い所で色づき始め。全体では2割程度。

<汗もすぐに乾く、爽やかな秋…>2016年10月27日
  
朝から爽やか…吹く風は少し冷たくなりましたが、心地良いぐらい。高座の滝から幼稚園の
  遠足で賑やか。風吹岩でタップリ休憩…汗もすぐに乾き、子供達をイノシシから守ろうとし
  ばらく監視。その後、雨ヶ峠〜東お多福山〜土樋割峠を経て、登山口バス停へ…バスで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭出没。雨ヶ峠周辺では姿無し。

<爽やかな秋空、日向が恋しく…>2016年10月24日
  
朝から快晴…風もそこそこ吹いて爽やか。歩くと汗…でも、休憩していると肌寒く…木陰よ
  りも日向が嬉しいような気温でした。最高峰からの眺望も遠くまで…心地良くて…。久しぶ
  りに極楽茶屋跡に立ち寄り、その後、ガーデンテラスを経てケーブルで下山。
  
<イノシシ情報>マンションを過ぎて登山口〜高座の滝迄で若い個体が出没(午前8〜9時頃)
          風吹岩周辺では姿無し、雨ヶ峠の手前で成獣一頭出没…ご注意!


<乾燥気味だったので…>2016年10月21日
 
 降水確率0%、朝、薄曇が空一面に…日差しが弱くて山歩きにベストかと思っていましたが
  今日も歩くほどに汗タップリ…でも、休憩時には汗もすぐ乾くほどでした。木々も少しずつ
  色づき始め、秋の気配がすぐそこまでやって来ているようです。
 
 <イノシシ情報>風吹岩周辺で若い個体が二頭ウロウロ出没。雨ヶ峠周辺には姿無し。

<秋なのに夏日…>2016年10月18日
  
ホント、異常気象?朝から蒸し暑くて…吹く風も弱く、歩くほどに汗タップリ。最高峰まで
  足を延ばすことを諦め、低山域を歩きまわってから下山。
  
<イノシシ情報>今日も風吹岩周辺で若い個体が一頭ウロウロ、ご注意を!

<少しずつ秋らしく…>2016年10月13日
  
ようやく週二回ペースに突入…、予報では曇り空でしたが山歩きにはベストコンディション。
  歩くほどに汗…でも、最高峰まで進むと吹く風は冷たく、汗もすぐに乾きました。
  有馬寄りの魚屋道の倒木=昨日、神戸市に連絡しましたが、今日現在、未処理。まァ、すぐに
  動かないのが役所仕事かなァ。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺〜横池で若い個体が一頭、ウロウロしていました。

<今週は天気が安定…>2016年10月11日
  
今日はメインルートを高座の滝から最高峰〜有馬へ…、まだ少し足が重かったですが、頑張っ
  て山越えして来ました。連休明けは、ハイカーごみ・脚立が壊されていたり…困ったことです。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で若い親がこどもを数頭連れてウロウロしています。
          こどもが可愛いからと、食べ物を絶対に与えないこと。
          
高座谷=悪さをする一頭のメスがハイカーを狙っているとの情報=注意!

<台風一過の秋晴れ…>2016年10月6日
  
台風の影響は少ないと思いつつ、久しぶりの好天気で山へ…、今日は最高峰まで行くつもり
  でしたが、日差しが強くて残暑厳しく今日も歩くほどに汗タップリ。まだ足が重く、何とか
  土樋割峠まで進み…昼食後、東お多福山登山口バス停からバスで下山。
  
<イノシシ情報>今日も風吹岩周辺で若い個体二頭がウロウロしていました。

<今日は蒸し暑くて…>2016年9月27日
  
今週は天気不安定の予報で山は諦めていましたが、今日は晴れる予報だったので急遽、山へ。
  しかし、予報どおりの蒸し暑さ!風が弱かったのでムシムシ、歩くほどに汗びっしょり…。
  芦屋からの登りは約3ヶ月ぶりでバテ気味…今日は風吹岩周辺だけで下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺でイノシシ数頭が別々に出没・ウロウロしています…ご注意を!

<最高峰は濃霧に覆われ…>2016年9月21日
  
いよいよシーズン・イン…朝、市内から最高峰は見えず。昨日の台風16号の影響チェックを
  兼ねて山へ…。少し蒸し暑いし約3ヶ月ぶりなので手抜き登山です。バスで宝殿橋へ…石の
  宝殿で安全登山をお願いしてから最高峰へ。魚屋道の崩落箇所と倒木などをチェックしなが
  ら有馬へ。
平坦路以外は降雨の影響で道荒れがひどい状態=とても歩き難くなっています。
  濡れた岩肌などは滑り易く、捻挫や転倒をしないように注意が必要です!


<オフ入り中だけど…>2016年7月7日
  
前回の倒木ヶ所が気になったままなので、今日はそのチェックで山へ…。猛暑なので手抜き
  登山ということで宝殿橋までバス、その後、石の宝殿から最高峰〜有馬へと下山。倒木は3
  カ所とも片付けられていました。最高峰の気温=日向で31℃、日陰で29℃…。風が少し
  吹いていたので体感的には少し楽…。次回は台風・豪雨などが無い限り9月中旬以降に…。


<今日から6月中旬以降まで、シーズン・オフ…>2016年6月17日
  
梅雨空が続き、昨日は終日晴れ、今日は晴れのち曇り・夜には雨…の予報。明日から再び梅
  雨空になる予報で、今日がシーズンオフ入りに決定…山へ。しばらく続いた雨の影響チェッ
  クを兼ねて、メインルートを有馬まで。魚屋道=表六甲側は湧水が多く”ぬかるみ発生中”、
  裏六甲側は倒木が三ヶ所で発生。有馬までコースが降雨の影響で荒れ気味…足元注意!
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で成獣一頭が出没、雨ヶ峠周辺では姿なし。

<今日は手抜き登山…>2016年6月18日
  
今日も高温多湿になりそう…というわけで、市内からバスで宝殿橋まで行き、そこから最高
  峰へ。でも、山上も日差しが強くて暑くて…。最高峰から縦走路を西へ…油こぶしをケーブ
  ル下駅まで下り、市バスで阪神御影駅へ下山。(油こぶし=一部荒れ気味、足元注意!)
  
<イノシシ情報>芦屋から最高峰へ登って来たハイカー情報では、姿なし…とのこと。

<今日も高温多湿で…>2016年6月14日
  
早朝、市内から見る最高峰は雲…しかし、予報では”晴れ”…ということで山へ。前回同様
  かなりの蒸し暑さ…汗も乾かず状態。一時的に雨雲が上空に現れましたが降雨なし。最高峰
  では自衛隊の訓練中(16日まで)。最高峰の東屋では心地良い風が吹いてくれました。休憩
  後、花を探しながら芦屋に下山。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で若い個体一頭出没の情報、雨ヶ峠周辺では姿なし。

<高温多湿で…>2016年6月10日
  
朝から晴れ、しかし湿度が高くて吹く風も弱く、汗が一向に乾かない山歩きでした。梅雨時
  の晴れ間は貴重なれど、蒸し暑くて歩くほどに汗タップリ。休憩時間もタップリ…それでも
  汗は乾き難くて…。当初は風吹岩周辺で下山しようと思いながらも、何とかがんばって雨ヶ
  峠へ。結局、今日も低山域をウロウロでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺=どちらにも姿なし。

<入梅から二日目は晴れました…>2016年6月6日
  
朝から晴れたけど湿度が高めでムシムシ…汗タップリの山歩きに…。土樋割峠まで進み、そ
  の後は低山域を花を探しながら歩き回り、風吹岩に戻ると心地良い風が吹いてスッキリ…。
  ゆっくり休憩をしてから高座谷〜高座の滝へ下山。
  
<イノシシ情報>午前中…風吹岩周辺・雨ヶ峠周辺では姿なし。午後、高座谷で成獣一頭が
          出没していました(高座谷はイノシシの出没が多いので注意!)


<今日も快晴、大気汚染も少なく…>2016年6月3日
 
 朝から雲ひとつ無い青空、PM2.5も少なく、湿度も低め…山歩きにはベスト。花には出合えな
  かったですが、一期一会の出会いが二組。そのうちの一組とは有馬まで一緒でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺=どちらにも姿なし。

<6月は好天気からスタート…>2016年6月1日
  
昨日と違って今日は朝から最高峰もスッキリ…、空気も乾燥気味なので山へ。昼頃までは上空
  に薄雲が広がっていましたが、午後からは青空…風もあって爽やか。久しぶりに極楽茶屋跡〜
  ガーデンテラスを経て六甲ケーブルで下山して来ました。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺=どちらにも姿なし。

<天気予報が外れ、小雨が降り続き…>2016年5月28日
  
朝の予報では午後まで曇り、その後は晴れ…しかし、昼前から小雨が降り出し夕方も…。オフ
  入りまで一ヶ月を切り、普段なら土日は山に行かないけど、曇り空なら暑さも和らぐかと…で、
  山へ。第一鉄塔辺りから小雨がパラパラ…風吹岩で雨宿り。諦めながら傘を差して周辺をウロ
  ウロしてから下山…、結局、市内に戻っても小雨が降り続き状態でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で出没なし。下山時の高座の滝上部で成獣一頭出没。

<今期一番の暑さ…>2016年5月23日
  
まるで夏が来たような暑さ…時に吹く風が心地良くて、カラッとした暑さでもありました。今
  日は久しぶりの高座の滝から最高峰〜有馬への山越え。持参の水分1.5リットルを消費、予備
  の500を残しての山歩きでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩で成獣一頭が出没…すぐに追い払い。雨ヶ峠周辺では姿なし。

<今日も暑かった…>2016年5月20日
  
早朝は気温も低めですが、日中は日差し強く暑い。昼頃から少し風が吹いて心地良かったです。
  今日も雨ヶ峠の木漏れ日と心地良い風で動く気になれず…タップリ1時間ほど休憩してから低
  山域を下山しながら花探し…でも、降雨の影響でお目当ての花は落花していました。
 
 <イノシシ情報>午前中:風吹岩周辺に姿なし…、昼過ぎに一頭出没したようです。雨ヶ峠周
              辺には姿なし。


<初夏らしい暑さ…>2016年5月18日
  
月曜日の降雨量が少し多かったので昨日は山歩きを控え今日に延ばして…。でも今日は昨日よ
  りも吹く風が弱かったので暑くて…。新緑の木陰が心地良く、ゆっくり・のんびり〜。湧水箇
  所の水量が多めでぬかるみ発生=とりあえず排水路を作ったり…、結局、雨ヶ峠往復でした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺…どちらも姿見えず。

<連日の好天気で…>2016年5月13日
  
普段は連日の山歩きはしないですが、今日も五月晴れに誘われて山へ…。日差しが強くても、
  心地良い風が吹いて…結果、最高峰から有馬へ…。ハイカーの姿は少なめでした。
  
<イノシシ情報>高座の滝の上部の堰堤に成獣一頭出没、雨ヶ峠に成獣一頭出没。これからの
          時期、ハイカーに接近する可能性大=ご注意!


<新緑が鮮やかに…>2016年5月12日
  
連休明けから降雨が続き、ようやく今日は朝から快晴…。いつもより早めに山へ…風吹岩では
  爽やかな風でゆっくり休憩、最高峰でもあまりの心地良さに、ノンビリ休憩…。木々の新緑が
  見事なほどに鮮やか…、いつの間にやらザックに尺取虫が…、山麓が初夏らしくなっています。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で若い個体が一頭出没。雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<GW最終日…、明日から雨の予報…>2016年5月8日
 
 連休が続いたうえに明日から水曜日まで降雨となると、ますます山歩きが遠く…。少し運動不
  足気味なので今日はたまらず午後から山へ。午前中はハイカーの数が多くても、午後からなら
  ハイカーも少なめ。GW最終日は子供連れハイカーを風吹岩まででたくさん見かけました。
  
<イノシシ情報>復路の風吹岩:16時…若い個体が一頭出没。

<GW中は、やっぱり…>2016年4月30日
  
いつもならハイカーで賑わうGW中は六甲に行かないのですが、今日はあまりにも好天気で、
  いつもより早めに山へ…。高座の滝では次々とハイカーがやって来て大賑わい。メインコース
  を避けながら、それなり低山域を楽しんで来ました。
  
<イノシシ情報>高座谷でイノシシ成獣2頭出没。風吹岩〜雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<先週の予報よりも好転…>2016年4月25日
  
今週は天気が悪い予報でしたが、朝から晴れ…少し黄砂とPM2.5の影響あり。こんな日は低山
  域で春を求めてウロウロ…。花は次々と咲き始めていますが、虫たちの活動も活発。今日も顔
  の周りをコバエが飛び交い、うるさくてたまりませんでした。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺で若い個体が一頭出没。雨ヶ峠周辺では姿見えず。

<今日は蒸し暑くて…>2016年4月22日
  
朝から晴れですが、昨日の降雨の影響で湿度が高くて…。いつもなら降雨後の山歩きは避ける
  のですが、来週は天気が良くない予報で仕方なく…。歩くほどに汗タップリ…コバエが顔の周
  りをうるさく飛び交い…これからの時期は、こういう事例が増えそうです。
  風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺にイノシシの姿見えず…でした。


<寒くもなく暑くもなく…>2016年4月19日
  
昨日は予想よりも天気が悪くなりましたが、今日は朝から晴れ…。朝の風は少し冷たかったで
  すが、日中はそれほどでもなく心地良いぐらい。汗もすぐ乾き、山歩きにはベストでした。
  中央稜:第一鉄塔〜第二鉄塔間でイノシシ二頭出没…後ろから来るハイカーに注意喚起をしな
  がら、しばらく監視=約20分対応後、出発。風吹岩〜雨ヶ峠周辺では姿見えず。

  
今の時期「マルバアオダモ」の花が山腹を白く輝かせ、爽やかに感じます…。

<英語版登山マップ…>2016年4月16日
  
最近増えつつある外国人ハイカー向けに「芦屋から最高峰、最高峰から有馬」への登山ルート
  を国土地理院の承認を得て、公開することが出来ました。少しでも道迷いなど山事故が防げる
  ことに役立てればと思っています。

<春本番…>2016年4月15日
  
気温も吹く風もちょうど山歩きには最適…、日差しは強くて歩くほどに汗、でも心地よい風が
  すぐに汗を乾かしてくれました。コバノミツバツツジ、ヤマザクラなどもまだまだ花が楽しめ
  そうで、見た目にも華やか…山歩きが楽しめます。風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺にイノシシの姿見
  えず…でした。
魚屋道(七曲り〜有馬)先日の降雨で砂が流され、石が多く露出し歩き難くな
  っています=歩行注意!

<寒の戻り…>2016年4月11日
  
昨日までの暖かさはどこへやら、今日は気温も下がり山歩きにはベスト。午前中は上空に雲も
  ありましたが、午後からは青空…、ハイカーの姿は少なめ。汗を書いてもすぐ乾き、冷たい北
  風が心地良いほどでした。イノシシの姿は見えず。タムシバの白い花が表六甲の山腹を着飾っ
  ているように見え、今がちょうど見頃といえます。


<春らしくなって…>2016年4月6日
  
寒さも緩み気温上昇…明日は雨と風が強くなりそうな予報。荒れて…桜の花が散る前に山へ。
  今日から厚めの上シャツから夏用の薄めに交代…それでも、歩くほどに汗タップリ。山からの
  眺めは、まずまず…金剛山から生駒山も見えていました。春の花たちも揃って咲き始めて…。
  
風吹岩周辺に若い個体のイノシシ一頭出没…食べ物は絶対に与えないで下さい!

<山からの眺めはイマイチなれど…>2016年3月31日
  
3月最終日、降水確率は0%、ただ…PM2.5が”多い”予測で、朝から山並みはボンヤリ状態。
  今日は低山域で春を求めての山歩き。久しぶりに芦屋川右岸からゴロゴロ岳〜観音山〜阪急夙
  川駅まで。北山貯水池、夙川・苦楽園辺りの桜が見ごろを迎えていました。明日は雨の予報…
  週末から来週にかけて降水確率は高めで、山歩きはムリかも…?


<暑からず、寒からず…>2016年3月29日
  
朝から晴れ…PM2.5が”やや多い”予測で山からの眺めはイマイチ。春休みで子供連れハイカー、
  若者たち、中高年グループなどで風吹岩は大賑わい。吹く風は冷たくとも山歩きにはベスト。
  風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺にイノシシの姿見えず。最高峰〜有馬へ…有馬でも観光客の姿が多め
  で賑わっていました。

  
<英語版マップ>外国人ハイカーが増え、道迷い防止の為「芦屋〜有馬」へのマップを作成・
           公開しました。トップページからダウンロードしてご利用ください。


<春は足踏み…>2016年3月24日
  
予報では晴れ、降水確率0%、PM2.5”少ない”予測。北風が強く吹きそうでしたが、山へ…。
  晴れた空に雲が流れて来て、太陽は出たり隠れたりの一日でした。蛇谷北山から石の宝殿を経
  て最高峰へ…。最高峰付近では冷たい風が強く吹き、体感温度は厳しくて…冬再来のよう。
  でも、低山域では花が咲き始めてちょっぴり春めいて来ています。
  
<イノシシ情報>今日は、風吹岩周辺から雨ヶ峠周辺には姿見えず…でした。

<連休が明けて…>2016年3月22日
  
朝から雲ひとつない快晴…、吹く風弱く、日差しもあって歩くほどに汗…。風吹岩周辺でイノ
  シシが一頭、出没。山からの眺めは遠望が霞んで…でも、午後からは霞みも弱くなって来て少
  しマシに。連休明けは、いつも通り…ペットボトルなどが捨てられていました。ゴミ等は必ず
  持ち帰って頂きたいものです。


<明日から下り坂の予報、その前に…>2016年3月17日
  
一気に気温上昇…春らしくなって来ました。春を求めて山歩き…歩くほどに汗タップリ。ゴル
  フ場ゲートまでと、ゲートを越えてからの湧水ヵ所=ぬかるみ発生。風吹岩周辺でイノシシの
  親子二頭出没、雨ヶ峠周辺は姿見えず。最高峰まで残雪は無し(裏六甲側は行かず=不明)。


<お水取りが終わったのに…>2016年3月15日
  
昨日の雨が山上では降雪…、早朝、市内から見る最高峰付近は真っ白で早速山へ向かいました。
  さすが日中の気温上昇とともに融け始め昼過ぎにはシャーベット状…。裏六甲側ではコース上
  を融雪による水が流れて小さな川状態。着雪による倒木は根元が折れていたので切断処理。
  これから数日は”ぬかるみ”状態が続きそうです。


<ようやく空はスッキリ…>2016年3月11日
  
今週初めからPM2.5や降水確率が高くて山行きは辛抱…、今日は朝から晴れ、大気汚染も無く
  スッキリ。ヤマトモのリクエストで城山から荒地山へ…、初の岩梯子を経験して頂いた後は、
  ゆっくり・のんびり…その後、風吹岩から早めの下山でした。


<黄砂が飛来する前に…>2016年3月4日
  
明日から下り坂、6日辺りから9日まで黄砂が飛来する予測とPM2.5、降水確率も高めで山歩
  きには厳しそう…ということで、今日も山へ。PM2.5の影響もあって山からの眺めはイマイチ。
  出発時間がいつもより遅かったので低山域を歩き、前回、気になっていたところをロープで
  入り込まないようにしてから下山して来ました。


<日向と日陰…>2016年3月2日
  
3月最初の山歩き…朝から晴れ…日向と日陰の体感温度差は大きい一日でした。標高が上がる
  と、日陰の一部に少し残雪、裏六甲:魚屋道=日向では残雪が溶けて少しぬかるみ発生。
  表六甲:魚屋道=湧水ヵ所のぬかるみは一部を除き乾燥気味。風吹岩〜雨ヶ峠周辺=イノシシ
  の姿は見かけず…でした。


<今日も寒風が強くて…>2016年2月26日
  
2月終盤…最後の寒風かと思いながらの山歩き…。山からの眺めはPM2.5の影響でさっぱり…。
  湧水ヵ所の水はけが進み、ぬかるみも少しマシになりました。イノシシは風吹岩で若い個体が
  一頭出没。最高峰で一時雪が舞い始めましたが、すぐに止み…でも寒風は強かったです。
  
<コース情報>表・裏六甲:七曲り経由、魚屋道に残雪や凍結箇所は無し。

<東北からの寒風強く…>2016年2月24日
  
朝から晴れたり曇ったり…日差しがあると暖か、太陽が雲に隠れるとヒンヤリ。東北からの風
  が強くて冷たくて…。ぬかるみのひどい箇所に足場用のの板を数枚設置、少しでも水はけを良
  くしようと排水路も作ったり…。
  
<イノシシ情報>風吹岩周辺、雨ヶ峠周辺で出没しています=ザックを地面に置かないこと。

<雲ひとつ無い青空に…>2016年2月18日
  
昨日の午後も天気が悪かったですが、今日は快晴に恵まれた一日でした。風は冷たくても強く
  もなく、山歩きにはベスト。湧水ヵ所は相変わらずの水量で”ぬかるみ”多し。
  
<コース情報>表六甲:魚屋道・日陰に残雪、凍結無し。”ぬかるみ”=歩行注意。
         裏六甲:魚屋道・石畳を過ぎて最高峰の日陰部分は残雪多く、凍結気味。
                 湧水ヵ所の凍結無し。
                 射場山手前の北斜面の日陰部分=残雪・凍結気味。
         
残雪・凍結気味の箇所も週末の気温上昇で融けると思われます。

<戻り寒波、晴れのはずが…>2016年2月16日
  
予報では降水確率0%で、午前中は良かったけれど昼頃から降雪に見舞われ昼食後、下山…。
  風花が舞う状態からボタン雪のような降り方に…。山上ではまだまだ不安定な空模様です。七
  曲り入り口までのコース上に凍結ヵ所無し。湧水ヵ所に”ぬかるみ”発生中!


<寒風冷たく、日陰に残雪…>2016年2月10日
  
朝から晴れたり曇ったり…日向と日陰の体感温度差は大きい。裏六甲側は特に吹く風が冷たくて
  歩いていても身体が温まらない感じでした。
  
<コース情報>雨ヶ峠の先の北斜面=凍結無し。最高峰への坂=日陰に残雪・凍結気味。
         最高峰周辺=雪解けで”ぬかるみ”発生。
         有馬への魚屋道=石畳の途中から残雪。その先:湧水箇所は凍結無し。その先の
         日陰部分に残雪・圧雪による凍結気味。射場山手前の日陰部分=残雪・圧雪によ
         る凍結気味。
         
凍結気味ヵ所は、軽アイゼン装着すれば安心。無い場合は歩行注意!

<山には霜柱・残雪あり…>2016年2月8日
 
 朝からスッキリ晴れた空…吹く風は冷たくても日差しタップリ。標高が上がるにつれ日陰に霜柱、
  場所によっては残雪…いつの間にやら山上では降雪があったようです。
  
<コース情報>雨ヶ峠の先:北斜面に残雪あり=凍結無し。
         蛇谷北山:北斜面に残雪、圧雪による半凍結状態で下りは軽アイゼン装着が安心。
         魚屋道:七曲り=登ったハイカーに聞いた情報…残雪僅かで凍結無しとの事。
         裏六甲側は未確認!(日陰部分に残雪・凍結の可能性も??)

<暦の上では”立春”…>2016年2月4日
  
早朝は曇り空、だんだんと晴れて来て…山へ。日向は立春らしくても、吹く風は冷たくて…。今
  日は日差しの暖かさを味わいながら、ゆっくりペース。さすがに早春の花はまだまだ…、自然界
  は冬の装いのままです。風吹岩でイノシシ一頭が出没、雨ヶ峠周辺では姿無し。低山域を一回り
  して高座の滝へ戻って来ました。

<寒さも少し緩み…>2016年2月2日
  
2月最初の山行き…朝から晴れ、吹く風も弱く日向では暖かさも…。今日はPM2.5も少ないので
  山からの眺めはスッキリかと。とりあえず最高峰までの予定が、結局、有馬へ…。コース上の凍
  結ヵ所=全く無し。裏六甲側:魚屋道の補修工事が少し始まっています=歩行に制限無し。


<明日から雨の予報なので…>2016年1月28日
  
今日の日中は降水確率も0〜20%、夕方までは大丈夫と山へ。雨ヶ峠まで行って戻る予定が、
  峠に立てられていた”七曲りの通行止め告知板”が無かったので、通行可能になった…かと、
  急遽、確認のため七曲りコースを一軒茶屋へ行き、往路を戻って来ました。
  
<通行止め解除>七曲りコースの橋の補修工事が9割完成、通行可能になりました。

<降水確率0%のはずが…>2016年1月26日
  
朝から晴れ、予報でも降雨の心配が無い…でも、15時半頃から霙混じりが降り出し、下山後も
  市内で小雨…見事に外れた天気予報でした。最高峰まで行き、久しぶりに西お多福山を下り、風
  吹岩〜高座の滝へ戻って来ました。
★七曲りの通行止め=予定の29日まで行うようです。
  雨ヶ峠の先の北斜面=残雪・凍結無し。蛇谷北山の北斜面=未確認。表六甲側は残雪・凍結無し。


<一部に残雪…、明日から再び降雪の予報?>2016年1月22日
  
三日前の雪は日陰を除いてほとんど消えましたが、明日からの冷え込みで再び降雪? 
 
 <残雪情報>蛇谷北山の北斜面の急坂は残雪・凍結気味=軽アイゼン装着!
         紅葉谷:極楽茶屋跡から谷底までの下り=残雪・凍結気味
!軽アイゼン装着!
         最高峰への坂道=残雪わずか…凍結無し。


<猛烈寒波厳しく…>2016年1月19日
 
 昨夜からの寒波…六甲にも真冬をもたらしました。表六甲側でも日陰に少し積雪、標高が上がるに
  つれコース上にもうっすらと積雪でした。軽アイゼンなど必携!日陰・北斜面は歩行注意!
 
 <積雪情報>雨ヶ峠周辺=少し積雪あり。蛇谷北山から石の宝殿〜最高峰=積雪あり。
        裏六甲:魚屋道を経て有馬まで=前回よりもコース上に積雪あり。
  <凍結情報>いずれのコースも今後は凍結の可能性大!
        一軒茶屋から吉高神社跡から約30m=湧水箇所が完全凍結!歩行注意!

<今冬初の残雪…>2016年1月14日
  
昨日の午後に山上では積雪になったようで、日陰など一部に新雪の趣きでした。
  
<残雪凍結の可能性情報>雨ヶ峠から先の北斜面、七曲りの日陰部分、最高峰への登り坂の日陰、
              有馬への魚屋道の日陰・北側部分…に残雪、今日は未凍結でしたが…
              今夜の冷え込みで凍結の可能性!念のため、軽アイゼン持参のこと。

<降水確率30%なれど…>2016年1月12日
  
ようやく三連休が終わり、山に行きたくてウズウズ…。予報では降水確率が高く、朝の山並みを見
  て急遽、山へ。空を見上げながら今日も低山域を歩こうかと思いながら結局、降雨も無く、時折、
  日差しも出たりの空模様で…最高峰〜有馬へ。
  
<コース情報>本庄橋堰堤〜一軒茶屋への七曲りコース=老朽化した橋の補修工事です。
         
1月18日〜29日(予定)=通行止め! 
         
迂回路=本庄橋堰堤〜土樋割峠〜蛇谷北山〜石の宝殿〜一軒茶屋へ…下山は逆で。

<年初の山歩き…>2016年1月7日
  
年明けから天気は不安定…今日の降水確率20%で、少々雲の動きが気になりながらの初山歩き…。
  曇り時々晴れ…降雨の無いことを願いながら山へ。高座の滝の上空は雲に覆われ、でも風吹岩では
  青空に…。ハイカーの姿は少なめ、風吹岩周辺にイノシシ出没。今日は低山域をウロウロ…午後に
  は、一時的に小雨がパラパラ降り出し…結果、今日も不安定…しばらく不安定な空が続きそう。


<納めの山歩き…>2015年12月30日
  
朝から快晴…猛烈な寒さも収まり、風弱く…山歩きには最適のコンディション。日差しもあって、
  高座の滝に着くまでに少し汗…でも、すぐに乾いて…。ハイカーの姿は多め。横池が昨夜の冷え込
  みで今季初の凍結…日向は溶け始めていました。雨ヶ峠で親子イノシシ出没=母親がハイカーに接
  近するので、追い払いを繰り返しながら約1時間半対応…イノシシを追いやり、ハイカーの姿も無
  くなって来たので出発。結局、土樋割峠から東お多福山登山口バス停へ、バスで下山…。


<今日も天気は不安定…>2015年12月28日
  
降水確率20%、出発時は晴れ…高座の滝に着く頃、上空が雲に覆われ…。とりあえず風吹岩へ…
  岩の上で最高峰方面の空をチェックしながら休憩、今日は大丈夫と判断して出発。七曲りの途中で
  一時的な時雨…すぐに止み、最高峰へ。吹く風が冷たくて風花が少し舞うほど…、上空は雲、厳し
  冷え込みで早々に往路を下山…高座の滝へと戻りました。(最高峰13:00の気温:3℃)


<クリスマス登山…>2015年12月25日
  
雪ではなく小雨に降られたクリスマス…降水確率が20%で、予想はしていたけど。雨ヶ峠の手前で
  小雨が降り出し、峠で雨宿り休憩…ジッとしていると寒くて、結局、ここで引き返して来ました。
  風吹岩に戻る頃には最高峰方面に青空…。
  
<コース情報>●風吹岩周辺にイノシシ出没しています。
         ●風吹岩から雨ヶ峠=ぬかるみ箇所多数発生…足元汚れ・スリップ注意!

<昼前から晴れるはずが…>2015年12月16日
  
予報では昼頃から晴れて来る…ハズだったのに、山上では曇り空が続き、眺めもイマイチでした。
  今日は山歩き初心者の知人のリクエストで山へ…六甲ケーブル〜G・テラス〜最高峰〜高座の滝。
  最高峰付近では時々怪しい雲が流れて来たり…吹く風も冷たく、それほど汗もかかなかった。
  雨ヶ峠周辺から風吹岩周辺にイノシシの姿見えず…でした。

<今日も暖か…>2015年12月14日
  
今週後半は寒さが戻るとか…今日は朝から晴れて、歩くほどに暑さも…。親離れをしたイノシシの
  こどもが風吹岩周辺で、それぞれ一頭づつ出没…まだ人間を恐れる年齢なので、それほど近づきま
  せん。絶対に食べ物をやらないで下さい。今の時期に食べ物をもらう癖がつくと成長してからハイ
  カーを襲うことに繋がります。以前から気になっていた蛇谷北山コース上で邪魔になっていた倒木
  を持参の鋸で切断処置完了。

<小春日和…>2015年12月8日
  
風は少し冷たくとも日差し暖か…、今週は平年よりも2〜3℃高めのようで少しばかり季節外れ。
  樹木の落葉が少し止まったようで標高の低い所では紅葉が楽しめます。
  
<コース情報>本庄橋跡北側の堰堤の復旧工事が始まっています。東お多福山登山口〜土樋割峠〜
         本庄橋跡北側までの車道に工事用車両が通行! 規制は無いようですが歩行注意!


<寒風強く…>2015年12月4日
 
 日差しがあっても、西からの強い寒風が体感温度を下げて…。予報では昼から曇り、降水確率も
  30%で少し気になりながらも山へ。昼頃に少し霰がパラパラ…山は”冬入り”の気配です。
  
<コース情報>本庄橋堰堤北側〜土樋割峠の工事用車道=工事用車両が入り道路整備が行われま
         した。近いうちに堰堤周辺の復旧工事が始まりそうです。


<あっという間に師走…>2015年12月1日
  
初冬らしい空…晴れてはいるけど寒風強し。時に最高峰付近が雲に覆われたり…。今日も日向と
  日陰の体感温度差が異なり、少し汗ばんでもじっとしていると寒いぐらい。夕方に予定があった
  ので早めの下山予定で土樋割峠から東お多福山登山口バス停へ下山。
  
<コース情報>土樋割峠〜東お多福山登山口の間の工事用車道=崩落で通行止めでしたが、現在
         復旧工事中…9割方復旧、まもなく通行止め解除になりそうです。


<約一年ぶりに紅葉谷へ…>2015年11月27日
 
 昨年の紅葉谷の崩落チェック以来、応急復旧の迂回路をようやく確認して来ました。紅葉谷から
  有馬へ進むには急坂の炭屋道を登らなければならない=暑い時は避けて寒くなるのを待っていた
  訳です。極楽茶屋跡から崩落ヵ所の迂回路は階段状になって歩き易くなっています。ただ、コー
  ス上は…落ち葉や不揃いの石段など道荒れ状態。七曲滝へは立ち入り禁止ではないようですが、
  分岐の手前で迂回路へ誘導=今冬は進入しない方が賢明です。炭屋道の急坂も厳しい登りです!


<秋らしく…>2015年11月20日
 
 朝晩は涼しく、でも日中の日差し強く、吹く風が弱いので歩くほどに汗…。ハイカーの姿も少し
  多め。雨ヶ峠の手前で親子イノシシ登場…周辺を掘りまくり、餌を探して…。後ろから来るハイ
  カーたちに注意喚起をしながら監視、その後、ハイカーが来ないのを確認してから出発。土樋割
  峠で昼食後、雨ヶ峠へ戻りましたが姿見せずで、そのまま風吹岩〜高座の滝へ下山。
  
<紅葉情報>表六甲側の木々も紅葉・黄葉で鮮やか…でも、降雨の度に落葉も盛んになりそう。

<山歩き日和…>2015年11月12日
  
日差し弱く、吹く風もあって山歩きにはベストコンディション…。今日は中高生1100人、中高年、
  その他の団体さんもあって高座の滝から有馬へのメインルートは大賑わい。そんな訳で高座の滝
  からは時間を置いての出発でした。風吹岩で一頭イノシシ出没、雨ヶ峠周辺では出没無し。
  
<紅葉情報>表六甲側の山腹も一気に色づき。裏六甲側=紅葉・黄葉盛ん、落葉も始まる。

<紅葉が進んで…>2015年11月6日
  
今日は気温も湿度も高めで、歩くほどに汗タップリ…。ハイカーの姿も少し多め…。風吹岩周辺
  〜雨ヶ峠周辺でもイノシシの姿見えず…峠の手前付近の藪の中に気配あり。裏六甲側の紅葉が進
  んでいます。表六甲側は樹木と場所によります。
  
<紅葉情報>裏六甲:最高峰北斜面、魚屋道=見ごろ。瑞宝寺公園=見ごろ。表六甲=三〜四分。

<朝はヒンヤリ…、日中は…>2015年10月29日
  
日向と日陰の体感温度の差が大きく、汗もタップリ…。空気が少し乾燥気味で吹く風が爽やかな
  一日でした。今日も風吹岩〜雨ヶ峠にイノシシの姿無し、雨ヶ峠から本庄橋跡までの間にイノシ
  シの新しい掘り返し跡があり、周辺に居ることは確かなようです…ご注意!
  
<紅葉情報>樹木によって色づいて(黄葉・紅葉)いますが、全体としては”二分程度”です。

<秋らしく…>2015年10月26日
  
週明けと共に気温も下がり、少しずつ秋らしくなって来たようです。朝から快晴…市内から見る
  山並みもスッキリ。でも風吹岩〜最高峰からの眺望は遠くが霞んでいました。今日もイノシシの
  姿は見えず…。最高峰付近=日差しがあると暖かく…吹く風は少し冷たい状態です。登り始めは
  薄着で、標高が上がると寒さを感じますので着込むようにしましょう。


<日向と日陰=体感温度に差…>2015年10月23日
 
 昨日よりも山はスッキリ…今日も歩くほどに汗・汗。湿度も少しあったせいか、乾き難くて…。
  例のイノシシ=風吹岩周辺〜雨ヶ峠周辺でも姿見えずでした。峠で30分ほど待機をしましたが
  気配なく、身体も冷えて来たので出発。東お多福山〜登山口バス停へ…バスで下山して来ました。


<秋空なれど…>2015年10月19日
  
今日も日差し強く、汗タップリ…。イノシシ=風吹岩周辺で見当たらず、雨ヶ峠で出没…どうや
  ら、雨ヶ峠周辺に居ついたかも知れません。今日もハイカーのイノシシ被害を防ぐため、峠で監
  視と追い払い…昼12時から約2時間半ほど。ハイカーの姿も減り、イノシシ親子も姿を隠した
  ので下山することに…、途中、登って来るハイカーたちに念のための注意喚起も…。朝晩の気温
  差が広がり、木々も色づき始めるようになりました。

<今日も秋空…>2015年10月15日
  
明日よりも今日の方が天気が良いという予報で中一日だけど山へ…。歩くほどに汗…でも、爽や
  風のお陰で山歩きにはベターな一日でした。雨ヶ峠にイノシシの姿無し=念のため、休憩中のハ
  イカーに注意喚起をして出発。蛇谷北山〜石の宝殿へ、その後、最高峰から六甲ケーブル山上駅
  〜ケーブルで下山。
  
<一軒茶屋前のトイレ>修理が終えたようで使えるようになっていました。

<連休明けは、快晴…>2015年10月13日
  
朝の気温は下がっても、日中の日差しは強く、歩くほどに汗…。でも、心地良い風が吹いてくれ
  たので、それなりののコンディション。雨ヶ峠では今日も親子イノシシ出没…母親はいつもの如
  く、ハイカーのザック狙い=約1時間ほど監視と注意喚起と追い払いでした。


<久しぶりに最高峰〜有馬へ…>2015年10月8日
 
 気温は下がったけど、日差しがあると汗タップリ。今日は山で知り合った単独さん二人からの依
  頼で一緒に…、駅近くで単独さん同士を紹介してから出発。風もそこそこ吹いていましたが、風
  吹岩までで汗・汗。その後、雨ヶ峠へ…、今日も峠には例の親子イノシシ出没。経験者の単独さ
  んお二人は仲良くなったようでここでお別れ。こちらはイノシシ対策でしばらく監視を兼ねて休
  憩。登ってくるハイカーに注意喚起をしながら1時間半。ハイカーの姿も無くなり出発…七曲り
  〜最高峰を経て〜有馬へ…。
  
<トイレ情報>一軒茶屋前の水洗トイレが故障中で使用禁止=東側仮設トイレを利用のこと。

<10月初の山歩き…>2015年10月5日
  
今週は秋らしい日が続きそう…今日は運動会の代休で子供たちの姿も多めでした。昼までは日差
  しもあったけど、いつの間にやら薄雲に覆われて…。風吹岩に出没していると思ったイノシシ…
  雨ヶ峠で出没。いつものようにハイカーに近づこうとすると追い払い等で1時間ほど監視。ハイ
  カーも減ったので土樋割峠〜東お多福山登山口バス停へ進み、バスで下山して来ました。

<9月の最終日、今日も秋晴れ…>2015年9月30日
  
予報通りの空模様…秋の雲が多め、時に日差しも。風吹岩では心地良い風も吹き、爽やか過ぎて
  タップリ休憩…。雨ヶ峠の手前で例の親子イノシシと遭遇…、その後、予想通りに雨ヶ峠にやっ
  て来たので、監視。ハイカーに近づくと追いかけて追い払いを繰り返し、結局、ハイカーが減る
  まで1時間ほど監視を続け…大丈夫と判断後、下山して来ました。

<最後の残暑??>2015年9月28日
  
予報では晴れ、気温が28℃になるとか…、少し迷いながらも山へ。先週は連休と明けの雨天で
  今日は久しぶりの山歩きでもあり、暑さで少々バテ気味。風も弱くてなかなか足を伸ばせずでした。
  風吹岩で悪さをするイノシシ登場=一喝すると藪の中へ…完璧にこちらの顔を覚えています。
  
<スズメバチ情報>城山〜鷹尾山周辺コース上で飛び回っていると…複数のハイカー情報です!

<蒸し暑くて…>2015年9月18日
  
昨日の雨の影響もあって、蒸し暑さが一段と…。明日から連休、ハイカーも増えそう…今日は
  ハイカーの姿も少なめでした。晴れたと思うと雲が流れて来てスッキリしない一日でした。
  コース上=ほとんどが降雨による土砂の流失でえぐれて、歩き難くなっています=歩行注意!
  
<住吉道情報>左岸:西お多福山分岐付近=山腹からの倒木一ヶ所、倒木による小崩落一ヶ所。
        現状:歩行に障害はありませんが、今後の降雨によっては倒木・崩落の可能性大!


<秋の気配でシーズン・イン…>2015年9月14日
  
ここ数日、暑さも和らぎ、朝晩も少し涼しげ…二ヵ月半ぶりに山歩きを再開。今日は早めの出発、
  日陰と日向の体感温度に差…、日向ではまだまだ日差しは強く、それなりに汗タップリでした。
  
<通行止め情報>東お多福山登山口〜土樋割峠間の工事用車道で落石・崩落による通行止め。
          全く通れないのではなく、通行可能ですが復旧工事が始まると無理。

<オフ返上!裏六甲:魚屋道をチェック…>2015年7月20日
  
台風11号の影響で昨年の崩落地点が気になって、今日は早めに出発して被害状況を確認して
  来ました。裏六甲側:魚屋道の崩落地点=今回は再崩落など無かったようです。コース上は、
  雨で土砂が流されて一部地面がえぐられている所も。石ころが多く露出して歩き難い状況で
  す。歩行注意! 倒木・落石の跡はありませんでした。


<台風11号の影響チェックで高座の滝へ…>7月18日
  
昨年の台風と同じように強雨が降り…、高座の滝までの山腹で一ヶ所崩落を確認しました。
  未確認ですが…一軒茶屋から有馬への魚屋道の崩落ヵ所が再崩落しているかも知れません。
  また、降雨後は崩落・落石も起こり易いので谷筋・急な山腹沿いを歩かれる場合はご注意を…!

  
今日の芦屋川から高座の滝までの詳しい情報=ブログ「遠雷庵日記」で…

<芦有ドライブウェイ復旧再開が決まる…>2015年7月3日
 
 昨年8月の台風による大規模な崩落で通行止めになっていた有馬〜宝殿橋間の復旧工事が順調に
  進み、今夏の7月17日午後2時に開通することになりました。当初は9月頃の予定でした。
  阪急バスも道路復旧開通に伴い有馬〜芦屋間の路線が再開されると思われます(現時点未発表)。

<今日でオフ入り…>2015年6がつ29日
  
今日は珍しくもオフ入りに相応しい空になり、青空に白い雲が所々に浮き、PM2.5の影響も無く
  眺望もスッキリ…。暑かったですが時折心地良い風が吹いてくれて、暑さと戦いながらゆっくり
  ペースで最高峰へ。下山は六甲Gテラスを経由して、六甲ケーブルを利用。イノシシの姿無し、
  ウリ坊連れの場合は、出没範囲が読めません。常に注意が必要です。


<今日も蒸し暑くて…>2015年6月22日
  
早朝、市内から見る最高峰は雲の中…、ケーブルで手抜き登山をするつもりでしたが最高峰方面
  の空が不安定な感じで中止。高座の滝から風吹岩へ…、暑い!滝に着くまでに汗がタップリ。
  滝で休憩をした後、風吹岩へ。今日も風吹岩でゆっくり休憩…久しぶりに例のイノシシがウリ坊
  一頭を連れて登場。やはり出産で姿を隠していたけど、成長したので子連れで出没。すぐに追い
  払いましたが、再び注意が必要です。

<雲多く…午後から?>2015年6月17日
  
天気予報では終日曇り空で午後に雨が…とか、迷いながらも空を見ながら山へ…。蒸し暑いので
  今回はバスを利用しての手抜き登山。歩けば汗びっしょり、土樋割峠から風吹岩〜高座の滝へ…。
  時折吹く風が汗を乾かしてくれました。雨は、雨ヶ峠付近で雨がパラパラ…程度でした。


<梅雨の中休み…>2015年6月15日
  
スッキリしない天気が続き、十日ぶりの山歩き。先週末からは黄砂とPM2.5、今日はPM2.5の影響
  で最高峰方面はボンヤリ。蒸し暑さ厳しく、でも少し風があって良かった。風吹岩で水分500ml
  消費…、残りを考え結局、ムリをせずに風吹岩周辺を歩いてから下山。暑かったァ〜。


<梅雨入りの翌日は快晴…>2015年6月4日
 
 昨日、近畿地方も梅雨に…でも、今日は朝から快晴、爽やかな風も吹いて山歩き日和。明日から
  曇り空が続きそうで急遽、山へ…。歩けば汗、でも休憩をすると汗もすぐに乾くほど爽やか。最
  最高峰からの眺めは大阪湾一帯がスッキリ…風も心地良く、最高の一日になりました。

<6月最初の山歩き…>2015年6月1日
  
今日も暑くなる予報でしたが今週は下り坂ということもあって、山へ向かいました。日差し強く
  暑さも厳しかったですが、山中に入ると心地良い風も吹いて爽やかさも…。高座の滝の上部で親
  子イノシシ二頭、常連さんに任せて中央稜へ。風吹岩手前で、例のイノシシ登場…今日は風吹岩
  周辺でハイカー狙いの様子。後から来るハイカーに注意喚起をしてから出発…最高峰〜有馬へ。


<五月最後の山歩き…>2015年5月29日
  
予報では蒸し暑い…との事で行かないつもりでしたが、朝から曇りで日差し弱く、急遽、山に行
  こうと。いつもより1持間遅くの出発。歩き出すと日差しが出て結果、暑くて…。山中では次第
  に心地良い風もあったりで、そこそこ楽しめました。下山後の市内の方がとても蒸し暑かった…。

<暑くてバテ気味…>2015年5月26日
  
朝から晴れ…日差し強く、暑くて暑くて。高座の滝でタップリ休憩、その後、風吹岩へ…例のイ
  ノシシが出没。いつものように追い払い、しばらく様子見…どうやら中央稜を下山して行ったよ
  うです。今回は暑さ厳しく最高峰方面は諦めて、周辺を歩き、再び風吹岩に戻りゆっくり休憩し、
  高座の滝へ下山。今年は例年より早くオフシーズン入りが近づいて来たようです。


<13日ぶりの山歩き…>2015年5月21日
  
風邪の治りが遅く、ようやく9割がた治ったようで、久しぶりに山へ…。山はすっかり若葉に覆
  われ初夏の装い…森林浴にはピッタリの季節です。朝から青空、爽やかな気候で吹く風も心地良
  く、山歩きにはベスト。今日も雨ヶ峠でイノシシ対応…その後、最高峰〜有馬まで歩きました。


<GWも過ぎて…>2015年5月8日
  
山麓に静けさと初夏の陽気が到来…。10日ぶりの山歩き…いつもより早めの出発、でも暑さに
  変わりなし。空気が乾いているので汗もすぐに乾き、吹く風は爽やかでした。毛虫の類は徐々に
  増えつつあります。雨ヶ峠に着くとイノシシ出没…昼前から14時まで監視と追い払い=カップ
  ルの男性がザックを取られたのですぐに取り返しましたが…愛用のストック折れちゃいました。

<GW前に4月最後の…>2015年4月28日
  
GWの六甲はとても多くのハイカーで賑わいますので、その前に…という訳で山へ。暑くて歩く
  ほどに汗びっしょり…でも、休んでいると爽やかな風が吹き汗もスッキリ。山からの眺めはPM2.5
  の影響でスッキリせず。イノシシが第一鉄塔付近に出没…今日は昼前から午後まで滞在しハイカ
  ーを狙っていました。悪さをするこのイノシシのテリトリーはロックガーデンから風吹岩〜雨ヶ
  峠まで…、ご注意を!!

<爽やかな快晴で…>2015年4月23日
  
歩くと汗が出ますが、乾燥気味で風も心地良くて日差しが気にならないほどでした。今日は小学
  生の遠足があったりで山も賑やかでした。雨ヶ峠で親子イノシシ出没…昼頃にザックを取られた
  事例と、午後:取られそうになった物を取られまいとして左人差し指を噛まれた事例が発生。
  犯行を重ねた母親イノシシは風吹岩周辺にも出没するのと同じ個体です。ご注意!


<晴れなれど、PM2.5多くて…>2015年4月16日
  
朝から空は晴れ、でも山並みはすっぽり隠れて…PM2.5が多い予測で山からの眺めはイマイチでし
  た。日差しはあっても木陰では吹く風が心地良く、じっとしていると少し寒いぐらい。雨ヶ峠ま
  で進み、住吉道を下山。山桜が満開状態…次の雨で散り始めるかも。
  昨日の雨でコース上の湧水ヵ所では”ぬかるみ”がひどくなっています=足元注意!

<晴れのはずが…>2015年4月9日
  
不安定な天気が続いていますが、昨夜と今朝の予報では晴れ…降水確率も低く、期待して山へ…。
  しかし青空は、つかの間…上空の雲がどんよりでイマイチ、スッキリせずの一日でした。コバノ
  ミツバツツジは徐々に標高を上げつつ蕾から開花へ状態。ハイカーの姿少なめ…風吹岩にイノシ
  シ一頭が出没、子別れした母親です…ご注意を!(食べ物を与えてはアカン!)

<雨の前、貴重な快晴…>2015年4月2日
  
四月に入ってしばらくは下り坂の予報でしたが、今日は貴重な晴れ日。この晴れを逃すわけに
  は…と、春を求めて山に向かいました。今日も子供連れハイカー多く風吹岩は賑わっていました。
  幸い、イノシシの姿見えず…で良かったです。吹く風が心地良いぐらいのコンディション。土樋
  割峠往復…ゆっくりペースで春探し…花々が咲き揃い始めています。


<春らしくなり…>2015年3月31日
  
気温も上がり、芦屋川の桜も満開…ロックガーデンのコバノミツバツツジも開花して、山麓にも
  春が到来。今日も春休み中ということで家族連れハイカーで賑わっていました。春を求めて低山
  域を歩き…荒地山〜左俣を下り、城山尾根〜高座の滝へ。吹く風が心地よく、山歩きにはベスト。


<天気快晴、風は冷たく…>2015年3月26日
  
今日は朝から快晴…風は少し冷たいですが、山歩きにはベストコンディション。春を求めて山へ。
  春休みに入って子供連れや学生のグループなどで賑わっています。メインコースを避けて一軒茶
  屋、有馬にも別ルートから下山…ハイカーの姿無く、静かな山歩きが楽しめました。


<黄砂が去って…>2015年3月23日
  
昨日まで黄砂が山をボンヤリさせていましたが、今日はマシに…。芦屋川の桜が開花…山中でも
  暖かくなると思いきや”北風と太陽”状態で日差しが出ると暖かく、雲に隠れると冷たい風でし
  た。最高峰付近の樹木がバッサリ…眺めは良くなりましたが、伐採の意味がわからず…。風を遮
  る低木も全てバッサリ…で、少々怒りを覚えたほどです。


<4月中頃の陽気…>2015年3月17日
  
早朝から山並みは濃霧とPM2.5の影響で姿無し。山に行く準備をしていたのでいつもより1時間遅
  れの出発でした。段々と山並みも姿を現しましたが、気温は上昇…歩くほどに汗タップリ。ハイ
  カーの姿は多め…幼稚園児の遠足もあったりで風吹岩は賑わっていました。出るのが遅かったので
  今日は低山域を歩き、保久良梅林と岡本梅林公園の開花状況のチェックへ…。
  
★保久良梅林=8割開花で見ごろを迎えています。岡本梅林公園=終盤が近づいています。

<戻り寒波の中、春を探しに…>2015年3月12日
  
三月半ばになっても寒さが厳しくて、今日も冷たい西風が強かったです。例年、今頃に六甲で春
  の到来を感じさせてくれる花を求めて山へ。日がよく当たる高い所に「マンサク」が開花してい
  るのを確認、少しだけ咲き始めている「アセビ」の開花も確認しました。今日は土樋割峠までの
  往復歩きでした。
   
ぬかるみ情報=ゴルフ場付近の湧水ヵ所、雨ヶ峠から先の分岐までのコース上…足元注意!

<また今日も天気は不安定…>2015年3月5日
  
曇り時々晴れ…山中では一時パラパラでした。雲の流れは速く、日差しが出たと思うと雲に隠れ
  たり…その都度、体感温度に変化。裏六甲側に入るとツララや霜柱も…、裏六甲に春が来るのは
  遅れているようです。コース上の”ぬかるみ”は、全く解消していません…足元注意!

<今日も天気は不安定…>2015年3月2日
  
3月最初の山歩き…予報では晴れるはずが、高座の滝で小雨、その後は晴れたと思ったらみぞれ
  混じりの小雨やら、青空やら…二転三転の空でした。昨日の雨の影響で風吹岩以降のコース上は
  ”ぬかるみ”がひどくて足元が汚れっぱなし。明日から下り坂の予報…当分は汚れる覚悟が必要。

<2月最後の…>2015年2月27日
  
朝から晴れ…午後は曇る程度と思っていましたが、最高峰付近で雪が舞って、地面も白く…。
  2月最後の山歩きで、今冬最後の降雪に遭遇できたのかもしれません。有馬への魚屋道下り=吉
  高神社を過ぎた所…台風で荒れ道、歩き難くなっていましたが、整備されて道荒れ状態が解消し
  ました。崩落地点も早く復旧されることを願っています。


<予想外の天気…>2015年2月20日
  
今日の予報は降水確率10%以下で昼頃から晴れる…しかし、朝のうちは青空だったのに、その
  後は曇り空で太陽も雲に隠れ、吹く風は冷たく…予想外でした。ゆっくりペースで風吹岩〜土樋
  割峠〜東お多福山〜風吹岩へ。横池周辺で親子イノシシ3頭出没、中高年の団体さんを狙ってい
  たので追い払い。その後、雨ヶ峠で後からやって来たカップルに聞くと、ザックに飛び付かれた
  とのこと。一時、悪さをしていたイノシシと同じ個体です…ご注意を!
  コース上=”ぬかるみ”発生中!雨ヶ峠の手前の坂は滑り易いので足元注意!


<予想外の良い天気…>2015年2月16日
  
昨日の天気予報で今日はそれほど期待していなかったのですが、今日は朝から晴れ…降水確率も
  10〜20%,PM2.5も”少ない”予測…、急遽、山に行くことに。出かける頃は少しヒンヤリ…でも、
  山に入ると空は青空、太陽が心地よくて3月中頃のようでした。最高峰でも青空、風弱く心地良
  かったです。ただ、湧水ヵ所の一部、一軒茶屋前・最高峰付近に”ぬかるみ”あり…。

<天気は安定…吹く風は冷たくて…>2015年2月10日
  
今日はPM2.5が午後から”多い”予測…でも朝から雲の間から青空もあり、山へ向かうことに…。
  冷たい西風が吹いていましたが、歩くほどに心地よく。ハイカーの姿少なく、静かな山歩き…雨ヶ
  峠の先の分岐から住吉道へ…五助堰堤〜打越山〜風吹岩への低山域歩きでした。
  
<凍結情報>湧水ヵ所の地面が凍っています=足元注意! 雨ヶ峠付近までに残雪無し。

<晴れのち、雲行き怪しく…>2015年2月6日
  
朝から山並みはスッキリ…青空もあって急遽、山へ行くことに…。今日は土樋割峠から蛇谷北山
  〜石の宝殿のコースチェック。下山は魚屋道を有馬へ…途中、有馬稲荷神社への近道チェックへ
  …久しぶりの近道=少し道荒れ気味…足元に注意が必要、残雪など無し。
  
<残雪・凍結情報>土樋割峠〜蛇谷北山=蛇谷北山手前から残雪・圧雪による凍結気味。 
            蛇谷北山〜石の宝殿=残雪多く凍結気味、特に北斜面は軽アイゼン必要。
            一軒茶屋〜魚屋道:有馬=前回同様、下り始め残雪多く、少し凍結気味。

<雲多く、晴れ間はつかの間…>2015年2月3日
  
でも雨も雪も舞うことなく冬らしい山歩き。吹く風は冷たく最高峰では指先が凍えるほど…、
  山上からの遠望もそこそこスッキリでした。”ぬかるみ”は湧水ヵ所と融雪ヵ所に発生中。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠の先の北斜面の坂=凍結気味で不安な方は計アイゼン装着が安心。
           七曲り=日陰に残雪あり、標高が上がるにつれ残雪多く、一部が凍結気味。
           最高峰=一軒茶屋からの坂は残雪多く、圧雪により凍結気味。
           魚屋道=下り始めは残雪多く凍結気味、射場山手前まで、日陰に残雪あり。
   
★軽アイゼン必携!下りは装着が安心。凍結のない所では外して山肌を傷つけないように!

<良い天気のはずが…>2015年1月28日
  
最高峰付近では雪が降り出し、気温も零下2℃…吹く風は冷たく凍えそうな寒さ、積雪はあり
  ませんが地面にうっすら白化粧。最高峰付近から市内を見ると晴れ、山上だけが急な天気変化
  でした。下山は久しぶりに油コブシからケーブル下駅へ…油コブシコースは、少し荒れ気味=
  下山時は足元注意!


<スッキリしない空模様…>2015年1月20日
  
予報では午前中:曇り、午後から晴れ…。でも、晴れ間は一時的で、小さな霰もパラパラ降っ
  たり…、空は時折黒雲が流れてスッキリせず…でした。”ぬかるみ”もあり、足元注意が必要。
  森林管理道の崩落地点を再チェック…降雨があると、土砂崩れが起きているようです…注意!


<午後は晴れのハズが…>2015年1月13日
  
朝から曇り…予報では午後には晴れ…しかし、今日も天気は不安定で曇り空中心。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠の先の下り坂=丸太が凍結気味…地面は大丈夫。
            七曲り〜一軒茶屋=日陰部分に残雪、歩行圧雪で一部凍結気味。
            一軒茶屋〜最高峰=残雪・歩行圧雪で凍結気味…下り注意!
            一軒茶屋:魚屋道〜射場山=日陰残雪多し・一部凍結気味…歩行注意!
  
<大崩落発生!>炭屋道分岐〜ロープウェイ駅=12月下旬以降?大崩落発生で通行禁止!

<初山歩き…しかし、天気は不安定…>2015年1月9日
  
ここのところ、天気が不安定で初歩きに行きそびれ…。今日は降水確率も20〜30%、山
  では少し降られるかと思いつつ…、朝、市内から見る最高峰がスッキリ見えていたので出発。
  凍結ヵ所はなかったですが、標高の低い所の日陰に残雪、標高の高い所では日陰以外でも残雪、
  裏六甲側は残雪タップリ…でした。最高峰付近では細かい雪が舞っている状態。コース上は
  ”ぬかるみ”があちらこちらにあって、足元が汚れます。三宮に戻ると小雨、芦屋でも小雨。
  今日は天気に恵まれず…でした。

<今年最後の山歩き…>2014年12月30日
  
納めの山歩き…でも朝からPM2.5の影響でスッキリせず。早朝、小雨も少し降ったようでした。
  そんな訳で、いつもより1時間遅くの出発…、ハイカーの姿はそこそこ。土樋割峠までのコ
  ース上の所々に”ぬかるみ”発生…足元が滑りやすくなっています。今日は土樋割峠で昼食
  後、高座の滝へ戻って来ました。年始頃の寒気で湿った地面が凍結の可能性あり!


<晴れたり曇ったり…>2014年12月26日
 
 朝から晴れてスッキリ…でも、風冷たく、雨ヶ峠の先で霰が降り出し、ここで折り返すこと
  にして下山へ…。横池の凍結も三分の一ほど、雨ヶ峠付近までは凍結箇所無し。ハイカーも
  少なめ…、イノシシの姿も見えず…でした。


<今日も寒波、西風強く冷たくて…>2014年12月22日
  
吹く風強く、体感的には厳しい寒さ…、でも天気が良かったので急遽、遅めの出発。ハイカ
  ーの姿は少なめ、イノシシの姿も無し。冷え込んでいると思ったけど横池の凍結は一部だけ。
  コース上、霜柱はあちこちに出現、凍結箇所は吉高神社を過ぎた所だけ…その凍結も前回よ
  りも少なくなっていました。自然の営みは人間が思うほど簡単ではないようです。


<雪景色だと思ったけれど…>2014年12月19日
  
早朝、市内から見ると最高峰は白く…残雪だと思い、山に登るとほとんど雪は無く、樹氷だ
  ったようです。樹氷は解けて落下するのが早いです。また、日陰の一部に少しだけの残雪。
  
<凍結箇所情報>前回と同じ裏六甲側:吉高神社を過ぎた湧水箇所が約30m完全凍結。それ
          以外は残雪・凍結の影響無しでした。雨ヶ峠の先の下り坂も凍結無し。

<先週末から寒波の連続…>2014年12月15日
  
空模様もスッキリせず、今日も朝からイマイチ。寒さゆえかハイカーの姿も少なめ…、横池
  では、今シーズン初の水辺の一部凍結。霜柱は標高500mを過ぎると出現…夜の寒さが厳しい
  ようです。
  
<凍結箇所情報>一軒茶屋から有馬への魚屋道:吉高神社を過ぎた湧水の所、約30m凍結。

<寒波も緩み…>2014年12月10日
  
今日は少し気温も上がって、心地よい山歩きでした。久しぶりに芦屋川西岸(右岸)を起点に
  低山域を一回りして高座の滝へ。16時頃には日暮れが始まりました=早目の下山を…!
  
<東お多福山登山口〜土費割峠〜本庄橋跡北側への工事用車道>
   大型ダンプが数台並んで走行=現在工事用車両が優先、歩行には十分ご注意願います!
  
<今日も雨ヶ峠でイノシシにザック奪われたようです>
   14時頃、散乱したザックなど発見、持ち主を特定出来る物無し→まとめて東屋に置いて
   行こうとした所へ通報を受けた機動隊の警察官3が到着…事情説明・引き継いでから出発。


<師走の月に入り、寒風強く…>2014年12月3日
  
昨日からの寒波、今日は少しマシでしたが、それでも…山は冬の季節入り。吹く風冷たく、
  一軒茶屋辺りでは指先がかじかむほど。標高800mを超えると日陰に霜柱が登場。これから
  の山歩きに防寒・防風対策をお忘れなく!

<山は秋から初冬へ…>2014年11月27日
  
標高の低い山腹は今が見ごろ…標高が上がると落葉盛んの様子で、そろそろ山は冬支度。
  有馬:瑞宝寺公園の紅葉は終わりを迎えました。錦秋の六甲を楽しむなら低山域がお勧め。
  さくらやまなみバス(有馬16:31発)…甲山を過ぎた辺りから交通渋滞でノロノロ運転に。

<秋深し…>2014年11月19日
  
山麓では風は弱かったですが、一軒茶屋付近では冷たい風が吹き、体感的には初冬モード。
  紅葉状況:8〜9割、今週末は気温が上がりそうなので落葉はもう少し持ちこたえるかも。
  
<紅葉谷の崩落状況>
   極楽茶屋跡から川床まで…一部小崩落や土砂流失で荒れ道状態。落ち葉多く滑り易い。
   百間滝分岐〜白石谷出合=中規模な路肩崩落:寸断×1、大規模な路肩崩落:寸断×1.
   白石谷出合〜湯槽谷分岐=二ヵ所山腹からの大規模崩落:寸断
   ★紅葉谷は現在通行禁止!自己責任、万一の場合に救助要請しない覚悟が必要★

<吹く風は冷たく…>2014年11月14日
  
なんだか晩秋を思わせるほど…吹く風が冷たかった。でも、日差しの中、歩くとと汗も出て、
  休むと身体が冷えて来る…といった具合。今日は久しぶりに東六甲縦走路を宝塚へ…台風11
  号による崩落被害チェック。
  
<東六甲縦走路の崩落状況>
   水無山〜舟坂峠の間、一箇所だけ中規模路肩崩落あり=約10m寸断…迂回路あり。


<汗も、ヒンヤリ感も…>2014年11月11日
  
今朝もヒンヤリ…歩くほどに汗…。日向と日陰の体感温度に差がありました。山からの眺め
  は今日も靄が掛かってイマイチ。
  
<舟坂谷〜川上の滝〜舟坂橋までの崩落状況>
   増水による川沿いの崩落・道荒れ状態で寸断箇所多し…通行止めになっていませんが経験
   者以外は進入禁止!(ハイカー少なく山事故に対応不可)

<今日も秋色探し…>2014年11月7日
  
朝はヒンヤリ、北風もあって快適…。ただ靄が掛かっていて山からの眺めはイマイチ。秋色
  を探し…と、筆屋道の崩落チェック、瑞宝寺公園の紅葉チェックを兼ねての山歩きでした。
  筆屋道は予想外の場所で大きな崩落があって少々驚きました。
  
<魚屋道の分岐から筆屋道〜有馬瑞宝寺公園までの崩落状況>
   大規模な崩落が3箇所=立ち入り禁止のテープがあり=初心者は不可! 経験者であって
   も行くのなら自己責任、万一のことがあっても救助要請をしない覚悟で…。

  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>7〜8割紅葉しています。

<少しずつ秋の気配…>2014年11月4日
  
ひんやりとした朝、空も秋らしさ…。今日は秋色探しと崩落跡探しの山歩き。ハイカーの姿
  も多め…イノシシの姿は見えませんでしたが、常に注意が必要です! 有馬からの帰途”さ
  くらやまなみバス”が満員に近い状態でした。有馬側から紅葉谷(通行止め)の崩落箇所を少
  しだけチェックして来ました=大きな崩落が白石谷分岐までの間に2箇所確認…。

<秋晴れ、木々も少しずつ秋色に…>2014年10月28日
  
昨日は雲が掛かっていた最高峰も、今日はスッキリ。朝の気温も低めで山歩きには最適…。
  表六甲側の色づきは未だですが、裏六甲側は木によっては紅葉が始まっています。
  
<8月:台風11号の被害チェック>
  ロープウェイ有馬温泉駅〜湯槽谷方面への工事用車道…炭屋道分岐付近の間=数箇所で山腹
  からの崩落あり。炭屋道分岐〜湯槽谷への工事用車道は大きく寸断されています。

<朝から快晴…>2014年10月24日
  
しばらく続く秋晴れ…朝は気温も低めでしたが、日中は汗ばむほど。高座の滝には高校生の
  団体や社会人の団体さん等で賑やか…。風吹岩ではイノシシも数組が出没していました。
  今日は台風11号の被害の未チェック箇所を歩いて来ました。
  
<本庄橋跡手前からの森林管理道…崩落で寸断(1ヶ所)あり、そこ以外も崩落多く注意!>

<台風が去って秋晴れ続き…>2014年10月16日
  
朝晩は涼しく、日中の日差しは暑く、日陰に入るとホッと…。台風19号の影響をチェックし
  ながら山歩き。強風による小枝の散乱があちこちに見られました。倒木=ゴルフ場付近〜本
  庄橋跡までのコース上に…枯れた低木が2箇所=道具が無くても何とか取り除けました。そ
  の他は湧水による”ぬかるみ”が発生しているぐらい。(七曲り〜最高峰方面等は不明)

<台風19号が去って…>2014年10月14日
 
 昨夜、芦屋市内ではそれなりに風雨が強かったので、その影響が気になり、今日午前11時頃、
  芦屋川〜高座の滝までチェックに…。川の水量は普段より少し多い程度、高座の滝までの道
  路に小枝の散乱は無く、高座の滝の水量も少し多い程度でした。今回の台風の影響は少ない
  と思われますが、地盤の緩みによる落石・倒木ににご注意を!

<秋晴れ、でも気温高くて…>2014年10月10日
  
早朝、最高峰付近はうっすら雲が掛かっていましたが次第に取れて…。次の台風が来る前に
  花を求めて山へ。風吹岩に着くまでに汗びっしょり…雨ヶ峠〜土樋割峠まで進み、東お多福
  山登山口からバスで下山。雨ヶ峠の手前でイノシシ一頭が出没…ご注意を!


<台風一過…>2014年10月7日
  
台風18号が東に去り、今日は朝から秋晴れ…。気温の予測も24度…ということでしたが、
  日差しは強く、日向と日陰の体感温度に差が大きかったです。山中の被害チェックを兼ねて
  の山歩き…蛇谷北山〜石の宝殿コースをチェック=小枝が散乱している程度で問題なし。一
  軒茶屋から魚屋道〜有馬=8月の台風被害箇所に変化なし…でした。


<台風18号が去り…>2014年10月6日
  
早朝5時頃、風雨が一番強く…山への影響が気になり、午前11時ごろに芦屋川〜高座の滝
  までチェックに…。川の水量はいつもと変わらず、高座の滝への山道は小枝が散乱している
  程度、滝の水量もいつもと変わらず…でした。多分、山中は風の影響で小枝の散乱、場所に
  よっては倒木の可能性が考えられます。地盤の緩みによる落石にご注意を!


<今日から10月:でも暑暑くて…>2014年10月1日
  
月も変わり、久しぶりの山歩き…朝晩は涼しくなっても、日中は日差しが強くて汗・汗。
  今日は風吹岩往復の予定で山へ…。ハイカーの姿は多め、岩の上も賑わっていました。タッ
  プリ休んでから下山。イノシシは高座谷で一頭出没のみ。。


<好天気と思っていたのに…>2014年9月18日
  
予報では晴れ・降水確率も10%以下で北風あり…でも、山では一時小雨に降られ、木の下
  で雨宿り。日差しは強かったですが、雲に隠れると風もあって爽やか。今日は七曲り分岐か
  ら土樋割峠〜東お多福山登山口までの工事用車道の台風被害状況のチェックを兼ねての山歩
  きでした…一部、歩き難い箇所があり歩行注意!
  
<工事用車道>七曲り分岐から土樋割峠まで=土砂が流出で、えぐられて歩き難い。
         土樋割峠周辺の川筋=大きな石が流されたり、対岸の山腹の崩落を確認。
         土樋割峠から東お多福山登山口=復旧工事がまもなく完了しそう。

<いよいよシーズン・イン…>2014年9月12日
  
暑さも一段落、日中の気温も30℃を下回り、待ちに待ったシーズンに。久しぶりに高座の
  滝から風吹岩〜雨ヶ峠〜七曲り〜有馬へ。ロックガーデンからは六甲が初めての若者四人組
  たちと出会い、一緒に有馬まで山歩きを楽しんで来ました。
  
<コース情報>表六甲:ゴルフ場付近から本庄橋跡の間、三箇所で倒木あり。
         裏六甲側の崩落箇所に大きな変化はありません。


<裏六甲側:魚屋道チェック…>2014年8月29日
  
朝から曇り…日差しがない分暑さもマシかと思い、ようやくの魚屋道の崩落状況をチェック
  して来ました。詳細はブログ「遠来庵日記」をご覧下さい。ケーブルで山上駅へ…今日は通
  行止めの車道を歩き、崩落場所の確認をしてガーデンテラス〜極楽茶屋跡へ。オヤジさんと
  久しぶりに話をしながらタップリ休憩、その後、最高峰〜魚屋道〜有馬へ下山。山上では秋
  晴れ…有馬に着くと小雨、バスで夙川に戻ると小雨もやんでベストな山歩きでした。

<オフを返上して…>2014年8月19日
  
思いは台風11号の傷跡をチェックしようと…、しかし、猛暑の中ではバテました。結果、高
  座の滝から中央稜を経て風吹岩まで進み(その間には台風のほとんど影響無し)。最高峰から
  下山してきた人に聞くと、七曲りコースもそれほど影響はないとの事ですが…?神戸市の告
  知:「
紅葉谷は通行禁止!」紅葉谷は急峻で普段も常に崩落があり、迂回が不可能だから仕
  方ありません)。
裏六甲側の魚屋道は崩落箇所も熟練者なら迂回の可能性も?初めての人は
  山事故防止のため、しばらくの間行かないこと。

<台風11号の影響チェック…>2014年8月10日
  
台風11号が赤穂付近に上陸、昨日から芦屋市内には強い降雨と風…今日の午後3時頃には、
  雨も風も収まり、車で芦屋川と高座の滝の様子をチェック…(詳細はブログ)、経験と予想で
  は、有馬までのコースに増水・倒木・崩落などの影響が出ていると思われます。しばらくは
  リスクがありますので、山事故防止のために気軽な山歩きは避けるようにしましょう。
  
<追記>台風11号被害:芦有道路=宝殿橋〜有馬間で崩落、通行止め!に。
      参照:芦有ドライブウェイ(株)= http://www.royu.co.jp/

<今日でオフシーズン入り…>2014年6月26日
 
 久しぶりに高座の滝から出発…暑くて汗タップリの山歩きでした。ハイカーの姿は少なめ。
  この暑い中大阪からの保育園児たちがロックガーデンを風吹岩へ…元気いっぱい!お昼時
  だったのでイノシシが出てこないかと監視を兼ねて1時間ほど休憩。大丈夫なようなので 
  出発。暑さでバテ気味…低山を歩き回って下山、水分消費量500×4本でした。
  例年通り、今日から9月中旬頃までオフシーズン入り…(六甲の情報はお休みです)


<オフまで…あと?>2014年6月23日
  
今月後半にオフシーズン入りの予定…晴れの日もいつまで続くのやら?今日は朝から晴れ
  て、山並みもスッキリ。手抜き登山で六甲ケーブルで山上へ…最高峰から七曲りを経て、
  高座の滝へ下山して来ました。今日も風吹岩を過ぎた辺りで、グループの一人がイノシシ
  にザックを奪われたとのことです…注意をして下さい!


<今日も梅雨の晴れ間…>2014年6月19日
  
朝から晴れていたけど市内から見る山並みは少しボンヤリ…予報ではそれほど雨の心配も
  無いようなので山へ…。今日は宝殿橋までバスで行く手抜き登山…暑い時は無理をしない
  のが基本。最高峰〜縦走路を歩き、下山は蛇谷北山から風吹岩〜高座の滝へ。それでも汗
  タップリの山歩きでした。

<梅雨の中休み?…>2014年6月16日
  
朝から山並みはPM2.5の影響でボンヤリ…当然、山からの眺めもうっすら。暑くて歩く
  ほどに汗タップリ…水分もすぐに消費し最高峰は諦め、ゆっくりペースで土樋割〜東お多
  福山登山口からバスで下山して来ました。横池の「ヒツジグサ」満開状態です。

<梅雨真っ盛り…>2014年6月10日
  
入梅後、不安定な空模様が続いて…昨日も雨が降るような予報でしたが一日ほぼ晴れ。今
  日も朝から晴れていたので奥池周辺を歩くことに。空を見上げ、雲の動きに注意をしなが
  らウロウロ。時に積乱雲がモクモク…雨雲も流れて…、昼過ぎには下山して来ました。


<梅雨入り前に…>2014年6月3日
  
今朝、晴れていたので山へ…。少し蒸し暑さもありましたが、風も吹いてくれて休憩する
  と心地良いぐらい。中央稜コース:第二鉄塔を過ぎた所でイノシシがハイカーに…すぐに
  駆けつけ、追い払い…無事でした。その後も、イノシシにザックを奪われたハイカーが下
  山して来たり。今の時期、イノシシには油断をしないように注意してください!


<今日も暑かった…>2014年5月30日
  
今月最後の山歩き…黄砂とPM2.5の影響で朝から山並みはボンヤリ。日差し強く午前中は少
  し蒸し暑かった。今日は高校と中学のイベントで山は大賑わい…ということで、バスで奥
  池へ。花を求めてのんびり低山域を歩きながら、風吹岩〜高座の滝へ下山。山からの眺め
  もボンヤリ、…午後には少し強い風も吹いてくれて心地良かったです。


<曇りのち、爽やかな晴れ…>2014年5月23日
  
早朝、市内の上空から最高峰にかけて雨雲で、どんより…予報では晴れるハズ…。風吹岩
  に着く頃には再び上空に雲。眺望は久しぶりに関空〜明石架橋の主塔もスッキリ。毛虫な
  どは前回に比べても減って来たようです。今日も低山歩きで花探し…咲いている時期なの
  に何故か見当たらず…。下山の頃には心地よい風もあって爽やかな一日になりました…。

<日差し強く、暑さも一段と…>2014年5月19日
  
先週の週間天気予報では今週明けは雨の予報でしたが、今日は朝から快晴…。少し黄砂の
  影響もあって、山からの眺めはそこそこ。ハイカーの姿は多め、午前中は風も弱く、歩く
  ほどに汗タップリでした。垂れ下がる虫は一時より減りましたが、毛虫が少し大きくなっ
  て、頭上からポトリ…と、帽子や服などに付いてきますのでご注意を!


<爽やかな初夏のような…>2014年5月16日
  
週明けから変わりやすい天気が続きましたが、ようやく安定…。今日は朝から晴れ、少し
  風もありましたが歩くほどに汗タップリ。新緑の木陰に入ると爽やかさもあって心地良い
  ぐらいでした。花を求めて低山歩き…期待の花は未だで見つからず…の一日に。

<来週は天気が悪そう…>2014年5月9日
 
 今週末の天気は良いようだけど、週明けからはイマイチな予報で山歩きが無理かも…と
  云うわけで今日も山へ向かいました。日差し強く歩くほどに汗…でも、風があって爽や
  か。毛虫・青虫の類は今日もいっぱい…枝からのぶら下がりトッラプに注意が必要です!


<連休が終わり…>2014年5月7日
 
 朝から爽やかな空…でも、日差しは強めで歩くほどに汗。風が吹くと心地良く、山歩き
  には最適のコンディション。相変わらずの小さな毛虫たちが枝からぶら下がり、前回よ
  りもマシでしたが、常にチェックが必要。山からの眺めはガスっていて遠望はイマイチ。

<新緑の季節:到来…>2014年5月2日
  
連休の合間の平日、朝から晴れ…日差し強く汗タップリの山歩きでした。久しぶりに芦
  屋川右岸(西岸)コースで花探し…花よりも毛虫や尺取虫がいっぱい帽子や服に付いて、
  小休止の度に取り払う有様でした。城山から芦屋川右岸(西岸)への進入ルートは行政に
  よる案内板も整備されていました。


<連休前に…>2014年4月25日
  
昨日に続いて今日も晴れ…、山は爽やかな初夏を思わせるような一日。日向では汗もタッ
  プリ…日陰は少し風も感じられて心地良いぐらいでした。大阪の学校の生徒たちが風吹岩
  周辺で賑やか…。今日も花を求めてウロウロ…さえずる野鳥と戯れたり…低山域をのんび
  り楽しんで来ました。

<朝から曇り…>2014年4月22日
  
予報では午後には晴れ、降水確率も20〜10%、PM2.5=”やや多い”予測。雨の心配も無く
  日差しも弱いので暑さ軽減と思い、少し遅めの出発。ハイカーは団体さんなどで多めでし
  た。今日も花を求めて低山域を徘徊することに…一回りして風吹岩に戻ると人影なし。
  野鳥の声と、久しぶりにリスと出合い、静かな山歩きが楽しめました。

  
<晴れなれど…>2014年4月16日
  
朝から晴れているけどPM2.5=”多い”予測、明日よりも少しマシと判断、天気も週後半は
  下り坂の予報なので出発することに…。日差しが強く、歩くほどに汗タップリ…。山から
  の眺めはガスってイマイチ。今日は低山域で花を探しながらの山歩きでした。

<雲ひとつない青空…>2014年4月14日
  
昨日は雨の予報でしたが、雨降らず…今日は朝から快晴、PM2.5=やや多い…予測。日差しは
  あっても、風も心地よく吹いてくれて山歩きには最適でした。ハイカーの姿はそこそこ…ロッ
  クガーデン周辺の「コバノミツバツツジ」は満開に近い状態…風吹岩以降は蕾ふくらみ、これ
  から段々と華やかに咲き揃いそうです。


<ちょっぴり寒の戻り…>2014年4月11日
  
昨夜から北風が吹いて気温が下がり、今朝は少しひんやり…PM2.5は少ない予測、降水確率も
  0%で雨の心配なし。日中は少し汗ばむほど…こんなに良い天気なのにハイカーは少なめ…。
  今日も花を求めて有馬へ…午後遅くになるとになると、吹く風も冷たく花冷え状態です。

<花冷え…>2014年4月7日
  
昨日は4月としては珍しく最高峰に雪が舞ったようで、今日も名残の冷たい風が吹いた一日で
  した。山歩きには少し寒いぐらいでも、歩くと汗も出てちょうど良い具合。野草の花を探しな
  がらの山歩きでしたが、花にとっては少し寒かったようです。

<雨の前に…>2014年4月3日
  
朝から晴れで市内から見る山並みもスッキリ…予報では午後から曇り、夜には雨。早めに出て
  早めに下山の予定で山へ…。結局、有馬に着くまで山歩きに最適のコンディションでした。
  木々の花は咲き揃っていました。「タムシバ」=帰途の車窓から見ると表六甲側にも咲き始め
  ました。裏六甲側は満開に近い状態で、山の所々を白く輝かせています。

<春到来…>2014年4月1日
  
芦屋川の桜も満開、山麓では「コバノミツバツツジ」も開花して春らしくなって来ました。汗
  ばんでも少し風が吹いて、すぐに乾き…心地良いぐらいです。有馬周辺のみ「タムシバ」開花。
  阪急バス:有馬〜芦屋の料金が今日から¥780-になりました。

  <芦屋〜有馬への魚屋道のコース情報>
一昨日の降雨で土砂が流されて荒れ気味=歩行注意!

<春らしく…>2014年3月28日
  
今朝も市内から見る山並みはボンヤリ…天気予報では濃霧、降水確率は0%で晴れ。PM2.5=
  やや多い…予測。濃霧?春霞?それとも大気汚染の影響?風弱く、日向ではポカポカ…春らし
  くなってハイカーも多めでした。前回出来なかった補修で雨ヶ峠へ…ハイカー多く、土樋割峠
  まで進み昼食後、雨ヶ峠に戻り補修完了。帰途、低山域を回り風吹岩〜高座の滝に戻りました。


<晴れだけど…>2014年3月24日
  
朝から山はボンヤリ霞んで…PM2.5=午前中は多い、午後からやや多い…予測。迷いながら、
  いつもより1時間遅くに出発。コース上の気になる箇所を補修する予定で雨ヶ峠まで。ハイカー
  の姿もそこそこ…山からの眺めはイマイチ。気温は高めで歩くほどに汗…、下山する頃は喉が
  いがらっぽくて、帰宅後はウガイが必要でした。


<もう…春の陽気>2014年3月19日
  
久しぶりに市内から山並みが見えて…でも、大気汚染・黄砂は”やや多い”予測。明日はまた
  雨の予報です。山はハイカーも多め、アセビの花も満開、マンサクの花も少しずつ増えつつ…、
  山にも春がそこまで近づいて来ました。湧水ヵ所=相変わらずの”ぬかるみ”あり。


<朝から快晴…>2014年3月11日
  
不安定だった天気もようやく安定…終日の晴れマークは久しぶりです。今日は有馬へ向かう予
  定。風も弱く日向では小春日和で山歩きにはベストコンディション。最高峰周辺に着くと意外
  とハイカーの姿多し。ほとんどが魚屋道を有馬へ…、こちらは紅葉谷から有馬へ下ることに。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠の先の下り坂=残雪・一部凍結気味(数日で消えるでしょう)
           縦走路の北斜面に残雪・凍結あり。
           紅葉谷=極楽茶屋跡から約50mほど残雪・凍結あり。その後も日陰に残雪。
           下りの際は必要に応じて軽アイゼン装着・脱着のこと。

<今日も天気が不安定…>2014年3月7日
  
予報では曇りマークで午後に降雪…、でも、朝から晴れ。いつもより遅めの出発。風吹岩から
  雨ヶ峠付近まで、相変わらずの”ぬかるみ”足元は汚れて…。雨ヶ峠で雪が降り始め、でもす
  ぐに止んで青空…、土樋割峠で再び雪が舞い…。結局、ここで折り返すことに。風吹岩の手前
  でまた雪が降り出し…という有様。今日も吹く風は冷たく、移り気な空模様でした。


<天気が不安定…>2014年3月3日
  
朝、市内から見る最高峰は雲の中…。天気予報:降水確率では午前中20%、午後10%だったの
  で大丈夫だろうと山へ。雲の動きは速く、晴れてきたと思うと、風吹岩でみぞれ交じりの強風。
  すぐに収まり晴れて…どうやら不安定な空になりそうで今日は低山歩きで岡本梅林公園へ…。
  
<岡本梅林公園の開花状況>ほぼ満開、一部は終わりかけ…。全体が小ぶりで華やかさは無し。

<今日も未だ残雪・凍結…>2014年2月24日
  
日中の日差しが強くなり、雪解けは進んでいると思いましたが、未だ残雪・凍結状態です。
  今日は「マンサク」の開花チェックで土樋割峠へ…高い所に少し開花。春の足音が遠くに…。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠の先の下り坂=完全凍結状態!軽アイゼンなどの装着が必要です。
           七曲り〜最高峰〜有馬=現地確認はしていませんが、前回同様の状況だと
           思われます…軽アイゼンなど必要です。
雨ヶ峠の手前=ぬかるみ状態!

<まだタップリの残雪…>2014年2月21日
  
朝、最高峰付近に雲が掛かり…予報では午後に降水確率30%、迷いながらも山へ。高座の滝で
  は40人ほどの団体、他にもハイカーグループが数組、少し賑やか…。残雪も溶けているかと
  思っていましたが、意外に残っていました…。軽アイゼンなど装着が必要!
  
<残雪・凍結情報>風吹岩から七曲りを経て〜最高峰=残雪タップリ、凍結、ぬかるみも…。
           一軒茶屋から魚屋道〜有馬=残雪タップリ、地表面はアイスバーン状態。
           有馬に入ってから=車道は融けていますが、脇道の下り坂は凍結!


<雪解けと共に…>2014年2月17日
  
朝から山並みはボンヤリ(PM2.5=やや多い)…、寒さはそれほどでもなく山へ。ハイカーの姿
  は少なめ…高座の滝から雨ヶ峠付近まで青空。土樋割峠に着いた頃から最高峰方面の雲行き怪
  しくなり細かな霧雨がポツポツ…。結局、東お多福山経由〜雨ヶ峠〜高座の滝へ戻りました。
  
<残雪・凍結状況>風吹岩から雨ヶ峠〜土樋割峠まで残雪、一部凍結、ひどい”ぬかるみ”
           土樋割峠から東お多福山〜雨ヶ峠=残雪タップリ、
ひどい”ぬかるみ”

<今日も未だ残雪タップリ…>2014年2月12日
  
明日から天気は下り坂の予報で、今日は朝から晴れ…。コース上の残雪状況チェックを兼ねて
  の山歩き…いつもなら消える残雪はタップリ。
風吹岩〜有馬へは軽アイゼンなど必要!
  
<残雪・凍結状況>風吹岩から一一軒茶屋方面に残雪・一部凍結、一部ぬかるみ発生。
           土樋割峠から蛇谷北山〜石の宝殿=残雪タップリ、一部凍結あり。
           一軒茶屋前の車道は除雪済み。周辺は残雪タップリ。
           午後を過ぎての七曲り〜雨ヶ峠〜風吹岩=残雪、一部シャーベット状。
           峠周辺は「ひどいぬかるみ状態」…滑り易く、足元の汚れもタップリ。


<残雪タップリ…>2014年2月10日
  
市内から見ると標高の高い所だけに残雪がありましたが、風吹岩からコース上に残雪タップリ
  でした。こんな時でもスニーカー、Tシューズだけど軽アイゼン無しのハイカーがいました。
  
<残雪・凍結情報>表六甲側:風吹岩から最高峰まで残雪タップリ、凍結ヵ所も有り。
           一軒茶屋付近の車道にも残雪タップリ!
           縦走路〜紅葉谷〜有馬=残雪かなり多い。湯槽谷分岐からロープウェイ駅
           までの工事用車道も残雪・凍結タップリ。
  
   ★明日以降はもっと凍結が進みますので、軽アイゼンなど絶対に必要です!

<立春寒波で山は凍てついて…>2014年2月6日
  
空模様がスッキリしない日が続き…今日は行こうと。市内から最高峰付近に樹氷を視認し、楽
  しみも増えて…。一軒茶屋から最高峰付近は樹氷タップリ…裏六甲側は見事。でも極寒に注意!
  
<残雪・凍結情報>芦屋〜雨ヶ峠〜本庄橋跡=雨ヶ峠から残雪僅か、今日現在:凍結無し。
           七曲り〜一軒茶屋=残雪有り、今日現在未凍結…今後は凍結の可能性あり。
           最高峰〜魚屋道〜有馬=残雪有り、今日現在未凍結…今後は凍結の可能性。


<山はぬかるんで…>2014年1月28日
  
朝から晴れ…でも、眺めはガスって良くなかった。ハイカーは少なく、静かな山歩きが楽しめ
  ました。太陽が雲に隠れるとヒンヤリ…ジッとしていると寒い。残雪はほとんど消え、凍結ヵ
  所も一部だけで影響なし。ぬかるみが多くの場所で発生…足元はすごく汚れますのでご注意。

<気温上昇で残雪は…>2014年1月24日
  
日中の気温が14度の予想…、朝は冷えていましたが、日差しと共に暖かい一日でした。一昨
  日の雪も低山域では日陰に少し残る程度。
  
<残雪・凍結情報>裏六甲:有馬への魚屋道の日陰に残雪・凍結ヵ所があり、そこを通る時は
           軽アイゼン装着が安心です。射場山の手前の日陰が完全に凍結してハイカ
           ーが次々に転倒していました。


<昨日の午後の積雪チェックを…>2014年1月22日
  
今朝早朝、市内から見ると最高峰は雲の中…、ガーデンテラス付近に積雪を視認。早速、残雪
  の影響などをチェックしようと山へ…。全体に新雪だったので今日は大丈夫でしたが…。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠の先の下り坂=残雪・圧雪による凍結気味…軽アイゼン必携!
           本庄橋跡から七曲り=日陰に残雪、上りは大丈夫ですが下りは注意が必要!
           紅葉谷=残雪タップリ、圧雪による凍結気味…軽アイゼン装着のこと!
          (一軒茶屋から有馬への魚屋道=未確認ですが残雪多く今後は凍結の恐れ?)

<晴れたり曇ったり…>2014年1月16日
  
明日より今日のほうが大気汚染が少ない予報だったので山へ…。晴れていたと思ったら最高峰
  付近に雲が出て…太陽もほとんど雲に隠れて冷え冷え。ハイカーも少なめ。久しぶりにガーデ
  ンテラスから石切道を下山…ハイカーには全く会わず、静かな山歩きが楽しめました。。
  
<残雪・凍結情報>表六甲側=日陰以外に残雪凍結ヵ所無し…歩行に障害はありません。

<昨日の天気予報では…>2014年1月14日
  
今日は終日曇りで日差しが無くて寒い…、しかし、今朝は晴れて市内から見る山並みもスッキ
  リ状態で急遽、山へ…。風も弱く、山歩きには最適…高座の滝では中学生の団体も。ハイカー
  の姿としては少なめ。久しぶりに蛇谷北山から石の宝殿〜最高峰へ…その後、風吹岩から高座
  の滝へ下山して来ました。
<積雪情報>蛇谷北山の山頂から北側斜面に残雪・少し凍結気味。

<えべっさん寒波襲来…>2014年1月10日
  
昨日の午後から寒波がやって来て、今朝は凍えそうな朝でした。空は快晴で雨の心配も無く山
  へ…。山肌には霜柱があちこちに…最高峰付近は樹氷満開。ハイカーは少なく静かな山でした。
  紅葉谷は新雪が積もっていますが、今日現在は凍結無し…しかし、今夜の冷え込みで凍結する
  と思われます。明日以降に行く予定のハイカーは軽アイゼン必携!

<新年初の山歩き…>2014年1月6日
  
今日も朝から山はスッキリ…山トモと一緒に石の宝殿へ初詣を兼ねて初山歩き。ハイカーの姿
  少なく、静かな山でした。日陰部分に少し残雪、縦走路の裏六甲側に残雪が凍結。表六甲側に
  凍結ヵ所は無し。日が当たると暖かく、太陽が雲に隠れると冷え冷え、北からの風が冷たく厳
  しい寒さです。西お多福山から打越峠〜岡本へ下山して来ました。


<今年最後…納めの山歩き…>2013年12月29日
  
年末でハイカーも少ないと思っていたけど、多かったです。一昨日の積雪の影響チェックも兼
  ねて山へ…。風吹岩辺りにも少し残雪、雨ヶ峠の先の下りは凍結有り!七曲り=日陰に残雪…
  登りは大丈夫ですが、下りは滑り易いので注意!最高峰への坂道=日陰は残雪、日向〜最高峰
  は融けてぬかるみ!紅葉谷=残雪有り…次第に凍結する可能性大!軽アイゼン装着が安心です。
  有馬への魚屋道=行っていませんが、先日のように日陰は残雪・凍結があると思います。


<クリスマスの山歩き…>2013年12月25日
  
先日の積雪の影響チェックを兼ねての山歩き…、表六甲側に残雪・凍結ヵ所は無し。最高峰付
  近の日陰に僅かな残雪…、有馬への魚屋道=石畳に残雪・凍結、その後…30m程の日陰の下り
  に残雪がありハイカーの歩行による圧雪で滑り易くなっています!それを過ぎると残雪無し。


<初冬らしい空模様…>2013年12月16日
  
降水確率10%で雨の心配は無かったものの、昼前から雲の動きが速く…。風はそれほど強く吹
  かず、初冬らしい山歩きでした。ハイカーの姿も少なめ…。最高峰では吹く風が冷たく、雲行
  きも怪しい感じで昼食後、有馬に向かわず…七曲りを下って高座の滝へ戻って来ました。今の
  時期、凍結も無いのにアイゼンを装着して山歩きをする連中がいます…練習?ということのよ
  うですが、山肌や木の根を傷つけていることが理解出来ていない=六甲が悲鳴を上げています。


<冷たく強い西風が吹きまくり…>2013年12月12日
  
朝から晴れ、冷たい風が吹いていましたが日向では心地良く、日陰は冷え冷え。風吹岩では冷
  たい西風が強く吹いてジッとしていられないほど。標高が上がるにつれ手袋をしていても指先
  は冷たかったです。強風のお陰で眺望はスッキリ…。今日も低山域を徘徊して戻って来ました。

<晴れのち曇り…>2013年12月9日
  
昨日の予報では夜に雨になりそう…今朝、晴れで山並みもスッキリ。早めに下山する予定で山
  に向かいました。昼過ぎくらいからだんだんと雲行きが怪しくなり、本庄橋跡で昼食後、下山
  することにして高座の滝まで戻って来ました。最高峰へ向かうハイカーは少なめ…。


<寒さは何処へ…>2013年12月2日
  
冷え込みが和らぎ、今日は暖か…風も弱めで汗タップリ…でした。ハイカーは少なく、静か…。
  今日は低山域を徘徊…本庄橋跡まで進み、その後、森林管理道を経て黒五谷、打越峠〜高座の
  滝へ戻って来るという山歩き。低山域では、最後の紅葉が楽しめました。スプレーペンキによ
  る矢印などが再び増えて、初めてハイカーの道迷い原因になっている場合も…。

<寒風吹いて…>2013年11月29日
  
晴れた空でしたが、雲が流れるのが早いくらい西風が強く冷たかったです。山麓下部の彩りは
  今がピーク…標高の高い所は、ほとんど落葉近し。紅葉谷は落ち葉の絨毯が楽しめますが、道
  荒れ、落ち葉の下に隠れる石に注意が必要です。防寒対策もお忘れなく!


<山は晩秋の趣き…>2013年11月26日
 
 昨日の雨が空を洗い流してくれたようで、山からの遠望もスッキリでした。ハイカーは少なめ、
  今日も冷たい西風が少し強め…、日向と日陰の体感温度の差が大きいです。紅葉は山麓下部に
  降りています。標高が上がるにつれ昨日の風で落葉盛ん…、スリップ注意!
  
<紅葉情報:最終号>そろそろ…紅葉も終盤を迎えました。表六甲側・裏六甲側とも落葉始ま
            り、落ち葉の絨毯。瑞宝寺公園も落葉盛んで今週後半で終わりそうです。


<紅葉はピーク…>2013年11月21日
  
今日も朝からスッキリした空…冷え込みも少し弱まり、山歩きに最高のコンディション。歩き
  始めは寒くても高座の滝に着く頃にはちょうど良いぐらい。低山域の紅葉はピークを迎え、一
  軒茶屋から有馬への魚屋道はピークを過ぎ始めた様子。有馬から芦屋へのバスは多めの乗客…。
  
<紅葉情報:第6号>裏六甲側はぼちぼち終盤…? 瑞宝寺公園の紅葉:高い部分の葉が落ち、
            週明けは雨の予報で、今週末・日曜日が紅葉シーズンの最後になるかも?


<昼前後に雨?…>2013年11月18日
  
昨日、今朝と、天気予報をチェックしながら今日の山行きを決めようと…。気象協会は降水確
  率10〜20%、ウェザーニュースは50%の予報でした。しかし、朝から晴れて、市内から見る山
  並みもスッキリ。雨具を持参し、いつもより少し遅めに出発…有馬まで行きましたが、雨の気
  配は全く無し!ただ風は冷たかった。ウェザーニュースは完全に予報が外れ!です。
  
<紅葉情報:第5号>表六甲側の標高の低い山腹も色づき。裏六甲:魚屋道は錦秋、落葉始ま
            り…まもなく落ち葉の絨毯。瑞宝寺公園の紅葉:8〜9分=見頃!


<予報では降水確率30%…>2013年11月13日
  
でも、朝から晴れ…雨ヶ峠までは青空。七曲りの途中で雲行きが怪しくなり少しみぞれ交じり
  の小雨パラパラ。一軒茶屋に着く頃には吹く風も冷たく体感的には初冬…最高峰から有馬へは
  ウインドブレーカー着用でした。山歩きに防寒対策もお忘れなく…。
  
<紅葉情報:第4号>週初めからの冷え込みが色づきを早めました。山腹全体が色づき始めて
            錦秋はまもなく…。瑞宝寺公園の紅葉=6〜7分になって来ました。


<裏六甲側はだんだんと…>2013年11月8日

  初めはハイカーも少ないと思っていましたが、だんだんと増えて…いつもどおり。今日も秋色
  チェックで山へ…。標高が高く…北側、谷間など冷え込みが強い場所ほど色づいて来ています。
  朝晩と昼間の気温差に注意を…ウインドブレーカーなど一枚あれば安心!
  
<紅葉情報:第3号>有馬:瑞宝寺公園の紅葉=4〜6分ほど、来週前半の冷え込み後が見頃?

<紅葉も始まり…>2013年11月5日
  
朝から晴れ…気温も下がり、山歩きに最適。だんだんと木々も色づき、しかし…落葉も早いよ
  うです。風吹岩の手前の眺望ポイント付近で親子イノシシに後から突かれた事例発生…幸いケ
  ガは無かったようです。ここのところ、親子イノシシがうろついていますので注意!ザックな
  ど地面に置かないように!また絶対にエサなど与えないで下さい。
  
<紅葉情報:第2号>一軒茶屋から極楽茶屋跡までの縦走路、紅葉谷で紅葉が見頃です。

<秋色を求めて…>2013年11月1日
  
11月に入り、朝晩の冷え込みで秋が近づいたようです。今日は、秋色を求めての山歩き…。
  第一鉄塔の先で先行のハイカー三人組さんの前にイノシシ親子…、前に行きイノシシを避けて
  そこから一緒に進むことに。その先にも出て来たり、雨ヶ峠の手前でもイノシシ親子登場でし
  た。ザックなどを絶対に地面に置かない…など、十分に注意をして下さい!
  
<紅葉情報:第1号>山腹全体は、もう少し日にちが必要…樹木によって色づき始めています。

<朝から秋晴れ…>2013年10月28日
  
風も冷たく日陰はヒンヤリ、日向は暑く…。空は秋晴れでしたが、遠望はガスってイマイチ。
  好天なれどハイカーは少なめでした。木々の色づきはまだまだ…花を探しながらも、途中でデ
  ジカメのバッテリー少なくなって花は諦めました。午後3時を過ぎると山中では気温が一気に
  下がり始めますので、早めの下山を心掛けましょう。


<台風一過で秋晴れ…>2013年10月17日
  
阪神間では台風26号の影響も無く、今日は朝から秋晴れ…。新しいザックとトレッキングシュ
  ーズの初使用で山に向かいました。日向は暑く、日陰はヒンヤリ…、風があったので少し爽や
  か…。高座の滝から土樋割峠まで進み、昼食後、高座の滝へ戻って来ました。ザック、シュー
  ズとも少しだけ修正の必要を感じ、対策が必要なようです。


<気温が下がった…>2013年10月4日
  
ようやく平年並みの気温に…今朝は山並みもスッキリ見え、朝は少し涼しげ。山に向かうと、
  日向と日陰の体感温度に差…でも湿度が高いのか、歩くほどに汗…でした。ハイカーは少なめ。
  雨ヶ峠から大阪からの二人組さんと一緒に最高峰へ…。最高峰で別れて、こちらは久しぶりに
  紅葉谷を下って有馬へ…。紅葉谷も降雨の影響があり、場所によっては歩き難くなっています
  のでスリップ、捻挫などに注意!。

<暑さと涼しさが…>2013年9月27日
  
昨日・今日と一気に気温が下がったけど、日中の日向は暑く、日陰はヒンヤリといった感じ。
  少し遅めに山へ…高座の滝にはハイカーも多めでした。天気は快晴、風もそこそこ…。本庄橋
  跡の立ち入り禁止の堰堤で若者たちが素っ裸で水遊びを…今流行の”悪ノリ”ということ?で
  しょう。事故が起こっても自己責任…。

<今日も秋晴れ…>2013年9月19日
  
今朝も雲ひとつない青空で、市内から見る山並みもスッキリで、山へ。でも日差しが強く一昨
  日よりも暑くて…。風吹岩まででペットボトル一本消費で予想外の暑さ。雨ヶ峠まで進み、住
  吉道を下って打越峠〜岡本へ…。住吉道は降雨の影響で荒れ気味…、住吉川の水量はまだ多め
  …川の様子も変わり、
川渡りには注意が必要です!

<秋晴れのシーズン・イン…>2013年9月17日
  
台風一過…朝から雲ひとつない青空で、今日から山歩きシーズン入り。台風の影響チェックも
  兼ねて高座の滝から有馬まで魚屋道を歩いて来ました。何ヶ所かに倒木、降雨後の増水による
  川渡り困難場所が一ヶ所あります(増水は数日で減少するでしょう)。日陰と日向の気温差が大
  きく、暑くても日陰に入ると適度に風もあって心地良かったです。

<シーズン・インの前に…>2013年9月6日
  
朝晩の気温も平年並みになり、今日は70日ぶりに試しの山歩き…。朝は風弱く、日差しがあ
  ると暑い!高座の滝までで汗ビッショリ…久しぶりに会った常連さん達とゆっくり。とりあえ
  ず風吹岩を目指し、岩の上での〜んびり・タップリ休憩。今日はここまでと思いつつ、横池ま
  で足を伸ばし、折り返し下山して来ました。次回はもう少し先になりそう…。

<オフのつもりが…里山歩き>2013年6月28日
  
朝から薄曇、風も少し吹き気温も低い感じで、遅めの出発…バスで奥池へ。予報では昼から雨
  の可能性でしたが、昼頃から日差しもあってだんだんと暑さも。ゴロゴロ岳の周囲は工事中…
  以前の面影は無くなっています。観音山山頂〜奥池に戻り、バスで下山=暑い時はこれで良し。

<いよいよ今シーズンもオフ?…>2013年6月25日
  
例年、6月中旬頃から9月中旬頃までオフシーズン…今年も今日が最後になりそう。今日も風
  弱く蒸し暑かったのでどこまで行こうかと思いながらも、途中で知り合ったハイカー二人組さ
  んと一緒に最高峰〜有馬へ…オフを飾るに相応しい山歩きになりましたが、汗もタップリ…。
  六甲の夏季はとても暑いので、しばらくお休みさせて頂きます。皆さんも…ムリはしないで!

<梅雨はどこに…>2013年6月12日
  
台風3号も東へ…今日も朝から晴れ。湿度の高い暑さなのでムリをしない山歩きへ…、バスで
  宝殿橋まで行き、山頂付近で花探しをした後、高座の滝まで下山。標高の高い所は風が吹いて
  心地良いぐらい…午後からは眺望もスッキリでした。


<梅雨の中休みが…>2013年6月5日
  
晴れ間が続くの良いけど、7月並みの暑さが山歩きにはツライ…。今日も足の向くまま…結局
  久しぶりに七曲りから一軒茶屋へ、その後、紅葉谷から百間滝〜有馬へ下りました。もう、汗
  ビッショリ…風がそこそこあったので少しマシ。メインルートはハイカー多め、外れるとほと
  んど見かけない…という一日でした。


<梅雨の晴れ間…>2013年5月31日
  
朝から晴れ…湿度も低くカラッとした暑さ…。大阪からの小学生の遠足があったり、ハイカー
  の姿も多めでした。風吹岩でゆっくりした後、雨ヶ峠へ…ゴルフ場フェンスの所で迷い気味の
  大阪からのハイカー二人組さんを七曲り入り口まで案内、その後、土樋割峠〜東お多福山登山
  口バス停〜バスで下山。汗もタップリでしたが、すぐに乾いてくれました。


<真夏日…>2013年5月22日
  
最高に暑い一日でした…今日は山が初めての知り合いを案内。高座の滝に着くまでで汗ビッシ
  ョリ…暑いのでムリをしない山歩きを心掛け、結果、土樋割峠から奥池〜観音山〜夙川に下山
  して来ました。山からの眺めはガスってイマイチ。今からこんなに暑いとオフが早くなるかも。


<芦屋川西岸への迂回路チェック…>2013年5月18日
  
芦屋川西岸(右岸)の私有地内通行不可で迂回路を検討、チェックをして来ました。好天の土曜
  日でハイカーがいっぱい…。城山(鷹尾山)山頂の先から関電巡視路を下ると西岸(右岸)に合流。
  折り返し尾根に戻り、高座の滝へ下山。ハイカーが次々とやって来ていました。今日はここで
  終了…迂回路についてはブログ(遠雷庵日記)で紹介しています。

<新緑が鮮やかに…>2013年5月16日
  
前回より暑さは少しマシ…気温が少しでも低いとコバエの発生が少ないようで、まとわり付く
  ことなく山歩きが楽しめました。新緑と共に毛虫・青虫は相変わらず多いです。風吹岩周辺に
  親子イノシシが出て来ていました=ご注意を!


<暑い一日でした…>2013年5月13日
  
夏日の予報…午前中からじわじわと暑さ…。風吹岩では南西の風があったので心地良かった。
  しかし、相変わらずのコバエのような虫が顔面にまとわりつきイライラ…毛虫・青虫も多く、
  虫嫌いの人は苦痛。
  
<最新コース情報>高座の滝方面との分岐から芦屋川西岸(右岸)を進み、弁天岩方面へのコー
           スが
動物霊園のところで進入禁止=本日フェンスを新設:閉鎖、ハイカー
           も通行不可になりました。当然…荒地山、芦屋ゲートから芦屋川西岸への
           下りも通行出来ませんので
弁天岩から車道を下ることになります!

<爽やかな暑さ…>2013年5月9日
  
今日も朝から晴れ…予報では気温が上がるとのこと。確かに日差し強く、風が弱いので歩くほ
  どに暑くて…。ハイカーはそこそこ、風吹岩周辺ではクマバチが飛び交っていますが、騒ぐこ
  となく何もしなければ大丈夫です。それよりも汗ばんだ顔にコバエのような虫が飛び交って来
  て、うるさくてたまりません。結局、土樋割峠で折り返し、高座の滝へ…でした。

<GW明け…>2013年5月7日
  
朝から晴れ…今日も黄砂・PM2.5の影響も無し、気温も少し低めで山歩きには最適でした。ヤマ
  トモのリクエストで六甲をガイド…芦屋川西岸から土樋割峠を経て石の宝殿〜有馬へ。風が適
  度に吹き、汗ばんだ身体に心地良かったです。蛇谷北山で大阪からの単独ハイカーさんとも出
  会い、お二人さんにとって初めてのハードコースを一緒に有馬へ下りました。


<今日の天気予報は…ハズレ>2013年5月2日
  
朝から晴れ…黄砂もPM2.5の影響も無く、市内から見る山並みもスッキリ。降水確率も低かった
  のに雨ヶ峠辺りで俄か雨…、最高峰では黒雲が流れて来たけど降らず。吹く風が少し冷たかっ
  たです。この寒の戻りも最後になるでしょう…。ハイカーの姿は多め、小学校の遠足もあった
  り、GW中の平日らしい山でした。


<天気は最高〜>2013年4月22日
  
朝から快晴…市内から見る山麓もスッキリ。日向では暑く感じても吹く風が冷たく山歩きには
  最高のコンディションでした。ハイカーの姿もそこそこ…、一軒茶屋まで進み、下山は久しぶ
  りに舟坂谷から舟坂橋バス停へ…、さくらやまなみバスで阪急夙川駅に。

<山は暑かったァ…>2013年4月18日
  
日差しタップリ、風もありましたが山は暖かさを通り越し暑かったです。標高5〜600m付近の
  コバノミツバツツジが満開…山は咲き揃う花々で賑やかそう。結局、暑さで持参の水分が不足
  がちで土樋割峠まで進み、昼食後折り返してきました。これからは予備の水分が必要…。

<13日:地震の影響…>2013年4月15日
  
震度4の影響をチェックしようと山へ…。高座の滝から中央稜〜風吹岩〜雨ヶ峠〜七曲り〜最
  高峰〜紅葉谷〜有馬までは、落石など目立った箇所はありませんでした。紅葉谷では少し石が
  動いたような形跡があったぐらい。なお、谷筋については常に落石の危険性があり、しばらく
  は余震の影響でリスクが高くなっていますので避けるのが賢明…。


<花冷え…>2013年4月12日
  
日差しがあっても吹く風が冷たく、ジッとしていると寒いぐらいでした。ハイカーはグループ
  から単独さんまで、そこそこ。前回:壊されていたゴルフ場フェンス扉が、今日修復されてい
  たのを確認…今後は皆さんで大切にしていきたいものです。風吹岩から土樋割峠〜奥池〜観音
  山〜北山公園を経て夙川駅までの低山域を歩いてきました。

<山は少し荒れ気味…>2013年4月8日
  
朝から晴れ…風もそこそこ、ハイカーも少なめ…山歩きには最適のコンディションでした。
  土日の低気圧の影響で山にも影響がありました…枝が散乱、コース上は雨水が流れた跡があり
  少し歩き難い部分も…、タムシバの花も風雨で散り気味…低山域のコバノミツバツツジは満開
  数日中に標高が上がるにつれ咲き揃うでしょう。ゴルフ場の新設のフェンス扉の一部が南北と
  も人為的に壊されています…ハイカーの仕業だと思いたくないですが残念!


<春真っ盛り…>2013年4月1日
  
芦屋川の桜も満開…ロックガーデン付近のコバノミツバツツジも満開…穏やかな気温でした。
  今日も春休み中の子供たちが親や祖父母に連れられて何組もやって来ていました。ここのとこ
  ろ、イノシシの姿見えず…子別れが終わって次の繁殖行動に入っているのかも。前回の工事情
  報でお知らせした水道工事現場…今日は行っていなくて通れたようです(看板が無く迂回後に
  確認)…ガードマンがいて、看板がある時が工事中のようです。

<春を求めて…>2013年3月26日
  
今日も朝から晴れ…明日から下り坂の予報なので山へ。朝冷たい風が吹いていましたが、次
  第に春らしい感じ…日差しもそれほど強くなく、心地良い山歩き。中央稜にもコバノミツバ
  ツツジ、ヒサカキも咲き始めています。最高峰付近では吹く風も冷たいので服装に注意。
  
<工事情報>有馬:ロープウェイ駅から中心部への近道(歩道)が工事のため通行止め=注意!

<雨の山歩きに…>2013年3月20日
  
今日はヤマトモのリクエストで休日の山へ…、降水確率も30%で不安定…朝のうちは曇り
  空、雨は降らないようだったのに昼過ぎからポツポツ。天気も不安定なのにハイカーは多か
  ったです。気温の上昇と共に花も咲き始めています。下山の頃には予報よりも雨が降り、久
  しぶりにしっとりと濡れた山歩きになりました。


<春近し…>2013年3月15日
  
朝から快晴…その分、冷え込みもありましたが次第に暖かさも…。日陰には霜柱やツララも
  残っていたけど、風穏やかで山歩きにはベストコンディション。高座の滝からは六甲が始め
  ての単独ハイカーさんと一緒に有馬を目指すことに…。春らしさと共に花を見つける楽しみ
  が少しずつ始まりました。


<寒の戻り…>2013年3月11日
  
昨日までの暖かさから今朝は寒くて…でも、冷えたお陰で空も山並みもスッキリ。今日は黄
  砂の影響も無く、気持ちの良い山歩きでした。ハイカーも少なめ…、風吹岩では北からの風
  が冷たく強かったです。昨秋以来の有馬:瑞宝寺公園へ下り…公園の手前で単独ハイカーさ
  んと出会い、一緒に有馬中心部へ…。


<春めいて…>2013年3月8日
  
花粉にPM25という大気汚染に夕方からは黄砂が接近するとか…朝から迷いながら、いつもよ
  大幅に遅れて山へ…。ハイカーは少なめ…歩くにつれ暑いぐらいでした。今日は春探し…低
  山域を歩き、最後に岡本の梅林の開花状況チェックへ…。
  
<保久良梅林の開花状況>満開の木もありましたが、全体では2〜3割程度。
  
<岡本梅林公園の開花状況>整備された公園で木は小ぶり…全体で7〜8割程度。

<山は小春日和…>2013年3月5日
  
朝からの空は薄曇状態…でも、次第に青空になって日差しは暖かさをもたらしてくれました。
  山からの眺めは春霞状態でイマイチ。コース上のぬかるみも減っていました。魚屋道を最高
  峰〜有馬へ…裏六甲にも残雪・凍結ヵ所無し。今週はもっと気温が上がり、冬も終わり…?


<春の足音が遠くに聞こえ始めたような…>2013年2月25日
  
明日から気温が上がりそうな予報…だんだんと冬が去りそう。今日の天気予報=ウェザーニ
  ュースでは降水確率30%…でも、朝から晴れ、午後も変わりなく…でした。日差しがあっ
  て寒さを感じなかった山歩きでした。土樋割峠のマンサク=一部ですが開花…これも六甲山
  麓に春の訪れを感じさせる一つです。


<冷え込んではいるけれど…>2013年2月22日
  
朝、薄雲があったけど晴れそうなのでいつもより少し遅めの山行き…。ハイカーは少なく風
  吹岩は静か…でも、風が強く冷たくて早々に出発。
  
<残雪・凍結情報>雨ヶ峠付近に残雪〜峠の先:北斜面下り坂=凍結…軽アイゼン必要。
   七曲りコース=ハイカー情報…残雪・圧雪による凍結ヵ所あり…とのこと。
   紅葉谷=残雪タップリ・凍結あり…軽アイゼン必携。七曲滝=意外に氷結は3〜4割程度。
   百間滝=ハイカー情報…水量の方が多く、氷結は少ない…とのこと。


<20日ぶりに山へ…>2013年2月20日
  
今月初めに風邪の症状…ようやく治り、久しぶりの山歩き。
  
<残雪・凍結情報>高座の滝から雨ヶ峠までのコース上は融雪と湧水によるぬかるみが多数
  発生=足元が汚れます。風吹岩までにも日陰に残雪…標高が上がるにつれ残雪多し。雨ヶ峠
  の先の北斜面下りにも残雪=未凍結。一軒茶屋から魚屋道〜有馬は、残雪タップリ…一部、
  圧雪による凍結が始まっています。残雪ヵ所=今夜からの冷え込みで凍結の可能性も考えら
  れます=山行きには軽アイゼン必携!

<残雪・凍結の状況、七曲滝もチェック>2013年1月30日
  
市内から見ても山に残雪なし…、新聞に七曲滝の氷結記事もあったのでコースチェックで山へ。
  
<残雪・凍結情報>標高の低い所では日陰の一部に少し残雪。気温の上昇でぬかるみあり。
   ・雨ヶ峠の先の北斜面:残雪有り…シャーベット状で凍結無し。
   ・七曲りコース:一部日陰に残雪…シャーベット状、標高が上がると一部凍結。
   ・一軒茶屋〜最高峰:残雪タップリ…日の当たる所は融けています。
   ・紅葉谷:残雪あり、一部凍結。谷川に下ると一部凍結あり…軽アイゼン必携。
     先日の着雪による倒木は、ほとんど片付けられていました。
   ・七曲滝の氷結:七割程度…明日からの気温上昇で融ける可能性あり。
     (なお、七曲滝へは危険を伴います…経験者同行のこと)


<降雨後の六甲の様子を…>2013年1月23日
  
朝8時前に市内から最高峰を見ると残雪…、昨日の雨の影響をチェックしようと山へ…。
  
「六甲:最新積雪・凍結情報…」雨ヶ峠の先の北斜面=残雪・凍結なし。七曲り=標高の低
  い所は日陰に残雪。標高が上がるにつれ残雪がありますがシャーベット状です。
  紅葉谷=残雪、凍結あり…コース上に倒木も多く歩き難い。魚屋道〜有馬=残雪有りですが
  注意をしながら歩けば大丈夫(ハイカー情報)。七曲滝=ほとんど氷結していません。

<六甲の雪は融けずに凍結…>2013年1月18日
  
今朝、市内から見る最高峰付近に積雪を視認…、状況確認を兼ねて山へ…。
  
「六甲:最新積雪情報…蛇谷北山〜石の宝殿:約15〜25cm。七曲りは凍結状態」
  雨ヶ峠の先から北斜面下り坂は完全凍結。土樋割峠から蛇谷北山コースへ=積雪あり、ハイ
  カーが少ないため新雪の状態ですが、今後は凍結します。着雪による倒木は少なめでした。
  一軒茶屋から七曲りを下るとコース上は雪の下が完全凍結状態。倒木はハイカーが片付けた
  のか…減っています。一部残っていた倒木を片付けました。七曲りから風吹岩へ下る途中、
  降雪があり、地面が再び白くなって…。
雨ヶ峠から先へ進む場合は軽アイゼン必携!

<六甲は久しぶりに大雪…>2013年1月15日
  
「六甲:最新積雪情報…七曲り入り口:約15cm〜、最高峰付近:約25cm」
  
雨ヶ峠まで日陰に残雪程度…雨ヶ峠から七曲り〜最高峰〜有馬への魚屋道はかなりの積雪で
  コース上は着雪による倒木がたくさん有り、進路を塞いでいます。紅葉谷からのハイカー情
  報でも着雪倒木が多いとのこと。標高600m以上は全てのルートで同じ現象で歩行困難だと思
  われます=要注意! 明日以降は残雪が凍結しますので軽アイゼン必携!しばらくの間、軽
  装・スニーカーなどお気軽ハイキングは標高の低い所だけにしてください。


<昨年と比べて暖冬?>2013年1月11日
  
早朝、最高峰付近に雪雲…やがて去り、今日は晴れたり曇ったり。表六甲側のコース上に凍
  結の気配なし。最高峰付近も同じで昨年に比べて暖冬気味かも。紅葉谷は湧水数ヵ所で一部
  凍結あり。七曲滝の氷結状況をチェック…6〜7割程度で、もう一段の冷え込みが待たれま
  す。なお、七曲滝へは経験者同行のこと=毎年、転落など山事故の多発する危険な場所です。


<久しぶりの降水確率10%以下…>2013年1月7日
  
朝から薄曇…市内から見る山並みは少しガスっていましたが厳しい寒さでもなく…。こんな
  に天気良好なれど、ハイカーの姿は少なかったです。魚屋道コース:湿地帯〜ゴルフ場付近
  のぬかるみがひどくなっていて、足元がかなり汚れます。一軒茶屋からは有馬四十八滝ルー
  トを下山=このコースは熟練者向きですので初心者・一般ハイカーは不可=危険ヵ所が多く、
  山事故の可能性あり。


<年初の山歩き…>2013年1月3日
  
朝から晴れ…午後から雨の心配も少しありましたが山へ…。高座の滝に行くまでにハイカー
  の姿が予想よりも多め。午後の降水確率が30%だったので最高峰付近で時雨の可能性もあり、
  雲の動きを見ながら…。年初は石の宝殿へ初詣…ハイカーのほとんどがこちらに寄らないの
  で静かなお参りでした。最高峰付近に雲が流れてきたので早めに下山。
   ★凍結ヵ所はありませんが、湧水による[ぬかるみ]が数ヶ所で発生しています。

<納めの山歩き…かも?>2012年12月27日
  
明日から三日間、雨の予報…どうやら今日が今年最後になりそう。朝から晴れで風も弱く雨
  の心配もないので山へ…でも、標高が上がるにつれ冷たかったです。指先が冷たくなり手袋
  を重ねてもダメで、途中で低山域歩きに変更。ハイカーの姿も少なめ、年末らしい静かな山
  歩きが楽しめました。


<樹氷の季節に…>2012年12月20日
  
朝から晴れ…冷え込んでいましたが、日向では心地良く…。ハイカーは少なめで静かな山歩
  きでしたが、雨ヶ峠で山ガールが親子イノシシにザックを奪われ、何とか取り返すという事
  例が発生。最高峰の北側付近では樹氷が出来て、表側は日差しで暖か…という具合。裏六甲
  の滝が凍結するには未だ先のようです。


<雨に降られました…>2012年12月17日
  
朝の予報では午後にパラパラ程度…降ってもたいしたことはないと思って山に…。結果、昼
  頃に雲行きが怪しくなるも大丈夫と一軒茶屋を目指しているうちにポツポツ。次第に小雨が
  降り続き、最高峰付近で雨宿り…結局、有馬に着いても小雨状態。収穫は裏六甲の濃霧…。

<下り坂の予報…>2012年12月14日
  
朝から晴れ…夕方まで降らないと考え山に向かいました。ハイカーも少なめ…山からの眺め
  もガスっていてイマイチ…写真のネタが少ない時期になり山歩きが中心。最高峰では雨雲接
  近で冷たい風が吹き、早々に出発。一軒茶屋から有馬への下り入り口の石畳の一部が凍結し
  ていたぐらい=注意をすれば大丈夫。結局、午後遅くから曇り空状態…。


<終日、降水確率20%で…>2012年12月12日
  
この降水確率も必ずしも当てはまるわけではないけど、一応の目安としています。30%だと
  山では降られる率が高いという経験からの判断。今日は裏六甲側で一時、霰が舞いました。
  裏六甲:日差しはあっても、日陰に入ると極端に冷えますので防寒具が必携。紅葉谷=一部
  凍結ヵ所が出来ていますので注意を…!


<寒風も収まり…>2012年12月7日
  
朝から快晴…風弱く、日差しがあって寒さも一息。ハイカーは少なめ…。山は冬の装いが始
  まり落ち葉の絨毯状態。標高が上がるにつれ、日陰には霜柱も発生…冬の到来です。最高峰
  から有馬への魚屋道:落ち葉が多く、滑り易くなっていますので注意が必要!


<天気予報が好転…>2012年12月3日
  
先週末の週間天気予報から一転、朝から快晴…。雲ひとつ無い青空で、それほど寒くなく山
  歩きに丁度いい具合でした。最高峰に進まず、土樋割峠から奥池〜観音山〜北山公園を経て
  夙川駅へ。土樋割でガイドブック頼りの道迷いさん一名、観音山では70代のおばあさん一名
  …あまりにも危うい状態だったので鷲林寺下まで付き添って…という山歩きでした。

<あっという間に、11月も終わり…>2012年11月30日
  
今週末〜来週にかけて天気が不安定な予報なので…、今日の晴れ間に期待して山へ。高座の
  滝まで日差しもあって、それほど寒さも感じず。しかし、だんだんと雲が流れて来て太陽が
  隠れる始末…。雨は降らなかったですが上空には雨雲襲来。そんな訳で今日は風吹岩から久
  しぶりに荒地山周辺をウロウロ、風吹岩に戻って早めに下山して来ました。


<週明けからようやく快晴に…>2012年11月28日
  
早朝は市内から見る山麓も、空もスッキリ…でも、風吹岩からの遠望は少しガスっていて、
  午後には雲が太陽を隠したり…。今日も日差しがあると暖かさを感じますが、日陰になると
  風が冷たく…の体感でした。表六甲側の紅葉も落葉盛ん…の状況。


<晴れたり曇ったり…>2012年11月21日
  
早朝、最高峰付近は雲に隠れていたけど雲は流れ…何とかベストコンディションに。平日な
  のにハイカーは多めで賑やか…。山麓は錦秋…落葉も増えています。有馬:瑞宝寺公園には
  観光客の姿もあって、最後の紅葉を楽しんでいたようです。


<先週の予報より好転…>2012年11月19日
  
降水確率10%になり、朝から快晴…。紅葉も表六甲側は錦秋…、標高が上がるにつれ落ち
  葉の絨毯が楽しめます。ハイカーの姿も多め…それなりに賑やかでした。太陽が照ると心地
  良く、雲に隠れると風が冷たく感じます。最高峰に近くなると吹く風も冷たいので防寒対策
  を忘れないようにして下さい。


<不安定な天気も去り、朝から快晴…>2012年11月16日
  
その快晴も風吹岩に着く頃、最高峰付近から雨雲…、その雨雲も雨ヶ峠に着く頃には去って、
  あとは秋晴れ…。日差しがあるところでは暖か…日陰はヒンヤリ。今日も山歩きには最適…。
  
<紅葉情報…>全体に落葉が5割…、瑞宝寺公園でも落葉が増え終盤を迎え始めています。

<降雨の後の秋晴れ…>2012年11月12日
  
早朝は少し曇っていましたが、次第に晴れて山歩きに最適。西風があって、ジッとしている
  と寒いぐらい。全山が錦秋の趣になって来ています。落葉も盛んになりつつ…。
  
<紅葉情報…有馬:瑞宝寺公園>全体が見事に紅葉…、楽しむならお早めにどうぞ!

<紅葉:真っ盛り…>2012年11月9日
  
今朝は薄曇…雨の心配は無いだろうと山へ…。表六甲側の山麓もどんどん色づいています。
  風吹岩の上空に雨雲が北から流れて来て少し心配。一軒茶屋に着く頃、急に空が暗くなり雨
  雲が最高峰を隠し、北からの冷たい風が吹いて晩秋〜冬状態でした。大阪湾方向は日が当た
  り、山頂近くだけの現象でした。これからの季節、こういう現象も増えてきますので寒さ対
  策・雨具などの用意をお忘れなく…。
  
<紅葉情報…>裏六甲側は錦秋、紅葉谷〜有馬の町並みも十分楽しめます。

<紅葉が進んでいます…>2012年11月7日
  
朝から秋晴れ…今日は紅葉チェックの山歩き。ハイカーの姿は多め…幾つもの小グループが
  やって来ていました。西風は冷たかったですが、日差しがあり、丁度良いぐらいのコンディ
  ションでした。木々の色づきも裏六甲側でどんどん進んでいます。
  
<紅葉情報…有馬:瑞宝寺公園>7〜8割ほどの紅葉で見頃を迎えています…昨年より早く、
                  今週末〜来週中頃にはピークの可能性も…。


<雨が降るかも…>2012年11月1日
  
午後の降水確率が30%でしたが、結局一日中秋晴れでした。風は冷たく強め…ジッとして
  いると寒いくらい。木々の色づきも進んできています。ハイカーは多め…少し賑やか。久し
  ぶりに、途中で出会ったハイカー三人さんと一緒に西お多福山から下山。このコース…平日
  にハイカーの姿をあまり見かけませんので、初めてのハイカーは道迷いの可能性も…注意!


<少し不安定な空模様…>2012年10月29日
  
降水確率は20%…大丈夫だと思い山へ。しかし今日の空の雲は動きが早く、一時小雨がパ
  ラつくほど。午後には晴れ間も出てきましたが…。今週はスッキリしない空模様になりそう。
  樹木の色づきもゆっくり進んでいます。降雨の影響=コース上の土砂流出ヵ所多し。


<今日も朝から秋晴れ…>2012年10月26日
  
降水確率も0%…、一昨日に続けての山歩きでした。日差しが強く、汗タップリ。早朝の山
  並みはスッキリでしたが、山からの眺めは少しガスってイマイチ。秋を探しながら一軒茶屋
  まで進んだ頃にデジカメのバッテリーが残り少なくなって、当初の予定を変更して下山…。


<前線が去り、秋晴れ…>2012年10月24日
  
朝から快晴で市内から見る山並みもスッキリ…冷え込むような予報でしたが、それほどでも
  なく、日差しが出ると少し暑さも。七曲りコース、紅葉谷コースも雨の影響で土砂が流れて
  山の地肌が露出気味…歩行注意。
<紅葉情報>樹木によっては色づいています。

<今日もまた秋晴れ…>2012年10月15日
  
日差しは強めでしたが、風があり、心地良い山歩きでした。眺望はガスっていて遠望は不良。
  雨ヶ峠では親子イノシシが登場…相変わらずハイカーの食べ物を狙っていましたので、追い
  払って…ハイカーに注意喚起。匂いにつられて接近してきますので昼食時は特に注意を!

<少し涼しさも…>2012年10月12日
  
朝から晴れ、今日も山歩きには最適でした。遠足シーズンらしく、大阪からの小学生たちも。
  風吹岩からの眺望も良く、風もあって心地良かったです。風吹岩からは四人組のハイカーさん
  と一緒に有馬へ…。裏六甲に入ると吹く風も冷えて来ていますので防寒の用意があれば安心。


<今日も秋晴れ…>2012年10月9日
  
三連休明けの平日…日差しは強かったですが、木陰は風もあって心地良い山歩きでした。
  団体ハイカーが二組の他は二人組みなどあって、そこそこの賑わい。イノシシの姿無し。樹
  木によっては色づき始め…もう少し冷え込みがあると一気に色づく可能性も…。

<秋晴れ…>2012年10月5日
  
朝から快晴…市内から見る山もスッキリ、山へ…。日差しは強かったですが、空を見上げる
  と青空で時に風も少し吹き、風吹岩からの眺めも良好でした。途中で出会った三人組ハイカ
  ーと最高峰を経て魚屋道を下り…(途中、稲荷神社への近道を経て)有馬へ。

  
<注意喚起!>雨ヶ峠で親子イノシシが昼食中のハイカーを狙っています。地面にザックを
         置くと奪われます!近づいて来たら追い払う!食べ物は絶対にやらない!

  
<注意喚起!>有馬:稲荷神社。スズメバチの巣(10月5日)→翌6日:駆除されたとのこと。
         今後も近くに巣を作る可能性あり…しばらく注意が必要です。

<台風一過、秋らしく…>2012年10月2日
  
台風の影響をチェックしながら、秋探しの山歩きをしてきました。コース沿いは強風による
  木の葉や小枝の散乱が目立っています。谷川の水量も若干多め、所々で湧水も。木陰は涼し
  くても、日向は暑く、今日も汗タップリ…。久しぶりに極楽茶屋跡を経て紅葉谷を有馬へ…
  紅葉谷コースも荒れ気味ですのでご注意を!


<朝から晴れ、秋空の下…>2012年9月25日
  
日差しは強いですが、北東からの風が吹いて心地良い山歩きでした。高座の滝から登り始め
  てすぐにイノシシが登場…単独ハイカーをガードしながら風吹岩へ、横浜からのアスリート
  さんで…初めての六甲歩きとか…有馬まで一緒に歩きました。
  
 <地面にザックを置かない!>イノシシに奪われる事例が多発しています。

<いよいよ…シーズン・イン!>2012年9月12日
  
北の高気圧が張り出し、待ちに待った山歩き…約3ヶ月ぶりに山へ向かいました。運動不足
  のため、高座の滝まででバテ気味。久しぶりに常連さんと歓談しながら長めの休憩。その後、
  ゆっくりペースで風吹岩へ。今日は風吹岩周辺でノンビリし、会下山遺跡経由で下山。

  
★親子のイノシシが出没していますので注意!<絶対にザックは地面に置かないこと!>
  
<三度目の梅雨の中休み…>2012年6月26日
  
朝から晴れ、どうやら今日でシーズンオフになりそう…。日差しもありましたが東風があり
  汗ばんでもすぐに乾いてくれました。コース上は湧水によるぬかるみ、場所によっては急な
  斜面の崩落も…、降雨後の山歩きは注意が必要です。今日は最高峰まで行かずに低山域をウ
  ロウロ…オフに相応しいササユリにも出合って満足の一日でした。猛暑を避け、無理をしな
  いことが基本なので、次回は9月下旬頃にシーズンインの予定です。


<梅雨入り前に…>2012年6月7日
  
明日から梅雨入りの可能性…今日は朝から晴れ、雨の心配も無く山へ向かいました。午前中
  はモヤがあり、眺めもイマイチでしたが、午後からはスッキリ。イノシシの被害が増えてい
  ます…何もしないと思っていると突然襲ってきたりしているようです。野生動物ですから、
  くれぐれも注意を怠らないようにお願いします。

<今日も蒸し暑かった…>2012年6月4日
  
朝から晴れ…少し早めに出発。高座の滝で休んでいると単独ハイカーの他、グループもやっ
  て来て少々賑やか。今日も蒸し暑く、今日もゆっくりペース…。イノシシが今日も現れ、子
  供連れなど初めてのハイカー達に注意喚起。イノシシはペットでなく野生動物であることを
  絶対に忘れないで下さい!地面にザックを置いていたり、食事などは狙われます!


<前回のリベンジ…>2012年6月1日
  
昨夜の予報では降水確率30%でしたが、今朝は20%…になったので急遽山へ。ハイカー
  が少ない金曜日…と思っていましたが、風吹岩には中学生の団体が岡本からと芦屋からの2
  校が班に別れて登山…賑やかでした。それぞれ班ごとに雨ヶ峠方面へ。暑さでハイカーたち
  もバテ気味。土樋割峠までの往復を歩いてきましたが、風が恋しいほどの蒸し暑さでした。

<天気が不安定…>2012年5月29日
  
朝、晴れていたので山に…、久しぶりに会下山遺跡から風吹岩へ。しかし、天気予報通りに
  俄か雨が降り出し木の下で雨宿り。その後、雨ヶ峠を目指したけど、手前の水場跡で雷鳴と
  強い雨…直近での落雷、危険回避で若者グループを連れて一緒に芦屋ゲート:バス停へ…。


<快晴…でも、暑かった〜>2012年5月23日
  
日差しと共に、気温も上昇気味で風弱く風吹岩までに小休止を重ねるほどでした。今日も平
  日にしては、ハイカーの姿が多め。土樋割峠まで行き、その後は周辺を歩き回りながら住吉
  川に沿って白鶴美術館〜住吉川遊歩道を経て2号線まで下りました。

<低気圧が去って…>2012年5月18日
  
朝から爽やかな気温で晴れ…降水確率も午後は0%で山へ。金曜日はハイカーも少ないと思
  ったけど、今日はいつもより少し多め。日差しが強くなると暑かったですが、風があったの
  で汗もすぐに引き、気持ちよく歩けました。新緑は一段と濃くなり、森林浴モードに突入…。
  久しぶりに百間滝から白石谷〜有馬へ下りました。


<予報に反して、朝から晴れ…>2012年5月14日
  
夜になってから雨…ということなので少し早めに山へ…。昨日までの涼しさは無くなり暑さ
  が戻って、歩くほどに汗…でも風があったのですぐに乾いてくれました。本庄橋跡の北側広
  場で若い男女グループの一人がイノシシにザックを奪われました。何とか取り戻したものの
  泥だらけ…。山域では地面にザックなど置いてはダメ!…ご注意を!


<今週3回目の山行き…>2012年5月11日
  
北風のお陰で気温が下がり、山歩きには最適でした。風もヒンヤリ…標高が上がるにつれ薄
  着では少し寒いぐらい。天気は曇ったり晴れたり、雨の心配が無かったので山歩きが楽しめ
  ました。山並みは新緑が布団のように、こんもり…。
  
★注意喚起★風吹岩周辺でイノシシがハイカーを襲うようです!甘い匂い=化粧、お菓子な
        どに注意を!絶対に食べ物を与えてはダメ!相手にしないこと!撮影不可!

<昨日のリベンジ:山は新緑が一段と…>2012年5月8日
  
早朝、山並みは濃霧が掛かっていましたが、天気も安定した一日になりました。風が少し弱
  かったので、歩くほどに暑さで汗タップリ。昼前、風吹岩周辺にイノシシ=久しぶりに出て
  来ましたが、多分、連休中に多くのハイカーからエサをもらったことが原因でしょう。野生
  動物に食べ物を与えては絶対にダメ!間違った学習で最後には彼らに悲劇が起こります。

<不安定な天気に…>2012年5月7日
  
昨夜の予報では晴れ…しかし、早朝は小雨。中止にしようかと思っていると晴れてきたので
  山へ…。風吹岩に着くと淡路島方面から雷鳴、最高峰方面は雨雲が流れて…空が不安定。雨具
  持参ですが、明日リベンジすることにして早めに下山してきました。


<黄砂でボンヤリ…>2012年4月24日
  
朝から晴れていたけど黄砂の影響で山はボンヤリ…、当然のことながら、山上からの眺めも
  スッキリせず。山は春というより初夏のような気候で汗もタップリ。平日にしてはハイカー
  も多く、中学校の遠足もいて賑やかでした。今の季節、黄砂さえなければ最高なんですが…。


<春本番…>2012年4月18日
  
朝から快晴…春の暖かさを通り越し、日差しも強く暑いぐらいの一日でした。ハイカーも多
  め…山桜も標高の低い所から開花し始め、山腹を彩っています。暑さと共に水分補給も大切、
  予備を一本持参しておくと安心です。高座の滝〜石の宝殿〜一軒茶屋〜高座の滝へと戻って
  来ると、地獄谷で山事故の可能性…ということで消防・警察が捜索活動をしていました。

<朝から快晴…>2012年4月12日
  
昨日は雨が多く降り…今日は一転、素晴らしい青空でした。山肌は意外にも乾くのが早かっ
  たようで、ぬかるみ箇所も降雨後にしてはマシ、でも谷川の水量は多め。気温の上昇と共に
  コバノミツバツツジが咲き揃い始めています。日当たりの良い所ではスミレの花も開花。


<不安定な天気で…>2012年4月6日
  
朝から晴れたり曇ったり…大丈夫だろうと山へ。しかし、高座の滝に着く前から小雨が降り
  出し、お堂で待機状態。晴れ間に変わって来たので登り始めたけど…小雨、途中で出会った
  母と小学6年生と一緒に木の下で雨宿り。結局、風吹岩まで行き、最高峰付近の雲の状態を
  見て下山して来ました。ここのところ天気が不安定で、山行きも思案のしどころ…。


<朝から青空だったら…>2012年3月29日
  
山に行かなくては…と、一昨日に続いての山歩きへ。快晴で気温も上がり、ハイカーの姿も
  家族連れ・祖父母に連れられた孫たち・若者から中高年組まで…と、平日にしては賑やか。
  土樋割峠で昼食後、往路を戻り風吹岩へ。そこで出会った若者たちと祖父母と二人のお孫さ
  ん…初めての六甲と言うことなので、金鳥山〜保久良神社〜岡本へ一緒に下山して来ました。
  
<保久良梅林の開花情報>木によっては八分咲き…全体では三分〜四分咲き程度。

<早朝、最高峰付近は積雪だったけど…>2012年3月27日
  
朝6時に視認…でも9時前に山に向かう途中では消えて…まさに春の名残雪。日差しと気温
  の上昇で表六甲はすぐに融け、裏六甲側に一部残雪でした。朝から快晴…ハイカーも多め、
  木々も芽吹き始めています。今週後半には六甲にも<春到来!
宣言>が出せそうかも…。
  念のための軽アイゼン持参でしたが使わず…六甲での冬装備は今日で収納です。

<今日も春探し…>2012年3月21日
  
朝から晴れ…、昨日まで二日晴れの日が続いたので山の地肌も乾いていると期待して山へ。
  コース上の大半は乾いていて歩き易かったです。ひどいぬかるみの一部は、もう少しの辛抱…
  しかし、明後日には下り坂の予報なので期待薄。花たちは、もう少し気温の上昇が欲しいみ
  たい…、ウグイスなど野鳥たちは春を呼んでいるように鳴き声を聞かせてくれていました。


<春を求めて…>2012年3月16日
  
今日は低山域で春の気配を探そうと山へ…。山中ではウグイスの鳴き声が増えたようですが、
  花の気配なし。水平道の一部が山腹崩落で歩行注意。帰りに保久良梅林・岡本公園へ…。
  
<保久良梅林・岡本梅林公園の開花状況>保久良梅林=紅梅が二本ほど、岡本公園=木によ
   っては満開も…、全体では八分咲きですが、今年は木が小ぶりになって少し寂しげ。


<なごり雪に…>2012年3月13日
  
今朝、最高峰付近に今冬最後になると思われる雪を確認…山へ向かいました。表六甲側は日
  差しが出ると融け始めていましたが、最高峰から北側に樹氷も見ることが出来ました。有馬
  への魚屋道の一部に残雪有り…軽アイゼンは不要。明日からは気温も上がりそうなので融け
  ると思われますが、ぬかるみ箇所が増えそうです…歩行注意!


<春を探しに…>2012年3月7日
  
雨が続いてウンザリ…ようやく今日は降水確率10%でしたが曇り空の一日でした。少し遅
  めの出発…風吹岩から本庄橋跡まで、湧水によるぬかるみヵ所多数あり=歩行注意!最高峰
  まで行くと風吹岩から抜きつ抜かれつの山ボーイ二人組と再会、その後、別ルートで有馬へ
  下りました。山からの眺望はガスっていてイマイチ…、日差しが無い分、少し寒さも。

<距離を伸ばして足慣らし…>2012年2月28日
  
明日から下り坂の予報…、今日は朝から快晴だったので連日ながら山へ。一昨日の行方不明
  者の捜索が今日も行われていました。新シューズ:登りで踵に少し靴擦れの初期症状が出始
  めたので予定を変更し、土樋割峠からぐるっと一回りをして高座の滝へ戻って来ました。
  第一鉄塔を越えた付近で、今年初めてウグイスの初鳴きに遭遇しました。

<新シューズの足慣らし…>2012年2月27日
  
今日は新しいトレッキングシューズの初山歩き…足慣らしと言うわけで低山域を少し歩いて、
  
岡本梅林公園の開花チェックをして来ました。保久良梅林は紅梅1本が少し蕾をつけ始めた
  ぐらいで、来週後半以降になるかも…。岡本梅林公園では紅梅が数本開花しているぐらいで、
  全体からすれば二〜三分咲き程度…見頃は来週半ば〜後半以降になりそうです。



<速報:七曲滝付近で滑落事故…>2012年2月20日
  
朝から晴れ、風も弱く山歩きには最適でした。風吹岩から一軒茶屋までの魚屋道コースは、
  残雪が融けた影響で所々でぬかるみ状態=滑り易くなっていますので注意!極楽茶屋跡に向
  かう途中で紅葉谷下部で救助ヘリを確認…極楽茶屋跡の前に消防救助車両と警察車両。聞く
  と七曲滝付近で滑落事故とのこと。滝の氷結以降、案じていたことが起きてしまった。
  不慣れなハイカーが、気軽に行けるところではないということです!


<寒波も緩み…>2012年2月10日
  
朝から晴れて風も弱く山歩きにはベストコンディション…。裏六甲の滝の結氷状況のチェッ
  クをしようと山へ向かいました。高座の滝から一軒茶屋まで雪・凍結は全く無し…紅葉谷も
  残雪は全く無しで六甲から雪が消えました。百間滝〜七曲滝の氷結も7〜8割程度で、今冬
  はこれ以上氷結が進まないような気がします。六甲は昨年と比べて暖冬と言えるでしょう。

<昨日の降雪の影響を…>2012年2月3日
  
昨日の午後、山も市内も降雪…しかし、今朝の山は雪の姿無しでした。朝から快晴で雪の影
  響チェックを兼ねて風吹岩から魚屋道を経て有馬へ。残雪はあっても日陰部分で、凍結も一
  部(今夜の冷え込みで増える?)でした。こんなに冷え込んでいても自然界では昨年と比べて
  も暖冬?(昨年の今頃は積雪も凍結ヵ所も多かった…)なのかも知れません。

<冷え込んで…>2012年1月31日
  
早くも1月末…空は快晴ですが風は冷たくて…。早朝、最高峰付近が樹氷の様子でしたが、
  日差しが強くなるとすぐに融けたようです。今日は冷え込みに期待して有馬の三滝巡りへ。
  低山域の日陰では残雪?霜?があるぐらい。雨ヶ峠の先の下りは少し凍結気味、一軒茶屋ま
  での七曲りコースも一部に残雪程度でした=今後は凍結の可能性有り。
  
<有馬:三滝の氷結状況>は、ブログ:遠雷庵日記で…。

<今日も天気が良くて…>2012年1月27日
  
風は冷たいですが朝から晴れ…、一昨日に行ったばかりですが、冬が好きなハイカーとして
  は山に行きたくて…。ハイカーの姿は少なく、静かな山が楽しめました。雨ヶ峠の先:下り
  坂の凍結も少しだけでした。七曲りコースも歩きましたが凍結は少しで問題なし。一軒茶屋
  からは、久しぶりに舟坂へのコースへ…川上の滝もチェック。前半のみ残雪・凍結で軽アイ
  ゼンが必要。舟坂橋バス停が以前より少し東へ移動していました。


<寒波中ですが…>2012年1月25日
 
 朝から晴れ…山も昨日の雪の面影無くスッキリ見えていました。高座の滝からは大阪の高校
  の耐寒登山で賑やか…他のハイカーもそれなりに。雪の影響はほとんど無かったです。雨ヶ
  峠の先の下り坂は凍結しています。七曲り〜有馬への魚屋道もあまり影響なかったようです
  (有馬バスセンターで、そのコースを歩いて来たハイカーの情報です)

  
<七曲滝:氷結情報>三分の一が凍り始めていました。完全までもう少し…。

<曇り空が続いた後、朝から快晴…>2012年1月17日
  
昨日までの三日間、終日のどんより空でしたが、ようやく快晴。ハイカーで賑わうかと思っ
  たけど、意外と少なめで静かな山歩きに…。今回は久しぶりに一軒茶屋から東六甲縦走路を
  宝塚へ。残雪は最高峰付近の日陰のみ、表六甲側は七曲りコースも全く問題なし。


<昨日の寒波の影響は…>2012年1月13日
  
今朝の山並みは樹氷も無くスッキリ…天気も晴れ、風は冷たかったですが山へ…。気温も平
  年並みになり、コース上の残雪・凍結ヵ所はほとんど解消。
  
<積雪情報>表六甲側:蛇谷北山の北斜面に少し残雪あり。最高峰付近でも日陰に残ってい
  ました。縦走路の北側・日陰に残雪。紅葉谷は谷底までの間に残雪、凍結が始まっています
  ので、下りで自信の無い方は軽アイゼン装着が安心…。百間滝・似以滝の結氷は僅かでした。


<連休明けの山は静かでした…>2012年1月10日
  
風弱く、気温も少し高めで朝から晴れ…今日も山歩きには最適。ハイカーの姿も少なく、静
  かな山歩きが楽しめました。
<積雪情報>残雪は日陰に少し残っているぐらいで凍結も無し。
  有馬への魚屋道は一軒茶屋近くで残雪があるだけで、その後は有馬まで全く問題なし。

<今年初の山歩きは、快晴の下で…>2012年1月6日
  
年明け以降、市内が晴れていても最高峰付近に雪雲が掛かる日が多く、今日はようやく快晴
  の一日…しかし、ハイカーは少なく世間は正月明けで忙しい?のかも。さて、初歩きの今日
  は先ず、石の宝殿へ初詣…山の安全を祈願し、その後、久しぶりに石切道を下って来ました。
  標高の高い所ほど日陰に残雪多し…、有馬に下る場合は軽アイゼン持参で安心です。


<今年最後の山歩き…>2011年12月31日
  
朝から快晴…風も弱く、納め山歩きに相応しい一日でした。前回のリベンジ?という訳でも
  無いですが、紅葉谷の積雪と七曲滝の氷結のチェックが中心(詳しくはブログで…)。ハイカ
  ーの姿も少なめ…しかし、年末年始を有馬で過ごすのか人出は多く、マイカー等で狭い道が交
  通渋滞…バスも遅れて到着・出発の有様でした。


<X'マス寒波も去り…>2011年12月27日
  
去ったと思ったけど今日も風は冷たく…、一軒茶屋では一時的にちょっと吹雪の様相でした。
  あまりの寒さにコンデジのバッテリーも不調…早々に往路を戻ることに、下山するほどに晴
  れ間も出てきてようやく極楽気分になりました。
<積雪情報>ブログ版:遠雷庵日記に詳細。



<山歩きには最適の気候…>2011年12月15日
  
週末には再び寒波の予報…、今日は風は冷たかったですが歩くほどに汗ばむほど。ハイカー
  の姿も少なめ、山歩きにはベストコンディションでした。風吹岩にはタバコの吸殻が何本も、
  喫煙ハイカーは携帯灰皿を持参して欲しいですね。もっとも、山ではタバコより新鮮な空気
  を吸う方が健康的だと思いますが…。


<週末寒波も去り…>2011年12月12日
  
朝から晴れ…寒さが和らいだようでも吹く風は冷たかったです。木々は色あせ始め、紅葉シ
  ーズンも終わりのようです。途中、コースを外れかけたハイカー二人組みと出会い、安全登
  山のため有馬まで一緒に山歩き。六甲は落ち葉とともに冬近しの様相です。


<降水確率20%:山では小雨が…>2011年12月5日
  
天気予報では雨が降らないはずでしたが、途中から雨雲接近で小雨に降られた山歩き…最高
  峰で、ようやく晴れ間になってくれました。紅葉も終盤、コース上には落ち葉が増えて来て
  います。強い風が吹くと一気に落葉が進み、初冬の気配になりそうです。

<錦秋の山並みを歩く…>2011年11月29日
  
昨日は終日の曇天…今日は寒さも和らぎ、山歩きには少々暑かったです。芦屋川の桜並木も
  すっかり紅葉し、山麓一帯が錦秋…。石の宝殿まで登り、一軒茶屋から高座の滝まで戻る往
  復でした。秋色真っ盛りで山歩きには最高のシーズン…紅葉が楽しめるのは来週中頃、その
  後は落ち葉の絨毯を踏みしめる楽しみも…。

<ほぼ全山紅葉の感じ…>2011年11月25日
  
朝、冷たい風が吹いていましたが日差しが出ると山歩きに最適の一日でした。今日は紅葉シ
  ーズン最後になりそうなので彩り求めての山歩き…。一軒茶屋付近ではハイカーの姿も多め、
  
<有馬:瑞法寺公園にも立ち寄り、紅葉の最終情報>真っ盛りで落葉も始まりました…観光
   客も多かったです…、この土曜・日曜は天気も良さそうなので満員になるかも。

<紅葉は一気に進んでいます…>2011年11月21日
  
今朝も最高峰付近には雲が掛かっていて、行こうかどうかと迷いつつ山に…。風は冷たく、
  日陰は寒々…日向は日差しが強く…。ハイカーの姿は少なめ。風吹岩では冷たい風で早々に
  立ち去ることに。表六甲側の木々も色づき、錦秋の装いを始めています。
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>8割ほど色づいています…この週末頃には落葉が盛んにな
                 るかも。紅葉見物ならお早めに、お出かけください。

<少しずつ色づき始めています…>2011年11月15日
  
早朝、山に掛かっていた雲も出掛ける時にはスッキリ青空…。風も少し冷たく感じるぐらい
  で、今日も山歩きにはベスト。高座の滝では常連さんも少なく、ハイカーも少なめ。山並み
  の木々も少しずつ色づき始めており、週末から週明けには錦秋の彩りになりそうです。

<少し冷え込んで…>2011年11月9日
  
紅葉の進行状況のチェックも兼ねて山へ…。午前中は青空もあり、少し冷たい風も吹いて山
  歩きにはベストコンディション。ハイカーの姿も多めでした。表六甲側の紅葉はまだまだ…。
  裏六甲側に入ると木々によって黄色く色づいています。
  
<有馬:瑞宝寺公園の紅葉情報>まだ4分ほどの色づき。このまま冷え込むと来週中頃から
                 後半に見頃を迎えると思われます。


<11月になったのに気温は高く…>2011年11月1日
  
今日も秋晴れ…日中は秋を感じさせないくらいでした。青空に筋雲が浮かび、風もそれなり
  に吹いていましたが、日差しが強めで汗タップリの山歩き。今日も低山域をウロウロしなが
  ら秋を探しましたが…綺麗に色づく前に葉が落ちていく感じも…。


<今日も爽やかな秋…>2011年10月26日
  
吹く風も少し冷たくなり、汗かきハイカーにとっては絶好のコンディションでした。朝のう
  ち、上空に雲がありましたが、昼ごろには晴れ…。ハイカーの姿も少なめで静かな山歩きが
  楽しめました。紅葉は一部の樹木だけ…来週には気温も上がりそうな予報で、本格的な色づ
  きは、もう少し先のようです。


<秋晴れでスッキリ…>2011年10月18日
  
昨日とは一転、朝から秋晴れ…。平日でも行楽シーズン…ハイカーは多めでした。日差しは
  強くても風があったので汗もすぐに乾く感じで爽やかな山歩き。紅葉は、まだまだ…七曲り
  コースの一部で色付き始め、裏六甲側でも一部…といった具合です。


<連休前に…>2011年10月7日
  
今日も朝から晴れ…山は少しモヤが掛かっていました。連休前の平日、ハイカーは意外に少
  なめでした。日差しは強かったですが、木々の間を吹き抜ける風が心地良く爽やか…。前回
  のリベンジで有馬へ。三ヶ月ぶりに通った所では雑草が繁茂…これも自然の力なり。


<3ヶ月ぶりのシーズン・イン…>2011年9月27日
  
中旬には山に…と思っていたのに台風やら何やかやでようやく…イン。朝は涼しかったです
  が日差しが出ると暑さもあって、足慣らしには少々キツかったです。高座の滝では常連さん
  たちと出会い、しばし歓談。風吹岩では若いイノシシ一頭(♀)が現れ、ハイカーに接近する
  場面も…、注意をして下さい。その後、土樋割峠〜東お多福山登山口バス停から下山。


<梅雨の中休み…>2011年6月3日
  
ようやく晴れマーク…でも朝の山はボンヤリ。今日明日を逃すとまたしばらく雨の予報なの
  で、山に向かいました。芦屋川駅から中学生の団体がグループごとに山へ…で、少々賑やか。
  山は昨日までの雨と台風の風で荒れ気味…湧水によるぬかるみ、小枝や葉っぱが散乱、雨ヶ
  峠の手前では倒木も…。風弱く、蒸し暑く、汗タップリの一日でした。


<今週唯一、スッキリ晴れ…>2011年5月25日
  
明日から来週にかけて下り坂…、朝から晴れでいつもより一時間早く山に向かいました。風
  は弱かったですが、空気が乾燥していたようで爽やか。今日は花を求めてウロウロ…。雨ヶ
  峠手前の水場は、どうやら撤去されたままで再設置は無いようです。これからの季節に必要
  な場所なんですが…残念。


<五月晴れ…>2011年5月19日
  
麓から見る六甲の山並みは少しモヤっていましたが、快適な山歩きを期待して向かいました。
  五月晴れに誘われたハイカーも平日にしては多めでした。新緑が日を追うごとに繁茂してき
  ています。一軒茶屋から極楽茶屋跡〜紅葉谷を有馬へ…途中、久しぶりに百間滝へ。
  
<コース情報>百間滝から白石谷へのコースは先日の大雨でかなり荒れています、また、水
   量も多めで熟練者以外は危険…初心者は避けて下さい。


<雨の後の週末は、爽やか…>2011年5月14日
  
タップリの雨が降り、昨日は黄砂…、週末になって朝から快晴。少し暑かったですが、爽や
  かな風が吹いてようやく風薫る五月の一日でした。土曜日でハイカーは多め。今日の山歩き
  の目的は唯一つ、楽しみにしていたオオイワカガミの開花…、可憐に咲いていました。
  
<追記:害虫に注意!>「ブヨ」にやられました。当日の夕方に少し赤くなり、翌日に腫れ
  てきて、市販薬で対応しましたが収まらず、皮膚科を受診。今まで未経験…山の環境が変化
  しているのかも…。魚屋道コース=ゴルフ場付近〜雨ヶ峠〜本庄橋跡付近が要注意ヵ所。

<走り梅雨の前に…>2011年5月9日
  
明日から週末前まで下り坂…どうやら走り梅雨の様相。GWも明けて平日…朝から晴れ、し
  かし、暑い一日でした。風が少しあったので、風が吹き抜ける日陰に入ると心地良かったで
  す。汗はタップリ、水分が足りなくなったので最高峰まで行かずに下山しました。前回より
  も木々が繁茂し始め新緑が、より鮮やかになっています。なお、今の時期…山中ではコバエ
  が顔の周りを付きまとってトホホ状態…ハンドタオルなどを振り回して追い払うのが一番。


<五月晴れ…でも>2011年5月2日
  
GW中の平日…朝から晴れなのに、黄砂の影響タップリの一日でした。高座の滝で常連さん
  と話をしていると爺さんが一人…盆栽にでもするつもりなのか、ポリ袋に山で採取して小ぶ
  りの木を二袋:平気な顔で持ち帰り…情けないですね=でも、これは犯罪ですから念の為。
  山からの眺めは黄砂でボンヤリ。土樋割峠一帯は警察学校のイベントで大勢の生徒で大賑わ
  い…昨年も遭遇しましたが、今年も元気な声で挨拶してくれました…立派な警察官になって
  欲しいものです。その後、石の宝殿まで登って、下山して来ました。


<ゴールデンウィーク初日…山は大賑わい>2011年4月29日
  
ようやく天気も安定…GWの初日でしたが山へ…。阪急芦屋川駅前から高座の滝への道路も
  多くのハイカー…。あまりの多さに途中でコース変更、会下山遺跡から登ることにしました。
  ここは比較的ハイカーも少ないコース…しかし、前方に2〜30人の団体。風吹岩も満員で
  スルー…その後も場所によっては渋滞…、結果、ゴルフ場フェンス手前から黒五谷へ…その
  後、低山域を歩いて風吹岩に戻りましたが、相変わらず家族連れハイカーなどで大賑わいの
  一日でした。花々も咲き揃い、新緑も鮮やかになって来ています


<連日の好天気…>2011年4月14日
  
春爛漫の陽気で多くのハイカー…と思いきや、意外にも少なかったです。風吹岩に着く頃に
  は、汗びっしょり。でも心地良い風が吹いて爽やかな感じでした。中央尾根の山桜も咲き始
  め、野鳥も賑やかに春を楽しんでいます。一軒茶屋から舟坂橋へ下り、さくらやまなみバス
  で阪急夙川駅へ。今日のこのバス…珍しく満員で、降りるのに少々苦労しました。

<快晴:山歩きには最適でした…>2011年4月12日
  
今日はブログを通じて知り合ったハイカーさんのリクエストでコースを案内。芦屋川西岸か
  ら一軒茶屋〜有馬へ…。花に詳しい方だけに、花を見つけるのも早くて感心しました。お陰
  様で花の写真が増えて感謝!ハイカーの姿も少なく静かな山歩き=大満足の一日でした。

<今日も快晴…>2011年4月6日
  
降水確率0%の快晴となれば、山に向かうしか…という訳で、今日も山へ。風が弱く、前回
  よりも春霞で遠望がイマイチ…でも、山歩きには最適でした。風吹岩に行くまでのコバノミ
  ツバツツジが八分咲き…週末までには満開になりそう。ハイカーの姿もそこそこ…ウグイス
  も鳴き始めて、春本番らしい感じになってきました。


<朝から雲ひとつ無い快晴…>2011年4月4日
  
風は少し冷たかったですが、青空から日差しがタップリでした。ハイカーの姿もそこそこ…
  家族連れ、学生グループも春を楽しんでいたようです。雨ヶ峠の手前の水場が撤去されてい
  ました。前回、看板が壊されていたので補修をするつもりでしたが…。途中でいつも会う常
  連さんによると…ゴルフ場の整備に伴って、一時的に撤去しているようで、5月頃には再び
  設置されるらしい。貴重な水分補給場所だけに、早めの再設置をお願いしたいものです。


<朝から快晴…>2011年3月28日
  
朝から空青く、山もスッキリ…山歩きには最適の一日…。芦屋川の桜も蕾が膨らみ始めてい
  ます。春休み中なのでハイカーの姿も平日にしては家族連れもあって多め…。風吹岩では小
  学校を卒業した子供達のグループもいて賑やか。雨ヶ峠から最高峰へ…、その後、久し振り
  に魚屋道を有馬へ下りました。ショートカットの中年ハイカー…山を崩す一因ですよ。


<春めいて…>2011年3月23日
  
風は少し冷たかったですが日差しもあり、山歩きには最適な一日でした。標高の低い所では
  木々にも花が咲き出し、春本番が近づきつつあるように感じられます。先週末にあった日陰
  の雪も消え、軽アイゼンの出番も終わりのようです。

<ようやく安定した空…>2011年3月18日
  
昨日まで不安定な天気が続いていましたが今日は一日安定した晴れ模様…でも、山には残雪
  がありました。平日なのに元気な若者グループが風吹岩を目指していました。話を聞くと今
  春、中学を卒業した15人で初めての六甲とか…。一緒に風吹岩〜雨ヶ峠まで歩きました。
  峠で別れ、一軒茶屋に着く頃に谷の向こうで賑やかな声…。再び再会…最高峰まで往復して
  別れました。石の宝殿へ行き、蛇谷北山から下山…北斜面、日陰部分に残雪あり。夜の冷え
  込みがあれば、凍結の可能性も…。水はけの悪い箇所は、ぬかるんでいますのでご注意を!

<今日も不安定な空で…>2011年3月11日
  
午後には晴れると思い、山に向かいましたが…。高座の滝から風吹岩、雨ヶ峠までは少し風
  が強かったですが晴れていました。雨ヶ峠で休憩しているとみぞれが降り出し動けず…収ま
  ったので本庄橋跡へ進み晴れ間の下で昼食。その後、歩き始め広場に来ると降雪…。最高峰
  辺りの雲行きも怪しく、土樋割峠から下山することにしました。東お多福山登山口のバス停
  に来るとまた、雪が…。結果、今日も変わりやすい山の天気に翻弄されました。


<朝は曇り空…午後から晴れて>2011年2月25日
  
早くから山に向かうはずが空はどんより…山も春霞状態。山行きは中止かと思いつつ、晴れ
  間が出て来たので一時間遅れの出発になりました。気温も上昇気味で少々暑いぐらい。山に
  も春が近づいてきたようです。アセビ、マンサクが咲き始めました。土樋割峠まで行き、戻
  って久しぶりに森林管理道を下って打越峠〜岡本梅林公園に立ち寄り、開花状況を…。
  
<岡本梅林公園の開花状況>紅梅、白梅など全体で8分咲き…今が見ごろです。

<朝から快晴…春を探しに>2011年2月19日
  
久しぶりの土曜日の山行き…朝から快晴で風もそれほど冷たくも無く。阪急芦屋川駅にはハ
  イカーが大勢…、山に入ると高年齢の団体さんから風吹岩では小学生の団体さんも。こうな
  るとさっさと一軒茶屋へと向かいました。七曲りも多そうなので別コースを進み、一軒茶屋
  へ、その後石の宝殿にも。雨ヶ峠の先の急坂は凍結なし、残雪は一軒茶屋から最高峰、有馬
  への魚屋道に残って一部凍結。七曲りを登ってきたハイカーに聞くと、一部がシャーベット
  状になっていたが軽アイゼンは不要とのこと。裏六甲:有馬へ下るには必要のようでした。
  コース上の水はけの悪い所は、ぬかるんでいます…滑って転ばぬようにご注意を!

<今冬最後の積雪を楽しもうと…>2011年2月15日
  
昨日の降雪が山を白銀の世界にしていました。高座の滝付近から風吹岩までにも積雪…、そ
  の後、雨ヶ峠〜七曲り〜一軒茶屋を経て有馬へ。裏六甲側ではかなりの積雪で、有馬の温泉
  街に入っても積雪でした。スキー板があれば滑れるぐらい…場所によっては10〜15cmぐらい。
  全体的に新雪でそれほど凍結していなかったですが、今後、夜の冷え込みで凍結すると思わ
  れます。
明日以降の山行きには軽アイゼンをお忘れなく!

<雪が降り出す前に…>2011年2月10日
  
午後から下り坂で夜には雪が…という今日の天気予報。朝、晴れていたけど最高峰方面は雲
  で隠れそうな空模様。風吹岩に着くと風花が舞って来て、予想より早く天気が悪そうな感じ
  なので低山域を歩き、早めの下山…。打越山から金鳥山〜保久良梅林〜その後、岡本梅林公
  園に立ち寄り、開花状況のチェックをして来ました。
  
<梅の開花情報>保久良梅林は未だムリ、岡本梅林公園は全体で1〜3分咲き…来週後半ぐ
          らいから見頃を迎えそうです。


<晴れのはずが…>2011年2月7日
  
予報では降水確率10%で日差しもある…とか。一時、日差しも出掛かったけど結局、雲が
  広がり、風も冷たいぐらい。一軒茶屋付近の残雪も消え始めています。凍結や霜が融けて、
  ぬかるみヵ所が増えて来ましたので、足元に注意を…。今日もハイカーは少なく、静かな山
  でしたが、風吹岩の西の藪中でイノシシの争う声あり、ボチボチ…繁殖行動かも。


<近畿全域が晴れマーク…>2011年2月3日
  
北部から南部までが晴れの領域…、朝晩は寒さもありますが、日中は小春日和、ハイカーは
  少なめでした。今日は蛇谷北山から石の宝殿〜川上の滝〜船坂へ。雨ヶ峠までは凍結無し、
  峠の先の下り坂は、まだ一部が隠れ凍結。土樋割峠から蛇谷北山は、山頂の手前までは大丈
  夫ですが、山頂付近から北斜面の下りは残雪・凍結=軽アイゼン必要! 石の宝殿付近も残
  雪ありですが凍結は無し。川上の滝への下りは北斜面・日陰で残雪タップリ・凍結も…軽ア
  イゼン必要です。このコースへは、経験者同行のこと。


<早朝は曇り…でも、だんだんと晴れて…>2011年2月1日
  
今日から二月…、昼前には日差しもあり、風は少し冷たくても山歩きには最適でした。今日
  はメインコースを…、七曲りから一軒茶屋〜魚屋道を有馬まで下りました。表六甲側では雨
  ヶ峠の先の下り坂で隠れ凍結=一見、普通の地面に見えますが完全に凍結していて滑ります。
  裏六甲:一軒茶屋からの魚屋道では相変わらず日陰部分=凍結です。トレッキングシューズ
  なら慎重に歩けば歩けないことはありませんが、不安な方は軽アイゼン装着が安心です。


<穏やかな天気でした…>2011年1月21日
  
朝から日差しがあり、風も弱くて山歩きには最適…今日も氷結した滝を見に。芦屋川駅から
  高校生の集団が山に…jどうやら大阪の工業高校で恒例の六甲登山…全校生約800人。久しぶ
  りに山は賑やかでした。一軒茶屋まで登り、そこからバスで帰校で、一軒茶屋も賑やか…。
  
<残雪・凍結情報…>雨ヶ峠の先の下り坂も、慎重に歩けばアイゼン無しでも大丈夫。七曲
  りコースは通りませんでしたが、ほとんど大丈夫と言えます。一軒茶屋付近は残雪あり、裏
  六甲には未だ残雪タップリ・凍結もありますので有馬に向かうには軽アイゼン必携です。

<寒波も去り…>2011年1月18日
  
天気予報では、平地でも積雪…でしたが、予報は外れたみたい。今日も晴れ…積雪チェック
  を兼ねて山へ向かいました。今日もハイカーは少なめ…でした。
  
<残雪・凍結情報…>雨ヶ峠まで問題なし。雨ヶ峠の先の下り坂=凍結。七曲りコースは日
  陰の部分が凍結(一軒茶屋までの約4割程度)。一軒茶屋周辺は積雪・凍結。そこから西へ極
  楽茶屋跡までの縦走路は積雪・凍結。紅葉谷を下りましたが、湯槽谷合流点まで積雪・凍結。


<明日から寒波…その前に>2011年1月14日
  
朝から快晴、風も弱く、山歩きには最適でした。今日もハイカーは少なめ…。
  
<残雪・凍結情報…>風吹岩から雨ヶ峠まで、ほとんど残雪・凍結ヵ所はありません。雨ヶ
  峠に少し残雪…、その先も前回よりは減っていますが、下り坂の手前から凍結。谷川の手前
  まで凍結があります。七曲りコースは日陰部分に凍結ヵ所があり、一軒茶屋の手前には残雪・
  凍結あり。一軒茶屋から有馬への下りは残雪・凍結していました。凍結ヵ所では軽アイゼン
  が必要です。
明日からの寒波で積雪や凍結ヵ所が増えると思われます…ご注意を!

<残り福?朝から晴れて風も収まり…>2011年1月11日
  
日差しもあって心地良い山歩きに…、今日もハイカーの姿は少なめでした。
  
<残雪・凍結情報…>雨ヶ峠までは日陰部分に残雪とそれらが少し凍結していますが、軽ア
  イゼンは不使用で大丈夫。雨ヶ峠の先は残雪、下りになると凍結で危険…軽アイゼンなど必
  要です…下りきると外して大丈夫。七曲りは通らずでしたが経験上、残雪・凍結です=軽ア
  イゼンが必要。一軒茶屋まで行き、石の宝殿から蛇谷北山〜土樋割峠へ。蛇谷北山の北斜面
  は残雪・凍結=軽アイゼンなど必要。土樋割峠から東お多福山バス停までの車道も日陰部分
  は凍結していますが凍結部分を避ければアイゼン無しでも大丈夫です。


<積雪・凍結の様子をチェック…>2011年1月7日
  
今日も朝から晴れ…最高峰付近の上空には雪雲が…。日差しもあったので山に向かいました。
  風吹岩までにも残雪があり…、2日の山よりも多めでした。雨ヶ峠からは軽アイゼン必携。
  その後、一軒茶屋〜有馬に下る魚屋道コースは9割積雪・凍結です。有馬の温泉街は積雪無
  し。寒波の影響か…ハイカーの姿は少なめ。
最高峰〜有馬へは、冬山装備が必要です。

<年初は…山ノ神さんに初詣>2011年1月2日
  
早朝から快晴…天気予報は外れてくれました。積雪等の情報と石の宝殿へ初詣を兼ねて山へ。
  日に当たって雪が解けた所は相当ぬかるんでいます。雨ヶ峠から先は積雪、圧雪により滑り
  やすい…夜には凍結。七曲りのコースは8割が積雪…一軒茶屋付近は約10cm、吹き溜まり
  はもう少し。軽アイゼンなどの装着は雨ヶ峠から必要です。石の宝殿から蛇谷北山〜土樋割
  峠までも積雪。その後、雨ヶ峠〜風吹岩〜高座の滝へと戻って来ました。


<晴れ…のち、最高峰近くで雪が舞い…>2010年12月27日
  
雨ヶ峠までは日差しもありましたが、土樋割峠を過ぎて最高峰近くになると空が曇って来て
  雪が舞い始めました。(表六甲には凍結ヵ所はありません)最高峰では地面が白くなるほどの
  小雪…一軒茶屋から有馬への魚屋道の下り坂は、うっすら積雪…。軽アイゼンを装着するほ
  どではなく、慎重に足を運べば大丈夫でした。しかし、夜になって冷え込むと凍結の可能性。
  最高峰経由で有馬へ下る場合、念のため軽アイゼン持参が安心です…。


<快晴の一日でした…>2010年12月17日
  
昨日とは一転、朝から快晴…、風吹岩では少し風が冷たかったですが、眺望はスッキリでし
  た。時々、遠方から来られる方とお会いしますが、今日は横浜から新幹線でやって来た二人
  組み…今日は山を歩いて有馬温泉泊まりとか。地元人としては、六甲の山歩きを楽しんで頂
  きたい気持ちでいっぱいです。天気の良い今日は、土樋割峠までの往復を歩いて来ました。


<早朝は快晴でしたが…>2010年12月10日
  
朝8時頃は雲ひとつ無い快晴…9時過ぎ、山へ出発し始めると雲がわいて来ました。風吹岩
  では次第に雲行きが怪しくなるほど。でも大阪湾の眺望は意外と遠くまで見えていました。
  一軒茶屋に着く頃には、上空に雲…街の方を見ると晴れているみたい。久しぶりに紅葉谷か
  ら有馬へ下山。コース上…落ち葉で石が隠れているのと、道が荒れていますので注意が必要
  です。有馬ロープウェイ:有馬温泉駅までの車道が所々で工事中でした。


<今日も小春日和…>2010年12月6日
  
12月に入って一週間…春を思わせるような一日でした。風が無かったので今日も風吹岩の
  眺望はイマイチ…。雨ヶ峠ではハイカーの皆さんの昼食時で座る所が無く、一気に土樋割峠
  へ。誰もいないと思っていると現れたのが、今年1月7日に注意喚起をした変態?オッサン。
  
<不審者情報>土樋割峠付近…女性ハイカーの皆さんはご用心…!詳しくはブログで…。

<今日は小春日和でした…>2010年12月1日
  
今日は昨日よりも空模様が良さそうなので、少し遅めでしたが山に向かいました。高座の滝
  から上部の鎖場では、大阪から来た幼稚園・年長さんたちが一生懸命登っていました。風吹
  岩では風も無く、気持ちよかったですが、眺望はモヤが掛かっていてイマイチ。土樋割峠か
  ら、久しぶりに東お多福山・山頂〜登山口バス停まで下ってきました。


<今日も晴れ…風は冷たくなって来ました>2010年11月29日
  
日差しもあって山歩きには丁度いい具合…でも、冷たい西風が少し強かったです。ハイカー
  の姿は少なめでした。紅葉も終わりかけで、木々も冬に備えて落葉が盛ん…その分、眺めが
  良くなってきました。瑞宝寺公園の紅葉は終盤…観光客は少し残念そうでした。


<天気予報は晴れて小春日和のはず、しかし…>11月24日
  
朝から上空に雲が広がっていて、山に向かうかどうか思案…結果、少し遅めの出発でした。
  紅葉は麓まで見事なぐらい…でも、空はどんより。雨ヶ峠まで行きましたが、いつまでも雲
  は動かず、冷え込みもあり下山することに。ようやく雲が取れ、日差しが出て来たのは高座
  の滝付近まで下ってからでした。まァ…こんな日もあるのが、山歩きの面白さ…。


<早朝から雲ひとつ無い快晴…>2010年11月19日
  
六甲の山並みもスッキリ見えて、今週二回目なのに山へ…。風も弱いし、日差しがあるし、
  ホント…山歩きに最適な一日でした。ハイカーの姿もそれほど多くなく、ゆっくりと山歩き
  を楽しめました。紅葉も、まもなく終わりそう…それだけ落葉が多くなっています。


<朝から快晴、山歩きに最適日…>2010年11月16日
  
ここ数日、黄砂に覆われていた山並みも、今朝はスッキリ晴れ渡っていました。市内から見
  える山麓も色づき始めています。今日は
有馬・瑞宝寺公園の紅葉情報を兼ねての山歩き。表
  六甲から裏六甲にかけて、紅葉は一気に進んでいます。瑞宝寺公園も見事に色づき、観光客
  の姿も多め…。この紅葉…落葉も多く、今週末まで持たない可能性があります。

<昨日よりも風も弱まり…>11月10日
  
昨日はあまりにも西風が強くて山へ向かうのを急遽中止…、今日も風があったけど寒さも緩
  むという天気予報だったので山へ…。阪急芦屋川駅で中高生の集団…少しずつ山に向かう様
  子。どうやら有馬まで行くみたいなのでこちらは行き先変更。とにかく奇声を上げたり、車
  が来ても道を譲らない迷惑な連中でした。そんな訳で今日もゴロゴロ岳から奥池を周って下
  山して来ました。 
 

<台風?でも、朝から晴れ時々曇り…>2010年10月29日
  
昨日までの冷え込みは無く、日差しが出ると暑さも…風は強めで、汗ばんだ身体を冷やして
  くれました。久しぶりに最高峰まで登り、石の宝殿から蛇谷北山〜東お多福山バス停へ下山。
  
<紅葉>一部の樹木が色づいて来ましたが、紅葉する前に強風で落葉状態の樹木も多いよう
      で、今秋の紅葉はどうなることやら…。


<日中は夏日…でも、山には秋らしさも…>10月18日
  
風吹岩に着くまでに汗びっしょり…もう少し涼しいと思っていたのに、暑い!最高峰まで登
  るつもりでしたが、予定を変更して打越山から十文字山へ下りました。コース上では秋の虫
  たちも鳴き始めています。十文字山の山頂は植栽などでコースが変わっていました。また、
  登山口付近(ヘルマンハイツ東端)はマンション建設工事で関係車両が多く、ご注意を!

<秋晴れの体育の日…>2010年10月11日
  
休日だけに阪急・芦屋川からのハイカーは多め…。今日は昨秋知り合ったハイカーのリクエ
  ストで山麓をガイド…、メインコースを避けたコースでゆっくり山歩きを楽しみました。湿
  気の多い地面の各所にキノコが登場…これも秋の風物詩。可憐な秋の花も咲き始めています。


<朝から快晴…>2010年10月6日
  
早朝は涼しさも…しかし、日差しが出ると今日も暑かったです。木々の間を吹き抜ける風は
  心地良く、バテ気味で汗ばんだ身体もスッキリ。花を求めながら、前回と同じコースをゆっ
  くり歩いてきました。


<今日の昼前、風吹岩で一頭の雄イノシシが駆除…>2010年9月24日
  
曇り空でしたが、北風もあって爽やかに山へ…。風吹岩に着くと周辺に血の跡…ハイカーが
  先ほどイノシシが殺され、運ばれたと教えてくれました。どうやら騒ぎを起こしていた雄の
  「ゴン太」が行政によって有害鳥獣と判断され駆除。引きずられて運ばれたようで、後を追
  いながら最後の姿を撮影。身勝手なハイカーが食べ物を与えた結果、こうした悲劇の結末に
  なりました。<野生動物に絶対食べ物を与えてはダメです!…この簡単で判り易い言葉を忘
  れずに六甲山麓へお越し下さい>
 今日は、仕方が無かったという空しさ、悲しさ、一抹の
  寂しさを感じながら下山しました…。


<2ヵ月半ぶりに…シーズン・イン>2010年9月17日
  
猛暑が続き、ようやく秋の気配…。例年より遅めのシーズン・イン…足慣らしを兼ねて風吹
  岩へ。ゆっくり時間をすごし、会下山遺跡へ下山してきました。ハイカーも少なめ、吹く風
  は心地良かったですが、日差しが出ると残暑厳しい…感じでした。
  13日夕方の各TV局のニュースで報じられたロックガーデンのイノシシ事件。山ガール二名
  が襲われた…とか。以前から常連ハイカーの間では良く知られたオスの<ゴン太>の犯行で
  す。その行為がエスカレートしたのでしょう。原因は人間…餌をやるな!と言ってもやる人
  がいる。リュックなどを地面に置く…イノシシにとって、リュックには食べ物が入っている
  と知っています。一度おいしい経験を学習すると同じことを繰り返してしまいます。正面か
  らではなく、後ろからリュックを狙って飛びつきますのでご注意を…、今日は現れなかった。


<梅雨の晴れ間…>2010年6月24日
  
久しぶりに朝から快晴…まさに梅雨の晴れ間の貴重な一日を謳歌しようと山へ。カラッとし
  た暑さだけど汗はタップリ。前回、山ダニにやられたので今日は藪を避けての山歩き…風吹
  岩でゆっくりし、その後は低山域を周回…再び風吹岩に戻り下山。昼頃、風吹岩周辺には猪
  2頭が現れていました。どうやら昼食時を狙っているようですのでご注意を!


<6月に入って、暑さも益々…>2010年6月2日
  
平日なのにハイカーは多めで少し賑やかな山麓でした。暑さのせいでバテ気味の若者達もい
  たぐらい…、猪も暑さのせいか?現れずでした。高座の滝からは、六甲が初めてという楽し
  い三人組の最高峰登頂をお手伝い。帰りも一緒に石の宝殿から宝殿ゲートへ…丁度来たバス
  に慌てて乗ったけれど有馬行き…瑞宝寺公園で下車し、次の芦屋行きを待って下山しました。
  何事も慌てるとアキマセンねェ〜(苦笑)

<少し風があり季節は逆戻り?でも…>2010年5月28日
  
山歩きには最適の気候でした。新緑も鮮やかさが映え、野鳥のさえずりも一段と木々に響い
  ていました。雨の影響が残り、コース上に湧き水が滴り出て泥濘状態。谷川の水も多めです
  ので川渡りには注意が必要です。一軒茶屋から有馬への魚屋道は東京からの健脚ハイカーと
  一緒に歩き、静かな森林浴が楽しめました。

<朝は濃霧で山の姿は見えず…>2010年5月21日
  
昼前には姿をうっすら…、日陰では昨日の雨で地面に水分が残り、余計に蒸し暑かったです。
  午後は黄砂の影響で遠くがボンヤリ状態。暑くて少々バテ気味…荒地山周辺を徘徊して下山。
  
風吹岩周辺に出没する猪の行動がエスカレート気味です。隙を狙って後ろからザックを奪お
  うと飛びついて来ますので注意をして下さい。近づいて来たら大声を出したり、ストック等
  を振りかざして威嚇し追い払うと良いでしょう。無責任に食べ物を与える行為が現在の結果
  になっている訳ですから、絶対に食べ物を見せたり与えてはいけません!


<朝はどんよりした曇り空、でも…>2010年5月13日
  
昼前から晴れて来て爽やかな一日…、風吹岩までの中央尾根…小学生の遠足や中高年の団体
  などで少々渋滞気味でした。途中、生徒が地獄谷へ下って行くのを見て…おかしいと思った
  が先導者に続いているものと判断。通常のコースを行くと先頭の組の姿…足を速めて第二鉄
  塔で追いつき、教師に伝えると慌てて生徒を待たせて戻って行く有様。教師が戻るのを待っ
  て団体の引率方法をアドバイスしておいたが…。前もってコースの下見をしたそうだが、先
  導する教師が常に後方確認をしながら進むこと等の基本が出来ていない。以前も同じような
  集団道迷いがあったが(偶然にも、05年の同じ日…)、山を知らない教師の未熟さが原因だ。
  さて、風吹岩ではモヤもなく大阪湾の眺望は最高でした。その後、一軒茶屋まで登り、東お
  多福山登山口のバス停まで下ってきました。タニウツギも咲き始めています。

<連休明け、終日曇りの予報が…>2010年5月6日
  
早朝は予報どおりの曇り空…でもそのうち晴れてきて。一度は山行き中止と思っていたので、
  遅めの出発に…、上るにつれ快晴、暑さもジワリ…。風がそれなりに吹いてくれたので良かっ
  たけど、かなり暑かったです。ハイカーは少なめ、静かなコースにテンが姿を見せていました。
  最高峰へは水分が足りないので諦め、土樋割峠から下山してきました。


<休日明けも晴れが続いて…>2010年4月26日
  
でも明日は下り坂…。4年8ヶ月履いていたお気に入りのトレッキングシューズ(GARMONT製)
  のアウトソールが磨り減ってそろそろ…という訳で新たに購入(SALOMON製)、今日は履き慣ら
  しも兼ねて山へ向かいました。一軒茶屋まで登ると風もあって心地良かったです。
   
<工事情報>熟練者向きの瑞宝寺谷西尾根…途中で大規模な治山工事を行なっていて、一部
         で歩行に注意が必要です(工事は9月迄)。暫くは避けるのが良いでしょう。


<快晴…今日も春を探しに…>2010年4月8日
  
朝から真っ青な空、風吹岩からの眺めもスッキリ…。最高峰からは、熟練者向けコースを松
  尾橋〜有馬へ(分岐多く、踏み跡の無い個所もあり初心者は確実に迷う…)下りました。
  高座の滝から横池辺り…例年ならコース沿いに咲き揃っているコバノミツバツツジの花が、
  今年は少なくなっています。最近、折りたたみのノコギリ持参でコース沿いの木々の枝など
  むやみに切っている人がいます(4〜50代・濃紺ジャージ姿の男性)。また、蕾のうちに枝を折
  って持ち帰る人(中年女性)もいます。そういう連中が原因です。自然と親しもうと山に来て
  いるはずなのに、心の歪んだ人や身勝手な人が増えたようです…困ったことですよね。


<春を求めて…>2010年4月5日
  
少し曇り空の朝でしたが、春を探しに山へ…、会下山遺跡から土樋割峠まであちらこちらへ
  立ち寄りながら歩き、帰途は芦屋川沿いのコースを下って来ました。魚屋道ではハイカーの
  姿も少なめでしたが、風吹岩では春休みらしくお孫さん連れも…。風吹岩周辺では行政の注
  意書きがあるにもかかわらず、ザックを置いたまま等のハイカーが多いですが、猪に盗られ
  ますので、くれぐれも注意をして下さい。


<昨日の寒波が山に名残り雪を…>2010年3月30日
  
六甲では珍しく…春だと言うのに山の日陰には雪も。朝から快晴…春を求めて山へ。草花た
  ちは昨日の寒波で咲くことを思いとどまったみたい。今日は一軒茶屋まで往復を歩いて来ま
  した。
最近少し気になることが…風吹岩までの中央尾根コース前半で不自然に岩が崩れてい
  る、踏み石が動いている等の個所が増えています。もともと崩れやすい場所ではありますが
  誰かが人為的に崩しているようにも思えますのでハイカーは落石・踏み外し等にご注意を!!
 
  また…午後3時ごろから登ってくるハイカーも見かけますが、安易な省略地図だけの初心者
  ハイカーは山歩きのリスクを考えているのか…と、心配です。六甲山を舐めたらアカン!


<今日は朝から快晴…>2010年3月19日
  
あまりにも良い天気で急遽、予定を変えて山へ…。高座の滝で出会った大阪のハイカーが六
  甲が初めてとのことで、有馬まで同行することに。その後、土樋割峠では神戸のハイカーが
  初めて…で、一緒に有馬を目指すことになり、石の宝殿〜最高峰〜有馬まで歩きました。空
  は雲ひとつ無い青空…暑くも無く寒くも無く、ハイキング日和の一日でした。

<久しぶりに山へ…>2010年3月17日
  
前回の山行きの後、腰痛やら風邪やら天候不順やら…。今日は久しぶりに風吹岩へ向かい、
  その後、いつも会う常連さんと荒地山周辺を徘徊して来ました。風吹岩までの中央尾根では
  赤ペンキに変わって蛍光緑色のペンキで矢印が書かれていました。再び、馬鹿ペンキ族が出
  現。本人は親切心?自己顕示欲?かもしれませんが、国立公園内での落書きは違法であり、
  見苦しく、ある意味の自然破壊と言えます…本当に身勝手で困った行為です。


<春を思わせるような…>2010年2月24日
  
一気に春が来たような日差しで、風も弱く暑い…。第一鉄塔の手前でダウンした家族連れ、
  母親が疲れと暑さで熱中症気味だったので少しお手伝い、このまま高座の滝まで戻るように
  アドバイスをして別れました。これからの季節、暑くなりますので絶対にムリをしないこと
  が大切。山歩きは平地を歩くのとは異なり、意外と体力を消耗します。下着類も汗を発散し
  やすい吸湿速乾製のものがお勧め…、綿100%は乾きにくく疲れが倍増します。水分補給も多
  めに持参しておくと安心です。
   
<岡本梅林公園>梅花情報…八分咲きで今が見頃を迎えています。

<久しぶりのコースを…>2010年2月17日
  
晴れの予報だったのに朝から曇り空でした。今日はハードなコース歩き…風吹岩から打越峠
  〜五助山〜極楽茶屋跡へ向かい、その後、番匠屋畑尾根から湯槽谷〜有馬へと下りました。
  最高峰付近の北斜面・日陰部分は残雪・樹氷、一部凍結も…吹く風は冷たく、山上の春はま
  だまだ遠く〜って感じの一日でした。ロックガーデン…アルミ梯子周辺の樹木にまた赤ペン
  キで矢印を書いてあるのを発見…再び赤ペンキ好きなバカが現れ始めたようです。


<麓から見ると最高峰付近は真っ白…>2010年2月13日
  
ここ数日の雨が山では雪の気配…土曜日でしたが山に向かいました。土樋割峠から蛇谷北山
  〜石の宝殿へ。残雪は意外に無く、樹氷が木々を凍らせていました。最高峰付近では、見事
  なくらいの樹氷…。ハイカーも平日より多め。一軒茶屋からの魚屋道は残雪無し。今日は極
  楽茶屋跡から紅葉谷を有馬まで下りました。最初の下りが少し凍結気味だけで、それ以降は
  一部に霜とぬかるみがあるぐらいです。なお、今後の冷え込みによっては状況が変わります。


<残雪・凍結の様子を…>2010年2月5日
  
2月1日の雪…その後のチェックを兼ねて、有馬へ向かいました。表六甲:七曲りコースの
  中盤から一軒茶屋にかけては残雪あり、一部凍結。
一軒茶屋から裏六甲:有馬への魚屋道は
  残雪も多く、それらが凍結し軽アイゼンなどが必要不可欠!
今回の残雪・凍結個所は射場山
  の先まで続いていました。暫くはこの状態が続きそう…。スニカーなど靴底の滑らかなもの
  は凍結路に対し無防備で大変危険です!


<最高峰付近は積雪…>2010年2月2日

  昨日の雨が最高峰付近では雪だったようで、約13〜15cm。石の宝殿では約20cmの積雪でした。
  雨ヶ峠付近も少し残雪、峠の先の急坂は雪や凍結はありません。七曲りの入り口は積雪、中
  盤以降は約10cmの積雪、蛇谷北山付近も10cm程度の積雪です。新雪のため軽アイゼンでも歩
  きにくい。全域で雨後や融雪のぬかるみが多い。今夜辺りから凍結個所が増えるので軽アイ
  ゼンなどの装備が必要です。間違ってもスニーカー登山は危険ですのでやめて下さい。


<年初の山歩き、先ずは山の神に初詣…>2010年1月7日
  年明け以降は天気予報に左右され…今日は予報も当てにせず山へ。早朝、麓から見た最高峰
  は樹氷らしき白さも見えましたが…結果、雨ヶ峠から七曲り〜一軒茶屋〜有馬にかけても凍
  結など全くありませんでした。石の宝殿で初詣を済ませた後、魚屋道を有馬へ下りました。
  
★女性ハイカーの皆さん<ちょっと変態気味なマウンテンバイク(MTB)男に注意!>
   七曲り・土樋割峠周辺でMTBに乗車、服装が奇異でこの寒い中、素足に靴で黒の超ミニ
   スカート風な下半身…。ハイカーの女性に出会うと写真を撮って欲しいと云い、ポーズを
   取りながらミニスカート風なものを広げて下着(赤いふんどし?)を見せるらしい。
   私も七曲りコースですれ違いましたが、有馬へ下る途中出会った常連のオバサン3人組が
   この情報を話してくれました。山中では気味が悪いので何とかして欲しいと頼まれました。
   警察に届けてみますが、実際に被害届がないと取り締まらないと思いますので、皆さんご
   注意を! この男…以前は本庄橋跡北の広場に幌の青い軽四ジムニー(なにわナンバー)を
   駐車をしていましたが、現在工事中のため、最近は一軒茶屋周辺に駐車し、そこから自転
   車に乗り継ぎハイキングコースで女性に声をかけているようです。年齢:60代〜70代の男
   で以前、土樋割峠で出会った時、赤のミニスカート風の衣装で奇異に感じたことも…。


<今日も朝から快晴…>2009年12月8日
  先月末から風邪症状で山に行けずようやく…。今日は低山域をゆっくり・のんびりと歩きま
  した。風吹岩付近に出没するオスのイノシシがハイカーにちょっかいを出していますので注
  意をして下さい!20分ほどの間に時間を置いて二度目撃しましたが、特に女性を狙って後
  ろから足を突付いてきます。芦屋市からの注意喚起の張り紙も各所にありますが、持ち物を
  地面に置いておくと持ち去ります。これらは無責任に餌を与える人がいるからこういう結果
  になったのです。イノシシは野生動物、ペットと同じように思うと事故の元です!


<秋晴れの遠足日和…>2009年10月15日
  
今日は小学生の遠足が2校と高座の滝で遭遇…。低学年組はゆっくり登山なので、こちらは
  高座谷から風吹岩へと先回り。風吹岩からは六甲が初めてという尼崎からのハイカーと一緒
  に最高峰〜有馬まで同行。台風の影響は今日のコース上でも倒木や崩落個所も数多く見受け
  られました。裏六甲の紅葉はもう少し先…の感じです。


<台風一過、秋晴れ…>2009年10月10日
  
風雨が強かった台風18号が去り、一気に秋の気配がやって来たようです。出発が少し遅くな
  り今日も低山域を歩くことに…。芦屋川西岸から弁天岩〜芦屋ゲート〜土樋割り峠へ。コー
  ス上は強風で小枝や木の葉が散乱、倒木もあったりで無残な光景。東お多福山登山口バス停
  からはハイカーの姿も多め。オバサングループは相変わらず、植物を採集していて平気な様
  子…自然災害と共に人的被害に遭っている六甲山麓の植物たちはお気の毒です。




<梅雨の中休み…>2009年6月17日
  
梅雨入りしてから、不安定な天気が続くもののそれほどの雨も降らず…。今日は上空の寒気
  も離れて安定した快晴日。出掛けるのが遅くなり、結局、バスで宝殿橋へ。石の宝殿から高
  座の滝まで下って来ました。赤ペンキの件…朝日新聞でも報じられて関心が高まっているよ
  うです。樹木に書かれていた赤ペンキが消されているようですが、近くで見ると木の肌を削
  られていました…これはちょっと問題あり。削るより数色のカラーペンキで吹き付けること
  で判らなくなり、樹木の為にも良い様な気がします。


<暑かったァ…、セミの初鳴きも…>2009年5月20日
  
暑い一日になりそうな予報で、飲料水も多めに持参し対策万全。阪急バスで宝殿橋まで行き、
  そこから山歩き…という一日でした。石の宝殿から芦屋へ向かって下山しながらあちらこち
  らへ。街はインフルエンザ騒ぎですが、山では新緑の森林浴シャワー…、汗もタップリかい
  て健康そのもの。低山域でセミの初鳴きに遭遇…まだ少し弱かったですが夏が近い予感も…。


<爽やかな初夏の一日…>2009年5月15日
  
朝から気温も低めで、山歩きには最適…、久しぶりに石の宝殿へ行き、一軒茶屋から下って
  東お多福山登山口からバス…。ハイカーの姿も少なめ、野鳥の競演を耳にしながら山歩きが
  楽しめました。土樋割り峠で警察学校生の集団と出会いましたが、その規律正しい行動に感
  心…立派なおまわりさんになってくれるでしょう。帰途、地図に記載されていないコースへ
  の進入矢印・樹木への赤ペンキをカモフラージュ消去。スプレー書きをする人と考え方が異
  なりますが、初心者が入り込んで事故が起きてからでは遅いという判断です。


<山麓は赤矢印で汚染…>2009年5月12日
  
先日、神戸新聞の記事でロックガーデン界隈の赤スプレー問題が報じられていました。行政
  による対策があるようですが…。前回、赤矢印を消すように対処した場所を今回確認すると、
  同じ場所に再び赤矢印が書き込まれていた。報道の人物以外にも問題行動をする人がいる。
  今日は有馬まで山越えしましたが、最近書き込んだ赤スプレーが随所に見受けられ…情けな
  い有様。風吹岩まで小学校の遠足と一緒になり、賑やか…。その後も割とハイカーの姿も多
  かった。蒸し暑い一日でしたが、木々を吹き抜ける風が心地良く、汗ばんだ身体もホッ…。


<今日も山へ…>2009年4月30日
  
一昨日に続けて山へ。朝から快晴…でも出発は午後。今日の目的は、中央尾根・第一鉄塔の
  下にある休憩用のイスの補修…前回同様、壊される可能性もあるけど、連休中にやって来る
  ハイカーのために…という訳です。その後、もう少し先に進んだ所の赤スプレーの矢印を消
  しました。本来のコース以外に誘導する必要性が全く無いからです。風吹岩まで進むコース
  上の数ヶ所の木々に赤スプレーが…(地獄谷へ誘導=昨年、岩壁の大崩落があり常に落石の危
  険)。また、六甲山は瀬戸内海国立公園の一部ですから…あまりにひどい赤スプレーは自然公
  園法違反(13条)に該当します。こういう赤スプレー書きは熊野古道でも問題になりました。
  書いた本人は新しいルートを紹介しているつもりかもしれませんが、ハイカーがそこへ入り
  込むことで植生を痛め、山が荒れる原因になることに気づくべき。ちなみに、消した場所に
  帰路に立ち寄ると、早くも矢印が書き込まれていました…苦笑!

<晴れていたのに…>2009年4月28日
  
午後から雨の確率20%が的中の一日でした。雨ヶ峠まで中学生の団体もあり、ハイカーの姿
  もそれなり…。本庄橋跡まで進んだ頃に雲行きが怪しくなり、戻ることにしました。高座の
  滝の手前で雨が降り出し、雷鳴も一度響く始末でした。モチツツジ、ヤマツツジが咲き、タ
  ニウツギも咲き始めました。中央尾根のコース上で赤ペンキで新たな矢印が数ヶ所に書かれ
  ています。しかし、家族連れ等には歩き辛く迷う可能性があり、また植生を傷めます。従来
  のコースを通るようにして下さい。

  
<快晴続き…春爛漫!>2009年4月13日
  
初夏を思わせるような日が続き、山は春真っ盛り。コバノミツバツツジが山を彩り、足元に
  はスミレも。ウグイスなどの野鳥も賑やかに競演していて自然界は春を満喫しているようで
  す。クマバチも花の蜜を求めて飛び回っていますが、人が何もしなければ攻撃してきません
  ので騒いだりせず、そっとしておきましょう。


<先日、撮影できなかった花を求めて…>2005年5月16日
  
朝から快晴…澄み切った空気で山からの眺めも最高。大阪湾から奈良、紀州の山まで見通
  せて、5月でこんな日は珍しい。何と今日は雨ヶ峠の手前の急坂で幼稚園児の集団に遭遇。
  幼い子供達が急坂を下って来るけど、滑るし転ぶし…。思わず手助けをしたけど、大人で
  もキツイ場所に遠足というのも如何なものか。先日といい、どうも引率の大人が楽しむた
  めに子供達が犠牲になっているような気がしてなりません。


<とんだアクシデントに遭遇…!>2005年5月13日
  
今を盛りに咲く野草の写真を撮りたくて今日も山へ…。風吹岩を過ぎ、ゴルフ場のイノシ
  シ除けゲートの所で、道に迷った小学生の一団に遭遇。引率の教師は先に東お多福山に向
  かって児童だけ。どうやら黒五谷へ下ってしまい、大半の児童はゲートまで戻ったけど、
  一部がそのまま下ってしまった。とにかく、この場所を動かないように指示をして、急い
  で黒五谷を下り、1名発見、分岐点で4名発見。ところが3名が打越峠に向かったとかで、
  発見した児童に元の場所に戻るように指示、その3名を追う事に…。結局、打越峠から魚
  屋道まで追ったけど発見できず。魚屋道をゲートまで戻ると教師が黒五谷の4名の児童を
  迎えに行き、結局残りの3名の所在不明。最後にはその3名も横池周辺で他の学校関係者
  に保護されていたことが判明して…一件落着。
  教師が6名もいながら、山での引率方法に基本的な問題あり、大阪北部のI市の小学校…、
  大いに反省して欲しい。今の季節、遠足気分のハイキングも多いけど、コースを熟知した
  人のアドバイスを受けてから実施するべきだ。



           <過去の履歴は適時削除しています>