琵琶湖の風景

近江八景

室町時代に中国の瀟湘八景になぞらえて、琵琶湖の南部から選ばれた八箇所の名所です。
江戸時代の浮世絵師・歌川広重の浮世絵によって広く世間に知られることとなりました。


膳所

滋賀県淡水養殖漁業協同組合の事務所がある水産会館は大津市の「におの浜」というところにあります。
江戸時代には膳所藩・本多氏6万石の城下町として栄えました。近くには旧東海道が通り、歴史情緒ある町です。


琵琶湖の漁法

琵琶湖の魚を取るために様々な漁法が行われています。
その中には鮎苗を取るために生まれた琵琶湖独特の漁法である「えり」や「やな」といったものがあります。


琵琶湖の風景


滋賀県の6分の1の面積をしめ、日本最大の湖である琵琶湖。
かつては都から近い淡水の海として「近淡海(ちかつあわうみ)」と呼ばれましたが、測量技術が発達した江戸時代中期以降は湖の形が琵琶に似ていることから「琵琶湖」と呼ばれるようになりました。
そんな琵琶湖と滋賀県内の風景を紹介します。