琵琶湖の幸

鮎のレシピ

美味しさと姿の美しさから「清流の女王」と称される鮎。鮎は初夏に成長し、6月~9月に旬を迎えます。 秋ごろ、産卵の為清流を下る子持ち鮎は「落ち鮎」と呼ばれ、特に珍重されます。 「香魚」とも呼ばれるほどさわやかな芳香と淡白な味から刺身・塩焼き・甘露煮・うるかなど様々な味わい方が楽しめます。


鱒のレシピ

1877年(明治10)にアメリカ・カルフォルニアから移入され、昭和のはじめに養殖に成功。現在では全国で養殖・放流事業が盛んに行われています。 虹鱒の名は体側の色が虹を思わせることに由来しています。


鯉のレシピ

古くから人々に親しまれており、魚の中では最も古くから飼育されてきた魚です。 野生の野鯉、養殖の大和鯉、ウロコの少ないドイツ鯉、観賞用として改良された錦鯉などが主な品種です。


鮎のしそ揚げ

<材料>
  • 鮎 ・・・4匹
  • 塩 ・・・少々
  • 梅干 ・・・2個
  • 青じその葉 ・・・8枚
  • 小麦粉 ・・・少々
  • 天ぷらの衣 ・・・適宜

<作り方>
  1. 1.鮎は3枚におろし、腹骨をすき、軽く塩をして2つに切ります。
  2. 2.種を取り除いた梅干を、細かくたたきます。
  3. 3.鮎の身に梅肉を塗り、小麦粉を軽くまぶして青じその葉で巻きます。
  4. 4.爪楊枝で止め、天ぷらの衣をつけて、油で揚げます。
    (高温で揚げると青じその葉の色が悪くなるので、中温(約175~180度)くらいでカリッと揚げてください。)
  5. 5.温めた天つゆを添えて、出来上がりです。
 鮎のしそ揚げの写真