委託事業要約筆記

★「要約筆記」とは 
   聴覚障がいのある方に、話の内容をその場で文字にして伝える筆記通訳のことです。
  「話す」スピードは「書く」スピードより速いため、すべてを文字化できないので、
  話の内容を要約しつつ、筆記することから「要約筆記」といいます。

   当協会では、平成11年より、大阪市より要約筆記者養成研修派遣事業を受託し、
  要約筆記者の養成や研修及び派遣事業(手書き要約筆記とパソコン要約筆記両者)を
  実施しています。
  
     3つの事業の詳細を以下紹介します。
    (関連項目をクリックして開いてください。もう一度クリックすれば閉じます。)

派遣

   派遣は、「障害者の日常生活及び社会参加を総合的に支援するための法律
 (以下、「障害者 総合支援法」という。)の中に定められている
  地域生活支援事業の意思疎通支援事業として 市町村必須事業です。  
   大阪市内居住の聴覚障がい者で、要約筆記通訳以外で意思疎通が 難しい方で、
  次の派遣対 象項目に該当する場合は、 自己負担なし(公費)で
  要約筆記者を派遣 いたします。ご希望の 方は 派遣事務局 まで お問い合わせください。
  
   ●派遣対象事項(公費対応)  
    (1) 要約筆記者によるコミュニケーション上の支援が、聴覚障がい者等の
       権利ないし、 生活の保障を行う上で必要となるとき
    (2)官公庁、医療機関またはその他の公共機関において、要約筆記者による  
       コミュニケーション上の支援が、聴覚障がい者等が日常生活及び     
       社会生活を 営む上で必要となるとき
    (3)聴覚障がい者等のための研修、文化、体育及び    
       レクリエーション活動において、 要約筆記者による     
       コミュニケーション上の支援が、これらの活動を     
       行う上で 必要となるとき            
   ●また、公費外 (有料) 派遣も実施していますので、   
    派遣事務局までお問い合わせください。
             
                           大阪市要約筆記者派遣事務局(担当 宇田)
                            電話   06-6931-6141
                            FAX  06-4305-3287
                            E-mail  fumi-2819@nifty.com


             ↑クリックするとファイルが開きます

             クリックするとPDFファイルが開きます。

                ↑クリックするとPDFファイルが開きます。

             クリックするとPDFファイルが開きます。

 

研修

2021年度
大阪市要約筆記者現任研修会(予定)
 前期  7月11日(日) および 7月18日(日)
 後期  10月31日(日)
 場所   長居障がい者スポーツセンター会議室
以上を予定しています。
詳細は今後連絡します。

養成講座

2021年度
6月3日(木)の受講説明会を経て 
6月10日(木)開講予定に変更です。
21回の講座を実施し12月9日(木)で終了です。
開催場所は基本的には長居障がい者スポーツセンターです
(一部変更の場合があります)。


全日程(変更
新型コロナウィルスによる非常事態宣言延長のため
開催日程と場所が一部変更になりました。
下記の「講座全日程、場所」を確認ください。
今後とも変更の可能性がありますので
事務局からの連絡に十分注意してください。

事前説明会(6月3日)の開催場所はドーンセンターです。

              ↑
      クリックして内容を確認ください。


 

要約筆記者養成講座での一こまを紹介
(飛沫防止対策等 2020年度実施状況)

 今年度はコロナウィルス禍の終息が見通せない中、いろいろな方法を
駆使して感染対策を実施し養成講座を進めています。
 その一つが飛沫防止策としての透明パーテーションの使用です。
講師前面にある透明シートの張ってある四角の白い枠は、受講者との
間を遮る大型パーテーションです。透明シートの向こうでは講師が
熱弁が振るっている様子が見えます。さらに講師の側には消毒剤なども
用意しています(下の写真)

            一方、手書きコース実習では受講者は講師と間近で対面せざるを
           得ない場合があります。機材(OHC)をはさんで講師と実習者が相対する
           ケースですが、そこでは小型の透明パーテーションを設置して両者間の
           飛沫防止に対応しています(下の写真)。

       フェイスシールド・マスク・ソーシャルディスタンスィングにも
      留意しています。
       下図は「伝達の学習」の課題を対面で討議しているところです。



          要約筆記者養成講座修了式  令和3年2月4日

      手書きコース 9人 パソコンコース 7人が修了されました。おめでとうございます。
                    大阪市からの挨拶