本文へスキップ

お念仏のお寺  真宗大谷派 光福寺


電話でのお問い合わせはTEL.072-794-0189

光福寺行事予定

料理イメージ


皆様のお参りをお待ちしております。

光福寺令和3年度 年間行事予定
    下記年忌法要表をご覧ください。
http://www.eonet.ne.jp/~koufukuji/nenkangyouji%20reiwa3nen.pdf へのリンク

行事御案内


聞法会
令和3年11月15日(月)午後1時〜3時
永代経法要
令和3年10月23日(土)午後1時半〜4時
上記永代経は内勤めとさせていただきます。

コロナ感染症の状況によっては変更があります※緊急事態宣言の発令中は上記の聞法会・法要は中止となります。
参拝旅行ご参加有り難うございました。平成31年度は4月11日に開催されました。今年度はご本山と蓮華王院三十三間堂、昼食を挟んで世界遺産醍醐寺を参拝し千体を超す多くの仏を礼拝し、美しいお庭と桜を満喫しました。
蓮華王院三十三間堂は1,001体の観音堂である。さらにここには国宝の雷神と風神像があり俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一に受け継がれた風神雷神図屏風のモデルとなりました。またここ三十三間堂では土御門天皇(1195~1231)が開かれた後白河法皇の13回忌に法然上人を招かれ法要が執り行われたそうです。南無阿弥陀仏の顕彰碑が遺っていました。

今回の最高齢参加者は102歳写真のお二人あわせて192歳!しんどいとか、もうあかんなんて言わせないお二人です。頭が下がります。

昼食はグランビア京都にて。責任役員の挨拶から乾杯となりゆっくりくつろいで頂きました。
昼食後、平安時代の初期聖宝理源大師によって開創された醍醐寺を参拝しました。写真は三宝院の美しいお庭です。拝観は3ヵ所に分かれており広大な境内地です。  

この国宝五重の塔は醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇天皇が起工、村上天皇の天歴5年(951)に完成しました。

 
 霊宝館の前の桜がとても綺麗でした。法然上人は醍醐寺にも遊学され、お弟子で東大寺の再建をされた重源上人もここで出家されたそうです。  
 写真をプリントしたい方はこちらをコピペしてダウンロードして下さい→ https://1drv.ms/f/s!AnwUgv5Z6-tWrH5gHt_it7nheS9k

店舗写真

information店舗情報

真宗大谷派 光福寺

〒666-0104
兵庫県川西市笹部2−16−16
TEL.072-794-0189
FAX.072-794-0189
MAIL.お問い合わせ
→アクセス


夕食イメージ