ステンレス竹炭炉・高電導竹炭・パイ化セラミック
竹炭炉から竹炭加工技術・応用技術のことなら


株式会社 ケーシーピー
  雨水浄化装置
 水は限りある貴重な資源です。 雨水を利用しないのはなぜですか?

   雨水浄化システム:雨水は貴重な水資源です。

 雨水はpH7以下の酸性です。最近酸性雨が社会問題化されておりますが、河川や湖沼を水源とする現状の水道水源地に比べ、生活雑排水、農薬、化学肥料などからの化学物質汚染が極めて少ない天然の蒸留水です。また、昨今問題の環境ホルモンの侵入も少ない。これらの点から、雨水を水資源として活用することが不可欠との観点に立ち、竹炭を浄化資材とする浄化装置を開発中です。
 雨水を屋根から捕集し、白炭並の高電導竹炭をベースとした資材を使い、雨水浄化を推進しています。
 現在、弊社竹炭工場において、試験プラントとして、実用型の水量5トン、小型の1トンの施設が試験稼働しており、実用段階に入りつつあります。この度、設備の概要と現在の試験概況を紹介させていただきます。






■使用浄化資材概要
 ◇高電導竹炭:電気抵抗値、5Ω/cm以下の白炭:粒状〜小片、
 ◇活性化竹炭: 高電導竹炭を電気炉で炭酸ガス表面賦活;900℃×2h処理
 ◇活性化セラミック:活性セラミック、活性化竹炭との併用
 ◇活性化竹炭セラミック:開発中の資材ですが、資材として導入予定


■コンセプト:雨水を高電導竹炭、活性竹炭、および活性化セラミックなどの水浄化資材を使い、
        高度な生活用水・飲用水に仕上げ活用すること
          ▽安全・安心の活性水に変える
          ▽水は自己管理(簡単・簡便)
          ▽水源地は降雨時の自宅屋根
          ▽ライフライン確保:災害時にも安心


竹炭工場(作業場) 雨水浄化プラント(5t) 砂ろ過棟 水質測定


雨水浄化プラント(1t) 砂ろ過ユニット 竹炭浄化ユニット


トップページ