HOME > 校歌 登高賦

校歌 登高賦 Shool Song

※クリックすると音楽が流れます。音量にご注意下さい。

校歌 登高賦

作詞 初代校長 池田多助
作曲 新居(にいい)一郎の曲による

校歌 登 高 賦

  1. 浅紫に明けて行く 生駒 金剛 遥(はる)に見て 黎明(あさけ)の光 身に浴びつ 希望(のぞみ)に生ける健児あり
  2. 高津の宮の昔より 大楠公(だいなんこう)の忠節や 金城(きんしょう)高く聳(そび)え立つ 豊大閣(ほうたいこう)の其の勲業(いさお)
  3. 歴史の蹟(あと)は遠けれど 若き血汐の高鳴るや 英雄の覇図(はと) 永久(とこしえ)に 胸の小琴(おこと)に通う哉(かな)
  4. 思(おもい)も遠き丘の辺の 高きに登り見渡せぱ 雲かとまがう煤煙の 黒きはやがて世の姿
  5. 此の昏濁の世に立ちて 戦う時の剣(つるぎ) 太刀 鍛えんとして集れる 誓も固き健児団
  6. 東 朝日を迎えては 理想をはらむ東雲(しののめ)や 西タ陽(せきよう)を送りては 久遠(くおん)の思(おもい) 凝(こ)らしつつ
  7. 剛健 質実 自重 自治 至誠の思(おもい) 鍛うべく ここ新興の気に燃ゆる 我が一団の意気を見よ
  8. 太乎洋の波高く 日東(にっとう)の岸を洗う時 心して立て国民と 叫ぶ声あり君きくや
  9. 此の国民を救わんと うら若き日の春秋(はるあき)を 鍛えて待つも今暫し 我等の希望(のぞみ)知るや君
  10. 桜(さくら)花咲く春の野に 花の装(よそお)い 蝶の舞 栄華の夢を辿(たど)りつつ 鳴呼 世は眠る此の日頃
  11. 天地をこむる風雪を 浚(し)のぎて咲くや 白梅の 香も高き姿こそ 我等が永久(とわ)の旗標(はたじるし)
  12. この旗の下 一筋に 若き我らの道行かむ 古き浪華の夢ならぬ 吾等の歴史 いざ書かむ