検査案内:胃カメラ、腹部エコー、頸動脈エコー、レントゲン、乳腺エコー、末梢血・CRP・電解質の測定ができます

胃カメラ
 口から直径9mmの電子内視鏡を入れて、食道、胃、十二指腸の前半部分を観察します。検査中に異常が見つかれば、小さな組織を採取して顕微鏡で調べる検査に提出します。実際の検査時間は約5分ですが、検査の前に5分間喉の麻酔をします。

腹部エコー
 お腹の外側からプローブという超音波を出す装置を当てて、腹部の臓器を観察します。肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、膀胱などの臓器を調べるのに有用です。極めて安全で苦痛の少ない検査です。検査時間は観察する臓器の範囲によっても異なりますが、通常10分程度です。

 上記の検査は正確を期するために基本的に予約が必要ですが、すぐに結果が必要な場合や、結果により治療法が変わる場合など、下記の検査は受診当日に施行できます。

レントゲン検査
 胸、腹、手足などのレントゲンが撮影できます。当院では生殖腺などの不必要な放射線被曝を避けるために、患者さんにプロテクターを装着していただきます。またCRというレントゲンのデジタル処理装置を導入しましたので、撮影の失敗による撮り直しがなく、高精細モニターですぐに読影できます。

体表エコー
 体表付近にあるしこりなどの性質を検査します。腹部エコーと違って食事には影響されませんので、いつでも検査可能です。

緊急血液検査
 当院では一般の血液検査は外注していますので、結果が出るのに早くとも半日かかりますが、血球検査、CRP、電解質は院内ですぐに検査できます。発熱や腹痛時に炎症の程度を評価したり、下痢や嘔吐をしているときの脱水の種類を調べ、治療法の決定に役立てています。

ほしやクリニック:大阪府枚方市招提中町の内科、小児科、外科・胃腸科・肛門科の診療所(医院)

寝屋川市、四條畷市、交野市からは府道18号線を樟葉(楠葉)方面に北上。
京都府八幡市からは国道1号線を大阪方面に、京田辺市からは国道307号線を枚方方面に、
生駒市からは国道168号線を枚方方面に進み、右折して府道18号線に入って下さい。