クレジットカードのリボ払いは、高額な買い物をしたときや、ついうっかりクレカを使いすぎたときに分割して支払うことができる支払い方法です。

 

手持ちのお金がないけど、どうしても買いたいものがあるときに大変便利なサービスです。
メリットが大きいクレカのリボ払いですが、実は手数料が膨らみやすいという欠点があります。

 

場合によっては、カードローンに借り換えた方が手数料の節約になるかもしれません。
そこで今回は、クレカのリボ払いの借り換えで手数料を節約する方法をご紹介します。

 

 

クレジットカードのリボ払いは手数料が増えやすく完済しにくい

まずはじめに、クレジットカードのリボ払いのしくみについて理解しておきましょう。
これを読めば、なぜクレジットカードのリボ払いの手数料が増えて、返済がなかなかおわらないのかがわかりますよ。

 

クレジットカードのリボ払いとは

クレジットカードの支払い方法は大きくわけて4つあります。

  • 一括払い
  • 分割払い(2回)
  • 分割払い(3回以上)
  • リボ払い

 

一括払いは、購入金額を翌支払日に1回で引き落とされる支払い方法で、手数料はかかりません。
分割払いは2回までだと手数料がかかりませんが、3回以上にすると手数料がかかることが多いです。

 

そしてリボ払も利用金額を分割で支払う方法なのですが、分割払いとは分割の方法が違います。
分割払いは買ったものに対して、回数を決めて分割払いをする支払い方法です。

 

つまり決まった回数を支払えば、返済は完了します。
一方リボ払いは利用金額の総額に対して、毎月支払う金額を決めて分割払いをします。

 

たとえば月5,000円の支払いと決めたら、利用金額が5万円でも10万円でも、毎月5,000円だけ引き落とされるということです。

 

そして支払い残高が残っている限り、手数料とともに支払い続けることになります。

 

クレジットカードのリボ払いの手数料は約15.0%

クレジットカードのリボ払いは手数料がかかります。
料率はクレジットカードによって異なりますが、約15.0%のところが多いでしょう。

 

これは銀行カードローンの最高金利と同じくらいです。
つまりクレジットカードのリボ払いをするということは、カードローンの返済をしているのとほとんど同じであるといえます。

 

クレジットカードのリボ払いの手数料が増える原因3つ

リボ払いのデメリットは、リボ払いの手数料がふくらんで、返済がなかなか終わらないことです。
その原因は3つあります。

 

毎月の返済額が少ない

リボ払いは毎月の支払い金額が少ないため、支払いの負担が軽く利用者に優しい支払い方法にみえるかもしれません。

 

ですが毎月の支払い金額が少ないことこそ、手数料が膨らんでしまう原因なのです。

 

毎月の支払い金額が少ないと、支払い残高が減るのも遅くなりますよね。
手数料は残高で決まりますから、減るのが遅い分手数料も払い続けなければいけません。

 

毎月の支払い金額に手数料分が含まれている

クレジットカードによっては、毎月の支払い金額に手数料が含まれているものと、支払い金額に手数料を足した分を毎月支払うという2つのタイプがあります。

 

手数料も含まれている方が、毎月の返済金額も一定ですし負担も少ないです。

 

ですが支払金額に手数料が含まれているということは、支払い金額から手数料を引いた分しか元本が減っていないので、支払い残高が減るのは遅くなってしまいます。

 

さらに支払い金額のうち、いくらが手数料なのかを知るには、毎月自分で確かめる必要がありますが、毎月わざわざ計算する人も多くないでしょう。

 

つまりいくら返済できて、支払い残高があといくら残っているのかがわかりにくく、管理がむずかしいという欠点もあるのです。

 

クレカのショッピングは1回で済まない

リボ払いはクレカの利用総額に対して、毎月支払う金額を決めて支払うと説明しました。
支払い残高が3万円で毎月5,000円支払っていたら、6回〜7回程度の支払いでリボ払いは完済できます。

 

ですがこれは、クレカを使って追加で支払いをしなかった場合の話です。

 

リボ払いを完済するためには、支払い残高をゼロにする必要がありますが、ほとんどの人はクレカを使い続けるため、支払い残高は減るどころか増える一方。
クレカで支払いを続ける限り、リボ払いはなかなか終わらないのです。

クレカのリボ払いはカードローンへの借り換えで手数料を節約できる

リボ払いは手数料が膨らみやすく、なかなか終わらない支払い方法であることがわかりましたね。
このままリボ払いを続けていたら、リボ払い地獄から抜け出すことはカンタンではないでしょう。

 

ですが銀行カードローンに借り換えれば、手数料が節約できて早く完済するかもしれません。
長年リボ払いを続けているのに、なかなか支払いが終わらないという方はぜひ参考にしてください。

 

支払い残高が高い人ほど銀行カードローンへの借り換えがオススメ

リボ払いの手数料利率は約15.0%で、銀行カードローンもほとんどかわりません。
ただし支払い残高が高額な人は銀行カードローンに借り換えると、手数料が節約できる可能性があります。

 

なぜなら銀行カードローンは限度額が高くなるほど金利が下がるからです。
もし支払い残高が100万円を超えるようでしたら、銀行に借り換えの相談をしてみてもいいでしょう。

 

また、繰り上げ返済がしやすいのもカードローンがオススメな理由のひとつです。

 

リボ払いでも繰り上げ返済をすることは可能ですが、事前にカード会社に連絡をして返済する必要があるので、少々手間がかかります。

 

ですがカードローンなら返済日以外でもとくに連絡することなく、近くの提携ATMから返済することができるので気軽に繰り上げ返済することができます。

 

注意する点は、同じカードローンでも消費者金融を利用しないこと。
消費者金融の金利は最高18.0%で、リボ払いの手数料よりも利率が増えてしまうからです。

 

さらに消費者金融は総量規制により、年収の3分の1を超えるお金を貸すことはできません。
リボ払いの借り換えは高額になることが多いので、消費者金融ではカバーできないでしょう。

クレジットカードのリボ払いの借り換えにオススメの銀行カードローン

クレカのリボ払いを借り換えるのにオススメの銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローンです。

 

楽天スーパーローンの金利は限度額によって異なりますが、最高でも14.5%なのでクレカの手数料と同等か、より低い金利となります。

 

限度額800万円1.9%〜4.5%
600万円以上800万円未満3.0%〜7.8%
500万円以上600万円未満4.5%〜7.8%
350万円以上500万円未満4.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満4.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満6.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満9.6%〜14.5%
10万円以上100万円未満14.5%

 

楽天銀行スーパーローンに借り換えるべき3つの理由

楽天銀行スーパーローンをオススメする理由は3つあります。

 

  1. 申し込みのハードルが低い
  2. 最低返済額が低い
  3. 楽天スーパーポイントが貯まる

 

楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンでありながら、申込みのハードルが低いのが特徴。

 

20歳から62歳の方で、毎月安定した収入があれば申し込むことができます。
学生さんもアルバイトで収入がある方なら、申し込むことができますよ。

 

2つ目のポイントは最低返済額が低いことです。
楽天銀行スーパーローンの最低返済額は利用残高によって異なります。

 

10万円以内 2千円
10万円超〜30万円以内 5千円
30万円超〜50万円以内 1万円
50万円超〜100万円以内 1万5千円
100万円超〜150万円以内 2万円
150万円超〜200万円以内 3万円
200万円超〜250万円以内 3万5千円
250万円超〜350万円以内 4万円
350万円超〜400万円以内 4万5千円
400万円超〜500万円以内 5万円
500万円超〜600万円以内 6万円
600万円超〜700万円以内 8万円
700万円超〜800万円以内 10万円

 

10万円以内なら毎月の返済額が2,000円で済みます。
ただし最低返済額が低いということは、元本もなかなか減らないということ。

 

手数料の節約のために借り換えたのに、これでは意味がありませんね。
借り換え後もできるだけ早く完済するように、返済金額を増やしましょう。

 

そして3つ目は楽天スーパーポイントが貯まることです。
入会時と初回利用時に1,000ポイント、さらにスーパーローンの利用で500〜30,000ポイントがもらえます(初回利用時のみ)。

 

貯まったポイントは楽天サービスだけでなくマクドナルドやミスタードーナツ、無印のオンラインショップでも利用可能。

 

マイルやポイントに交換することもできます。
ポイントがたまる銀行カードローンは楽天スーパーローンだけ。
webから簡単に申し込みができますよ。

 

楽天銀行スーパーローンに借り換えるときの注意点

楽天銀行スーパーローンの返済額は、とくに指定をしない限り最低返済額での支払いとなります。
たとえば支払い残高が35万円の場合、返済額は1万円となり、返済を続けて30万円を切ったら自動的に返済額が5,000円に変わります。

 

残高が減るにつれて負担が軽くなるのですが、これでは返済がなかなか終わりません。
かならず自分で返済できる金額を設定して、可能な限り繰り上げ返済を心がけましょう。

 

【まとめ】クレカのリボ払いが終わらない人は借り換えを検討しよう

  • 長年リボ払いの返済を続けているにもかかわらず残高が全然減らないと思っている方
  • 毎月返済しているから何も気にせずクレカを使っていたら限度額に達してしまいクレカが使えなくなった方
  • もうクレジットカードのリボ払いから卒業したい方

 

これらに当てはまる方は、銀行カードローンへの借り換えを検討しましょう。
より低金利の銀行カードローンに借り換えたら利息の節約にもなりますし、繰り上げ返済も自由にできるので早く完済することができますよ。

 

リボ払いの借り換えなら、webから簡単に申し込めて、楽天ポイントも貯まる楽天銀行スーパーローンがオススメです。