「できれば審査が甘いカードローンに申し込みたい」

 

現在収入が少ない方や、すでに他社で借金をしている方などカードローンの審査において不安な部分がある方は、審査が甘いまたは緩いカードローンをお探しではないでしょうか?

 

またお急ぎの方も、できるだけ審査が甘いカードローンに申し込んで、すぐにお金を借りたいと思っているかもしれません。

 

残念ながら審査なしのカードローンや、他社より極端に審査が通りやすいカードローンはないといっていいでしょう(少なくとも国に許可を得て営業している業者は…)。

 

ただ審査通過率や審査基準は各社で異なるようなので、それぞれのカードローン会社の特徴を知れば、あなたにとって審査がスムーズに終わるカードローンを見つけることができます。

 

そこで今回は、カードローン会社の審査についてご紹介。
審査に通りやすくなる方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

カードローン審査の甘さを調べる3つの方法

各カードローン会社は詳しい審査方法や審査基準を公表していません。
そのため審査の甘さを直接調べて、カードローンごとに比較することはできないのが現状です。

 

ただし審査の甘さの「目安」を知る方法はあります。

 

  1. 株主用の説明資料を見る
  2. シェアの高さを確かめる
  3. 口コミを確かめる

 

1. 株主用の説明資料を見る

最初に紹介する方法は、株主用の説明資料を見ることです。

 

株主用の資料は、基本的に各カードローン会社のホームページにある「企業情報」や「IR情報」から見ることができます(一部公表していないカードローン会社もあります)。

 

その中でとくに見ていただきたいのは決算報告の「審査通過率」や「利用者の年齢層」です。
審査通過率は全申込者のうち、審査に通った人の割合を表しており、通過率が高いほど審査に通りやすいと判断できます。

 

また利用者の年齢層を見て、たとえば20代の利用者が多ければ、多少収入が少なくても審査に通るカードローンだと判断できますし、逆に30代や40代が多いと審査において収入や仕事の継続年数が重視されるのではないかと予想できます。

 

このように株主用の資料には、審査基準のヒントがあるので申し込む前に一度確認してみましょう。

 

大手消費者金融3社の審査通過率を比較してみよう

大手消費者金融を3社ピックアップして、2018年の審査通過率をまとめました。

 

2017年度 2017年

4月

2017年

5月

2017年

6月

2017年

7月

2017年

8月

2017年

9月

プロミス

成約率

43.9% 45.1% 44.8% 43.9% 46.0% 46.4%
アコム

新規貸付率

45.1% 47.7% 46.8% 45.2% 45.8% 45.3%
アイフル

無担保新規成約率

42.5% 42.0% 42.9% 47.3% 47.4% 47.3%

 

2017年

10月

2017年

11月

2017年

12月

2018年

1月

2018年

2月

2018年

3月

平均
46.8% 47.3% 44.8% 44.6% 45.9% 45.6% 45.43%
44.9% 44.7% 43.0% 42.0% 44.1% 43.2% 44.82%
46.4% 45.9% 47.3% 45.8% 45.9% 46.5% 45.6%

 

プロミスの平均通過率は45.43%と、アイフルとほぼ同じくらいの割合で審査に通過していることがわかりますね。

 

この数字は前年よりもアップしており、以前よりもお金が借りやすくなったと考えられます。

 

アコムの平均通過率は44.82%と他の2社と比べて少ない結果となりましたが、あまり差はないと見てもいいでしょう。

 

アイフルの平均通過率は、3社の中でもっとも高い45.60%。
アイフルが他の2社と違う点は、銀行資本が入っていないという点です。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいことから、銀行資本が入ったカードローンもそうでないカードローンに比べて審査が厳しいと言われています。

 

審査通過率の結果から見ても、銀行資本が入っていないアイフルは、他社に比べると審査が甘いカードローンであると考えられますね。

 

2. シェアの高さを確かめる

業界のシェアが高いほど、審査に通りやすいと考えていいでしょう。
シェア(マーケットシェア)とは「市場占有率」のことで、業界全体に対する各企業の商品やサービスが占める割合のこと。

 

各企業の売上高や生産数などを調べて比較すれば、シェアが高いカードローンを知ることができます。
カードローン会社が利益を生むには、たくさんお金を貸して利息を得る必要があります。

 

つまりシェアが高いということは、その会社では融資が積極的に行われているということです。
よって業界シェアが高いカードローンは、他社に比べて審査に通りやすいのではないかと考えられます。

 

業界シェアTOP3の銀行カードローン

実際に各銀行カードローンの貸付残高から業界シェアの高いカードローンを割り出してみました。
どのカードローンが審査に通りやすいのか確かめてみましょう。

 

1位 三井住友銀行カードローン(約6,400億円)

業界シェアNO.1は三井住友銀行カードローンです。
金利は年4.0%〜14.5%と一般的な利率で、契約極度額は10万円〜800万円と高額融資にも対応しています。

 

全国の三井住友銀行ATM、提携コンビニATM(E-netATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM)で、手数料無料でキャッシングできるのが人気のカードローン。

 

最低返済額は2,000円からと無理なく返済できること、そして800万円までの高額融資にも対応しており、幅広い利用者層に対応していることがシェアNO.1につながっているのでしょう。

 

2位 三菱UFJ銀行バンクイック(約4,600億円)

最低返済額が1,000円からと、収入が低い人でも無理なく返済できる金額を設定していることから、審査のハードルが他社に比べて低いのではないかと予想できます。

 

三菱UFJ銀行バンクイックもセブン銀行ATMローソン銀行ATM、E-net ATMのコンビニATMが手数料無料で利用できます。

 

3位 楽天銀行スーパーローン(約4,000億円)

ベスト3にランクインしたのは、インターネット銀行である楽天銀行の楽天銀行スーパーローンです。

 

楽天銀行の口座がなくても申込可能。
スマホで申し込みがすべて完了する手軽さが、楽天銀行スーパーローンの人気の秘訣ではないでしょうか。

 

3. 口コミで審査の甘さを確かめる

カードローンを申し込む前に、一度口コミサイトを覗いてみるのもいいかもしれません。

 

すべての情報を鵜呑みにするのはよくないですが、「自分は学生だけどアコムで〇〇円借りることができました」といった情報を知ることができるので、参考になるでしょう。

審査が甘いと考えられるカードローン3社

上記の3つの方法で調べた結果、審査に通りやすいカードローンを3つご紹介します。

 

アイフル

アイフルは審査通過率が一番高かったことから、他社に比べて審査が甘いカードローンといえます。

 

またアイフルの特徴として20代の若い利用者が多いことから、アルバイトやフリーターといった低所得者でも、お金を借りることができるのではないかと考えました。

 

プロミス

プロミスもアイフルとほぼ同じくらいの審査通過率で、前年度よりも上がったという点で審査が甘い傾向にあると考えられます。

 

またスマホさえあれば、カードレスでお金を借りることができる「アプリローン」というサービスを開始しており、より便利になったことからますます利用者が増えそうです。

 

楽天銀行スーパーローン

銀行カードローンでお金を借りるなら、楽天銀行スーパーローンがオススメ。

 

シェアの高さからいうと、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行バンクイックにはかなわないですが、これらメガバンクのカードローンはどうしても審査が厳しくなってしまいます。

 

ネット銀行なら、メガバンクよりも柔軟な対応が期待できます。

 

また楽天銀行スーパーローンは借り換えローンも積極的に行っていることから、すでに他社でお金を借りているけどもっと低金利でお金を借りたい方にもオススメです。

 

甘くないカードローン審査に通るためにできること

審査が甘いカードローンを探すのもいいですが、それよりもお金を借りる人自身が審査に通りやすくなるようになる方が、早く解決できるかもしれません。

 

審査に通りやすくなる条件を以下にまとめました。

 

勤続年数が長いほうが審査に有利

カードローン審査では、同じ会社で長期間働いている方が、信用度が高いと判断されます。
新しい職場で仕事を始めたばかりの人は、数ヶ月働いてからお金を借りる方がいいでしょう。

 

他社借入件数が少ない方が審査に通りやすい

他社借入件数が同じ50万円でも、1社から50万円を借りるのと2社から50万円を借りるのとでは、1社から借りている人の方が信用度が高くなります。

 

すでに複数社からお金を借りている人は、1つでも完済して借入件数を減らしてから申し込みましょう。

 

申し込む時は間違いや虚偽がないよう正確に記入する

申込み内容に間違いがあると、審査に通らなくなる可能性があります。
ましてや他社借入件数や他社借り入れ金額、年収などで嘘の内容を記入するのは禁物。

 

調べれば必ずバレてしまうので、審査に通るために嘘をつくのはやめてください。
年収や希望融資額など金額を記入する際は、桁数を打ち間違える可能性があるので慎重に記入しましょう。

 

【まとめ】審査が甘いカードローンを見つけるよりも借り主の条件を良くする方がいい

カードローン審査の甘さを確認する方法3つと、審査が甘いといわているカードローン3社をご紹介しました。

 

残念ながらどのカードローン会社も審査基準を公表していないので、株主向けの売上情報や審査通過率をみることで審査の甘さを予測することしかできません。

 

また多少の差はあったとしても、どのカードローンでも厳正な審査が行われることに変わりはありません。

 

審査が甘いカードローンを探すよりも、あなた自身が審査に通りやすい条件に近づく方が審査に通る可能性が高くなるでしょう。