ヤバい!!!「給料日前で生活費が足りない」 「最近出費が重なって来月の家賃が払えない」

 

このようにお金がなくて困っているときは、できるだけ早くお金を借りたいですよね。 家族や友人にお金を借りるのはちょっと気が引けるという方は、金融機関を利用してお金を借りるといいでしょう。

 

カードローンなら保証人不要、申込みから最短即日でお金を借りることができます。 わざわざ店舗に行かず誰にも合わずにインターネットで申し込むことができるので、忙しい方や人バレたくないという方も簡単に手続きができますよ。

 

今回はお金に困ったときに、スムーズにお金を借りる方法をご紹介します。

 

お金を借りる5つの方法!オススメは消費者金融カードローンのネット申し込み

すぐに必要なお金を借りる方法として考えられるのは、次の5つの方法です。

 

  1. 銀行からお金を借りる
  2. 消費者金融のカードローンでお金を借りる
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  4. 家族や友人に借りる
  5. 闇金でお金を借りる

 

この中で一番のオススメは、消費者金融のカードローンでお金を借りる方法。 消費者金融のカードローンは即日審査、即日融資に対応しており、お急ぎの方でもその日のうちにお金を借りることができます(申し込み時間による)。

 

また公務員や正社員の方はもちろんのこと、20歳を超えていれば毎月一定の収入があるアルバイトやパートの方でも申し込むことが可能です。

 

30日間の無利息期間サービスがあるのも、消費者金融のいいところ。 さらにインターネットからWeb申し込みが可能で、振込融資にすれば家を出ることなく手続きが完了します。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利でいいのですが、審査に最低でも1日はかかってしまうことと、審査が比較的厳しいことを考えるとお急ぎの方にはオススメできません。

 

クレジットカードを持っているという方は、キャッシング枠を利用してお金を借りるのが一番早いです。 特別な審査もなく、お近くのATMからすぐにお金を借りることができます。 ただし「クレジットカードを持っていない」「すでに限度額まで使ってしまっている」という方はすぐにお金を借りることができないので、カードローンを検討しましょう。

 

闇金でお金を借りるのはとても危険です。

 

法外な利息の支払いを要求されたり、執拗な取り立てに悩むかもしれません。 とくに収入が少ない方や、過去に借金を長期滞納していた方で、キャッシング審査に落ちてしまった方は、「審査なしで即日10万円!」といった甘い言葉につられて借りてしまう方も多いので注意しましょう。

ネットでお金を借りることができるカードローン6社

最近では消費者金融のカードローンも、銀行カードローンもインターネットで申し込むことができます。
今回は、お金を借りるのにオススメな大手消費者金融のカードローン5社と、銀行カードローンのなかで比較的ハードルが低い楽天銀行をご紹介します。

 

アコム

「はじめてのアコム」でお馴染みの消費者金融アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。

 

アコムの特徴は、初回利用者に限り30日間の無利息期間が設けられていること。 返済期日を「35日ごと」で契約すると、契約日の翌日から30日間はお金を借りても利息がかかりません。

 

女性専用ダイヤルもあるので、「男性が苦手」という方でも気軽に相談できます。

 

さらに楽天銀行の口座をお持ちの方なら、24時間いつでも最短1分で振り込み融資をしてもらえるので、大変便利です。

 

プロミス

プロミスも、24時間いつでもネットで申し込みができるカードローン。

 

プロミスも30日間無の利息期間が適用されますが、他社と違うのは無利息期間のカウントスタート日です。 他社は契約日の翌日から30日間であるのに対し、プロミスは初回利用日から30日間となります。 つまり急にお金が必要になったときに備えて契約だけ済ませておいて、しばらく経ったあとに利用しても30日間きちんと無利息期間が適用されるということ。 これは嬉しいですよね。

 

さらに銀行振り込みは24時間対応しており、完全にインターネットだけでお金を借りたいという方や仕事で忙しい方にもピッタリ。

 

スマートフォンのプロミス専用アプリ「アプリローン」なら、申込みから借入までスマホで完結可能です。 ローンカードが不要で、スマホがあればお近くのセブン銀行からお金を借りることができます。

 

※すべての銀行に24時間振り込みができるわけではありません。

 

レイクALSA

レイクALSAは新生フィナンシャルのカードローン会社です。

 

レイクALSAの特徴は、30日間か5万円まで180日間の2つの無利息期間から好きな方を選べること。

 

24時間いつでもネット申し込みができるのはもちろんのこと、24時間即日振込みにも対応しているので、お急ぎの方に大変オススメです。

 

レイクALSAの公式アプリ「e-アルサ」があれば、全国のセブン銀行ATMがカード無しで利用できるため、わざわざローンカードを財布に入れておく必要はありません。

 

思い立ったときにすぐお金を借りることができるのは、アプリローンのメリットといえます。

 

※すべての銀行に24時間振り込みができるわけではありません。

 

SMBCモビット

モビットは消費者金融の中で唯一、電話意外の在籍確認も行っているカードローンです。

 

通常カードローンの審査では、勤務先の企業に直接電話をかけて在籍確認をします。 たとえ「Web完結」と謳っていても、在籍確認だけは免れることができません。

 

ですがモビットの場合、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に口座がある方は社会保険証や組合保険証を提出することで在籍確認が完了するのです。

 

24時間の振込融資やアプリローンにも対応しており、これほど徹底的にWebだけで申し込みができるのはSMBCモビットだけといえるでしょう。

 

ただし30日間の無利息サービスは行っていないので、その点は少し残念ですね。

 

※すべての銀行に24時間振り込みができるわけではありません。

 

アイフル

アイフルの申込者は比較的若い人が多いことがわかっており、大手の消費者金融の中では申し込みやすいカードローンです。

 

24時間いつでも申し込みができ、30日間の無利息サービスもあります。

 

他の消費者金融と違う点は、24時間の振込融資に対応していないこと。 銀行の営業時間は平日15時までなので、即日振込みを希望する方は平日13時までには申込みを済ませなければなりません。

 

ですがアイフルはアプリローンに対応しており、全国のセブン銀行でお金を借りることができるので、夜間や週末に即日融資を希望する方はスマホローンを利用すれば問題ないでしょう。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、銀行カードローンの中でも比較的申し込みやすいことで評判です。

 

銀行カードローンのいいところは、消費者金融のカードローンに比べて金利が低いところ。 楽天銀行スーパーローンの場合は、最高でも14.5%と、消費者金融の金利18.0%よりも低い設定となっています。

 

また銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、審査に通れば年収の3分の1以上のお金を借りることもできます。

 

このほかにも、楽天銀行の口座があれば24時間振り込みキャッシングが可能であったり、手数料無料でコンビニATMが利用できたり、楽天ポイントがもらえるといったサービスもあるので大変お得です。

 

銀行カードローンは申込があると、警察のデータベースに照会する義務があるため、即日融資ができなくなってしまいましたが、お急ぎでない方はサービスが豊富な楽天銀行のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

カードローンをネットで申し込む方法

ネットからお金を借りる方法はとても簡単。 申し込みからお金を借りるまでの手順をみてみましょう。

 

パソコンやスマホからカードローンを申し込む

24時間いつでも申し込みできます。

 

本人確認書類や収入証明書の画像ファイルを送信

収入証明書は50万円以上のお金を借りたい場合に、提出する必要があります。 スマホのカメラで書類を撮影し、画像ファイルをアップロードすれば完了です。

 

審査結果の通知

審査の結果がメールで届きます。消費者金融のカードローンなら最短30分で審査が完了します。

 

契約

自動契約機で契約して、その場でローンカードを受け取ればすぐにお金を借りることができます。 振込融資を希望する場合は、Webから口座振込を申し込みましょう。

 

細かい手続きの流れはカードローン会社によって異なりますが、基本的にはこの流れで申し込みができると考えていいでしょう。 早ければ最短1時間でこれらの手続きが終わります。

Web完結でお金を借りる方法

インターネットで申し込みから融資まで、すべての手続きを済ませる申し込みを、Web完結といいます。
カードローンの場合、スマホやパソコンから申し込んで、銀行口座に振り込んでもらうことで、店舗に行くことなくお金を借りることが可能です。

 

振り込んでもらったお金は、近くのATMから現金を引き出して使うこともできますし、あえて口座に残しておいて、ネットショッピングの振り込み決済をするのに使ってもいいでしょう。

 

契約時に、忘れることなく振込融資の依頼を行ってください。

 

Web完結で融資を受けるなら営業時間に注意
申し込んだその日にお金を借りたいという方は、銀行の営業時間内に振り込まれるようにする必要があります。 一般的に銀行の営業時間は平日9:00〜15:00(土日祝日は休み)で、この時間外に振り込みの申し込みをすると翌営業日まで反映されない可能性があるのです。

 

ただし提携銀行に振り込む場合は、銀行の営業時間外でも即時に入金されることがあります。 アコムなら、楽天銀行の口座があると24時間最短1分で振り込み可能。

 

さらに2018年の10月から各銀行で「モアタイムシステム」が導入され、モアタイムシステムに参加する金融機関同士なら、24時間365日銀行振り込みが可能になりました。

 

これによりプロミス、レイクALSA、SMBCモビットでは、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行などモアタイムシステムに参加する銀行への振り込み融資が、最短10秒で24時間いつでも可能となったのです。

 

カードローン会社 24時間振り込み融資可能な銀行
プロミス モアタイムシステムに参加するすべての銀行
レイクALSA モアタイムシステムに参加するすべての銀行
SMBCモビット モアタイムシステムに参加するすべての銀行
アコム 楽天銀行のみ
アイフル なし

 

※モアタイムに参加する銀行でも、メンテナンス時間や土曜日・日曜日の夜間は銀行振り込みがすぐに反映されない場合があります。ご利用前に各銀行にご確認ください。

 

モアタイムシステムに参加していないみずほ銀行などは、24時間銀行振り込みの対象ではありません。

 

スマホアプリがあればカードレスでお金を借りることができる

アイフルは残念ながら24時間銀行振り込みに対応していませんが、専用のスマホアプリを 使ってセブン銀行ATMからカードレスキャッシングをすることができます。

 

スマホアプリを使えば、自動契約機にローンカードを取りに行ったり、振込融資されるのを待つ必要はありません。

 

現金がすぐに必要だという方は、振込融資よりもアプリを使ったキャッシングの方が便利かもしれません。

 

借入方法はとても簡単で、まずはWebから申し込みをします。

 

契約完了したら専用のスマホアプリをダウンロードして、お近くのセブン銀行ATMに行きましょう。 ATMの画面に表示されたQRコードをアプリで読み取ると、スマホの画面に企業番号が表示されるので、それをATMの画面に入力し、暗証番号を入力するだけ。

 

あとは取引金額を入力すればお金を借りることができます。 もちろん24時間いつでも借入可能です。

 

アイフルのほかにSMBCモビットやプロミス、レイクALSAも、専用アプリでカードレスキャッシングが可能です。

どのカードローンでお金を借りるべき?お悩み別カードローンの選び方

「どのカードローン会社でお金を借りるか迷っている。」 「自分にあったカードローンがどれかわからない。」

 

このようにカードローン選びに悩んでいる方のために、お悩み別でオススメのカードローンをご紹介します。

 

在籍確認の電話を会社にかけてほしくない

会社の人にカードローンの利用がバレたら気まずいですよね。 在籍確認の電話によって、会社の人にバレるのではないかと不安に思っている方も多いと思います。

 

カードローン会社もこのことを考慮して、在籍確認の電話をかけるときは会社名を名乗らず、個人名で電話をかけるようにしています。

 

ですが営業職でない限り、外部の人から電話がかかってくるだけでも、怪しまれてしまうかもしれません。 会社の中に一度でもカードローンを借りた事がある人がいれば、気づかれる可能性があります。

 

「在籍確認の電話はどうしても避けたい!」という方は、SMBCモビットでお金を借りるといいでしょう。

 

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に口座を持ち、申し込むときに社会保険証や組合保険証を提出すれば在籍確認が完了します。

 

審査が甘いカードローンでお金を借りたい

すでに他社でお金を借りている人や、収入が少ない人などは審査に通りにくいです。 これはどのカードローン会社でも同じなので、特別審査が甘いカードローンがあるとは言えません。

 

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比べると、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。

 

中でもアイフルは利用者情報から若い人の利用率が高いことと、審査の通過率が悪くないことがわかるので、審査に自信がない方でも審査に通るかもしれません。

 

アルバイトやパートで収入を得ている方でも、一定の収入があれば申し込むことができるので、挑戦する価値はあると思います。

 

ただし他社からの借入件数が4件以上という方や収入がない無職の方は、どのカードローンでも審査に通るのは難しいでしょう。

 

土日祝日でもとにかく早くお金を借りたい

「今すぐお金を借りたい」 「週末でも必要なときにお金を借りたい」

 

このようにとにかくお急ぎの方はSMBCモビット、プロミス、レイクALSAがオススメ。 申し込みから融資まで最短1時間で完了するスピード審査が魅力です。

 

それだけでなく、SMBCモビット、プロミス、レイクALSAは振込融資が24時間可能。

 

さらにアプリローンにも対応しているので、契約さえ終われば全国のセブン銀行から24時間いつでもスマホだけでお金を借りることができます。

 

ローンカードを取りに行ったり、家に届くのを待つ必要がないので、お急ぎの方に大変オススメです。

 

できるだけたくさんお金を借りたい

100万円を超えるような高額融資を希望している方や、複数社からお金を借りてでもできるだけたくさんのお金を借りたいという方は、銀行カードローンがオススメです。

 

消費者金融は総量規制の対象となっているため、年収の3分の1を超えるお金を借りることができません。 一方銀行カードローンはその対象ではないので、高額融資をしてもらえる可能性が高いのです。

 

銀行からも消費者金融からもお金を借りるなら、「先に銀行カードローンでお金を借りてから消費者金融に申し込む」方がいいでしょう。

 

もし先に消費者金融でお金を借りてしまうと、銀行カードローンの審査で不利になってしまうからです。 せっかく高額借入のチャンスがあるのに、他社の借入があることで限度額が下げられてしまうともったいないですよね。 銀行で限度額ギリギリまで借りてから消費者金融でお金を借りるようにしましょう。

 

ちなみに銀行で年収の3分1を超えるお金を借りていても、総量規制対象の借り入れとならないので、消費者金融の申し込みができます。

 

金利が低いカードローンでお金を借りたい

「お金を借りるなら、金利が低いカードローンが一番お得!」

 

このように思っている人も多いのではないでしょうか。 返済総額には金利のほかにも借入金額、返済期間、無利息期間といった要素が影響します。 つまり単純に金利が低いからといって、一番お得とは言えないということです。 また高額融資でなければ、金利が15%(銀行カードローン)でも18%(消費者金融)でも負担額に大きな差はありません。

 

仮に10万円を金利15%の銀行カードローンと18%の消費者金融で借りて、毎月4,000円返済するとしましょう。

 

  • 金利18%、支払回数32回、返済総額126,203円(利息26,203円)
  • 金利15%、支払回数31回、返済総額120,587円(利息20,587円)

※無利息期間は考慮していません。
※あくまでも参考値です。

 

このように5,616円しか差がありません。

 

消費者金融なら初回申し込みに限り30日間の無利息サービスを行っているカードローンもあるので、無利息期間中にたくさん返済しておけば、低金利の銀行カードローンよりも利息の節約をすることができます。

 

銀行カードローンはたしかに金利が低いですが、「即日融資ができない」「審査が厳しい」といった点もあるので、お急ぎでお金を借りるなら、消費者金融のカードローンを検討してもいいでしょう。

ネットでお金を借りることができなかったときの対処法

「すぐにお金が必要なのに申込み時間外だった」 「ネットでカードローンを申し込んだけど審査に落ちた」

 

このような方のために、ネットからうまくお金を借りることができなかった場合の対処法をご紹介します。

 

クレジットカードのキャッシング枠があるか確認する

ネットでカードローンを申し込む前に、クレジットカードのキャッシング枠が使えないか確認しましたか? 「クレジットカードを作ったときにキャッシング枠の申し込みをしていない。」という方もいるかもしれませんが、クレジットカードのキャッシング枠は別途申し込みをしなくても自動的についている可能性が高いのです。

 

一度クレジットカードの契約内容を確認してみましょう。 過去に送られてきた明細書や公式サイトの会員ページなどから確認することができます。 ついでに利用限度額も確認しておくとスムーズに借り入れができます。

 

すでに買い物で限度額いっぱいまで使っているという方は、キャッシング枠での借り入れは厳しいでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるには3つの方法があります。

  • 公式サイトの会員ページから振込み融資を申し込む
  • 電話で振込み融資を申し込む
  • コンビニやお近くのATMでクレジットカードを使って現金を引き出す

すぐに現金が必要という方や、夜の時間帯にお金が必要になったという方はATMから現金を引き出すのが一番早い方法です。

 

中小企業の消費者金融でお金を借りる

「ネットで大手消費者金融のカードローンに申し込んだけど、審査に落ちてしまった…。」 このような方は、中小消費者金融に申し込むと審査に通るかもしれません。 中小消費者金融は、一度審査に落ちた人の利用率も高く、大手消費者金融よりも柔軟に対応してくれます。 中小企業だからといって不安に思うことはありません。 国にきちんと届け出を出して営業している消費者金融なら、大手消費者金融とサービス内容はあまり違いがないのです。

  • 金利は15〜18%(貸金業法で金利は20%までと決められている)
  • 執拗な取り立てをしない
  • インターネットから申し込みができる
  • 振込融資を採用しているところが多く、Web完結でお金を借りることができる

中小消費者金融を利用する際に大切なのは、「貸金業登録番号」があるか確かめることです。 貸金業登録番号は国に許可を得て営業している証となります。 消費者金融の公式サイトに掲載されているか確認するのはもちろんのこと、その番号が正しいかどうかまで確かめておくと安心です。 登録貸金業者の情報は金融庁の公式サイトにある「登録貸金業者情報検索サービス(https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)」から確認することができます。

 

専業主婦(主夫)の方は「配偶者貸付」でお金を借りることができる

専業主婦(主夫)の方は収入がないので、総量規制によって消費者金融でお金を借りることができません。 ですが例外として、「配偶者貸付」を利用すればお金を借りることができます。 配偶者貸付は、配偶者と合算して、ふたり分の借り入れ金額がふたり分の年収の3分の1までならお金を借りることができるという制度です。 配偶者貸付を利用するには、配偶者との婚姻関係を証明するために、次の書類が必要です。

  • 配偶者の「同意書」
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票または戸籍抄本)
  • 事実婚の場合は住民票(続柄に「夫(未届)」など、未届の配偶者であると記載されているもの)
  • 配偶者の年収を証明する書類

残念ながら大手消費者金融ではが配偶者貸付を取り扱っておらず、利用するなら中小消費者金融に申し込む必要があります。

 

クレジットカードの現金化でお金をつくる

クレジットカードの現金化とは、カードできっぷやブランド品などを購入し、それを買取専門業者に売って現金を手する方法です。

 

クレジットカードの現金化を専門にした業者もあります。

 

ただし現金化専門の業者に売ると、手数料を取られてしまうので、買った金額よりも安い値段で買い取られます。

 

その上買った商品の代金が後日口座から引き落とされるので、お得な方法とは言えないです。

 

さらにクレジットカードの現金化は各カード会社が禁止しており、発覚した場合は強制解約の可能性もあるので、あまりオススメできません。

【まとめ】ネットでお金を借りるなら消費者金融のカードローン

「お金を借りたい!」と思ったら、最短即日でお金が借りられる消費者金融のカードローンを検討しましょう。

 

カードローンはネットで簡単に申し込むことができます。

 

わざわざパソコンを開かなくても、手元のスマホから申し込み可能。

 

大手消費者金融ならアコム、プロミス、レイクALSA、SMBCモビット、アイフルがありますが、なかでも24時間銀行振り込みに対応していて、アプリローンも可能なプロミス、レイクALSA、SMBCモビットはお急ぎの方にオススメです。

 

消費者金融に抵抗がある人もいるかもしれませんが、きちんと法律に則って営業しているので、昔のような怖い取り立ては行われていません。 安心してご利用ください。

What’s New