The Japan Association of Business Management Law

第12回研究総会



開催日:平成21年8月1日(土)
場所大阪工業大学 大阪センター3F 303教室

総会  9:40−9:50

研究報告(報告30分、質疑応答10分)

 9:55−10:35 ○武田 晴彦(奈良産業大学 講師 ・ 行政書士)
              「知的財産会計の国際比較」

10:40−11:20 ○深川 裕佳(東洋大学法学部 講師)
              「フランス債務法改正草案における相殺規定(仮)」

11:25−12:05 ○石川 毅(前 LEC東京リーガルマインド大学 講師)
              「世界遺産条約と日本の国立公園法」

12:05−13:10 昼食休憩

13:10−13:50 ○森本 敦司(北海道医療大学薬学部 准教授)
              「薬局をめぐる法的問題」

13:55−14:35 ○長畑 周史(青森中央学院大学 経営法学部 講師)
              「内部統制と経営判断の関係について − 日米の理論状況

14:40−15:20 ○加賀山 茂(明治学院大学 教授)
              「抵当権と利用権の利害調整に関する基礎理論
                          −『抵当権=(優先弁済権付き)債権』説の立場から−」

経営実務法レポート(報告20分、質疑応答5分)

15:25−15:50 ○石川 明 (慶應義塾大学名誉教授 ・ 弁護士)
              「訴訟上の和解をめぐる近時の問題」

15:55−16:20  ○恩地 紀代子(北九州市立大学法学部 准教授) 
              「行政不服審査法案について」 

経営実務法トピックス(報告20分、質疑応答5分)

16:25−16:50 ○草鹿 晋一(香川大学大学院連合法務研究科 准教授)
              「民事訴訟法325条について」

 16:55−17:20 ○波光 巖 (神奈川大学法学部 非常勤講師 ・ 弁護士)
              「消費者庁の設置構想について」

  閉会         

懇親会 17:30〜