The Japan Association of Business Management Law

第11回研究総会


開催日:平成20年7月26日(土)場所大阪工業大学 大阪センター3F 303教室

総会  9:40− 9:50

研究報告(報告30分、質疑応答10分)

  9:55−10:35 ○山口 幹雄(ニューヨーク州 弁護士)
「消費者契約法第9条第1号における「平均的な損害」の意義とAvoidable Consequences Rule」

 10:40−11:20 ○草鹿 晋一(香川大学大学院連合法務研究科 准教授)
              「附帯上告と附帯上告受理申立」

 11:25−12:05 ○稲木 隆憲(名古屋経済大学大学院法学研究科 博士後期課程)
              「支配株主の濫用行為と少数株主の利益保護」

 12:05−13:10 昼食休憩

 13:10−13:50 ○工藤 敏隆(弁護士)
              「倒産解除条項の倒産手続における効力」

 13:55−14:35 ○大内 義三(亜細亜大学法学部 教授)
              「株主代表訴訟と独占禁止法」

 14:40−15:20 ○石川 明 (慶應義塾大学名誉教授 ・ 弁護士)
              「第三者の為にする訴訟上の和解論」

経営実務法レポート(報告20分、質疑応答5分)

 15:25−15:50 ○尾崎 正利(青森中央学院大学院 地域マネージメント科 教授) 
              「労働契約法」 

 15:55−16:20 ○秋田 量正(名古屋経済大学法学部 教授)
              「内部統制システムの構築・運用と日本版SOX法への対応」

経営実務法トピックス(報告15分、質疑応答5分)

 16:25−16:45 ○王 祝  (慶應義塾大学 訪問教授)
              「中国の労働法律関係の構造と保護」

 16:50−17:10 ○波光 巖 (神奈川大学法学部 非常勤講師 ・ 弁護士)
              「平成20年独占禁止法改正案」

 閉会         

懇親会 17:30〜 大阪センター3F ラウンジ「翔」