The Japan Association of Business Management Law

第10回研究総会


開催日:平成19年7月21日(土)場所:名古屋法律経済専門学校 501教室
総会  9:30−9:40

研究報告(報告30分、質疑応答10分)

  9:45−10:25 ○中路 喜之(大月市立大月短期大学 教授)
              「アメリカにおけるロングアーム法について」

 10:30−11:10 ○矢野 公子(矢野公子特許事務所 弁理士)
              「巻き込まれ型社会における商標戦略」

 11:15−11:55 ○中西 基(大阪産業大学経営学部 教授)
              「ドイツ商法決算の基準性原則に関する一考察」

 11:55−13:00昼食休憩
 
 13:00−13:40 ○山口 幹雄(ニューヨーク州 弁護士)
              「契約成立過程におけるリスク負担とその配分」

 13:45−14:25 ○藤田 隆(藤田隆特許事務所 弁理士)
              「平成18年度商標法改正とその問題点」

経営実務法レポート(報告30分、質疑応答10分)

 14:30−15:10 ○恩地 紀代子(北九州市立大学 准教授)
              「日本における新しい行政訴訟制度」

 15:15−15:55 ○平田 勇人(朝日大学大学院 教授)
              「サイバーADR〜インターネットを介した電子紛争処理システム」

 16:00−16:40 ○永井 博史(近畿大学法科大学院 教授)
              「日本の民事訴訟における審理の充実と促進に関する方策」
閉会         

懇親会 16:50〜 名古屋市市民会館「メロディ」