三つ巴淡路島 由良湊神社 | 祭典

由良の人々は信心深く、特有のお祭りが代々受け継がれ、盛大に執り行われます。

ねり子祭り

夏越の祭り(7月最終日曜日)

夏越の祭りは、疫病を退け健康を祈るお祭りです。前厄の男衆が白装束で神輿を担ぎ、外浜に設けられたお旅所までの約700メートルを、「チョウサジャ、チョウサジャ」の掛け声も勇ましく練り歩きます。
祭典開始は午後1時、神輿が出るのは1時50分ごろ、お旅所の浜に着くのは3時前後の予定です。
※平成29年の祭典日は7/30です。

夏越の祭り

ねり子祭り(2月11日)

ねり子祭りは、数えで3歳になった稚児の氏子入りを奉告し、無事成育を祈願をするお祭りです。湊神社から若宮神社までの約700mを、稚児とその家族親族が練り歩き、朱塗りの神輿や各町の布団だんじりも曳きまわされます。

由良のだんじりは布団だんじりといわれ独特の様式です。

だんじりのペーパークラフトをつくりました。簡単ですからぜひ挑戦して下さい。

だんじりペーパークラフト>
岬祭

岬まつり(三月・十月)

大漁と海上安全を祈願する漁師町ならではの祭です。御神酒とかけのうお(鯛やヒラメを縄で結わえたもの)のお供えを持ち地域の神社を順々にお参りします。

節分祭

節分祭(二月節分日)

古神札や注連縄のお焚き上げを行います。

また、女性の厄除「姫厄祓い」の、ひとがたも併せ浄火にくべます。

Copyright (c) 2015 Yuraminatojinjya. All rights reserved.