三つ巴淡路島 由良湊神社 | 由緒

『延喜式神名帳』にもその名が記された、歴史ある神社です。

当神社の創立年代は不詳ですが、この地に居住していた人々によって、由良水門の鎮護として祀られたものと思われます。

中世の状況については、『朝野群載』に僅かな記述があるのみで詳細は不明ですが、八幡神の信仰が全国的に盛んになるにつれ、いつしか八幡宮が祀られたようです。

近世、成山城城主の池田忠長が、現由良小学校地に在った八幡宮を再興して氏神と定め、由良湊神社を境外摂社としました。

次いで、阿波・淡路両国の領主蜂須賀氏も成山城を居城としましたが、寛永年間に「由良引け」を断行し、国府が洲本へ移りました。

この時、藩邸を築く為に八幡宮を湊神社の境内に移して社殿を造営しました。

明治3年に両社を合併して、延喜式の社名「由良湊神社」と称し、現在に至っています。

境内社殿
馬

古代の由良

「淡路」の地名は「阿波に行く路」に由来すると云われますが、鎮座地の由良は淡路上陸の要所として古より栄え、延喜の制では由良駅が置かれ馬五頭が配されていたほどでした。

成山城【なるやまじょう】

慶長18年、池田忠雄が由良成山に築城したのがはじまり。元和元年、淡路国は阿波徳島城主蜂須賀氏に加増され、岩田・笹田氏を城番とした。寛永の由良引けで本拠が洲本城へ移され廃城。

成山

延喜式 【えんぎしき】

平安中期の法典。延喜五年醍醐天皇の命により藤原時平、忠平らが編集。弘仁式、貞観式以降の式を取捨し、集大成したもの。

朝野群載 【ちょうやぐんさい】

院政期の詩文集。平安中・後期の詩、文章、各種古文書などを集成し、部類したもの。

由良引け

由良は海上交通の要衝であるが城下町を造る余地はなく淡路一国を支配する地として適さないとして、寛永7年(1630)に洲本に移転する旨が承認され、寛永8年(1631)から同12年(1635)にかけて洲本に城を築き、政庁・寺院・武家屋敷・商家などを移したこと。

出石神社

出石神社

日本書紀に「出石の刀子」という不思議な物語が伝えられる出石神社は、由良地区の南、生石公園内に鎮座します。

御祭神

御祭神と御利益

湊神社と八幡宮を合わせおまつりしたことから、由良湊神社の御祭神は速秋津日古神・速秋津比売神と、品陀別尊の三柱の神々です。

Copyright (c) 2015 Yuraminatojinjya. All rights reserved.