食卓を囲んで

標準語 関西弁
「みんな―食事ですよー」 「おーいめしやどー」
  「はよこななくなんでー」
「今日の夕食はお菓子ですよ」 「今日のばんめしはお菓子やでー」
「好きなのをとって食べてね」 「すきなんなんぼでもとってくわんかい」
   
「僕はいいから、先に選びなさい」 「おまえらどれすんねん、はよ選ばんかいな」
「ありがとう、おにいちゃんてやさしいね」 「さきえらんでええのん、なんかかんがえてるやろ、おにいちゃん」
「お父さんとお母さんは、牛丼なんだね」 「おやじとおかんはまた牛丼かいな」
「今日は年に一度のお菓子パーティー、お父さんお母さんありがとう」 「そやけど、このお菓子パーティーはええなー」
「年に一回言わんともっとしてーな」


[解説]  「おーいめしやどー」「はよこななくなんでー」
これはべつにはよこんでもなくなれへんのですが、こういう言い方で子供の食欲を誘っています。
「すきなんなんぼでもとってくわんかい」
こんな言い方する関西の子供はおらへんやろ!
「僕はいいから、先に選びなさい」
こんな言い方する関東の子供はおらへんやろ!
さきえらんでええのん
ええのん この言い方はマスターしてや!むっちゃかわいいでー
「おやじと おかん はまた牛丼かいな」
お母さんが おかん ていわれるようになるころには、おかんつよいで〜

関西弁講座に戻る  TOPに戻る