スポンサードリンク

厄除けと方位除けの秘密TOP → 厄落とし・厄除けの方法

厄落とし・厄除けの方法


悪い気の作用を抑える化殺風水

「厄落とし」「厄除け」の方法で一番多く行なわれているのが神社仏閣への厄除け祈願でしょう。厄除けのご利益で有名なのは、素戔嗚尊をまつる各地の八坂神社と八雲神社です。また、弘法大師や慈恵大師を祀るお寺も厄除けのご利益があると有名です。その他にも厄落とし・厄除けのご利益があると言われる神社は多数ありますし、近くの氏神様でお願いしても良いでしょう。
また、手軽にできるのは厄落とし・厄除けの風水でしょう。あなたの落としたい厄により、良い方位に風水アイテムを置き、悪い気の作用を抑える化殺風水です。
現在では、化殺風水は、手軽に誰でもが出来るために多くの人が実行している厄落とし・厄除けの方法となっています。

体の厄落とし・厄除けの方法


体に付いた厄の厄落とし・厄除けの方法は、まず、厄は溜めずにこまめに洗い流すことです。当たり前ですがお風呂には毎日入る事、気分がめいったりしたらシャワーでも効果があります。
外から帰ったら、丁寧に手洗いやうがいをする、これは、衛生や健康のためだけでなく厄落とし・厄除けの方法としても効果的です。
また、衣服は洗濯されて清潔感のあるものを身に付けるようにしましょう。出来ればクリーニングに出すよりは、自分で水で洗ってアイロンをかけた方が効果的です。
女性なら、ネイルやお化粧にも気配りを忘れないようにしましょう。高い化粧品を使う必要はありませんが、相手に清潔感を与えることと顔の艶とハリが大切です。
あとは、規則正し食生活と多くの種類を少しずつ食べることが気のバランスを整え厄落とし・厄除けになります。偏食や不規則な食事は気のバランスをみだす結果になるので注意が必要です。

心の厄落とし・厄除けの方法


心に付いた厄の厄落とし・厄除けの方法は、まず、こだわらないことです。何事でも頑固すぎる人は厄を溜めて自分から運を落としていきます。
また、慣れは厄をためる原因になります。絶えず心をリフレッシュして、新しいことに挑戦することも心の厄落とし・厄除けの方法です。
運のいい場所(吉方位の場所)にいく、運のいい人(相性の良い人)と一緒に過ごすのも効果があります。
何時も笑顔を忘れないで、「ありがとう」を素直に言うように心がければ、自分の本来持つ運勢を100%手に入れて、悩みや不安のない人生を楽しめます。

住まいの落とし・厄除けの方法


住まいに付いた厄の厄落とし・厄除けの方法は、一にも二にも掃除です。
ツイテないと思ったら、掃除機で隅から隅まで徹底して掃除しましょう。掃除機で掃除しにくいところも徹底的に掃除しましょう。そして、大切なことは、拭き掃除です。
便器や浴槽、洗面所、床、壁、照明器具も拭き掃除でピカピカにしましょう。つやつやでピカピカの住まいを保つことが、住まいの厄落とし・厄除けの方法です。
また、あなたの住まいに溜まった厄は、あなたの人生にトラブルとなって現れます。
各部屋をピカピカに掃除するとともに、風水アイテムを使った化殺風水も住まいの厄落とし・厄除けの手軽で効果的な方法です。

厄年関連記事一覧

スポンサードリンク

厄年の過ごし方と厄落とし・厄除け


玄関の厄落とし・厄除け

トイレの厄落とし・厄除け

寝室の厄落とし・厄除け

リビングの厄落とし・厄除け

キッチン・ダイニングの厄落とし・厄除け

バスルーム・水回りの厄落とし・厄除け

私の厄年の過ごし方


もともと厄年などという考えはまったく信じていなかったのですが、実際に本厄(25歳)になってみると、
本当に不幸がさまざま起こって大変な思いをしました。
特に私は精神的な疾患を負ってしまったため、
治りが遅く非常に辛い思いをしました。
具体的にはパニック障害を患ってしまったのですが、
まさかそれが本厄で起こるとは考えもしなかったのです。
そのため、その年は終わりまでつとめて静かに暮らすようにしました。
精神的にダウンしたのが夏頃だったため、
それから厄払いを受けるのは遅すぎるのではないかと思ったからです。
その上、その年は非常に忙しく、やることがたくさんあったため、
厄年対策をしている暇がなかったということもありました。

しかし、厄年は本厄だけでなく後厄もあります。
そして私の場合はその後も厄を引きずったといえるほど、厄年に悩まされました。
ですから、次の厄年が来る時には、必ず厄払いに行こうと考えています。
ですから前厄の時から次は対策を講じ、厄払いに行きたいと思います

もっと厄年の体験談をみる

スポンサードリンク

方位除け 2017年


2017年の方位除け方位除けには分類するとふたつの種類があります。1つは「年回り」による方位除けで、本命星が、その年にどの方向に位置して いるかで吉凶を占い災いを防ぐための方位除けです。
そして、もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための方位除けです。
家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い 方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。そのような場合に方位除けのお祓いを受けて、災いを少しでも無難に収めます。

厄除け、方位除けの年にあたる方は、まずはお近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いをお受けると良いでしょう。
スポンサードリンク

方位除け関連記事一覧



スポンサードリンク