厄除けと方位除けの秘密TOP → 厄年早見表・厄年一覧

厄年早見表


厄年は迷信だと思いますか?

厄年とは読んで字のごとく災厄に遭いやすいとされる年齢です。厄年の風習は平安時代の陰陽道にさかのぼるといわれていますが、はっきりした根拠などは不明です。
厄年と言えば、誰もがすぐに男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」の事を思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし、厄年は「42(死に)」と「33(散々)」に通じるこのふたつの年齢だけでなく、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか?
また、厄年とはいっても、その1年だけ注意すればよいというものではなくて、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。

根拠のない「厄年」ですが、アンケートによると「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに、約64%の人が「そう思はない」と厄年に肯定的な回答をしています。
また、厄年の人に対するアンケートでは、「あなたは厄年であることが気になりますか?」と言う問いに、約59%の人が「気になる」と答えています。

根拠のない「厄年」ではありますが、人生における節目の年と捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。

厄年関連記事一覧

厄年の体験談


60歳になったときに還暦を祝ってもらったのですが、
そのときに数え年で61歳は厄年だと言われ、厄払いをして、
何事も慎重に行動した方がいいと、いろいろな人から言われました。

お祝いと厄年が重なるということに、何となく矛盾を感じたのですが、
それでも何事も慎重に対処すると自分に言い聞かせ、
新しいことへの挑戦もかなり用心深く行いました。

結果としては、特別な問題も起こらず、身体の変調もなく、
過ごせたので、やはり迷信みたいなものではないかと思いました。

でも、よくよく考えてみると、人間には体調の変化や慢性的な活動や考え方から、
思わぬ落とし穴に落ちでしまうことがあるので、何年に一度くらいは、
日頃の行いや考え方がそれでいいのか、自ら省みる機会を持つ方がいいぞという、
先人先哲の教えかも知れないということになりました。
厄払いも、そうしたきっかけを意識するための行事だと考え直したら、
人の知恵というのは、あらためてすごいものなのだと感心し、
とても嬉しい人生訓をもらえたと思っています。

もっと厄年の体験談をみる

厄年と厄除け財布


厄除けのために贈りたい厄除け財布

家族や知り合いの方で厄年のを迎える人に、厄除けの願いを込めて贈り物をするなら厄除け財布がおすすめです。
厄年を迎える人に、厄除けとなるものを贈る風習は古く、平安時代の古文書にも記されています。1200年以上前から厄年を迎える大切な人の平穏・息災を願って贈り物がされていたようです。

では、厄年を迎える人にどのようなものを贈ればよいのでしょうか?
厄年の方の贈り物としては、厄除けの意味を込めて肌身離さす身につけるものがよいとされています。また、厄年の贈り物には、長いものや七色のもの、うろこ模様のものなどがよいといわれています。

現代では、厄年を迎える女性になら、日常身につけられるネックレスやブレスレット、マフラーなどが厄年を迎える女性への贈り物として贈るとよいかもしれません。

厄年を迎える男性への贈り物なら、ベルトやマフラー、蛇皮のキーフォルダーやバッグ、靴などが厄年を迎える男性への贈り物として贈ると喜ばれるでしょう。

また、最近では日本で古くから厄除けに効果があるといわれてきた、七色の帯を無病息災・勝負運など人生を無事に勝ち抜く効果があるといわれる白蛇財布にあしらいた開運財布もあります。
「蛇」は長い身体を持つことから、厄を断ち切るにふさわしい「長い物」とも掛け合わされ、この厄除け白蛇財布ならご家族の厄を断ち切り無事に厄年を凋ごすお守りとなるでしょう。

方位除け厄落とし・厄払い関連記事一覧



スポンサードリンク