厄除けと方位除けの秘密TOP → 厄年早見表・厄年一覧

厄年早見表


厄年は迷信だと思いますか?

厄年とは読んで字のごとく災厄に遭いやすいとされる年齢です。厄年の風習は平安時代の陰陽道にさかのぼるといわれていますが、はっきりした根拠などは不明です。
厄年と言えば、誰もがすぐに男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」の事を思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし、厄年は「42(死に)」と「33(散々)」に通じるこのふたつの年齢だけでなく、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳、そして61歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか?
また、厄年とはいっても、その1年だけ注意すればよいというものではなくて、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。

根拠のない「厄年」ですが、アンケートによると「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに、約64%の人が「そう思はない」と厄年に肯定的な回答をしています。
また、厄年の人に対するアンケートでは、「あなたは厄年であることが気になりますか?」と言う問いに、約59%の人が「気になる」と答えています。

根拠のない「厄年」ではありますが、人生における節目の年と捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。
スポンサードリンク

2019年の男性の厄年
厄年早見表:2019年男性の厄年一覧


1996年(平成8年)生まれ24歳 前厄
1995年(平成7年)生まれ25歳 本厄
1994年(平成6年)生まれ26歳 後厄

1979年(昭和54年)生まれ41歳 前厄
1978年(昭和53年)生まれ42歳 大厄
1977年(昭和52年)生まれ43歳 後厄

1960年(昭和35年)生まれ60歳 前厄
1959年(昭和34年)生まれ61歳 本厄
1958年(昭和33年)生まれ62歳 後厄

男性の2019年の厄年について詳しく見る

2019年の男性の厄年と厄除け


2019年は、己亥(つちのとい)八白土星の年となります。
己亥(つちのとい)の年は、何事も安定感を欠き白黒がはっきりしない年です。
よって、穏やかであまり波乱はありませんが何事も進展しない年となるでしょう。

さて、2019年に数え年25歳の厄年を迎える男性は、1995年乙亥(きのとい)の年の生まれで、周りに合わせながらも過去にこだわらず自分の道を歩いと行くタイプです。
乙亥(きのとい)の年の生まれの人にとって己年は、目が廻るくらい忙しくて、思いがけない出費が多い年です。
今年は、後ろ向きな言葉を慎むことが厄除けにつながります。また、朝一番にコップ一杯のミネラルウォーターを飲むことを習慣にすると厄除けにつながり運気も安定します。
厄除けに神社に行くなら、南西、東北、東にある神社に行くとよいでしょう。

2019年に数え年42歳の厄年を迎える男性は、1978年戊午(つちのえうま)の年の生まれで、驚くほどの強運の持ち主です。
戊午(つちのえうま)の年の生まれの人にとって己年は、問題が表面化しやすい年ですが、次の準備をするには良い年です。
今年は、大事な用件は午前中にすませる事を心がけましょう。また、インテリアを和風にコーディネートすると厄除けにつながります。
厄除けに神社に行くなら、南西、西北、東北にある神社に行くとよいでしょう。

2019年に数え年61歳の厄年を迎える男性は、1959年己亥(つちのとい)の年の生まれで、マイペースで自分の考えを貫き通すタイプです。
よそ見せず一つのことをやり通せば成功します。
己亥(つちのとい)の年の生まれの人にとって己年は、積極的になって自己主張が強くなる年です。
新しいことをスタートさせるには良い年です。
今年は、睡眠前の時間を充実させると厄除けにつながります。また、部屋に生花を飾ることも厄除けにつながります。
厄除けに神社に行くなら、南西、東、東北にある神社に行くとよいでしょう。

2019年の女性の厄年
厄年早見表:2019年女性の厄年一覧


2002年(平成14年)生まれ18歳 前厄
2001年(平成13年)生まれ19歳 本厄
2000年(平成12年)生まれ20歳 後厄

1988年(昭和63年)生まれ32歳 前厄
1987年(昭和62年)生まれ33歳 大厄
1986年(昭和61年)生まれ34歳 後厄

1984年(昭和59年)生まれ36歳 前厄
1983年(昭和58年)生まれ37歳 本厄
1982年(昭和57年)生まれ38歳 後厄

1960年(昭和35年)生まれ60歳 前厄
1959年(昭和34年)生まれ61歳 本厄
1958年(昭和33年)生まれ62歳 後厄

女性の2019年の厄年について詳しく見る

2019年の女性の厄年と厄除け


2019年は、己亥(つちのとい)八白土星の年となります。
己亥(つちのとい)の年は、何事も安定感を欠き白黒がはっきりしない年です。
よって、穏やかであまり波乱はありませんが何事も進展しない年となるでしょう。

さて、2019年に数え年19歳の厄年を迎える女性は、2001年辛巳(かのとみ)の年の生まれで、鋭い感性の持ち主ですが、強情な面も持っています。
また、知性と気品あふれたせいじつな人柄です。
辛巳(かのとみ)の年の生まれの人にとって己年は、精神面の安定が欠けトラブルが多く発生する兆しのある年です。
インテリアや身の回りに金属製のものを取り入れると、厄除けとなり運気も安定します。
また、キッチンはこまめに清掃し、包丁やハサミを出しっぱなしにしないように心がけてください。
厄除けに神社に行くなら、南西、西、東北にある神社に行くとよいでしょう。

2019年に数え年33歳の厄年を迎える女性は、1987年丁卯(ひのとう)の年の生まれで、物静かで控えめですが、内面に秘めて強さを持つタイプです。
集中力があり、逆境に強い面ももっています。
丁卯(ひのとう)の年の生まれの人にとって己年は、精神面が穏やかで落ち着いた年となります。
半面、集中力にかけやる気に欠ける年となりがちです。
ガーデニングや家庭菜園を趣味として始めると運気が安定します。また、こまめに布団を干すことも厄除けにつながります。
よく手入れした靴を履くように心がけることも厄除けとなります。
厄除けに神社に行くなら、西、北、南東にある神社に行くとよいでしょう。

2019年に数え年37歳の厄年を迎える女性は、1983年癸亥(みずのとい)の年の生まれで、正直で性格がよく、忍耐強い努力かです。
スポットライトを浴びることは少ないですが、裏方として力を発揮するタイプです。
癸亥(みずのとい)の年の生まれの人にとって己年は、習慣や方向性を思い切って変えるチャンスの年です。また、環境に思いもよらない変化が起きる年でもあります。
今年は、体を冷やさないことが運気の安定につながります。また、人の話をよく聞き、よき聞き手になることが人間関係の厄払いになります。
床や窓の水拭きの習慣も厄払いの効果があります。
厄除けに神社に行くなら、南西、東、東北にある神社に行くとよいでしょう。

2019年に数え年61歳の厄年を迎える女性は、1959年己亥(つちのとい)の年の生まれで、マイペースで自分の考えを貫き通す強さを持っています。
あれこれ迷わず一つのことに集中できれば良い結果を得られます。
己亥(つちのとい)の年の生まれの人にとって己年は、強気に行動しがちな年です。新しいことをスタートするには良い年となります。
今年は、部屋に生花を飾ることを習慣にすると厄除けになるでしょう。また、夜寝る前にリラックスする時間を持つようにすると運気も安定します。
人と話すときは、ゆっくりと分かりやすく話すことが人間関係の厄除けとなります。
厄除けに神社に行くなら、南西、東、東北にある神社に行くとよいでしょう。
スポンサードリンク

厄年関連記事一覧

厄年の体験談


60歳になったときに還暦を祝ってもらったのですが、
そのときに数え年で61歳は厄年だと言われ、厄払いをして、
何事も慎重に行動した方がいいと、いろいろな人から言われました。

お祝いと厄年が重なるということに、何となく矛盾を感じたのですが、
それでも何事も慎重に対処すると自分に言い聞かせ、
新しいことへの挑戦もかなり用心深く行いました。

結果としては、特別な問題も起こらず、身体の変調もなく、
過ごせたので、やはり迷信みたいなものではないかと思いました。

でも、よくよく考えてみると、人間には体調の変化や慢性的な活動や考え方から、
思わぬ落とし穴に落ちでしまうことがあるので、何年に一度くらいは、
日頃の行いや考え方がそれでいいのか、自ら省みる機会を持つ方がいいぞという、
先人先哲の教えかも知れないということになりました。
厄払いも、そうしたきっかけを意識するための行事だと考え直したら、
人の知恵というのは、あらためてすごいものなのだと感心し、
とても嬉しい人生訓をもらえたと思っています。

もっと厄年の体験談をみる

方位除け厄落とし・厄払い関連記事一覧



スポンサードリンク