このページは、セキュリティー強化のため「https://johonow.net」へ移転いたしましたので、自動転送されます。ご了承ください。

辰年生まれの2019年
(平成31年)の運勢

2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

辰年生まれの今年の運勢

辰(たつ)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、運気が上昇カーブを描く一年となるでしょう。
昨年のマイナスを取り返すことができる年で、努力の結果が成果となって現れる年でもありす。

ただ、仕事面でのトラブルの兆しがあるので、慎重さも必要な年ですが、真面目に努力することで問題も解決できます。
恋愛運は、旅行先やパーティーなどでの出会いは良縁となります。飾らず素直に自分を表現することが大切です。

年齢別の辰年生まれの2019年
(平成31年)の運勢アドバイス

平成24年(壬辰)・平成12年(庚辰)・昭和63年(戊辰)・昭和51年(丙辰)・昭和39年(甲辰)・昭和27年(壬辰)・昭和15年(庚辰)・昭和3年(戊辰)生まれの人の2019年(平成31年)の運勢

昭和3年(戊辰)生まれの人は、新しい趣味や社会貢献を始めることで、大きく視野が広がる年です。開運色「撫子色」、相性の良い人「三碧木星の人」、注意する人「一白水星の人」
昭和15年(庚辰)生まれの人は、抱えている悩みの解決の糸口が見つかる年です。先送りにしないで、問題解決を・・・・・。開運色「浅蘇芳」、相性の良い人「二黒土星の人」、注意する人「三碧木星の人」
昭和27年(壬辰)生まれの人は、マンネリになりやすい年です、進んで新しいことに挑戦しましょう。開運色「薔薇色」、相性の良い人「一白水星の人」、注意する人「二黒土星の人」
昭和39年(甲辰)生まれの人は、前向きな姿勢が周囲からの共感を得る年です。無欲に努力していると周囲からの引き立てを得ます。開運色「薄紅梅」、相性の良い人「四緑木星の人」、注意する人「六白金星の人」
昭和51年(丙辰)生まれの人は、生活のリズムが狂いやすい年です。何事も自分から進んで行うことが大切です。開運色「牡丹色」、相性の良い人「五黄土星の人」、注意する人「四緑木星の人」
昭和63年(戊辰)生まれの人は、結婚運が好調ですので、未婚の人は異性に対して積極的に行動しましょう。開運色「紅」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「三碧木星の人」
平成12年(庚辰)生まれの人は、英会話を学んだり海外留学など、語学力を高めるチャンスの年です。開運色「梅鼠」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「五黄土星の人」
平成24年(壬辰)生まれの人は、親を離れて自分から何かを始めたいという気持ちが芽生える年です。親は、自主性を育ててあげる気持ちを・・・・。開運色「銀朱」、相性の良い人「八白土星の人」、注意する人「九紫火星の人」

辰年生まれの子供の性格

辰年生まれの子供の性格は、新しい物好きで力強く、活気があり、子供の時から世の中への冒険を試みます。人生目標も早くから決めて、大人の助けをほとんど必要としません。それでも、人の言うことはよく聞くので、みんなからかわいがられるでしょう。
辰年の子供は、常に何かに、もしくは、誰かに熱中しています。それは学校の先生であったり、叔父、叔母であったりしますが、誰かを目標にして育ちます。頭もよく、粘り強いタイプです。喧嘩には負けないという自信があくのか、いじめにも耐える強さを持ち合わせています。
辰年の子供には、責任を持たせる仕事を与えるとよいでしょう。自分の価値を感じさせるのです。しかし、気をつけないと弱いものいじめもしかねませんので、若いときから厳重にチェックをする必要があります。
辰年生まれの子供は、愛されるよりも必要とされることを喜びます。事実、頼まれた用事には真剣に取り組みますので、終わったら、おおげさなほどに褒めてあげてください。
辰年のうぬぼれには図り知れないものがあり、最高になりたいと心から願っていますので、もし失敗したときには慰めてあげて、「今日はダメでも、また明日がある」と教えることが大切です。ここで気をつけなければならないのは、失敗したからといって、責めたり、罰したりしないことです。 タツ年の子供は、失敗をすると誠実に反省をするので、他人に言われなくても、もう充分に、二度と同じ間違いを繰り返さない決心が出来ているからです。

辰年生まれの恋愛運・対人運

辰年生まれの恋愛は、ロマンチストで自分の心に理想像を作り、一度恋に陥ると、激しく燃え上がります。内面が繊細でわがままなため、相手の欠点などを許せないような面があります。理想に縛られて、恋愛関係が長続きしない場合も多いです。素直な気持ちと相手の立場を考えることを忘れないでください。
また警戒心が強いため、恋愛から結婚になかなか踏み切れず、そのため婚期も遅くなりがちです。恋愛による交際があまり得意ではないので、お見合いのほうが良縁を得る可能性があります。結婚後は堅実に家庭を守ります。お互いの気持ちを思いやる関係を保つと夫婦円満にすごせます。

人の運勢は周囲の環境により、大きく左右される傾向があります。孤独になりやすい辰年生まれにとって、周囲との人間関係はとくに大切な意味を持つものです。若い頃は、純粋な心を愛され、よい人間関係を保てます。
このとき、自分を支えてくれる人に出会えるかどうかが、人生の大きな分かれ道となるでしょう。柔軟な心と順応性を養っておくようにしてください。自分に甘いので、自己中心的な気持ちを抑え、相手に対する心遣いを忘れないようにすること必要です。自分に厳しすぎるくらいでちょうどいいのです。多彩な交友関係は、辰年生まれにとつて生涯の財産といえます。

辰年生まれの金運・仕事運

辰年生まれは、経済的な手腕と能力がありながら、地道に蓄えようとする意欲に欠けています。努力さえすれば、いつでも金銭は得られるという安易な考えは捨てて、一攫千金ではなく、コッコッ貯蓄をモットーにしてください。人並み以上の征服欲を持つために、人より多く収入を得ることができます。そのため、若い頃から、贅沢をしたくなるでしょう。
身の程を越えた散財は貯蓄の大敵です。まずは余計な出費を我慢することから始め、計画性をもって使いましょう。収入には恵まれるほうですので、地道な貯金を心がけて。ギャンブルや投機を慎めば人並み以上の貯蓄は出来るでしょう。

辰年生まれの人は、高い理想と熱意の持ち主です。人並み外れた企画力と覇気を持ち、一度、手をつけるとぐんぐん推し進めるパワーがあります。しかし、反面、非常に繊細で情緒不安定になりがちで、何かで挫折したときには、もろさがでてあっさりと投げ出す弱さを持っています。
ムラ気と感情を上手にコントロールする術を育てましょう。辰年は、早くから頭角を現わしてリーダーシップを発揮し、皆をひっぱっていく使命を持っています。周囲への配慮と協調する心を忘れないでください。集中力の持続と、粘り強さを養うことが、大きなポイントです。

辰年・三碧木星年生まれの性格・運勢

辰年生まれの性格・相性・運勢卯年三碧木星年生まれの人は、独立が強く、決断力に優れているので、若い頃からめきめきと頭角を現わし、自分に適した道を得られます。
相手との信頼を大切にして、自己過信と短気を慎んで謙虚さを身につければ、なお運気は発展していくでしょう。
柔軟な姿勢と調和が幸運への近道であるということを知りしょう。

辰年・六白金星年生まれの性格・運勢

辰年生まれの性格・相性・運勢卯年・六白金星年生まれの人は、強力な運気に支えられ常にリーダ一的存在です。
苦難の人生を自ら選んで歩にますが、あらゆる困難を克服する気迫で乗り切り、見事に成功を手に入れる力があります。
実力は十分あるので、自我を抑えて謙虚さを身につけ周囲との調和を図ることが運気上昇につながります。

辰年・九紫火星年生まれの性格・運勢

辰年生まれの性格・相性・運勢卯年・九紫火星年生まれの人は、知識欲が旺盛で、優れた直観力を持っています。
また、強い個性の持ち主で、人を惹きつける天性の魅力があります。若い頃から実力をアピールし、とくに中年期にはめざましい活躍をして責任ある地位に就くでしょう。
自己を抑え、連携プレーを大切にする気持ちを忘れないでください。広い教養と知識が成功のカギとなります。

辰年生まれの相性

辰年と子年の相性は、辰年と子年は互いに細かい神経を使って相手に接する点が似ています。強烈な自我を持つ辰年が、子年に協力できれば、最良の友として交際できるでしょう。相性は大吉です。
辰年と丑年の相性は、競争心が強くなり、ささいなことでも感情的に対立してしまいそうですが、同性同士の場合、決定的な決裂にいたることはありません。何となく元に戻りまたくり返します。
辰年と寅年の相性は、辰年も寅年も強運の生まれなので、摩擦が生じそう。でもそれぞれの守備範囲が天と地ほども離れているので無駄な干渉はし合わずにすみ、上手にバランスを保てます 。
辰年と卯年の相性は、卯年は表面の柔軟さとは裏腹に内面は強情なところがあります。一本気でプライドの高い辰年は、卯年の表裏ある態度や強情さを嫌うので、関係はうまくいかないでしょう。
辰年と辰年の相性は、辰年同士は、鏡に映る自分を見ているようなものです。等分の力を出し合って調和し合うのではなく、競争心をつのらせ、嫉拓心を持ちます。協力できるかどうかが鍵になります。
辰年と巳年の相性は、短所をカバーし合う持ちつ持たれつの関係です。わがままで直情径行型の辰年は、正直ですが口ベタのために誤解を受けることもしばしばですが、その欠点を巳年がよく補ってくれます。
辰年と午年の相性は、お互い助け合えるいい関係です。とくに辰年は午年の力を得て発展できます。多少の意見の相違は十な話し合いと、自己を抑制することができれば乗り越えられるでしょう。
辰年と未年の相性は、情熱的な辰年生まれに控えめで保守的な未年は、それぞれ異なった特徴を持っていますが、どちらも自分の立場を守るために、頑固なまでに意地の張り合いをする面があります。
辰年と申年の相性は、辰年は理想高く行動的。申年は実際的で、小手先が器用です。全く異なる性質ですが、結びつきが強固で、お互いに長所短所をうまく補い合い、助け合ってともに発展していきます。
辰年と酉年の相性は、初対面であってもすぐに意気投合する大吉の相性。辰年は虚栄心が強く外見にこだわりますが酉年はしつかりと実利を追求します。酉年の持つ合理性が辰年の弱点をカバーします。
辰年と戌年の相性は、辰年は自由奔放で、戌年は保守的です。内在するものが正反対のため相性は凶です。お互いに相手の真意を理解する必要があります。共同作業などは、意外にも協力関係がすんなりと成立する場合もあります。
辰年と亥年の相性は、異なる性格ですが、心の交流はあるので相性は小吉です。辰年の陽気で前向きな力と亥年の忍耐力と行動力は、それぞれの目的をとげるために必要ならば援助し合います。