このページは、セキュリティー強化のため「https://johonow.net」へ移転いたしましたので、自動転送されます。ご了承ください。

申年生まれの2019年
(平成31年)の運勢

2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

申年生まれの今年の運勢

申(さる)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、公私ともに目の回るくらい忙しい一年となります。
しかし今年は、忙しい割には成果は期待できません。結果を求めず信頼を得る努力が肝心です。
また、2019年は健康面においても問題発生の兆しがあるので、適度の運動と十分な睡眠を心がけてください。

今年の恋愛運は、自分の意見を通そうとするのを控えて、相手に妥協することで運気が安定します。
今年の仕事運は、仕事上のトラブルが裁判沙汰にまで発展する兆しがあるので、早め早めの誠実な対応が大切です。

年齢別の申年生まれの2019年
(平成31年)の運勢アドバイス

平成16年(甲申)・平成4年(壬申)・昭和55年(庚申)・昭和43年(戊申)・昭和31年(丙申)・昭和19年(甲申)・昭和7年(壬申)生まれの人の2019年(平成31年)の運勢

昭和7年(壬申)生まれの人は、マイペースでできる運動を日課に取り入れましょう。開運色「小豆色」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「四緑木星の人」
昭和19年(甲申)生まれの人は、こだわりを捨て変化を楽しむくらいの心の余裕が大切な年です。開運色「狐色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「四緑木星の人」
昭和31年(丙申)生まれの人は、毎日歩くことを日課とし、健康でストレスのない一年にしましょう。迷いが生じたら焦らないことが肝心です。開運色「黄金」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「一白水星の人」
昭和43年(戊申)生まれの人は、自分だけの時間を持つ余裕ができる一年です。新しい人脈の広がりが、さらに心の余裕を生むでしょう。開運色「伽羅色」、相性の良い人「二黒土星の人」、注意する人「一白水星の人」
昭和55年(庚申)生まれの人は、今年は人間関係が運勢を大きく左右する年です。第一印象だけで相手を判断しないことが肝心です。開運色「利休色」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「一白水星の人」
平成4年(壬申)生まれの人は、思い悩んでいないで、行動してみることが気づきにつながります。開運色「芥子色」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「三碧木星の人」
平成16年(甲申)生まれの人は、自立心や責任感が芽生える一年です。。開運色「亜麻色」、相性の良い人「五黄土星の人」、注意する人「三碧木星の人」

申年生まれの基本性格

申年生まれの性格・相性・運勢申年生まれの人は、金の性質を持ち、磨けば磨くほど光る天性を持っています。意志が強く個性的で、行動力もあるので、先のことや人の機嫌を鋭く読み取る才能があります。
ただ、持久力がないので、気分にまかせて怠けたり、転職をくり返したりすると、せっかくの天性も発揮されないので気をつけてください。何ごとも誠意を持って努力を続けることが大切です。
若い頃は、人間関係のトラブルが多く、わがままな態度や軽率な発言からの災いに注意が必要です。
人の意見を良く聞き、困難に向かって真面目に努力すれば、強い運気に支えられて華やかな人生を送れるでしょう。

申年生まれは、多様な性格を持っているのが特徴ですが、どのサル年も必ず持ち合わせているのが、「偉大な自信」です。どんなに素直で、恥ずかしがり屋に見えていても、申年の人は一人残らず自信家なのです。
申年の人は、よく他人に冷たいと言われますが、少々誤解があると思います。申年は純情というか単純というか、日々新しい発見で忙しいのです。
サル年の人は人生を楽しむことを心得ています。それが他の干支の人との違いでもあり、うらやましい点でもあります。
また、サル年生まれの人は、自分より能力的に劣る人たちから中傷されやすい傾向があります。能力は抜群なのに信用性では劣る、これはサル年の人が生涯背負っていかねばならない宿命でしょう。
サル年の人は、得をする話が大好きです。何を買うとおまけが付いてくるなんで情報は、だれよりも早くキヤッチしています。同時に、人に取り入ることが上手でもあります。それも、寅年の人のように飛びついたりはしません。また辰年のように、じっと見つめたりもしません。申年流のやり方は、もっと賢いというか、ずるいというか、少しずつ近寄って、あなたが気がついたときには、もうすぐそばまで来ている感じになるのです。
そんな申年に惹かれない人はまれです。たとえ好きになれない人でも、少なくとも気になる存在ぐらいの印象は持つでしょう。たいていの人は、知らず知らずのうちに、申年の不思議な魔力に取りつかれてしまうのです。

申年生まれの子供の性格

申年の子供はひとときも静かにしていませんが、魅力に溢れています。イタズラ好きで、明るく、負けず嫌いで好きにならずにはいられないかわいらしさがあるでしょう。
子供のくせにおせじも上手で、大人の弱いところを心得ています。また、好奇心が旺盛で、何をやらかすかわからない子供です。いつもオモチャなどをいじくりまわしていますが、それを壊しても怒らないでください。なぜなら、申年の子供は、オモチャの外見よりも中の構造に興味があるのです。どういう仕組みで動くのか知りたくてしょうがないのです。
申年の子供は、いま持っている物では決して満足せず常に他人の物をほしがります。これは、知識に関することについても同じです。他人が知っていることは自分も知りたがります。
申年の子供は、周囲に勉強ができる子供がいれば影響を受けて、自分も負けじと努力をし、まったく異なる分野のことも、頭には無理なく入ってしまうのです。
このように才能に恵まれた子供ですから、威張ったり、生意気になったりするところがあります。自分より弱い子をいじめたりもします。自信があるので、失敗しても决してあきらめません。
申年の子供は、他人のオモチャで遊んでも、自分の物は貸さないようなわがままなところがあります。

申年生まれの恋愛運・対人運

申年生まれの恋愛は、天性の社交性に富んでいる申年生まれは、話し上手で愛嬌があり、異性を惹きつける魅力的な人物です。
そんな申年と相性がよい異性は子年と辰年。恋をすると純情で、惚れ込みやすいので、若い頃は異性関係で苦労することもあります。
交際相手には、忍耐強く思いやりの心を大切に。言い方がきついので、言葉を慎んで努力すれば、恋は実るでしょう。
感情豊かで情熱的なところがあるため、早婚タイプですが、相性のよい相手との見合い結婚がベストです。晩婚の場合は40歳前後は結婚の低迷期なので、注意が必要です。この時期がすぎれば円満にすごせます。

申年牛まれは才知にあふれ、社交的です。面倒見がよくて親切。人の好さに惹かれて人が集まり、人間関係は広く円滑です。交際範囲も広くて豊かな人脈を持っています。
自我を抑えて、相手を尊重して誠実に交際すれば、よい関係を保てるでしょう。軽はずみな一言からくる災いに注意です。また、人の影響を受けやすいので、悪友をきっぱりと絶つ強い信念を持つことが大切です。苦楽をともにできる人間関係を育て、古くからの親しい友人を大切にすることで幸運を招きます。

申年生まれの金運・仕事運

申年生まれの人は、金運に恵まれ、一生を通じて衣食住に困ることはありません。地道にコッコッと蓄えていけば、多額の財庵が築けて、豊かな生活を送れます。
ただ、社交好きな性格のために、浪費しがちで経済的に困る可能性もありますので、分相応を心がけることが大切です。
利殖の才能があり、金もうけも上手です。ただ、欲を出して深みに入り借金地獄、ということにならないように気をつけてください。ギャンブルへの手出しも禁物です。
若い頃は経済観念を養うよう努めましょう。堅実な金銭管理と真面目な勤労意欲があれば、金運は順調になります。

申年生まれの人は、人に好かれる気質があり、機敏な行動力と指導力を兼ね備えているため、先見の明があります。処世術も巧みですから、一つのことに専念してやりぬけば大成功します。
職場ではリ—ダ—格となり、部下から慕われます。しかし、現状に満足せずに転職をくり返すと、何ごとも中途半端になりがちです。地追な努力を重ねることが成功につながります。若い頃は誠心誠意を持って働いて、信頼を得られれば大いに活躍できるでしょう。晩年、名を残す人も。ただし慢心は禁物です。適職は実業家や広告、マスコミ関係などです。

申年・二黒土星年生まれの性格・運勢

申年生まれの性格・相性・運勢申年・二黒土星年生まれの人は、一つのことを地道に根気よく努力できて、堅実な人です。
世話好きで優しい心の持ち主です。表面は温和ですが、芯は強情でプライドも高いです。
安定した運気をもち、補佐役として誠実に人を支えます。
苦労しながらも、晩年には努力が実り、大きく花開くでしょう。ただ、決断力に欠け、チャンスを逃すような面も持っています。

申年・五黄土星年生まれの性格・運勢

申年生まれの性格・相性・運勢申年・五黄土星年生まれの人は、 人情味があり世話好きで、正義感が強い親分肌です。
申年五黄土星生まれは、王か奴隸かというくらい、吉凶両極端に分かれます。
しかし大変粘り強く、たとえ挫折しても復帰力は抜群です。
名を上げ財産を手にし、トップとして活躍していく力は十分に備わっています。
開運には、自尊心を抑え、高慢な態度を改めることが何より大切です。

申年・八白土星年生まれの性格・運勢

申年生まれの性格・相性・運勢申年・八白土星年生まれの人は、無口ですが情が深い努力家です。
プライドが高く責任感もありますが、強情になりやすく、欲や見栄を出さないように注意が必要です。
後継者として仕事を継ぐのに適した素質を持ち、事業を興して成功する人も多いでしょう。
変化の激しい運気なので、若い頃は苦労しますが、晩年は苦労が報われて、豊かに過ごせるでしょう。

申年生まれの相性

申年と子年の相性は、申年と子年は、非常に結びつきの強い相性。お互いに意気投合し、助け合える、よい関係です。申年は、親が子供に対するように子年をかわいがり、バックアップするでしょう。
申年と丑年の相性は、丑年とは、家族のように親密な関係になれるでしょう。気心が知れた相手で、お互い助け合える、よい組み合わせです。申年が丑年を立てることで、交際が長続きするでしょう。
申年と寅年の相性は、正面からぶつかり、反発しあう相性です。普段はうまくつき合っていても、ささいなことで争いに。寅年の自己顕示欲の強さがプライドの高い申年には不快にうつります。
申年と卯年の相性は、普段はバランスの取れた関係を保つ二人ですが、それに油断していると衝突することに。とくに、申年は言葉に注意しないと、卯年のプライドを傷つけよい関係を壊します。
申年と辰年の相性は、たいへん良い組み合わせで、大吉の相性です。お互い助け合い、ともに成長できるでしょう。辰年の頑固さやプライドの高さを、申年が理解し、一歩引いて争いを避けることが必要です。
申年と巳年の相性は、お互い助け合えるよい面と仲違いしやすい悪い面とがからみあう、複維な相性です。ライバル意識を持ち、お互に成長し合えるはず。嫌な思い出は忘れられないので注意。
申年と午年の相性は、午年との付き合いは、申年のパワーを消耗させますが、反面、申年の個性が最大限に生かされる相手でもあります。申年は自分を抑え、午年を立てることで、いい関係を保てます。
申年と未年の相性は、神経質で慎重派の未年と軽はずみで飽きつぼい申年は、お互いの欠点を補い合える関係です。申年にとって、未年は温かな心遣いで憂しく育ててくれる、親のような存在といえます。
申年と申年の相性は、同じ申年同士ということで、親しみ合える相性です。ただ、二人が結びつくと、いい面も悪い面も強調されるため、考え方が偏りがち。欠点が見えすぎてトラブルになることもあります。
申年と酉年の相性は、互いに強くひかれ合う相性です。ともに社交的な性格なので、楽しいつき合いができるでしょう。申年が、おおらかで楽天的な酉年に甘え、わがままにならないことが大切です。
申年と戌年の相性は、戌年とは自然とテンポが合い、楽しくすごせます。また申年は戌年に助けられることも多く、得るものが多い相手です。申年は戌年を傷つけるような失言に注意しましょう。
申年と亥年の相性は、表面的には問題なく付き合っていけますが、交際が深まると、お互い傷つけあうことが多くなる相手です。長続きさせたければ、相手を尊重することと、一定の距離を置くことが必要です。