大峰 芦廼瀬川沢登り


大峰 芦廼瀬川沢登り(H17.9.23~25)

参加者:CL雲水・丈夫さん・航洋さん(以上3名)

23日 役場20:00→土山IC→阪神高速・南阪奈橿原IC→R169下北山公園23:30(仮眠)
24日 起床5:30 6:00発→奥瀞・葛川→R425分岐7:45→芦廼瀬川入渓8:50→七泰滝9:10→槙滝9:25→ 柊淵11:25→焼嵓淵11:57→8m滝12:50→S字形淵14:20→笠捨谷出合前河原16:30(泊)
25日 起床5:30 7:00発→笠捨谷出合7:15→狼返し滝7:18→堰堤7:30→長淵8:12→モチ谷上林道8:25 →R425分岐8:45→七泰ダム・R425分岐10:30→湯泉寺温泉11:15→十津川12:00→R168→役場17:30


稲美町役場を午後8時出発。台風17号が東に逸れる予想で、昨年途中引き返した大峰山系 ・十津川の芦廼瀬に再挑戦。
予定していた下北山からR425白谷トンネルを抜けて芦廼瀬川上流に自転車を置く作戦は、 昨年同様林道工事のため通行できず、奥瀞峡を迂回し、葛川上流を越え二十一世紀の森公園経由で上流部まで移動、 自転車をデポする。既に一台自転車が置いてあり、先行者が居るようだ。
我々と同じように迂回して来た清流釣りの人も車を停めていた。 入渓地点の七泰ダムまで戻ると、神戸ナンバーが一台停めてある。一時間以上遅れてダムから芦廼瀬川へ入渓。
昨年より水量が少し少ないようで、すんなりと七泰滝に到着。なんと釜が半分以上砂利で埋まって居るではないか。 昨年の台風の影響がここにも出ているようだ。

七泰滝 淵
七泰滝前にて(釜が埋まってました) こんな綺麗な淵を快適に遡行

槙滝は、昨年同様右岸を高巻く、ねじ滝も一緒に巻き河原に戻る。水量が少ないせいか順調に遡行。 天気が気になるが、晴れたり曇ったりで大きく崩れることもない様子。水温も思ってたより冷たくない、むしろ暖かく感じる。 胸まで浸かっても冷たさはない。真夏とは違い積極的にとは行かないが、あまりの美しさに吸い込まれてしまいそうだ。 百間嵓を過ぎ、柊谷出合を過ぎ、いよいよ柊大淵に着く。
昨年と同様浅瀬を選んで難なく通過。大木が岩壁に立て掛けてある所が昨年引き返した場所だ。 大きな岩が有るはずだが無くなっている。更に進むと右岸が遙か上部斜面より崩壊の跡が沢まで達していた。 砂利が多いのはこれが原因なのだと納得。そして遂に焼嵓淵が行く手に待ちかまえている。
記録には100m程とあるが、出口は明るく見えている。いよいよ泳がなくては前へ進めない。安全のため浮きベストを装着する。

焼嵓淵入り口 8m滝
焼嵓淵入り口(ここから本格的に泳ぐ) 泳いで取り付く(航洋さん)


カヌー用の浮くロープを結び静かに泳ぎ始める。後5mと声が掛かる。足の立つ場所で一旦止まり、後続を引き寄せる。
更に2ピッチ進む。出口には5m程の滝が掛かる。ここから航洋さんTOPで滝に取り付き右岸から這い上がる、スラブ状で取り付いてみると意外と楽に上がれた。
十皿と呼ばれている釜が幾つも出てくる。七ツ釜等と同じだが釜が浅いので皿と呼んでいるのだろう。そしてこの沢の核心部8米滝を擁する淵に着く。
釜の周りは全てツルツルの岩壁、ただ一カ所滝の右の岩が張り出したジェードル状の場所が突破口。クラックに沿ってハーケンが残置されている。これにアブミを掛け釜から抜け出し、斜め上にアブミを掛け替えツルツルのスラブを登らなければならない所。ここも航洋さんが浮くロープを着けアブミを腰に付け泳ぐ。
水中からアブミを掛け一段上がる。二段目を掛け、丈夫さんと雲水も続く。丈夫さんはアブミが初めて、使い方が判らず苦労して一段上がる。

泳ぐ へつり
難関の8m滝へ向け本格的に泳ぐ 楽しいヘツリ


三段目が遠くバランスで立ち上がり、不安定な姿勢でシュリンゲを掛け何とか上部へ抜ける事が出来た。後は確保され登り切る。これで最大の難関を突破、一安心する。
後は出来るだけ上流を目指し泳ぎヘツリを繰り返し楽しく遡行。時刻も夕暮れが近づき今日のねぐらを探しながら遡行。広い河原で一段高い所を見つけタープを張り流木を集める。
暗くなりかけた頃そろって夕食を作る。献立は「キムチ鍋」豚肉を炒めキムチを加え煮込む、舞茸に長ネギ、白菜、モヤシ、厚揚げと超豪華版の夕食。丈夫さん持参の日本酒で盛り上がる。
焚き火を盛大に熾し、今年最期の野宿を楽しむ。テンカラ竿を持参したが、遡行に時間が掛かりゆっくり竿を振ることは出来なかった。アマゴの塩焼きは食べられませんでしたが、充実した沢登りを満喫出来たました。

笠捨出合 狼返し滝
笠捨谷出合 狼返し滝


軽い朝食を済ませ、二日目の遡行スタート。すぐに笠捨谷出合、出合からゴルジュが始まる支流で、すぐそれと判る出合です。
続いて狼返し滝、綺麗な淵や大きな岩を越え堰堤に到着。ここを越えれば終点も間近一本立てる。
時間も早いので予定を延ばし長淵まで遡行し、モチ谷から林道に出るルートを選び、ほんの少しで右岸に林道が現れ遡行を打ち切る。
林道を自転車をデポした場所まで歩き、終了。 荷物を下ろし、自転車で入渓地点の七泰ダムまで戻り、車を回収。距離にして灼く17キロ、長い長い林道を上り下り1時間以上、車まで戻れてホッとする。

長淵 モチ谷
最期の長淵 モチ谷を遡行


二人を収容し、十津川の温泉で汗を流し、R168を経て大淀町道の駅で休憩、渋滞にも遭わず無事稲美町へ帰着解散。
昨年のリベンジでしたが、やはり大峰の沢、十分満足の沢登りでした。
強力な助っ人航洋さんには本当に感謝します。今後もまたお願いします。

- Copyright © 2002-2018 Yabuyama Unsui -
Produce by Τoshio Εnomoto