製品検査

HOME>製品検査

アコースティックエミッションによる製品検査

 アコースティックエミッションによる製品検査の方法には大きく2つの方法があります。ひとつは、製品の加工時に生じる亀裂や摩擦・摩耗を検出する方法で、AEの基本的な使用法となります。もうひとつは、加工の完了した製品に対して荷重を負荷して、存在する亀裂の破面が衝突したりこすれあったりすることにより発生したAEを検出する方法です。この場合、負荷する荷重は設計荷重の5%〜10%が適当です。

アコースティックエミッションによる製品検査装置の開発・製作

 御希望の対象設備のAEによる製品検査装置を開発致します。下記に検査例を示しますが、御希望のさまざまな製品検査に対応致します。

検査例

□金型AE検査

□研削焼け検査

□射出成型割れ検査

□ダイス傷検査

□レーザー溶け込み量検査

□遠心分離完了評価

□ICボンディング不良検査

□マグネット亀裂検査

□工具接触検知

□引き抜き傷検査

□部品接触検査

 

 

 


Copy Right Nippon Physical Acoustics,LTD.