AEによる設備診断

HOME>AEによる設備診断

アコースティックエミッション(AE)による設備診断

 アコースティックエミッションは、1)亀裂進展 2)摩擦摩耗 3)液体や気体の漏洩 4)腐食 5)放電 などにより放出されます。この現象を応用すると、部材の亀裂、軸受の疲労・潤滑不良、配管の漏洩・腐食、変圧器の部分放電…さまざまな設備の異常を診断することができます。

 また、アコースティックエミッション(AE)は設備の稼動条件にあまり影響を受けません。例えば軸受では、回転数に関係なく異常を判断できるので、従来、振動法では診断が困難だった低速軸受も診断することができます。

アコースティックエミッション(AE)による設備診断事例

 アコースティックエミッションを応用した設備診断事例を下記に示します。ここに示した診断事例はほんの一部にすぎません。お知りになりたい現象があれば御連絡下さい。

増減速機診断

転がり軸受診断

メタル軸受診断

軸亀裂評価

電動弁摩耗評価

スライド面摩耗診断

熱風炉欠陥評価

ジャケット亀裂評価

球形タンク欠陥評価

キャビテーション評価

地下杭亀裂評価


Copy Right Nippon Physical Acoustics,LTD.