WYNARUMI
私たち「Wayna Rumi」(ワイナ・ルミ)は関西の若手フォルクローレ奏者が集い、南米ボリビアの民族音楽を中心に演奏するグループとして2005年に結成されました。(2007年:グルーポ・ハチロクより改名)力強く、躍動感ある演奏を得意とすることから、グループ名は南米先住民族のアイマラ語より、Wayna(ワイナ)=若さ、Rumi(ルミ)=石と名付け、関西での各地フォルクローレ音楽祭や学校行事、イベント等で演奏活動の輪を広げています。フォルクローレは、土着性の高い「アウトクトナ」と呼ばれる音楽から、それよりも更に現代的にアレンジされた「ネオ・フォルクローレ」の2面を持ち合わせる、大変興味深いジャンルです。私たちが基調とする音楽は後者ですが、独自のカラーを大切にしようと、枠にとらわれない演奏を心がけています。日本の真裏に位置する南米。しかし、彼の地の音楽はどこか懐かしく、私たち日本人の心をつかんで離さない力を持っています。もしかすると、同じモンゴロイドの血が音を通して共鳴し合っているのかもしれません。
・TOP

・WAYNARUMI

・メンバー紹介

・リンク

WAYNA RUMI 公式ホームページ