弓の持ち方            
ラジオ体操第1
  外見ではなく 指の役割を意識して重要

まず、持つ ・・・ 持てても、自在に あやつれない。



教室では トレ器を使用。トレ器は正しい軌道にしか動きません。

今は、トレ器の弓を親指、中指、薬指の3本で持ち
トレーニングしてます。


そのうち、手、指、腕がストレッチされる。

そして、演奏に必要な筋肉がつきます。
ラジオ体操第2
先弓、元弓でもトレーニングしてみます。

先弓の注意
弓の先は圧力をかけないと音が出ません。
力をかけるのではなく、人差し指を通じて腕の重さをバイオリンに掛ける。

正しい方向にしか動かないトレ器の弓で自在に動かします。
屈伸の様に手をストレッチしながら
圧力をかける感覚をつかみます。
   ラジオ体操第3 シーソーストレッチング
 基礎ボーイングの動きを分析すれば こうなると思うのです。
生徒さんのボーイングの癖、私の経験、バイオリニストから得るインスピレーションを基に
考案しております。
   ラジオ体操第4
2通りの導入法

 スズキメソードバイオリン教本

指を1本ずつ 所定の場所に置いていくので 初心者に分かりやすいです。
鈴木メソードスズキメソード
  、   を挟み、薬指は自然に横に置く


  
 ●印を合わせて


  ⇒ ⇒ 
 印を合わせて
1本1本置いてゆくので、初心者に分かりやすい。その反面、脱力しにくく不自然な持ち方になることもある。

新しいバイオリン教本 

スズキとは対照的に全体を形を先に作り、弓を握ります。
新しいバイオリン教本から
先に手の形を作っておいて 鉛筆を入れる 微調整
 
   脱力しやすく、個々の手に無理のない自然な持ち方を身につけることができる。

 ストレッチ  
 
  定着するまで続ける  
 
 導入時だけでなく、定着するまで続けます。
 出来たらすぐにやめてしまうと、自己流で非合理的な奏法を身につけてしまいます。


       

                 HOME